或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 読書録のお片付け
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書録のお片付け

簡単なもんから行きたいんで、順不同。

(51)マンガ 『イシュタルの娘~小野於通伝~ 10』 大和和紀
  腐人の日本史脳は、
  信長くんが死んだところでストップしとるので
  へーふーほーと読んでいた。

  日本史で真田兄弟が人気あるのは知ってたが
  なるへそ、こんなエピソードがあったのか。
  
  ・・・でも、これ、一番すげーのは父ちゃんだよな・・・。

  それにしても、この後、徳川幕府ができちゃってからは
  お公家さんは苦しい時代に入るよね(確か)。

  どないなんのかねぇ。

  それにしても、お通が三成に言った
  捨てれば、っちゅー話。

  確かに捨てれば身軽に生きられるんだけど、
  腐人のよーにあまりに捨てすぎると
  べつに生きてなくてもいいんでね?とか
  思うようになるよ?

  まぁ、この当時の人は、
  そんなこたぁ思わないんだろうけども。

  この頃だって、自刃や切腹を自殺をみなせば
  日本人の自殺率は高いんだろうが、
  たぶん・・・いや、間違いなく、
  当時の自刃や切腹と、今の自殺って
  その内にあるものが違うんだろな。

  ・・・いや・・・違うか、
  今でも似てるのかもしれない。

(52,53)マンガ 『ACCA13区監察課 1-2』 オノ・ナツメ
  ほうほう、こんなお話だったのか。
  てっきり『COPPERS』のNYPDみたいなのかと
  思ってたわ。

  どういうお話なんだがさっぱり先がみえないので、
  こうなってくると、
  ただただ落ちてくるものを待つのみ。

  それにしても働いてるのは副課長だけにみえるのは
  気のせいだろうか・・・。

(54)マンガ 『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-  18』 神崎裕也
  これもドラマ化したのねぇ。
  なんか最近、なんでもかんでもドラマ化しとるよーな気がするのは
  気のせいかね。

  まえにシナリオライターさんが愚痴ってたが、
  実績ある漫画原作モノばかりを求められるってゆーてたなぁ。

  そのんが簡単なんだろうけど、
  そんなのばっかやってっと、
  オリジナルでシナリオかける人が育たなくなるんだがな。

  それに、どーせやるなら『山賊ダイアリー』ぐらい
  やってみろっての。ねー。

  とはいえ、マンガの出来は、それはそれ。
  腐人はこれ、どう落とすのか楽しみにしている。

  まぁ、臓器売買なんだろうけど、
  個人的には、これ、自発的意思だった場合、
  なんで悪いのかよくわからない。

  例えば腎臓を売ってでも金を手にいれて
  今の状況を打破したいと思うことの何がわるいのか。

  そうすると医療が金持ちだけのものになる?
  そんなの、そうしてなくったってそうじゃん。

  弱い子が狙われる?
  それも同様。今でもあるよね。

  それが加速化するか・・・
  だったら、バイオロイドになるのか、
  理想の美ボディ、美顔の外側に
  己の脳みそだけ移植して、
  不老状態で生きられるシステムつくっちゃえばいいじゃん。
  
  そんで産まれたニンゲンを皆、そうしちゃえばいいじゃん。

  なんかなぁ・・・・・・
  腐人は世間がゆーキレイゴトを聞くたびに
  ケッという気分になって仕方がない・・・。

(55)マンガ 『デモクラティア 3』 間瀬元朗
  ああ、これまた世間の言うキレイゴト。

  腐人は孤独死の何が悪いんだかなぁと思うんですが。

  自分がそーゆーよーな状況になったら、
  そうだなぁ、自分にチップ埋め込んで、
  どっかの警備会社にでも登録して、
  生体反応がきっぱりなくなったら、
  家がダメになるような腐敗を起こす前に
  通報してもらえますか?
  それまでは来なくていいから、
  という契約結びたいね。

  死ぬまでは、関与せんといて欲しい。
  ヘタに見つかって、いらん延命措置なんぞされたらイヤや。
  御免蒙る。

  このままほっといてくれたら死ねるんやったら
  寄るな!触るな!来るんじゃねぇ!!と心底思うもん。

  ってか、ホント、とっとと自殺・安楽死センター作ろうよ。
  でもって、自終死システムつくろうよ。

  なんでそうならんのかなぁ・・・(~_~)

  ってのもね、
  よく、発言小町ででてくる超不毛な議論があるんですよ。

  (子持ち)
  少子化が問題で、いずれはうちの子が
  今、独身を謳歌してる人たちの老後を支えるようになる。
  ならば、子持ちを優遇する制度をつくれ
  独身税を設定しろ

  (子なし)
  好きで子供がいないわけじゃない
  専業主婦なんぞより
  ちゃんと納税してよほど社会貢献してる
  今でも十分優遇されてるでしょう

  っちゅー感じの話。

  どこまでいっても平行線なのは、
  問題の論点を間違えてるからなんだけど
  誰もそれを指摘しない。

  問題は少子化じゃないの、多老化なの。
  働かないもの生きるべからず、なのに、
  そういう人が死ななくなって、どんどん増えて
  社会におんぶにだっことなってることが問題なの。

  そういう人をごっそりなくしてみ?
  そして、そのときにいる人口にあわせて
  先祖伝来の土地なんぞ丸っと無視して、
  機能最優先のスモールシティを作っちゃえば
  今の少数の子供でも十分支えられるもんになる。

  他国と比べても、日本の人口密集度は異様に高い。
  非生産な人々を一掃したらすっきりするし、
  この不毛極まりない議論も、
  そもそも起こらなくなるんだがねぇ

  
  いかん、本書の内容から話が反れたね。

  本書に戻ると、
  腐人はこーゆーおじいさんをみると思うんだけど
  結局は、本人の問題でさ。

  自分が社会に関わろうと思えば
  このじーさんだって、舞(冬)にこだわらんでもできるわけやん。
  民生委員さんかてきてんねやし。

  老人ホームでね、おばあさんはいいんだって。
  コミュニティに馴染もうとするから。
  
  でもじいさんは、すぐに俺が俺がとやりだすので
  1ホーム一人じゃなきゃ収拾がつかん、
  ってなんかで読んだなぁ。

  まぁ、これもSQとEQに繋がる話かもしれんが
  男って環境変化に順応する能力が低いんだよねぇ。

  ほんで、今回、寄ってきたんが
  若くて可愛い姉ちゃんやから
  ヨロっとなっとるだけやろ?

  これがおばちゃんの民生委員やったらどうよ?

  アホくそーて、つきおーてられん
  勝手にすれば?ってのが、腐人の意見だな。
  

  それから、ひきこもり元店長。

  ・・・・・・これもまた自分の問題で、
  やだねぇ、こーゆー被害者意識バリバリの人って。

  原因を自分じゃないとこに探してる限り
  永遠に変われないし、救われないぞ。

  って、ゆー言葉をかけてくれる人がおらんかったんか、
  おっても耳に入らんかったんか。

  まぁ自業自得の人生を歩むのは勝手だが
  周囲に迷惑をかけんでくれ。

  なにはともあれ、結局、衆愚への道一直線?
  
  個人的にはツインテールの正体が知りたいな。
  

  どーでもええけど、舞(冬)は汚れたり臭くならんのかね?
  腐人はそれがすげー気になる・・・。

(45-50)BL/ルビー 「子供(ガキ)の領分」シリーズ(※詳細以下) 吉原理恵子
  『広海君のゆううつ』 
  『広海君のゲキリン』
  『陽一サマの高笑い』 
  『広海くんの災難』 
  『大地の逆襲』
  『学園タイフーン』 

●26日
(56)BL/ルビー 『分岐点(ターニング・ポイント) 子供の領分ハイパー』 吉原理恵子
  えー歌っていいすか?

  ♪そぉ~いや~ここ~から
   すす~んで~ない~
   でき~ない~やく~そく~
   しちゃ駄目よね~
   おもえばいと疾し、このとし月
   いま~こそ~や~ろぉよ~しょくぅじ~かい~

  メロディは、仰げば尊しでどうぞ。

  ホント、ただのってゆーとなんだけど、
  ボーイズライフなんだけど、
  なんだろね、このウキウキわくわくする感じ。

  腐人は学生時代が楽しかったなんて
  カケラも思わない人だし
  昔に戻りたいなんて、100億積まれてても断る。

  そんくらい学生ってヤなんだけど、
  もし、同じ学校にこんなのいたら
  毎日楽しかったろうなぁ・・・みてるだけで。

  ある意味、キャラでやってる『二重螺旋』とこれって、
  裏と表というか、暗と明というか、影と光というか、
  そういう相対な位置づけにあるような気がするんだ。

  どっちも底に流れてるもんは同じで、
  どっちのキャラも、周囲に流されない
  確固たる自分をもって、
  皆、しっかり前をむいて歩いてる。

  その強さの質が、それぞれ違うから
  作品のカラーが変わってくるんだが
  腐人は、この吉原さんの作品に常にある「心の強さ」が
  すごーく好きなんだ。

  彼らは傷ついてないわけじゃない。
  すごく重い事件を経験して、苦しんだりしてるのに、
  それでも自分の足でたって、歩いてる。

  腐人はそれが読みたくて、ずーっと、
  それこそ××年、読んでるなぁ。

  来年は20年?
  そーろそろやりませんか?食事会。

  ってか、これ、最初のころ
  あとがきに書かれていたような
  ***と@@@が###となるよーな
  BL路線になるの???

  ホントにそうなるなら、ぜひみてみたいっす!

  大人しく(?)ずーっと待ってますけど、
  そろそろ足がしびれてきましたんで
  次の展開よみたいなぁ!!!
  と、最後に叫んでおこう。

  まだシリーズ終わってないんで、
  これから毎日叫ぼうかなーうふふ~
[ 2015/01/27 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。