或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 東京観光顛末記 東京駅編
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京観光顛末記 東京駅編

石原理さんがツイッターで紙媒体の話をされてて、
むらむらとコンテンツ論がしたくてたまらなくなっている・・・。

ネタは腐って発酵しそーなほどあるんだが、
書いてる暇がないんだよ・・・(-_-;)

とりあえず、
1個づつ宿題を済ませてしまいましょう。
忘れぬうちに。


東京観光も最終日となり、
AちゃんとBちゃんが帰宅する日のことでございます。
昼の便で帰るという。

えらい早いなぁと思ったものの、
腐人なんかもこの歳になると、
3日間遊び倒しってのはもう無理。

最終日は早めに切り上げないと
その翌日からがもたない。

そーよねー、翌日から学校も仕事もあるし、
こんだけ遊んだらくたくただから早く帰ったほうがいいよね、
と思っていたら。

「夕方から塾なのよ」

・・・き、厳しいな、現代っ子・・・(/_;)
がんばれー・・・\(-o-)/


ま、そゆことで、早々にホテルを後にし、
最終日の目的、東京駅探索にむかったわけです。

東京駅探索をするにあたって、
最大にして最重要なミッションは、
コインロッカーの確保。

正直、東京駅の達人である師匠がいれば、
穴場ポイントとかもよくご存知なので、
後ろをピヨピヨとついていけばいいんだけど、
いかんせん、今回は腐人が水先案内人。

うわー・・・頼んねぇ・・・。
迷うの確実じゃん・・・。

その自覚はあったので、
事前に、周囲にきいてみた。

すると。

「東京駅と新宿駅は、コインロッカー激戦地。
 のろのろ自力で探してたりなんかしてるうちに
 すぐ埋まるから、案内所いって教えてもらえ」

との教えを頂戴する。


で、実際のとこ、どーだったかっちゅーと、
腐人たちは舞浜から来たので、
東京駅のはみだしっ子、京葉線で東京駅に到着した。

すると、この周辺はかなり空いていた。

しかし、この後のことを考えると、
ここでいれるは得策ではない。

ま、だから空いてるんだよなー・・・。

えっちらおっちら、東海道上官の近くまでくると、
見事なぐらい全滅・・・。
こーゆーことか・・・(ーー;)。

よって、事前の教えに従い、案内所に行った。

そのとき、案内所では、
どうも話が長そうなおばちゃんの対応中だったので、
待ってたんだが、このおばちゃんが凄かった・・・(-_-;)

案内所のお姉さんの説明をさえぎり、
「ちょっとあなた。
 なんでそんなにゆっくり話すの!
 私が日本語がわからないと思ってるから!?」
 
ま、確かにそのお姉さんは、
その後、腐人たちが尋ねたときも、
や、もうその辺、端折っていいから・・・と言いたくなったぐらい、
ものごっついゆっくりした口調で、丁寧な説明をされた。

でもなー、こーゆーとこって、高齢者や外国人も多いから、
クレーム対策として、それをルールにしてんのかもしれない。

ほいでも、もうちっと、
相手をみて、臨機応変に対応する、
っちゅー技があってもいいかもしれないと思ったぞ?

現代人は、腐人も含め、せっかち多いからねー。



さて。
話をおばちゃんに戻す。

腐人はそのおばちゃんの発言をきいたとき、
「は?そんだけ流暢な日本語しゃべってはんねやったら、
 誰もそないなこと思いまへんがな」
と腹ん中では思っていた。


が、以下が、耳にしたその後の会話。

案内所の人:「それでしたら英語での説明の方がよろしいですか?」
おばちゃん:「だから最初、英語できいたでしょ!」
案内所の人:「では、」

っちゅーて、案内所の人は、
どうも英語で最初から説明しなおそうとしたみたいなんだが、
そこでおばちゃんがキレた。

おばちゃん:「トゥレレ#$%%@*・;^%$#」

と、超絶技巧の巻き舌で、
何かをまくしたてはじめたのだ。大声で。

あとでAちゃん(も絶句して状況をみていた)と、
「あれ、英語じゃねぇよな?」
「イタリア語??」
「いや、でもなんか違うような・・・」
と、お互いの意見交換をしたが、
結局、あのおばちゃんが何を言ってたのかは、まったく不明。

たぶん、わめきたかっただけだと推測する。


そして、おばちゃんはそれだけでは済まなかった。

案内所の人を絶句させると、
「××××さん(案内所の人のフルネーム。名札より)、
 あなたはそういう対応をするのね。
 よぉくわかりました。
 もういいわ。
 ××××さんね、おぼえておくわ」

みたいな捨て台詞(詳細忘れましたが、こんな感じ)を吐き散らして、
ダッタカダッタとどこかへ立ち去っていった。

まさに台風一過・・・。


それにしても、おばちゃんは
そもそも訊きたいことがあって案内所にいったんだろうに、
あれだと問題そのものは解決しとらんのではなかろうか。

そんでいいならいっけどさ。


ま、そんなこんながあった上で、
ようやく空いてるコインロッカーを教えてもらった腐人たち。

ちなみに、朝の9時半ごろだったんだが、
「もうこのあたり(新幹線改札周辺)のコインロッカーは
 全部埋まってます」
とのこと。

東京駅でコインロッカー探される方、
そーゆーもんらしーですよー。


腐人たちが教わったのは、グランスタの地下にあるやつで、
そばに、手荷物預かり所があった。

降りてって一番に目に飛び込んだのが、
その手荷物預かり所の行列。

またここでも並びか!

うへー・・・やだなぁ・・・時間ないのに・・・
と思ったら、その先の壁一面にロッカーが。
そして、人だかりが。

すげー争奪戦を繰り広げてたんで、
どっちがマシかなー?と、
手荷物預かりの値段をみてびっくり(@_@;)

1個500円とあるではないか!

は?1個?
たとえば、AちゃんとBちゃんと腐人の荷物あわせると、
かばんが3つに、手提げが1つ。
この場合は、500×4=2000円!?

だからコインロッカーに入るサイズの人は、
壁に突進してんだな・・・。

なんてことをのろのろ考えてた腐人と違い、
Aちゃんはその激戦が繰り広げられてる戦場に、
タッタカタッタッターと乗り込み、陣地を確保。

さすが、常日頃、バーゲンで鍛えてるだけあるわ・・・。

大きなロッカーを確保できたので、
腐人の荷物もいれてもらって一安心。

それにしても、まだ9時半だってのに、
この調子だと、おそらく10時には完売だろう・・・。
いや、もしかしたら10時までもたないかもしれない・・・。

なるほど、壁サークル(わかる人だけわかってください)。


このコインロッカーネタはもう一個あるので、
また後ほど。


さて、身軽になった腐人たちは、
まず、Bちゃん待望の東京駅丸の内駅舎をみにいった。
あの赤レンガ駅舎だ。

もう一つのお目当て、キャラクターストリートは
10時にならんと開かないし、
ちょうどいいやねと、ブラブラ二重橋にむかって歩いたんだが。

見事な逆光・・・(T_T)

ごめん、Bちゃん。
こればっかりは、
腐人がどんだけがんばっても、どーにもならん。

きれいになった赤レンガ駅舎を撮影されたい方は、
午後からのがよろしいかと存じます・・・。


そんなこんなをしていたら、
ちょうどいい感じの時間になったので、
東京駅一番街にあるキャラクターストリートにいく。

すると、期間限定で、なめこショップが出店していた。

腐人は未だガラケーで、タブレットも全くもってないので、
ニュースなどの報道から、
「流行ってる」
としか知らないんだが、
デジタル現代人なAちゃんもBちゃんも、
「あー!なめこ!!」
と喜んでいる。

よくわからんのだが、どうもいろんななめこがいるらしく、
その中でも、超レアキャラなやつがあったらほしいという。

なんてやつ?
と訊くと、
「ツタンカーメンなめこ」との返事。

このとき、名前覚えの悪い腐人の脳には、
「なんかエジプトっぽいやつ」
と刻まれた。


腐人:「へー。どんな感じなん?
    そのスフィンクスなめこ

Aちゃん:「ツタンカーメンだっての!


ちなみにこの会話。
2~3回は繰り返されました。

似たようなもんじゃーん?
   ↑
  覚える気も反省する気もなしか!




ところで、このキャラクターストリート。
ありとあらゆるところにトラップが仕掛けられてるもんで、
はっきしいって、
下手に子供をつれてくると身動きがつかなくなる。

根っこが生えるというか、
重しになるというか・・・。
もうちょっといいでしょーという子を
ずるずる引きずる親の姿があちこちに・・・。

こりゃ、親が大変だなぁ・・・。
ま、親が買いまくってる図もありましたけどね。


案の定、なかなか動かなくなったBちゃんを、
電車の時間もあるので、Aちゃんがなんとか誘導し、
食料品売り場につれていく。

そーだよねー、
お土産も昼飯も買わないとだよねー。


この一帯をうろうろしていて思ったんですが、
便利というか、カオスというか、
旅立つ人たちから、できる限り搾り取ってやるー!!
という場に見えたのは、腐人の目が悪いせーでしょうか・・・。

ちなみに、腐人は、普段、こんな人ごみんとこに出歩かないんで、
人負けして、隅っこでちっちゃくなってました・・・。

だって、腐人、か弱い乙女だもん←ウソつけ


本当は、東京駅おかしランドにも行きたかったんですが、
タイムアップ。

以前いったことがある人によると、
あそこも大混雑(特にカ●ビー)だそうで。

うーん・・・東京駅周辺だけで、1日遊べそうだぞ、これ。


増えた荷物を手に、コインロッカーのところに戻ると、
朝の人だかりが嘘のように閑散としていた。

ま、そらそだわな、全部埋まってるもん。

ふんふふーん♪これでノルマは果たしたぜ~♪
とか思いながら、コインロッカーに近づくと、
若い兄ちゃんに声をかけられた。

「あのっ!そこ空きますか!!」

必死というか、半泣きというか、
腐人の目には、
「トイレがやばい時の王子のような顔・・・」
とみえた。

実際空くし、兄ちゃんの切羽詰り度に気圧されながら、
「ええ」
と答えると、みるからに安堵~の一息。

よーくみると、兄ちゃんの手には、
キャリーや紙袋など、結構な荷物が。

しかし、それはどっからどーみても、女物。

えーっと、男の娘?
ちゃうよね?

と思ったら、ちょいと離れたところに、
ちっちゃなハンドバッグしか持ってない、
頭のてっぺんから足の先までばっちりキメた
若い姉ちゃんが腕を組んで、
ブリブリにふてくされた顔して立っていた。

「・・・兄ちゃん、悪いことゆわんから、
 女みる目、鍛えろ。
 でもって、間違っても、その女を嫁にすんじゃねぇぞ。
 いくらチチがでかくて、あっこの具合がよくても、だ。
 予言してやるが、地獄の結婚生活になるのは間違いねぇぞ」

とは、腹の中で思ったこと。


腐人たちが荷物をだしたあと、
「どうぞー」っちゅーと、
拝み倒さんばかりの感じで兄ちゃんが、
「ありがとうございます!ありがとうございます!」
を連発しており、
思わず腹の中の忠告を、口にしそうになってしまった。


ちなみに、空きを狙っていた人は他にもおり、
コインロッカーの扉が空いた瞬間、
わらわらわらと寄ってきた。

しかし、兄ちゃんが待ち構えてたので、
「ちっ!先を越されたか!!」
ってな心の声がきこえてきました。

いやー半端ねぇのな、東京駅・・・。

そういうこと考えると、
旅なれた師匠がよく使ってらっしゃる手だが、
駅近所のホテルをとって、チェックアウト後、
ベルスタッフにバゲッジ預けを頼んでしまうのが、
一番簡単で時短かもしれないなぁ。

っても、そしたら東京駅ステーションホテル泊まり?
安くはないなー・・・(;一_一)


そんな感じで、いろいろあった東京観光も終わりを告げ、
ばいばーいとなったわけですが。

腐人にとっては、
むちゃくちゃ濃い思い出深い3日間でございました。

こんなことでもなきゃ、
絶対に行かねぇもんなぁ・・・。


ご参考になれば幸いです。←なんねぇよ!

以下、読書録。

まず、昨日の放置物件から。

(202)一般本 『「30分遅れます」は何分待つの?経済学』 佐々木一寿
  うーん・・・
  はっきり言っていい?

  結局のところ、
  「っても、これ、あくまでも予想だから」って話じゃね?

  あーだこーだゆったってさ、
  この「あと30分で!」ってのも、
  ものすごーく生真面目な人が一生懸命努力しながらゆってるのか、
  どーしよーもないロクデナシが、とりあえずその場しのぎでゆってんのか、
  それで結果が変わりまくるわけで。

  どこかにあったけど、しょせん「にんげんだもの」。

  サルがアトランダムに株かいつづけた結果と、
  データから一生懸命考えて株かった結果が、
  実は大差ないってやつが、すべてを言ってるよーな気がするんだわ。

  あたる予想もありゃ、外れる予想もあるわけで、
  まさに「当たるも八卦、当たらぬも八卦」。
  それが経済学だってことにならんか?

  まー経営者とか政治家の中に、占いに頼る人がいるように、
  なんかしらすがるもんが欲しいってことやないんかね?
  
  ってことで、おもろそうなタイトルだなと思ったものの、
  中身としては、
  腐人にとっては、「ふーん・・・」って感じでした。

(203)BL/リンクス 『猫のキモチ』 妃川螢
  あのー・・・校正がちょっと雑ですよ?

  レオンがレインになってたり、
  ちょっとした1文字抜けとかが2、3箇所あったかな。

  前も『腐人日記』で書きましたが、
  校正ミスって、見つけた瞬間、
  物語世界から現実に引き戻されちゃうので、
  できるだけないようにがんばっていただきたい。

  っても、妃川さんは多作だから追われてるのかなぁ・・・。

  どーでもいいが、クロってでっかくならんのか??
  いつまで手のひらサイズのチビなんだ・・・(~_~)。

●25日
(204)BL/ルチル 『不器用な策略』 椎崎夕
  タイトルからして、てっきり、実は惚れてて・・・
  ってな展開かと思いきや。

  ・・・あの、遥くんよ。
  君、めんどくさすぎー!!!!

  これ、マジ、面倒見のいい兄貴じゃなきゃ、
  つきあってらんねっての。

  あとがきにもありましたが、
  なんでじいちゃんが出てこないのー!!!
  もったいない(>0<)!

  でもって、個人的には、主役二人よりも、
  主役それぞれの幼馴染二人のが、
  とってもとってもとっても気になってしかたがない・・・。

  なんで君らノンケなのよ!
  ホモりなさい!
[ 2013/02/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。