或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 決算&読書録 > あけましておめでたうござります
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あけましておめでたうござります

よくよく考えたら、2014年って、
上半期総決算しとらんかったでんな。

・・・・・・ま、いっか。

ってことで、今日は1年分の総まとめを本日いたしましょうか。

どーでもええが
親戚が集まるよーな場では、
どーしても結婚は?ってな話がでよるが、
さすがにこんなオバはんをおしつけられる相手が可哀想
ってことに気づいてくれたんか、
その手の話がようやくでんくなった。

が、そんかわりに過去の暴露話がはじまり、
その中で、
「あんたも、あんときのええ話をうけとけば・・・」
ってのがでてきた。

は?ナニソレ?
と言うと(マジで覚えてなかったんで)、
怒涛の勢いで、こんな縁談があったやないかー!と責められる。

本当に覚えてなかったので、
「それ、ワタシの話ちゃうやろ」
っちゅーと、皆が口を揃えて
「あんたの話や!!」
とつっこんできた・・・や、だからおぼえてへんて。

腐人は昔っから非婚主義なので、
「興味ねぇし」
の一言で片付けたらしい。

ま、せやろね。

それにしても過去が知られている相手との戦いは
あまりにも分が悪い・・・。

そんな居心地が悪い時間を過ごされた方も、
そうでなかった方も、
今年1年がよい年でありますように。

では、本題にれっつらごー!

2014年の全般的な印象としては
「漫画がおもろかったなぁ」
である。

っても別に2014年の旬な漫画がどうこうではなく
むかーしむかしからやっとったり、
ずいぶん前に完結したけど
腐人がたまたま2014年に読んだっちゅーだけのもんなんだが。

ってことで。

2014年 
●おもろかった本で賞


児童書部門
★『クレヨンからのおねがい!』 ドリュー・デイウォルト、オリヴァー・ジェファーズ、木坂涼
巧いなぁ、と思う。
絵本ってシンプルな分、
すごく技量がみえるんだよね。

マンガ部門
完結モンでは
★『トッキュー!!』 小森陽一、久保ミツロウ
★『ラストイニング』 神尾龍、加藤潔、中原裕
★『もやしもん』 石川雅之
★『ミュージアム』 巴亮介 


連載中だけど、腐人が去年から読み出したモンでは
★『ダイヤのA』 寺嶋裕二
★『ベイビーステップ』 勝木光


あら、講談社が多いわね。
別に何の関係もねぇんだけど。

女性向けマンガは、ずーっと読み続けてるやつは
相変わらずおもろいんだが
新規開拓した中で、
「お!これは!!」ってのが思いつかない・・・。

ずっと読んでる中で印象に残ってるのは
★『SEX PISTOLS 8』 寿たらこ

★『逃げるは恥だが役に立つ』 海野つなみ
これは今、新刊が楽しみな筆頭かな。
でるたびに投げかけられるテーマに
うーんと唸っちゃう。

新刊が楽しみっちゃー
★『重版出来!』 松田奈緒子
★『ハイキュー!!』 古舘春一
★『クロコーチ』 リチャード・ウー、コウノコウジ
★『セキセイインコ』 和久井健
★『AWAY-アウェイ-』 萩尾望都、原案/小松左京
★『ファンタジウム』 杉本亜未
★『いとしの猫っ毛』 雲田はるこ

もだなぁ。

これらと違う意味で新刊が読みたいのは
★『コウノドリ』 鈴ノ木ユウ
腐人とは対立する価値観、視点だからこそ
すごく気になってます。

それから
★『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』 竜田一人
現実無視の感情論でもなきゃ、
マスコミによくある日和った視点でもなく、
淡々とそこにある事実を描く。
腐人は後世のために、もっとも必要なのは
これだと思う。

「これからどうするか」を考えるのに大切なのは、
今そこにある事実を、余計な雑音を排除して
あるがまま、そのまま、受け入れる。
まず、これありき、それから議論だと思うんだけどなぁ・・・。

最後に、これは続いてくれることを信じてます!
★『MASTERキートンReマスター』 長崎尚志、浦沢直樹

っても、継続本は継続本、
新規開拓は新規開拓。

なんかおもろいオススメがあれば
ぜひ腐人会までご一報くださいませ。
お待ちしてま~す♪
    ↑
   その前に入り口つくれよ・・・


続いて
一般書部門
読むのに苦労したが、そんだけの価値があったと思う
★『エイズの起源』 ジャック・ペパン、山本太郎

みすず発行のもので、
もう1冊チャレンジしたいのがあるんだが
これ以上に手ごわそうで躊躇中・・・。

でも、読むの大変だけど、
それだけの価値があるんだよなぁ。

★『共感する女脳、システム化する男脳』 サイモン・バロン=コーエン、三宅真砂子
★『廃用身』ほか久坂部さんの長編小説 久坂部羊

最後に
BL部門

チビラブで賞
★『裏切りの代償 ~真実の絆~』 六青みつみ
★『猫の国へようこそ』 杉原理生


ゆーことなしで賞
★『求愛前夜 恋愛前夜2』『おやすみなさい、また明日』 凪良ゆう
★『愛の罠にはまれ!』 樋口美沙緒
★『COLD HEART』 木原音瀬
★『イエスかノーか半分か』 一穂ミチ
★『君が笑えば世界も笑う』『もっとずっときっと笑って』 久我有加


腹が痛いで賞
★『愛犬志願』『ぱんつを穿きたい3日間』 宮緒葵

来年は待ちに待ってた
『グロリア学院シリーズ』 桐嶋リッカの新刊がでるし!

ああそれでいえば
『黒羽と鵙目』 花郎藤子は、
いつでるんでしょう・・・・・・・(T_T)
とりあえず、出るまで言ってやる!


あと、選考対象外ですが、
この続きが気になるで賞
★小説現代10月号掲載「罪と罰」 木原音瀬

本気でこれは、あのあとどないなったか気になる。


去年は意気揚々とあげてたデータですが・・・
いつしかわけがわからんくなってしまったため
今回はなし!

来年もなしかも・・・。
だって、記録とるの面倒なんだもん!!

どーでもいいが、コレを描くために自分のブログ1年分を
ざーっと眺めなおしたが、
ホント、言いたい放題ゆーとりますな。

毎年この言葉でしめてますが、
今年もいい本に出合えますように
[ 2015/01/01 ] 決算&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。