或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > フィギュアスケート・GPシリーズの前にお勉強
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィギュアスケート・GPシリーズの前にお勉強

今年からフィギュアスケートで
ボーカルありの曲がOKになった、
程度のことは知っていたが、
どうやらかなり大きなルール変更があったらしい。

そもそもフィギュアのルール変更は、
ちょこちょこしたものが毎年あるらしいのだが
オリンピックの後は、
大きなルール変更が行われがちなんだそう。

ふーん・・・
それって、普段はフィギュア好きしか気にせぇへんから
大して批判もでぇへんけど、
オリンピックとなると、普段観ぃひん人も観るようになって、
「これ、おかしくね?」
って意見が噴出しまくるから、見直すねん・・・
ってことかしらぁ

ま、腐人としては、
観戦がおもろくなるように変わるんやったら
ほんでええねけど。


で、だ。

腐人はこのルール変更を、ネット記事でみつけたのだが、
む、むずかしい・・・。

己の勉強もかねて、以下、読み砕いてみるけど、
ご興味ある方は原文をどうぞ。
いつまで読めるかはわかりませんが。

こちら↓と
http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/23/figure/?google_editors_picks=true
こちら↓
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2014/10/10/post_400/


どうも、ジャンプの取締りが強化されたみたいだなぁ。

【1】1回転半未満のジャンプは飛んでも0点
(SP限定)


うひー!
飛び上がった後、ヤバ!パンクする!ってとき、
これまではとりあえずシングルだけでも!
だったけど、
飛んでも0点なら、飛ばないほうがいいのか?

これまで、シングルのGOEでついてた-3は
どうなるんだろう・・・。


【2】2回転ジャンプが全種類2回まで
(フリー限定)


これまではアクセルジャンプだけは2回まで、だったらしいが
今度からは全種類がその対象となる。

こ、これは・・・パンクしたときの計算が
超ややこしくなるってことじゃん!

織田くん、引退しててよかったねぇ・・・。

※っても、腐人もジャンプ計算できない人ですんで、
  大変なことになった!のはわかるが、
  どう大変なのか!は、いまいちわかってません・・・
  いいの、腐人がみたいのは
  点数じゃなくて「美演技」だから!


【3】ジャンプコンビネーションがソロになると
本来基礎点の70%
(フリー限定)


これまでは、「+COMBO」で基礎点の80%だったそうなので
さらに10%カット。
ありがたくないカットだねぇ。

【4】エッジエラーの厳格化
(SP・フリー共通)


軽度のエラーをチェックする、
アテンションマーク「!」が再導入されるそうで
それに伴い、重度のエラーである「e」がつくと、
ジャンプ基礎点が70%にカット。

うひー!


エッジエラーなんかは、
腐人のようなド素人にはさっぱりわからんので、
ええやん、綺麗かったら、とか思うけど、競技だもんねぇ。

それにしても、重箱の隅をつつくようなルール変更。

まるで、ジャッジは、イヤミな姑で、
選手にむかって、障子の桟をぬぐった指先ならぬ、
演技ビデオを見つめながら
「ちゃんとエッジができてなくてよ、○○さん」
って感じー。

そこまでゆーなら、あんたがやれよ!
とか言いたくなりそうだわね。


他にも、コールから演技スタートまでが短縮されたりと、
慣れるまでに時間かかりそうなほど
いろいろ変更があったようなので、
GPシリーズを観ながら、おいおい勉強してくことにしよう。


そいや、フィンランディア杯、
本郷理華ちゃん、3位おめでとう!

でも・・・だ、まぁご本人が一番よくわかってると思うが
エリザベータ・トゥクタミシェワちゃんとの差は
かなりあるよね。

腐人が思ったのは、演技が流れてるなぁというとこで、
もうちょっとメリハリが欲しいのと、
区切りというか、ブレスというか、句読点というか、
1音1音をしっかりつかんで欲しいかな。

タイミングがずれちゃったときでも、ここだけはあわせる!ってのを
一度どっかで、ピシッとやって欲しいなぁ。
止まる、ってのも、観てるほうにとってインパクトになるよ。

そいや、腐人が録画していたコレをみてたら
姫が遊びにきたんだけど、
案の定、あのピンクの鳥もどきをみて

「こわいーっ!!!」

とゆった。

だよね。
だって、頭の下から黒タイツの人間の体が生えてんだもん。
大人でも怖いです・・・。



以下、読書録。

●22日
(979)BL/モノクローム・ロマンス 『死者の囁き-アドリアン・イングリッシュ 2-』 ジョシュ・ラニヨン、冬斗亜紀
  2って、いつの間に1読んだの?
  と言われるかもしれませんが、
  1、読んでません。

  でもまー読めるからいっかと。←おい・・・

  この外国の方が書いたBLを読むのは2冊目なんですが
  こちらのほうが、視点がとっちらかってない分、まだいい。

  とはいえ、翻訳ものを読むたびに思うのだが、
  なんというか、文章構成の根源的なところが、
  言語が違うと全く違ってくる気がするのよね。

  なんというか、こっちは演繹法で話をしてるのに、
  むこうは帰納法で話をするから、
  いつまでたっても噛み合わない的な。

  最近、日本の作家さんばっかり読んでたんで、
  この根本的な文章構成の違いに慣れるまでに
  90ページほどかかりました。

  ま、慣れたら読めるんだけど。

  そう、このジョシュさんは、慣れればかなり読みやすい。
  全体の構成もエピソードにも無駄はないし。
    
  なら、おもろいのか、というと、
  どーだろなぁ・・・。

  この本の裏見返しで知ったが、
  アメリカではBLといわず、M/Mジャンルというそうで。

  でもって、腐人はミステリーアレルギーなんでよくしらんが
  ゲイ・ミステリっちゅーカテゴリもあるの??

  まーその重さの違いなのか、
  いや、どっちかっちゅーと社会の違いだと思うが、
  なんかねー・・・・・・・
  「まだ、そこからですか?」
  という思いがある。
  
  具体的にどういうことかといえば、
  要は、ゲイ差別。
 
  未読の方のが多かろうと思うので、
  ざくっと書くと、
  主人公はゲイをカミングアウトしてる本屋のオーナー。
  
  そのお相手が、ゲイなんだけど、それを認められず、
  こじれてホモフォビアになってる脳も身体もマッチョな警官。

  このマッチョが、うだうだぐだぐだやるのよねぇ・・・。

  ほんでもって、モブキャラも、エピソードも
  なにかっちゃーゲイか、ノーマルかが絡んできて。

  ・・・なんでそんなになんでもかんでも
  旗印を明確にせんといかんわけ?

  べつにええやん、
  白黒まざりのマーブル旗あげててもさー。

  ってか、ゲイか、ノーマルかをはっきりさせんと
  普通に話すらでけんのか?アメリカって国は。

  自分の性癖や嗜好なんて、
  いざ鎌倉になるなら必要だろうが
  日常生活送る上ではどーでもええやん。

  ほな、なにか?
  そいつがどういう体位が好きか、
  どういうプレイが好きか、
  そこがわからんと、日常会話すらでけんのか?
  あほくさ。

  と、思ってまうんよねぇ・・・。

  まぁ、そもそもの文化的に、
  アメリカはすべてにおいて旗色表明をせねばならず
  グレーゾーンが狭い。

  一方の日本はといえば、
  あいまい万歳、グレーでええやんがまかりとおり
  グレーゾーンが超でっかく幅をきかせている。
  そのため、クロにみえてもあえて黙ってる、
  そういう風潮は確かにある。

  でも一緒にランチ食べるのに、
  ホモかヘテロかなんて関係ねぇじゃん。
  と、日本人の腐人は思うんだが。

  こーゆー緩さがない社会だから、
  小説もそうなっちまうのかねぇ。


  あーでも、そもそもんとこで、
  ものすごく素朴に疑問なんだが、
  このM/Mジャンルの主たる読者は
  日本のような腐女子なのか?
  それともホンモノさんなのか?

  それによって違ってくるんだけど、
  もし腐女子ならば、
  もっと「やわらかあたま」をもつ必要があると思う。

  ってのも、日本のBL、その前のJUNEから振り返るとね
  確かに、そういうテーマがひっかかってた頃もあった。

  しかし、今ではそれはほとんどお目にかからない。
 
  なんでやゆーたら、簡単な話、
  いつまでもそこにこだわっとったら、
  結局は、同じ枠内の話になって、話に広がりがもてんのよ。

  今の日本のBLがどうしてここまで市場が広がったかというと
  そこを打破したから。
  ま、広がりすぎた弊害が今起こりつつあるのは、
  ちょっと棚上げにするが。

  で、その打破された力はどっからきたかといえば、
  一番は、市場のニーズだろう。

  ホンモノさんの苦悩はもぉええ、満腹じゃ。
  それよりもっと広がりのあるものを読みたい。

  そういう読者の思いに作家さんが応えて  
  固定概念、既成概念を乗り越えた
  新しいものを生み出してくれた。

  そして、出版社さんが、新しいものを作っていこうと
  積極的に取り組んでくれた。

  だからだと腐人は思ってる。

  でももし、主たる読者がホンモノさんならば。
  リアルに近くないと、ウソっぽくみえるんだろなぁ。

  で、そのウソ臭さを消すためには、
  リアルにある枠を書かなくちゃいけなくなる。

  ゲイパレードによる権利主張にしても、
  同性婚を認めさせる運動にしても、
  ホンモノの世界の権利運動については、
  明らかに欧米のが進んでるので、
  まさにそこに絡むホンモノさんが読者ならば、
  どうしてもその枠から逸脱しにくいのかもしれない。

  ただ、そうなると、リアルでも物語世界でも
  ずーっと戦い続けることになって、しんどくね?
  と思うんだけどなー。

  逃避だと非難されそうだけど、
  そうやって厳しい現実から一時的にでも
  夢の世界につれてってくれる、
  そして疲れた私を癒してくれる、
  それがBLなんじゃないのかなぁ。

  ま、なんにせよ、悪くはなかったので、
  前後もおっかけてみることにする。
  いつ読めるやら、わからんが。
    
(980)BL/花丸Black 『Calling』 かわい有美子
  ああ・・・なんて読みやすいんだ!!!

  翻訳本のあとだと、
  するする日本語が入ってくる感覚に
  涙がでてくるよ・・・(/_;)

  どうでもいいですが、
  腐人はBlackと普通の花丸の違いは、
  汁気だと思っていた。

  しかし、あとがきをみると・・・そうだったのかー!!!
  ・・・だったら皆、Blackでいいじゃん・・・。

  あ、でもそしたらお値段あがるのか??
  うーん・・・(~_~)

  で、本編ですが。

  あの寛一お宮な挿絵をみると、
  ラブには試練が必要なのよ~ん♪
  とか言いたくなるが、
  その後、やられたことを思うと、ちょっと待て。

  17年間、薬漬けって!
  マジで!?
  そこまで重篤だと、
  その後の離脱症状って半端ねぇぞ!?

  腐人が法なら、即死刑
  このかわいい子になにしょんねん、おっさん!!!

  イツキももっとはよ来んかい!ダボ!!
         ↑
     これはとばっちりといふ


  ま、引き離されてた分をとりかえすように
  これからは、ベタ甘ならぶらびゅーんな日々を送ってください。

  個人的には、槇が、部屋にきてくれて
  一人るんるんしてるとこがツボでした。
  たぶんどっかに写真とかはさんでたり
  待ち受けにしてたりするんだろなー・・・。
[ 2014/10/23 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。