或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > ブロマンスか、BLか-『あらしのよるに 完全版』
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブロマンスか、BLか-『あらしのよるに 完全版』

絵本で、ほぼ読んでいたのだが、
『あらしのよるに』の完全版が出たときいたので
読んでみた。

まず、書誌情報から。
(1018)一般本 『あらしのよるに 完全版』 きむらゆういち、あべ弘士

まー有名な絵本なので、
いまさら腐人が内容説明するまでもないわいねぇ。

これは、それの本筋だけ7冊・・・
「あらしのよるに」、「あるはれたひに」、「くものきれまに」、
「きりのなかで」、「どしゃぶりのひに」、「ふぶきのあした」、
「まんげつのよるに」・・・
これらを収めた本なんですが、
どうも巻末をみると、これ以外にも、あるらしい。

「しろいやみのはてで」
「ひとりぼっちのガブ」
「メイはなんにもこわくない」
「ごちそうがいっぱい」
「だれもしらないヒーロー」

・・・いかん、どれも未読だわ。
読まねば!!!


本編でいえば、
腐人はてっきり「ふぶきのあした」で完結したものと思い
「まんげつのよるに」の存在を知らなかった。

続編でてたんだ・・・。

実はこの続編。
この完全版巻末の対談で明かされてるが
読者である小学校4年生の男子が
「雪の中からガブがモコモコと出てくると信じています」
っちゅーお手紙を
きむらさんに送ったのがきっかけでできた話らしい。

なるほどー。
で、こうなるのかー。
記憶喪失のオオカミってすげぇ設定。


このお話は、腐人がゆーまでもなく、
いろいろに読み解けるお話で
とある大人の方は、
ガブとメイがそれぞれの群れにバレちゃって、
どっちを選ぶんだ!と言われたのを
「個人vs組織」とおっしゃったらしい。

男の視点だなぁ。

腐人なんかは、これ、昔の村社会、
まさに中島みゆきの歌、「ファイト!」であったけど、

「薄情もんが田舎の町に
 あと足で砂ばかけるって言われてさ
 出てくなら
 おまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
 うっかり燃やしたことにして
 やっぱり燃やせんかったこの切符
 あんたに送るけん持っとってよ
 滲んだ文字 東京ゆき」

まさにこんな感じじゃね?と思ったんだが。
閉鎖空間における「空気」による抑圧?

っても、二人(いや、二匹か)は、
・・・もとい友情を選んだわけだから、
ある意味、ロミジュリだわね。


そう・・・腐人はこれ、絵本を読んでたときから、
「・・・これ、BLやん・・・」
と思っていた。

ただその後、ブロマンスという言葉も誕生し、
ここにラブはあるけど、エロはねぇなぁってことで
果たしてどっちなんだろうと、今は思っている。


展開としてはベッタベタだよなぁ・・・。
でも、絵本って、シンプルに、かつ、わかりやすく
ドストレートに胸にくる形にせんといかんからな。


っても、素朴に疑問があるのだが。
このエンディングだと、
二人はすべての原始的本能の欲求を抑えて
なかよく暮らしていきましたとさ、
になるわけ?

だって、食欲も性欲も恐怖もない共存でしょ?
愛は、欲望に勝つ?
えー・・・(~_~)?

腐人は超リアリストなんで、それは疑問。

まー・・・
ニンゲンは種を超えてでもヤれちゃう動物だから
ガブとメイも進化(?)をするかもしれない。

ほんでキメラ誕生か?

いやいやそれ以前に(以下、自主規制)。


腐人としては、
この絵本を読んで育った子供が、
将来、どんな本を読むのか、どんな本を面白いと思うのか
そこが知りたいわ。

♪こっちの水はあ~まいぞ~

さぁさぁ、未来の腐女子予備軍よ、
いらっしゃぁ~い、まってるわよぉ~ん


以下も読書録。

●4日
(1019)一般本 『あぁ、そういうことか!漁業のしくみ』 亀井まさのり
  『はしっこの恋』を読んで以来、
  漁業のことをなんも知らんなぁと思っていた。

  ので、読んでみた。

  この本は、神奈川県で、漁場関係のお仕事をしてはった
  亀井さんが実体験に基づいて、
  漁業のことをわかりやすく書いてくれた本。

  疑問を持った人が、役所にきて質問し、
  それに回答してくれるという形式で書かれているので、
  ひじょーに読みやすいんですが、
  そもそもが難しい話なので、
  腐人はこれを読んで漁業のことがわかったとは
  口が裂けても言えない。

  ただ、むっちゃざっくばらんにいえば。

  海は皆のもの、だからなにしてもいいよ、じゃねぇ!
  ってことかと。
   
  実は細かく規定がありまして、
  それを守らないといかんのですね。

  まずは、漁業組合にはいって、組合員にならねば
  仕事としての漁ができない。
  でも組合員になったからといって、
  漁業権をもらえるわけじゃない。

  息子が漁師になるっちゅーからくれ、
  で、もらえるもんでもない。

  ほんでもって、その漁業権の許認可も、

  (1)近場の県が管理してるところ(大体岸から1~2キロ)
  (2)その先の沖は、知事の許可がいるところ
  (3)さらに先の遠洋だと、国の管理下

  と区分されてるそうで。

  なんでそんなに厳しく管理してるかといえば、
  水産資源を守るため。

  まー確かにねぇ。
  乱獲してりゃー滅びるよね。
  前例は山ほどある。
  
  ってことは釣りもあかんのか?と
  極端な方は言われそうだが、
  ここまでなら釣ってもいいよ、
  ってのはちゃんと決まってる。

  知らずにやってて、一番よくある例が、
  サザエやウニを獲って、バーベキューで食べようぜ!
  ってやつ。

  あれは、これとこれは獲っちゃいけない、ってのが
  ちゃんと決められてて、密漁になるんですな。

  罰則規定もちゃんとあって、
  見回ってる人の中には、
  捕まえて送検する資格を持ってる人もいる。

  これ読んで初めて知った腐人がゆーのもなんですが、
  海に関するあれこれって、とても重要なことなのに、
  あまりに認知度低くねぇ(~_~)?
  もっと広く知らしめないといかんのちゃう?
  広報足らん気がする・・・。

  それこそTOKIOと組んで
  一次産業のしくみ番組作ればいいのに。

  どのページを読んでも、
  ほほーなるほどなーという情報だらけでしたが
  腐人が一番、
  「OH!そうだったのか!」
  と思ったのが、こちら。

  船の用語で、「取舵」「面舵」ってききますよね。
  腐人はあれ、どーゆー意味なんだろ・・・
  と常々思っていた。

  それがわかったのだ!

  要するに、子(ね)を北とする
  十二支による方位ってあるじゃないですか。
  あれなんだそうで。

  十二支の酉(とり、すなわち西)がある方向にまわる
  つまり、北を上にして左にまわるのが、「取舵(「とり」かじ)」。

  「面舵」は、その逆で、
  十二支の卯(う、すなわち東)がある方向にまわるので、
  昔は、「卯舵」といってたのが、
  なまって「面舵」になったと。

  な、なるほどー!!!!
  日本人ならすっげーわかる!

  ちなみに、英語では、左舷がポート(port)
  右舷はスターボード(star-board)。

  こちらは、昔の船は、舵は必ず右側にあって、
  岸につけるのが左側だったから、
  そーゆー名前になったらしい。

  腐人は英語がアッパラパーなので、
  これ以上知りたい方は、自分でお調べください。

  
  そして、船が夜間航行する場合、
  お互いがぶつからないように、灯す明かりの色が
  ちゃんと決まってるんだそうで。

  前と後は、白。
  左舷灯は赤で、右舷灯は緑。

  そうすると、向かいから 赤・白・緑がみえたら
  自分の船(左から赤・白・緑で点灯してる)より
  先行してる船ということになり、
  向かいから、緑・白・赤がみえたら、
  自分の船の方向にむかってきてる船がある、
  ということになる。

  その場合、お互いが右に舵を切って
  ぶつからないようにするんだそうで。
  
  で、これを踏まえて、昔あったお酒、
  「赤玉ポートワイン」の名前をみると。

  OH!と手を打ちたくなったでしょ?

  これは亀井さんもそうだったそうで、
  余談として載ってるんですが、
  腐人もそこを読んで、おもわず
  「そうだったのか!」
  と言ってしまいました。

  鴨居商店やるのぅ・・・。
  あ、ちごた、
  これはドラマ『マッサン』での名前やったわ。


  ま、そんな感じに、
  まさに「あぁ、そういうことか!」が詰まった本。

  ご興味ある方はどうぞ~。

(1020)BL/Shy 『碧の王子-プリンス・オブ・シウヴァ』 岩本薫
  これをゆったらおしまいなんかもしれへんが。

  腐人は最近、こーゆー種馬話
  (要するに、家のために、はよ結婚して、子供つくれ)
  をきくたびに思うんだが、
  技術のなかった昔はともかく、
  今やったら、シコシコかいて、プラスティック容器に出してさ。

  「はい、これでなんぼでも好きなだけ作りぃや。
   あとは任せた、よきにはからえ
   もっといるなら、またゆぅて~」

  っちゅーて、自分はマイラバーと
  愛欲に満ち満ちた世界にダイブしてまえば
  ええんちゃうのん?

  血統主義って、結局はそーゆーこっちゃろ?
  種さえあれば、世は事も無し、やろ?
  
  ああ。
  メジャーニュースからいつの間にかに立ち消えた
  タイで多くの代理母出産させてた日本人男性も
  こーゆー話なんかしら??

  いろいろ憶測はでてますが。

  どーでもええけど同じGPS埋め込むなら、
  指輪やのうて、体内、
  ついでに生体反応もあわせてわかるもんに
  すりゃええのに・・・。
  なんか帯に短し襷に長しな対応やねぇ。

  形式主義って、すかんわー(~_~)。
[ 2014/11/05 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。