或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 勝手に妄想 6分間練習カイゼン座談会
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝手に妄想 6分間練習カイゼン座談会

昨日、ニュースをみてたら、
日曜日時点でのエン・カンくんの映像があって
そう大きなダメージがないようにみえた。

よかったー。

羽生結弦くんも、頭は大丈夫だったとのことで
一安心しました。

打撲や捻挫については、無理をしない!が一番の薬。
治りきる前に無理すると、余計悪くするし、残るよ?
って、周囲の方々が散々ゆーてはるんでしょうが
大人しく養生してくれるのか・・・。
今はなによりも、
きっちり治すことを一番に考えてほしいなぁ。


で、終わったことをいつまでもぐだぐだゆーのは
腐人のシュミではない。

ただ、6分間練習の現状にリスクがあるのは明確なので、
じゃーどう変えたらええんだろ?ってのを
ぼへーっと考えてみることにした。

人が人である限り、事故は起こる。

だからこそ、すべての現場において、
「事故をおこさないようにするにはどうすればいいか」
を常に考え、カイゼンするのが、ニッポン方式じゃーん、
ってことで。

ただ、ダラダラ書くのもつまらんので、
架空の座談会を設定することにした。

よって、以下、
笑いに理解のある方のみ、お読みください。

そして、コレを書いた腐人は、
ただみてるだけーのイッパンピーポーであるので
ここに書いてあることに全く根拠がないのを
わかってる方のみ、お読みください。

ゆったかんねー!


では、まいりましょう。

参加者は以下。

●イスさん(仮称 以下、「I」に略)
主催してる人

●カンケ・イシャさん(仮称 以下、「関」に略)
出場者の周囲の人

●セン・シュさん(仮称 以下、「選」に略)
出てる人

●カン・キャクさん(仮称 以下、「観」に略)
観てる人

●腐人(以下、「腐」に略)
一応、司会として乱入



腐:「では、『6分間練習はこのままでいいのか?』
   というテーマで、脳内妄想カイゼン座談会を
   行いたいと思います」

I :「まず、最初に言わせていただきたい。
   今回のアクシデントは大変痛ましいことであり、
   想定外であったとはいえ、われわれとしては・・・」

観:「ちょっと!なに政府答弁みたいなことゆってんのよ!
   想定外!?これまでだってあったでしょう!?
   なのに改善しよーとしてこなかったのに
   いけしゃあしゃあとずうずうしい!
   あのキレイな顔に傷が残ったらどうしてくれるのよ!」
腐:「・・・問題はそこじゃねぇだろ・・・」

選:「ま、顔はともかくですね、
   実際、危険にさらされている身としては
   なんとかしていただきたい」

腐:「具体的にご希望あります?」
選:「人数減らして欲しいですね」
関:「そうですよ!6人は多すぎです!」

観:「だったら、3人とかにして、
   6分間練習の回数を倍にしたら?」

I :「やめてください!無理ですよ!
   ただでさえ、テ×ビ放映枠を考えて、
   コールから開始までを30秒に縮めたぐらいですよ!?
   間にいれる6分間練習が増えたら、
   テ×ビになんていわれるか!」

選:「あの変更、テ×ビのせいだったんですね・・・
関:「いや、でも、ほら、テ×ビ放映がないと
   お金が・・・」
I :「そうなんですよ!
   お金なんですよ!
   お金ないんですよ!
   だから、別にリンク作れとか、全体の時間を長くしろとか、
   日程増やしてゆるやかにしろとか、
   ぜーんぶ無理ですから!」

選:「ちょっと、なにソレ!
   そっちの都合ばっかり言わないでよ!
   結局、そうやってぜーんぶこっちにしわ寄せして!
   怪我するのも、成績に影響するのも、
   ワタシたちなんですよ!
   もっとこっちのことも考えてよ!」
関&観:「そうだそうだー!」

腐:「まぁまぁ、落ち着いて。
   感情論になると議論がすすみませんから。
   ただ、実際のところ、お金はいりますよね?
   だから、Iさんの事情はわかりましたので、
   もうちょっと、今の状況でもできることを
   考えていただけません?」

I :「考えてっていわれても・・・」

観:「あの、6分間練習をそれこそ3分にするとかは」
   
選&関:「無理!だめ!絶対!」

選:「演技のチェックだって通しでしたいし、
   氷の状態だってつかみたいし、
   なによりウォーミングアップとして6分は必要!」
関:「そうですよ!
   身体があたたまりきらずに演技にはいるなんて、
   それこそ怪我する可能性がUPします!」

腐:「あのー・・・つかぬことを伺いますが
   身体をあたためるのには、
   何分あったらいいんですか?」
選&関:「へ?」

腐:「いや、皆さんのお話きいてて思ったんですが、
   SPとFSって、時間違いますよね?
   身体をあたためるってのを別問題としたら、
   演技時間が4分から4分半のFSの直前練習に
   6分いるのはわからなくもないんですが、
   SPって演技時間は2分50秒でしょ?
   そしたら、SPのときは、
   6分間練習を3分間練習にしちゃえば
   とりあえずSPだけは
   時間と人数の問題は解決するんじゃないですか?」

I&選&関:(ざわざわとした小声で
        「無理よ!そんなのやったことないし」
        「でも一理はあるような」
        「それでも3分は短いよね」などなど)

腐:「ま、しょせん素人考えなんですけどね。
   そのくらい発想の転換しないと、
   この問題片付かないと思いますよ」


I :「それでいえば、演技時間をそもそも減らすというのも
   一案かもしれないと思ってます」
選A:「それいい!」
選B:「えー!?そんなのされたら
    必須要素をこなせない!」

観:「確かになぁ・・・
   たまに観てて「長っ」と思っちゃうもんあるし
   最後ふらふらになってるのみると、
   FSは30秒ぐらい減らしてもいいような気がする」

関:「ただ、さっき選Bがいったように時間が短くなると
   いれなきゃいけないエレメンツをこなすのが
   精一杯になってしまって、
   自由な表現ができる余地が
   なくなってきちゃうんですよね。
   それこそ昔のルールがそうでした」

一同:「うーん・・・」
   

腐:
「あのー・・・司会がゆーのもなんですが、
   私自身は観ていて、一番無駄に思えるのが、
   ジャッジタイムなんですね。
   録画でもいつもすっとばしなんですが、
   あのキスクラにいってから、点数が出るまでの時間、
   あそこをなんとかできないもんなんですか?」

観:「あ、それわかる!
   自分がファンの選手だと
   いつまでも観てたいからいいんだけど
   そうじゃないと、早く次すべってよとか思うもん」

選&関:「(観の発言に内心「おい!」とツッコミつつも)
      まってる我々としても、
      あの時間は短いとありがたいですね。
      胃が痛いですから」

I :「ちょ、ちょっとまってくださいよ。
   今の採点方法では、あれが限界ですって。
   今だって、できるだけあそこの時間を短縮するよう
   ジャッジの方々に無理言ってお願いしてるんですから」

腐:「いや、でもさー、
   前からファイブコンポーネンツについては、
   滑走順に「ハンデキャップ」があると
   言われてるじゃないですか。
   その改善も含めて考えなおしてみません?
   たぶんテクニカルは、
   さして時間かからず出るでしょうから
   滑走直後はそこだけちゃっちゃと出す、にしたら
   ダメなんですか?
   ファイブコンポーネンツは、全員が終わってから
   出したらダメなんですか?」

観:「そうだそうだー!
   ワレワレハ、ソチノマオチャンノ
   FSノファイブコンポーネンツヲ
   マダワスレテナイゾー!」

腐:「それで、一人当たり30秒づつでも削れれば
   その浮いた時間を
   6分間練習の回数増にまわせそうな気がするんですが」

関:「でもそうすると、最後の最後まで
   順位の目安すらわからないってことですよね?」
選:「そ、それはちょっとキツいなー・・・」

観:「えー?でも観てるほうはおもろいよ?」

選&関:

腐:「えー一通り意見もでましたし、
   空気に不穏なものが混じってまいりましたので
   この辺で終了とさせていただきたく存じます。
   みなさん、本日はどうもありがとうございました。

   最後に繰り返しますが、ここに書いてあることのうち
   観と腐の発言は、
   腐人の意見ととらえていただいてかまいませんが
   その他に関しては、全く根拠のない妄想でございます。

   そこんとこ、誤解なきようお願いいたします。

   ゆったかんねー!」


以下、読書録。

●10日
(1035)BL/ディアプラス 『イエスかノーか半分か』 一穂ミチ
  タイトルの音から、
  てっきりカジノシリーズかと思っていた。

  えー・・・兄ちゃんじゃないんだー・・・(~д~)

  そいやカジノ法案は
  暗礁に乗り上げてるみたいですなぁ。
  個人的にはギャンブル依存になってる人は、
  もうなってると思うし、
  どっちかっちゅーと最近はスマホ依存のが
  問題じゃないかと思うんだけども・・・。

  昔、ネトゲ依存の近未来社会を書いた小説読んだが
  まさにそれに近くなってる気がする。

  話がずれたついでに書くが、
  通勤ラッシュの電車にのってる血族が言っていたが
  スマホが蔓延しだしてから、
  明らかに電車の乗降に時間がかかるようになったと。
  
  以前は、それこそ電車がはいってきたら
  待ってる人が我先にと乗り込んでたので、
  すぐに出発できたが、
  今は、皆、スマホ画面ばかりをみて、
  周りが動き出したら、なんとなーく動く、
  という動き方をする(その間も視線の先はスマホ)。

  だから、なかなか降りてくれないわ、
  前に並んでる人がなかなか動き出そうとせんわ、
  乗り込んでも、奥にいこうとせんわで、
  すごーくストレスがたまる!って。

  先日、たまたまそのラッシュアワーの電車にのることがあり
  血族がゆーてたんはこゆことかーと思いましたが
  明らかに変わりましたね。

  ギャンブル依存で迷惑を蒙る人より
  スマホ依存で迷惑を蒙る人のが多いと思うんで
  こっちを何とかして欲しいけどなー。


  いかん、話がずれまくり。

  計ちゃんの見事なネコっぷりに笑ったが
  腐人も20代ぐらいまでは、こんなだったかもなぁ。

  そのうち、アホらしなって、それこそ皆川以上に
  素まるだしで生き始めると、まー超楽で。
  
  ただ、生き方ってのは人それぞれ
  何を楽と思うか違うことなんで、
  計ちゃんはこれでええんちゃうかね。

  っても、睡眠と食事はちゃんととらんと、
  30後半すぎると、てきめんに外見にでてくるで。

  皆川といえば。
 
  腐人も丁字路、T字路やと思ってました。

  ってか、標識かて、丁やのうて、Tやん!
  NHKかて、どっちでもかめへんゆーてるやん!
  今の若い子に、「てい」って漢字かいてってゆーて、
  「丁」の字がでてくると思えへんし、ええやんかー!!

  すごいな、自己を正当化するためには
  なんでももちだしてくんな、腐人・・・。

  法律の条文はともかく、
  日常用語としても放送用語としても辞書でも
  今は、どっちでもOKになってます。

  あとがきにもありましたが、
  実際、「イエスかノーか半分か」と言われたら、
  どないゆーかねぇ。

  腐人は自分の中ではっきりしとることは
  はっきりさすねんけど
  大概のことは、「どっちでもええ」な人なんで
  半分っちゅー答えが多いかも。
  
  恋愛でも、やっぱその人のすべてが好きってならんでしょ。
  他人やねんから、
  「なんで靴下をここに脱ぎっぱなしにする!」
  とかあるやん。

  ぶっちゃけ、愛がさめたら、
  「ワタシ、金稼いでくる上半身だけでええから、
   下半身はアナタにあげるわ」
  とか言いたくなるかもしれへんし・・・。

  半分じゃいや!と言えてるうちが
  花かもなぁ・・・。

(1036)BL/プラチナ 『白百合の供物』 宮緒葵
  いかん・・・半分とか靴下とか
  ↑の話をひっぱってこれ読むと、
  ありすぎな愛情もどうかと思ってしまう・・・。

  帯に、宮緒さんの犬!とあったので、
  つい手にとってしまった・・・。

  靴下犬・・・
  犬ってご主人様の靴とか好きだよね・・・。
  で、勝手に持ち出して、キープしたがるよね・・・。

  でも、靴下は足に履くもので!
  断じて、ブツにかぶせるものではないし!
  堪能するもんでもない!
  そこんとこ、ちゃんとわかってる!?
  そこの駄犬!! 

  なんか・・・お話としては、
  注目すべきは靴下の扱いじゃなくて
  双子がどうだとか、そういうとこなんだろうけど、
  そっちがもう、どうでもよくなるぐらい、
  靴下のインパクトが強すぎ・・・。

  このタイトルもさ、
  わかってんですよ、素直な意味だと。
  でも・・・違う意味にとれてしまう・・・。

  ところで、某ダメ犬は、
  ご主人様の宝物をキープする空間を持ってましたが
  こっちの靴下犬は、靴下部屋でも作ってんですか?
  どこにキープしてんだろ??
[ 2014/11/11 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。