或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > ジェイクのアホたれー!!『悪魔の聖餐』より
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェイクのアホたれー!!『悪魔の聖餐』より

眠い・・・(-_-)
なんちゅー本を出しよんねん、ジョシュ・ラニヨン・・・(ーー;)。
※呼び捨て、すみません

今、仕事がさー、
胸のカラータイマーがかなり激しく点滅中なんだけど
この500ページもの話がやめられんで、
朝を告げるヒバリの声をきいてもたやないけー!
        ↑
     ウソです。たぶん都会のカラス。

その他にも今、いろいろありまして、ちょっと日常話を書く余裕がなく
読書ブログも、サラリと流したいところなんだが!

ち・よ・つ・と・ま・て・よ、おらぁ!
と言いたくなっちゃったんだよねぇ・・・ジェイクに。

はい?今、なんつった?
「お前は最初から、わかっていた筈だ」ぁ

・・・ちぃと待ちんさい。
リサさんに代わって、ちょぉ、このおばちゃんとお話しょっかね?

こらこらこら、忙しいゆーて仕事に逃げてんじゃねぇぞ、おらぁ。
なんやったら、おたくの署長さんと話させてもぉてもええんやで?
こちとら、ゼンリョーなる一市民やからねぇ。
そちらにオツトメの刑事さんのことでちょっと・・・ゆーたら
クレームが怖い昨今のお役所さんなんぞ、
すぐ時間つくってくれるで?

職場で話されたないんやったら、
ちゃんと話する時間つくれや、この××××!
   ↑
  よい子は、このような言動をまねしてはいけません。



さて。
これ以上、腐人の怒りが燃え上がる前に、
カウントしとこかね。

(26)BL/モノクローム・ロマンス『悪魔の聖餐 ~アドリアン・イングリッシュ3~』 ジョシュ・ラニヨン、冬斗亜紀

書き始める前に。

合言葉は冷静に、
さ、腐人ちゃん、繰り返して?


あとがきで三浦しをんさんが、
モノクローム・ロマンスが人気だと書かれていたが、
実売部数なんて発行してるとこでも、
ごく一部の方しかわからん話だろうから、
実際んとこどなんだろうな?

まぁ、その辺みるのに一番いいのは中古価格だろう。

ただ、確かこないだ、「このBLがやばい」にランクインしてたから
今は高値・品薄状態の可能性はあるが、
結構、いい感じである。

おもしろければ、
国境も文化も超えて売れるんだよね。

ただまぁ、このブログを読んでらっしゃる方のどのくらいが
このアドリアン・イングリッシュシリーズを読んでるのか
皆目見当もつきませんが、
超雑な説明は、2014/10/23に、この2巻目のコメント書いた時
やっちょりますんで、よろしければそちらをごらんくださいませ。

で、だ。

その2巻のときにもコキ下ろしていた
クローゼット主義のジェイクがだな、
この巻で、腐人を激怒させる行為をしやがったんですね。

それはなんだっちゅーとだ。

女には、自分はバイ(だよねぇ、どっちもイケんだもん)だ
ってことを隠して、
結婚を前提としたカラダ込みのおつきあいをし。

アドリアンには、ゲイだってことを公表するつもりはないし
女ともつきあってる、ってなことを言いつつ
ガッツリ週2でイタしまくってんのね。

ほんで自分がケガしたときも、アドリアンには
「病院にはこないでくれ」
と伝言し、自分は家族とその女に囲まれて労わられ。

挙句の果てにだ、
女が孕んだから、結婚する、
お前はそれをはじめからわかってたよな、
ってほざきやがるのよ!
このチンカス、クソマッチョ、ヘタレ脳筋ボケナス野郎が!!

あ、言っちゃった。

いやさ、
クローゼット(ゲイであることを隠していること)であるってのは
まぁ、いいと思うのよ。

腐人だって、古い腐女子だから、
基本、クローゼットだし。

その辺は、個人個人の主義主張、生き方ってのがあるからね。

でーもーさー、
腐人はニンゲンの営みって、
基本、すべて契約行為だと思ってんのね。

だから責任がとりきれないこと、
自分の能力以上のことをやろうとするのは
詐欺だと思ってんだわ。

なので、これもね、腐人基準でいえば、
3者合意なら別にいいのよ。
大人なんだから。

そしたらさー

K:「あ、アドリアン?私、ケイト。
  悪いんだけどジェイクとの予定
  来週と今週入れ替えてもらえない?」
E:「別にいいけど、どうしたの?
  来週って、ぶつかるんじゃなかった?」

K:「それが、こないだ出張先にピルもってくの忘れて、
  生理がはじまっちゃったのよ。
  だから今週、そっちで面倒みてもらいたいんだけど。
  ジェイクにはそっちに帰るように私からゆっとくし」
E:「わかった。身体のほうは大丈夫?
  お大事にね」


・・・・・・これぐらいの会話が普通にできたりせんかね?
腐人がケイトなら、1ミクロンも問題なくできるんだが。

まぁ、こーゆー関係なら全然いいんですよ。

そんで、ケイトに子供ができたとなりゃぁ
アドリアンも巻き込んじゃえば
逆に子育てしてくれる手が多いわけだしさー。

って、これ、
秋里和国さんの『THE B.B.B.』だよなー。

でも、ちゃうやん。
ケイトに対しても、アドリアンに対しても、ごまかしてさ。

結局、ジェイクって、
自分だけがかわいい、不誠実な卑怯モンちゃうの?

ってか、腐人なら、契約違反で損害賠償請求したる!
って言いたなるわー。

まぁ、腐人の考えもあんま一般的やないかとは思いますが、
最初から契約に織り込んでからスタートせぇやと思うのよ。
すべてのことに対して。

そこを織り込みもせん、明確にもせんで、
結婚なり、おつきあいなり始めるから
ガタガタもめんのちゃう?と、これは小町読んでても思うなぁ。

でもこの「なんでも契約」が、日本人にあわないことは、
腐人の周囲みててもわかる。

ものごっつい単純な自分に関係する契約ですら、
まともに読みよらへんのよね・・・。


ああ、もう・・・アドリアン、スウィートちゃん、
だからあの男はやめときなさいって言ったじゃない!
って、いいたなるーっ!キーッ!! 

パオロ、腐人に代わってゆーたって!

あの場面は、何度読んでも腹立たしい!

もし、腐人がその場におったなら、
引き出しからグランマの銃とりだして
ジェイクのマグナム撃ちぬいてたかも

そんなクサレ×××、
ガキでけたんならもぉいらんやろ、
これ以上、契約違反を重ねんためにも
使えんようにしといたるわ、って。

ああ、むかつく・・・(-"-)

あげく、来月頭に4巻がでるんですけどね、
タイトルが「海賊王の死」。

・・・ってことは、なにかい?
例の彼が絡んでくるのかい?

ほんでもって、ちらっとあった予告によれば、
アドリアンの作品が映画化してそのパーティで殺人事件が起こり
クソジェイクと2年ぶりに再会とある。

こらーっ!!
やけぼっくいに火ぃつけたあかんで!
アドリアン!
しっかりせぇ!

あんなクソったれは、
それこそSMクラブでビョーキでももろて、
ケイトに二股かけられて、
ついでに実は別の種やってん、ってな目に
おぉとりゃええんじゃ!

と、いくら腐人がゆーても復縁すんねやろなぁ・・・(-_-;)。

恋は盲目。

そして、ここまでハマってしまった腐人は、
今から本屋に駆け込む算段をたてている・・・。

アホは死なんと治らへん。

はぁ、アドリアンも腐人もどっちもどっちか。


ってな、ジェイク吊るし上げはこのくらいにして。

今回の柱、悪魔信仰の話をば、少々。

腐人は宗教については、
信じたい人が信じたいもんを好きに信じたらええんちゃう?
と思っているが、
それはあくまでも他者に迷惑をかけないことが大前提だ。

信仰という行為が、自己完結していれば、
別に誰が何を信じてようが、
そのためにどんな生活してようが、
勝手にしなはれ、となると思うんだ。

問題は他者を巻き込む信仰で。

腐人には、陣取り合戦やっとった時代ならまだしも、
今、それやるか?という気がどうしてもする。

前に、日本のカルト宗教の本を読んだら、
そこに、
宗教のために何かをやらかす人ってのは、
いわゆる普通の論理が通じる思考じゃないので、
なにをやらかすか、わかったもんじゃないからこそ恐ろしい
とあった。

まぁなぁ・・・立てこもりの説得に、
お父ちゃんやお母ちゃん持ち出して
情に訴えても通用せんもんな。


それにしても、こーゆーのを信じる人たちって
それ信じて、なんのメリットがあんのやろ?
本当に素朴に疑問やねんけど。

そいえば、悪魔信仰で思い出したけど、
アメリカの性的虐待の本を読んだとき、
思ってた以上に、コレがらみの案件があってね。

親がそうで、
それこそ6ヶ月の赤子が儀式に差し出されたとか、
学校帰りに目ぇつけられて、連れ込まれ、
黙っとかんと、悪魔がお前の親を殺しにいくぞと脅されたが
行為によってかなりの怪我をしてたため、
その少年が夜中、大量失血で倒れ、発覚したとか。

結構あるんだよねぇ。

ってか、腐人ちゃん、
あなたはいったい何の本を読んでるんですかね?

えーっとぉ・・・
まぁ、何を信じるのも個人の自由かと思いますが、
他人に迷惑をかけることを推奨する教えには
疑問を持ったほうがいいと思うし、
それでも信じるのを止められないなら、
その他人への迷惑行為は最低限に留めるようにして欲しいな。

それは、ニンゲンという動物が
社会という群れで暮らす、最低限守るべきことだと思うから。

な、ジェイク!わかったか!
    ↑
  結局ココに戻んのかい・・・


以下も読書録。

●14日
(27)BL/キャラ 『雪の声が聞こえる』 水原とほる
  ああ、なんか懐かしいなぁ、この形。

  腐人の中では、これが水原さんのデフォルト形かもしれない。
  っても、年月っちゅーか、たぶん水原さんご自身の変化で
  ラストが変わったなという気がしますが。

  ただ、この二人って、
  これからどんどん状況が乖離してくと思うんだけど
  根っこが繋がってりゃいいのか?大丈夫なもんなの(~_~)?

  腐人は根なし草なので、いまいちよくわからない。

  まぁ、これは一生をかく小説じゃなく、
  その瞬間を切り取っただけの小説だから、
  そこまで思わなくてもいいのかもしれないが。

  腐人は夢みる乙女(きゃっ)なので、
  いくつになってもチャーミーグ●ーン
  めざせ!共白髪!
  と思っちゃうんだけどね。
[ 2015/01/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。