或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > GPシリーズ・日本大会NHK杯 フリー総括つづき
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・日本大会NHK杯 フリー総括つづき

っちゅーても、
あと羽生結弦くんとジェレミー・アボットくんの話だけやねんけど。

日本人選手には
できるだけコメントつけようと思ってはいるのだが
ごめん、加藤緒菜ちゃんのFSはコメントつけるほど観られないまま
HDDディスク容量の関係で消してしまったので
ノーコメントなだけやねん。
ゆーことが見つからんかったっちゅーのではない。
ハンパなことゆーんはイヤなんで。

ということで、最後のまとめにいきましょう。

●羽生結弦くん
羽生くんは、これまで6分間練習になると、
いの一番に飛び出して、
その6分間で得られるものを貪欲に吸収しようとしてたけど、
このNHK杯では、
ぶっちゃけ、6分間練習、こわかったんちゃう?

それ当たり前やねんけどね。

腐人はバイク歴××年で、これまでに何度も事故ったことがある。
自爆事故もありゃ、はねられたことも。

幸いたいした怪我をせずにきているので、
事故から数日たてば、またバイクに乗るんですが、
そのとき、頭はその状況を大丈夫と思っていても、
どうしても身体がこわばってついていかない。
かけなくてもいいブレーキをかけてしまう。

これは事故時の恐怖や痛みを身体が記憶してるから
もうどうしようもないことなんだよね。

これを治す唯一の方法は、時間薬。
これしかない。

ってかさー、これを感じないとしたら、
そのんが人間的に問題あるよ・・・
サイコパスか、人格障害疑ったほうがいいぐらいだ。

これは本能の領域なので、
時間がたって、
身体がその恐怖を受け入れ
克服するまでなくならない。

それが冒頭のジャンプ2つ、いや3つめぐらいまで
出てた気がする。


羽生くんのジャンプって、
昨シーズンなかなか成功しなかった4Sでもさ、
ものすごく前向きに、果敢に挑むジャンプなんだよね。

そこに迷いはない。
だからランディングがうまくいったとき、
その後の流れが本当に美しい。

でも、今回の冒頭のジャンプは、
腐人の目にも迷いや躊躇がみえて、
いつもの羽生くんのジャンプじゃないなぁと思った。

ただ、彼のすごいところは、その後を立て直してきたこと。

後半のジャンプはいつものジャンプに戻り、
ふっきれたのか、ねじふせたのか、
そんな感じにみえた。

もしかしたらこれで終われないという意地をみせてくれたのか、
これで終わりだと思ったからこそ開き直ったのが吉とでたか
その辺はわからんけども。

あの最後の上体そらしつきイナバウアーのときの表情に
いろんな気持ちがでてた気がするな。
あのとき、何をみたんだろう。


腐人はただ美しいものがみたいという、
超エゴイストの自己中ニンゲンだ。

なので、羽生くんならば
きっと応えてくれるだろうと思うので言わせてもらうが、
今季プログラムの振り付けの概要は、
このNHK杯でわかったけど、
腐人が観たいのは、完成品。

衝突事故にあった羽生くんが
ここまでの演技をしたというんじゃなく
3冠をとった世界王者の羽生くんが
どうファントムを解釈し、どんなファントムを演じるのかが
観たい。

まだ怪我は完治しきってないだろうし、
身体が覚えてしまった恐怖の克服にも時間がかかるだろう。

でも、羽生くんならば、やれる。
羽生くんならば、今季の間に、
腐人が感動するファントムをみせてくれると、信じてます。

っても、休むべき時はちゃんと休んでね。

ファイナル、楽しみにしてます。


●ジェレミー・アボットくん
率直にいって、今回のアボットくんの演技は、
腐人はむちゃくちゃよかったと思う。

あれだけ情感豊かな
音楽にあった流れるようなスケーティングは
美しいとしか言い様がない。

解説の本田武史さんもゆーてはったが、
アボットくんにしかできないプログラムだと腐人も思う。

ただ、ジャンプで無理して、転倒して、
全体の調和を壊すことを避けたがゆえに、
点数として伸びず、ファイナル出場権を逃してしまった。

正直なところをいうと、
演技後の余韻とか完成度でいえば、
一番よかったと言ってもいいぐらいだったので
点数が出たとき、あまりの技術点の低さに、
納得いかーん!!と思ったんだ。

でも、あとでリザルトで詳細をみて、唸ってしまった。

非常にわかりやすいので、羽生くんのと比べて話をする。

羽生くんのリザルトは
 技術点 70.31(基礎点65.48/GOE4.83)
 演技構成点 82.48
 減点 -1(転倒によるもの)

アボットくんのリザルトは、
 技術点 64.28(基礎点59.59/GOE4.69)
 演技構成点 83.86
 減点 0

※GOEとは、出来栄え点のこと

この技術点の基礎点部分をもう少し詳しくみると

羽生くん
 ジャンプ全体 51.18(前半 10.7/後半 40.48)
 ジャンプ以外 14.3

アボットくん
 ジャンプ全体 47.79(前半 24.3/後半 23.49)
 ジャンプ以外 11.8


二人のリザルトを比べると、
GOEや、演技構成点、ジャンプ以外の技術点は
多少の凸凹はあれど そう大きく差はない。
注視すべきは、ジャンプ後半の基礎点の得点差だろう。

※上記の3つの合計は、
羽生くんが101.61、アボットくんが100.35 差は1.26
ジャンプ後半の差は16.99

二人とも後半のジャンプに転倒はないが、
羽生くんは5本、
アボットくんは4本。

そして、
羽生くんはすべて3回転に絡んだジャンプを決め、
アボットくんは4本中2本が2回転になった。

その結果が、16.99の差。

前にブライアン・オーサーコーチが
例え前半の4回転ジャンプに失敗しても、
後半のトリプルを決めれば勝てるとゆーたのは
こーゆーことか・・・。


腐人はついつい表現者部分の美しさに目がいくんだが
アスリートとして勝つためには、
こーゆー要素が関係してくるんだなと、
つくづく考えさせられた。

でも、これで明暗わけちゃうんだなぁ・・・。
勝負の世界は厳しい。

今週末はめずらしくスポーツ関係がお休みだが
(腐人にとって)
この後、GPファイナル、都大路、全日本とたてつづくので
仕事を前倒しで片付けとこう・・・ね!腐人ちゃん!!

・・・(;一_一)


以下、読書録。

昨日ほっちらかしたやつから。

(1079)一般本 『宗教黒い報告書(ダークサイド・レポート)』
  タイトルだけみて読んでみたのだが
  オウムや統一教会、創価学会に幸福の科学と
  腐人にしてみたら、なんだカルトかよ、な話。

  てっきり(ピー)の(ピー)とか(ピー)とか、
  (ピー)の(ピー)とか、世界レベルの話かと思ったのに・・・。

  著者がないのはなんでかというと、
  1レポート4pぐらいの週刊誌記事っぽいのの寄せ集めのため。
  だからライターさんがそれぞれ違う。

  読みやすい方もいるんだが、うーん・・・(-_-;)という方もいらして
  何度か寝落ちした。

  腐人は宗教不要、死んだら終わりが万々歳、信じるものはいりません、
  っちゅー人なので、
  なんですがるものがいるのか自体が、正直よくわからん(~_~)。

  皆さん、ニンゲンに、ニンゲンのつくった社会に
  価値があると思えてるんだねぇ。
  だから、なんぞにすがってでも、生きてたいと思うんでしょ?
  違うの??
  
  腐人には、
  とっとと一匹残らず駆除されちまえよ、このクソ害獣
  集団妄想もええかげんにせぇ
  としか思えんのですがね

  ま、それぞれが幸せと思う生き方を、
  相互不可侵でできるならそれに越したことはない。

  そう、「相互不可侵」。これ重要。

  あなたの信仰をとやかくいう気はないので、
  あなたの中だけに収めてください。
  ぜひともよろしくお願いいたします。


●1日
(1080)一般本 『王国、売ります! 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  順番間違えて、次のを先に読んじゃったせいで
  こいつのネタがバレバレなんだが
  ま、いっかー。

  テランスいいですねぇ。
  腐人はテランスの従姉ぐらいになって、
  いっしょにフェリックスいちびって遊びたい。

  王太后をそそのかして、
  テランスいちびって遊ぶのもおもろそー。
  スカート似あいそうだしー。

  このアルカイスの星たらゆーの、
  確か後でなんか絡んでくるんやったよなぁ・・・。
  ××年前の記憶なので、かなりあやしい・・・。

(1081)一般本 『非時宮の番人 欧州妖異譚10』 篠原美季
  ほう、3すくみ。
  ってか、パリスの審判だなぁ。
  パリスならぬユウリは誰に黄金の林檎をあげるのやら。

  それにしてもダルトンがラーメン食べるのはいいんだが、
  シモンがラーメン!?
  シモンがカウンターに座って、ずるずる麺すするの!?

  ・・・あってほしくない・・・

  偏見だとわかってはいるんだが、
  シモンにB級グルメは似合わないーっ!!
  でもそれゆーたら隆聖も似合わない。

  この二人がカップ麺すする図なんて、周囲が許さなさそう・・・。

  そやって考えるとラーメンをすする図が
  許せる人と許せない人がいるなぁ。
  
  例えばセイラとか、アシュレイなんかは腐人的にはOK。
  ユウリもOKだが、食べるの遅くて麺が延びそうとか、
  熱いですよって言われてるのに食べちゃって口ヤケドしてそうとか
  そんな感じがある。

  オスカーはOKだが、セイヤーズはヤダ。
  アンリもOKだが、双子は似合わないという以前な感じ。
  あれが食べ物だとわかるだろうか・・・?
  そいや、見た目はラーメンな実態はスイーツってのがあるらしいが
  双子はそっちのが喜びそう。

  シモンはせっかく日本にきたのなら、
  箱根の岡田美術館にいけばよかったのに。

  まだ新しい美術館なんだそうで、
  腐人もその存在を、先日師匠に教えてもらうまで知らなかった。

  でも、現代において、
  市場で購入できた最高級品が集まってるよ、あそこ。

  あまりに無造作にいろんなものがありすぎて
  価値がわからん腐人はぽけっとしちゃったが、
  ちょっと遠いし、ちょっと高いが、見ごたえあります。
 
  一番衝撃だったのは、野々村仁清の茶碗。
  あれは鑑定のうんちくをぜひ聞きたい。

  ちなみに腐人が一番にへらっと喜んだのは、
  北斎の春画だ(※今は展示してないかも)。
  エロ画もあの領域までいくと芸術なんだねぇ。
  
  ってなんか話がずれちゃったが、
  クリスティーズも裏話をきくと、
  アシュレイやベルジュ家が超上客なのわかる。
  あの世界も魑魅魍魎がうようよしとるようで。

  今回は、根付と印籠でしたが、
  腐人はそれにまつわる物語としては
  波津彬子さんの『雨柳堂夢咄』にあった
  蜃気楼の話が好き。

  そいや、もってる世界というか雰囲気が似てるかもしんないなぁ
  この2作品。
  なんかお話世界の空気がきれいなんだ。

  しばらく番外編が続くようですが、
  新学期は波乱含みで始まりそうですなぁ。
  ってか、アンリが下宿するなんて言えば
  オスカーだって下宿人に名乗り上げると思うぞ?
  したら、シリトーも寄ってきそう・・・。

  シモンがフランスでイライラしてそーだよねぇ。
  間違いなく、アンリにかこつけて
  ベルジュ家のエージェントをはりつかせて
  ユウリの行動報告させてそうだ。

  忍耐、忍耐、また忍耐。
  わはははははー。

  そいや、子育てに最も必要なのは忍耐という。
  シモンはいいパパになりそうだねぇ。
  結婚に至るまでが大変そうだけど。

  あとがきによれば、篠原さんが子育てしたことないから
  クリスは書けないとおっしゃっておられたが、
  いいんですよ!リアルじゃなくって!
  ガキのリアルなんて、かわいいばかりじゃないんだから。
  理想のチビ図でいいんです!

  たぶん今って、8ヶ月かそんくらい?
  腐人の好み的には、この時期ぐらいから2~3年が
  人生でいーっちばんかわいいです。
  その後はダメ!←おい・・・

  その前だと、わけもわからずふぎゃふぎゃゆってるだけの赤子なんですが
  早い子だと6ヶ月ぐらいから、大体8ヶ月ぐらいから
  外界を認知しだすので、こっちの言ってることをかなり理解する
  本当に「動くお人形さん」。
  超かわいいです。

  その時期に一緒におられんレイモンドパパに
  心底、同情しちゃうぐらいかわいい。

  しゃべりだすと、クソ生意気なことを言い出したり
  こまっしゃくれたことも言いだしたりするけど、
  まだ、ぜんぜん静かだし。
  純粋だし、素直だし。

  動きもまだトロくさいから捕まえられるし。
  どこさわってもやわらかくってつるつるで、
  ぷくぷくして、何を着せてもかわいいし。

  シモンが、耳つきのやつを買いたがってましたが、
  あれはあの時期こそ
  着せて写真とりたいやつなのよー!!!

  もうちょい育つと、媚がでてきて腐人はイヤなのだ。

  ただ、まだ外界には
  危ないこと、怖いことがあることがわかってないから
  目が離せない。
  特に男の子は・・・。

  でも、意思の疎通は、「ベビーサイン」がわかってると
  問題なくできたりするし、
  まーフォーダム家の血筋なら、
  クリスは間違いなく頭のいい子だから
  ここはダメと教えたら、ちゃんと理解するさ。

  姫はむちゃくちゃ出来がいい子なんですが、
  うちに1歳半ぐらいから遊びにきてるけど
  腐人はこれまで姫との意思疎通で困った覚えがないもんなぁ。
  クリスもそのクチだと思う。

  セイラなんかメロメロだろなぁ・・・。

  ちなみに2、3歳ぐらいになると、
  好き嫌いがかなりはっきりしてくるので、
  たぶん、そんくらいにシモンが遊びにいったりしたら、
  絶対手を握って離さないだろうなぁ。

  先日、これまた血族がナンパした2歳の女の子と姫(5歳)を
  一緒に遊ばせたところ
  最初は、パパママの後ろに隠れてた女の子は、
  姫と遊んですごく楽しかったらしく、
  最後は、「ばいばいしないの!かえらないの!」と
  頑張ったらしい。

  帰りの電車では、笑いながら寝てたとゆーから
  楽しかったんだろねぇ。

  ま、そんなチビネタって、
  腐人は子供産んだことも子育てしたこともないですが
  身近を探せばあったりしまっせ?

  っちゅーことで、ぜひ、クリスの話、
  チャレンジしてくださいませ!篠原さん!!
  
  ちなみにもうちょい育ったあたりでよければ、
  今読んでる
  『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』
  オススメです。
   
  って、本編と関係ない話で終わるのもなんなんで。

  シモンが根付を、タダでもらうことに納得できずにいましたが、
  腐人だって、超高額で競り落としたもんをタダでってのは
  おかしいと思うが(だからアシュレイに金を払うのは正当な取引)。

  でも、ユウリのは、そんなに高額じゃないし、
  幸徳井家のは、退治依頼(あれ有料だよなぁ)の残留物なんだから
  別にええんちゃうの?と思うけども。

  それよりも、あるべきものをあるべきところに納めることのほうが
  物にとってもいいと思うんだよな。
  たぶん、ユウリや幸徳井家もそういう考えじゃないかと思うんだが
  これは日本的な考えなんだろうか??
  フランス人はそういうふうには考えないの??

  ユウリが買ったときの値段については
  それでいいんだとかゆってたから
  シモンの感覚を、深くきいてみたくなった。
  あれは、ただ単にユウリには甘いってだけなのか??
[ 2014/12/02 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。