或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > GPシリーズ・フランス大会 SP&FS総括 ※但しFS地上波のみ
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・フランス大会 SP&FS総括 ※但しFS地上波のみ

フランス大会はいつも思うが、
会場を暗く作ってるんだよなぁ。
だから、この大会で試合するときは、
暗い衣装だと、背景と同化しちゃってみづらい。

明るめの色の衣装のほうが映えるんだよなー。

ところでこのGPシリーズって、
誰がどの大会に出るかは、
どうやって決めてるんだろう?

こういってはなんだが、このフランス大会
トランプでいえば、
ちょっと待って、なにこの絵札の山!?
みたいなぐらい、
腐人の目からしても、表彰台クラスが集まりすぎ。
激戦じゃん。

なんでもうちょい分散せんのだろうなぁ??
どの試合に出るかも一つの戦略だと思うが、
ここまで固まると、もったいないぞー。

では男子からいきますか。

●エン・カンくん
先日の衝突のダメージから、
まだ完治ではないとのことだが、
SPでは、すげーきれいなトリプルアクセルを披露。
いいねぇ。

個人的には、もうちょっと背中をやわらかく、
腕を丁寧に使ってほしいなぁ。

●マキシム・コフトゥンくん
SPはびっくりしたよ。
ど、どどど、どうした!?
こんなにジャンプ失敗する姿をみるのは
珍しい気がする。

その分、FSでもりかえしてきたねぇ。
去年のGPシリーズファイナルとかは、
まだメンタルの弱さが露呈してたけど、
かなりしぶとくなってきたな。

まぁ、今、ロシアは女子ばっか注目されてっから
俺もおんねんぞ!ってことかね。

それにしても今の男子は4回転が決まると
むっちゃ強いなぁ…。

●リチャード・ドーンブッシュくん
アメリカの選手は4回転を無理するより、
3回転で完成度をあげる路線が多い気がするのは
気のせいか?
滑らかなスケーティングと、このSPのステップは好きだわ。

ジェレミー・アボットくんとか、パトリック・チャンくんとか
ジェレミー・テンくんとか、
北米の大柄な男子選手って、
なんでこんなにスケーティングが滑らかで綺麗なんだろ?

フリーレッグの使い方もすごくきれいで、
スピードも落ちないし。

技術的なことがわからんのだが、
なんかコツがあるんですかね??
盗めるもんなら盗みたい…。

●コンスタンティン・メンショフくん
メンショフくんの4回転みると、
もしかして、4回転って難しくないの?っちゅー
間違った気になるなぁ。

男女問わず、ベテランをみると思うのが、
魅せ方、アピールの仕方がわかってるなぁっちゅーとこ。
みせなきゃいけないポイント、
決めるべきポイントがわかってるんだよねぇ。
その辺が巧い。

ただ、FSの黒手袋。
フランス大会に出るなら、ここは黒じゃない
明るい色の手袋がほしかった…。

これはシャフィック・ベセリエくんや
フローラン・アモディオくんのSPにも言える。
ってか、二人とも、地元でやるからこの黒バックのこと
わかってたんじゃないの!?
なのになぜ、黒手袋…(-_-;)

三人とも、せっかく手がいろいろ語ってるのに、
カメラ位置によっては背景に埋没して
せっかくの動きがみえなかった、もったいない!

メンショフくんのテーマが平和への思いというなら、
白…ならリンクにのまれちゃうから、
だったら、赤は?
赤一色ではないが目立つ赤いれたら、
象徴として、そういう演出もおもろいと思うけどなー。

●町田樹くん
まず、SP。
あー!もったいない!あのルッツ!
他のジャンプ2つがすごくよかった分、
ああ、もったいない…。

そんで、ちょっと気になったのが
フリーレッグの使い方。
終盤、どーも縮こまってみえたんだけど、
翌日の新聞みると、肺と脚にきてたとのことなので
なるほど、そゆことなのか。

で、FSですが、まー4回転が決まるか決まらないかが
かなり違ってくるという結果だけど、
その後はよく踏ん張ったね。

特に、ステップとか
複雑に細かく入ってくるつなぎのステップが
アメリカ大会より綺麗につながって
大きな流れになってた気がする。

まーその結果が
この高いファイブコンポーネンツなんだろなー。

でもま、町田くんとしては完璧に決めて、
1位でファイナルに行きたかったんだろうが
いいじゃん、
ただファイナルに出るってんじゃなく、
やらなきゃならない宿題ができたってことで。

それにしてもこのFS、前もゆーたが
ホントに生オケ+合唱つきで観たい。
それこそ、釜石市と共演してくんないかなぁ…。

●デニス・テンくん
うおー!今回は決めてきたなぁ!とSPでは思ったのに、
おいおいどーした、FSは!!

なんつーか、
これがオリンピックでメダルを取っちゃった後の
メンタルの保持の難しさなのかね?

ところで、テンくんのジャンプは、
ふわっとゆー擬音をつけたくなる。
決してそんなことはないんだろうが、
飛ぶぞ飛ぶぞ飛ぶぞ、ってんじゃなく、
すごく柔らかなタッチに見えるんだよなぁ。

筋肉がしなやかな感じなのかな?

テンくんはそんな身体が大きくないし、手足も長くないが、
全身を伸びやかに、斜めの線をうまく使ってくるので
大きい演技にみえてくるんだよなぁ。
この辺も筋肉の関係なのかわからんけど、
動きとしては高橋大輔くんと近いかもしれない。

腐人はこのやわらかさを
エン・カンくんにも備えてほしいんだがな。

続いて、女子。

●今井遥ちゃん
SP、FSともに、もったいなかったねぇ。
このSPのプログラムは大きな挑戦だったと思うんだが
曲に負けないぐらいの、
アシュリー・ワグナーちゃんや
コートニー・ヒックスちゃんぐらいの迫力がほしいなぁ。

FSは、前のアメリカ大会より、
無邪気で世間知らずな
村娘ジゼルっぽさが出てた気がする。
そもそものキャラクターがこっちに近いのかな?

でもこれジゼルの1幕だよなぁ。
すると天国と地獄なわけだけど、
うーん…表現しきるには、ちょっと散漫?な感じがした。

天国なり地獄なりに絞って、より深くするか、
もっとなりきりに振れて、落差をつけるか。

他の要素もあったんだとは思うけど、
終盤は仮面がはがれてた気がする。
となれば、最後まで演じきる体力なりも
課題になってくるよねぇ。

●マリア・アルテミエワちゃん
衣装がおもしろーい!
そうか、こういうのもありなんだ。

ついルールの縛りにとらわれて、
前例の枠の中でしか考えられなくなりがちだが、
ロシアって、選手層が厚いせいか、
スピンやスパイラルのポジションの独創性といい、
こういう衣装といい、選曲といい、
すごく自由な発想をもってるなぁと思う。

こーゆーところ、日本もぜひ見習ってほしいわ。

●アンナ・オフチャロワちゃん
SPしか観てませんが、
ごめん、滑りじゃなくて、メイクと衣装に疑問が。

もともとの肌色が白いから、
ストッキング部分との対比がなんか…うーん…
メイクもなぁ…うーん…
このメイクと衣装で何を表現したかったんだろう?
わからん(~_~;)。

●アシュリー・ワグナーちゃん
まだ23歳なのに、この成熟さ。

っつか、アシュリーちゃんが滑り出すと、
もう会場の色が変わる。
正直、ショー向きだと思う。
ホント、女優さんみたいな演技力があるよなぁ。
将来的にはそっちに行く気はないのかな?

●ユリア・リプニツカヤちゃん
エレーナちゃんとユリアちゃん。
このロシアの2強がぶつかると
どっちが上とでるのかなぁ…ってのが
腐人がこのフランス大会の注目点だったりする。

SPのこの冒頭とエンディングは、
風船?つかんでるのかなぁ??
この辺の解釈を一度きいてみたい。

お、FSは衣装変えてきたか。
個人的にはジュリエットは、エンパイヤライン
胸の下からスカートになる型なんだよなー。
なので、腐人といまいちイメージがあわない。

ほんでもって、
ジャンプがどうこうってんじゃなくてですね、
腐人はこのプログラムはちょい不満。
だって演じてるユリアちゃんの中に
ロミオがいないんだもん。

去年のシンドラーのリストは、
不安や恐怖に揺れる気持ちができてたのに、
これはジュリエットかもしれないが、
ロミオがいないジュリエット。

そこがみててつまんない。
振り付けをこなしてるだけにみえちゃうんだよなー。

ファイナルまでにそこをなんとかしてほしいなぁ。

●エレーナ・ラジオノワちゃん
ホントこの子は15歳に思えない…。
ってか、天は二物どころか何物を
エレーナちゃんに与えてるんだろう…。

リンク栄えする手足の長さといい、
身体の柔らかさに加え、
細いのに最後までスピードが落ちない体力。
表情の作り方もむちゃくちゃ巧くて、
今回のSPみてると、
ものすごく成熟した女のようにも元気な少女にもみえる
豊かな表現力。

15歳でここまでできるって
どこまでいくのか、
エレーナ…恐ろしい子…(これマジです)。

今季のFSは、正直、アメリカ大会んときは
まだなじめてないつかみきれてない感じがあったが
うへぇ…ここまで仕上げてくるんだ…(~_~;)

ビールマンスピンって、
女子の多くの選手がするわけですが
正直、手と足で作るそのポジションが
今、一番美しいのはエレーナちゃんな気がする。

人によっては、細長い水滴のような形というより
ひし形っぽい感じとか、
ああ、頑張ってひっぱってるなぁって感じが
あるんだよなぁ。

や、そもそもが無茶な形だよね、ビールマン…。


去年に続き、6人中4人がロシアっ娘。
残りの二人は、日米のあたりか??
実力伯仲だから、誰が勝つのか、ホントわからん。

ぶっちゃけ、4年後のオリンピック、
ロシアは5枠ぐらいほしいんじゃなかろうか?
売買できんのかね??


さ、来週で、GPシリーズも終わり。
男女とも、ファイナルの残り枠は誰が埋めるのかな?

皆さん、ケガせず、悔いのないよう
思いっきり力を出し切ってくださいねー♪


以下、読書録。
だが、余力がないので、カウントのみ。

●21日
(1064)BL/Holly NOVELS 『そんなに愛情いりません』 今井真椎

●22日
(1065)マンガ 『シュトヘル 9』 伊藤悠
(1066)マンガ 『乙嫁語り 6』 森薫

●23日
(1067)BL/ディアプラス 『恋愛できない仕事なんです』 砂原糖子
[ 2014/11/24 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。