或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > GPシリーズ・ロシア大会 SP総括(地上波のみ)
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・ロシア大会 SP総括(地上波のみ)

どーでもいーけど、
なんで!こんなに音響悪いのよ!!

それに、なんじゃ、このカメラ!
ソチもひどかったが、ひどすぎー!!!
特に、あのミハル・ブレジナくんとマックス・アーロンくんとこ、
あれ何よ!

撮ったやつ、でてこーい!!!

全部を日本の大会レベルまでもってこい!とは言わないが、
言いたい・・・すごく言いたい・・・
   ↑
  ゆってるって。

さ、気を取り直して、
まず、女子からいきまひょか。

●パク・ソヨンちゃん
前もゆーたが、腕がきれいだよなぁ。
この違いはなんなんだろう・・・。

●大庭雅ちゃん
すごくエッジを深くすべるような気がする。

ステップで転倒したのも、
もしかしてそこでうまくスケートが流れず
ひっかけちゃったのかな?
という感じにみえた。

とすると、もうちょい体幹鍛えて
ボディバランスがとれるようになったら
多少のこういったもんも
力技で抑えられるようになるんだろうか。

それと、ちょっと気になったんだけど、
雅ちゃんって、背筋側が硬かったりする?

そっちの柔軟性があんまないようにみえたんだが。
そう、背中の使い方が、男子的なんだよなぁ。

そこがもうちょいやわらかく、
前後だけじゃなく8の字を書くようなぐらいまで
流れられたらいいのになぁ。

うーん・・・それやこれやをみると
選手として持ってる資質としては、
やっぱり雅ちゃんは、
キムヨナちゃんと近いんじゃないかと思う。

ただ、ヨナちゃんにあって
今の雅ちゃんにないのは、
演技力とでもいえばいいのか、なりきり度。

ヨナちゃんは、一人舞台を演じてるかのように
表現できたからなぁ。

そーゆー意味で、すごく初歩的なとこなんですが、
ちょっとおや?と思ったのが、メイク。

なんかすっぴんに近いような感じに見えたんだけど
あれはなんか理由があるのかしら??

今回、日本女子は若手が参戦してるけど、
今井遥ちゃんも、本郷理華ちゃんも、
SPとFSでは、結構対照的なプログラムにしてて、
それをメイクから作り上げてんだよね。

メイクって、女にとっては武装なわけで、
このプログラムで、どういう表現をするのか、
メイクや衣装で表せるものもあるわけで。

なんかそこ、せっかく作れるのに、
もったいなくね?ってな気がしちゃった。

雅ちゃんは助走が短くジャンプができるという
他の選手にはできない、すごい強みがあるからさ
そこを生かすためにも、
今とりこぼしちゃってるもったいないとこを
しっかり拾っていってほしいなぁ。

●アレーヌ・チャートランドちゃん
スピンのポジションがキレイだなぁ。

●本郷理華ちゃん
動きがどんどん滑らかで
キレイになってきてるねぇ。

やっぱり実戦ほど選手を
伸ばすもんはないんだなぁ。

この調子でぜひ、
FSでもいい演技みせてほしいなぁ。

こゆこと書くとプレッシャーになっちゃうかもだが、
たぶんGPシリーズ初参戦だからこそ
怖いもの知らずで思いっきりやれるところって
あると思うんだ。

純粋に試合を楽しめる。

いわゆるビギナーズラックってのは、
その真っ白さ、無欲さがもたらしてくれるもの。

ぜひ、そこに乗っかってほしいなぁ。

●アンナ・パゴリラヤちゃん
おや、珍しい。

地元ってことで硬さがでたか?

でも底力がある人だから、
FSでどこまで建て直してくるか、だなぁ。


続いて男子。

●ミーシャ・ジーくん
このプログラム好きだなぁ。

ミーシャくんのは、一歩間違うと
自己陶酔になっちゃうんだが、
これは、すごく訴えかけてくるもんが伝わってくる。

ああ、ここに4回転があったらなと
思ってしまうなぁ。

●小塚崇彦くん
わかった。
このプログラムはスケーティングをみせる
振り付けなんだなぁ。

って、今頃なにゆーてんねんと言われそうだが、
実のところ、アップテンポのノリノリのほーが
素人目にはすげーと言い易いんだな。

だからパトリック・チャンくんのが
なんでこんな高得点になるの?と思っちゃったりする。

でも、伸びとかスピードとかよくみると
ぜんぜん違う。

最初、このプログラムみて、
動きが少ない?と思ったけど
違うんだ、あえて抑えてるんだ。

今回、ジャンプが成功して
ようやくそれが見えてきた。

それにしても
もうちょいファイブコンポーネンツ伸ばしたい
っちゅーか、
伸びてもええんでね?と思うんだけど、
なんだろな、表情?

タンゴだったら、それこそ眉間にしわよせて、
口への字ぐらい作る苦悩の表情で滑りきるってのも
アリかもしんないなぁ。

●セルゲイ・ボロノフくん
GOEで減点がないってのが強いよなぁ。

●ジェイソン・ブラウンくん
この人のスケーティングの
軽やかさと滑らかさはすごいなぁ。

高橋大輔くんがいなくなっちゃった今、
腐人の中のその枠は、
ジェイソンくんが代理になってる。

ここに4回転が入ったら、と、
どーしても思っちゃうなぁ。

●ミハル・ブレジナくん
惜しい!超惜しい!!!

ワタシャ、あなたのプログラムの完成品が
みたくてたまらんのよ!

FS、超期待してっからね!!

・・・にしてもこの足元だけ写すの
なんとかしてくれんか?

そりゃエッジワークがよくわかるが、
そこだけにされたら上半身の動きがわかんねぇだろ!
全身もみたいんだって!

画面分割するとかさー
もっと画面構成考えろーっ!!!

●マックス・アーロンくん
や、やっぱりもっとノリノリで
やってほしー!!!

振り付け
もうちょいなんとかならんのかなぁ・・・(~_~;)

あと足元に寄り寄りで写してたとき、
手をついたとこ、あれは振り付けなのか、
なんかアクシデントなのか、
うーん・・・足だけだったらわかんねぇよ!

●ハビエル・フェルナンデスくん
ホント、このプログラム、あってるよなぁ。

エキシビションかと思っちゃうぐらい
観てて楽しい。

まぁ、今年は絶対ファイナルいきたいよねぇ。
がんばれー!



それにしても観てて思うんだけど、
自分が滑りたいものと、
自分にあってるものって、
やっぱ違ってて。

そりゃそれが同じだったらベストなんだろうけど
なかなかそうでもなかったりして。

でも、自分を客観視して、
その強みを生かせるものをやってるほうが
結局、点数が伸びてる気がする。


さて、今晩はFSだが、
なんとテニスもかぶってる・・・・・・

そして、スケート観戦を優先させたがゆえに。

仕事も待ってる・・・(-_-;)

っちゅーことで、本日の読書録は、カウントのみ。
●14日
(1046)マンガ 『セキセイインコ 3』 和久井健
(1047)BL/モノクローム・ロマンス『フェア・ゲーム』 ジョシュ・ラニヨン、冬斗亜紀
[ 2014/11/15 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。