或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 四大陸なので!!読書録のみ!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四大陸なので!!読書録のみ!

ひっさびさにフィギュアよ~
燃える~

ってことで、今日はテレビがみたい。

よって、サクサク片付けよう。

(94)マンガ 『STEVES 1』 松永肇一、うめ(小沢高広・妹尾朝子)
  腐人はイノベーターではなく
  レイトマジョリティーですらない、ラガードだ。
  ※ただし、BLは除く

  流行りモンに興味はねぇ。

  ついでにいえば、Macオタクでもなく、
  むしろ、Mac大キライ。

  昔さーMacで仕事してたことがあるんだが
  そんときの使い勝手の悪さが未だにトラウマだ。

  腐人の仕事は、文字と数字なので、
  他のソフトもいろいろ使ってますけど、
  大きくゆっちゃえばOfficeがありゃいい世界。
  そもそもがMacとソリがあってないんだよね。

  なのに、それを、Macでやったらどうなるか。
 
  ことえりのアホさ加減は、そうね・・・
  日本語を学び始めたてのアルぐらいでさ・・・(-_-)

  てめぇ!ひらがなしかしらねぇのかっ!!
  と幾度キレたことだろう・・・。
  イライラの蓄積がハンパなかったわ。
  
  デザイン性?
  ふっ・・・それよりどんだけ使えるかのが重要だろう。

  ってことで、どっちかっちゅーと
  新商品がでるたびにワーギャーやってるのを
  かなり冷めた目でみている。

  だからスティーブ・ジョブズにも
  まったく関心がなく、
  むしろ、日本の過去の経営者たちからのが
  よほど学ぶことが多いと思ってる。

  そもそも土壌が違うしね。

  んじゃ、なんで読んだんだ?
  というとだ、
  これ、クラウドファンディングでつくったやつかと思ったのよ。

  いつかコンテンツ論でとりあげようかなと
  思ったまま放置してたものの中に、
  このうめさんたちがやられた
  クラウドファンディングによってマンガを描く
  ってのがあった。

  要するに出版社からの依頼とか
  雑誌掲載がどうこうじゃなく、
  こういうマンガを描きたいんです、
  と出して、それに賛同してくれる人の出資額に応じて
  いろいろリターンがあるってやつ。

  詳しくは、下記をご覧ください。
  http://camp-fire.jp/projects/view/484
  ※ただし、こちらは既に終了しとられますが

  でも、掲載誌名がのってるから
  どうやら違うのか?
  それとも、それを紙で出してんの??

  腐人としては、ビジネスモデル論としてみたかったので
  本筋なんぞより、
  この作品が出るに至った経緯が知りたかったんだがな。

  ま、しょうがないので
  普通に読書感想にいくと、
  ・・・普通。

  どっちかっつーとよく描きすぎ?

  腐人は、ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブズも
  ASDじゃないかと見てるので
  おそらく現実においては、周囲の人は、
  もっと大変だったと思うけどなぁ?
 
(95)BL/Holly 『吸血鬼と愉快な仲間たち 2』 木原音瀬
  これも音がきこえるわぁ。

  このアルのつたない日本語がうみだす
  どーしようもない笑いが
  すごく好き。

  それにしても腐人はどっちかっちゅーと暁派で、
  一人のがいいなぁ・・・。
  だから暁が室井にゆーの、わからんでもねぇのよねぇ。

  こーゆーのって、最初にガツンといって壁作って、
  ああ、あの人はダメなんだなって思ってもらわないと
  いちいち振り払うのうっとうしいんだよ。

  ああそういえば、『ガキ領』の陽一は、
  それを拒絶じゃなくて、博愛(ただし、すべてに深入りしない)で
  いなしてたなぁ。

  うーん・・・腐人は壁でいい・・・。

  アル。
  皆が皆、人づきあいが好きなわけじゃないんだ。
  わかってくれよぅ!

  っても、腐人は、暁ほどナイーブでもなきゃ
  優しくもないんで、拒絶の容赦のなさは、もっとひどい。

  だから、酒入がさー、
  暁につけこむのはわかんなくはないんだよね。
  暁って結構、脇甘いんだもん・・・。

  話変わりますが、この2巻の口絵はすごく好き。
  初めてみたときは、「なんじゃこりゃ?」と思ったんだが
  読んでからみると、もう笑っちゃって笑っちゃって。

  アル、あんたモデルや俳優じゃなくって、
  ボケ芸人目指したほうがいいんじゃね?
  素質あると思うよ。

(97)マンガ 『どうせもう逃げられない 8』 一井かずみ
  言ってもいい?

  向坂!こいつ、うっとぉしい!!!
  悲劇のヒロインぶってるとしか思えねぇ!

  あ、ヒロインじゃないか。
  でもヒーロー~?(~_~)?違うよなぁ?
  「悲劇のヘタレ」が妥当なとこだろう。

  ゆっちゃぁなんだが死んだ人は生き返らない。
  いつまでもいつまでもいつまでも喪に服してたって
  生き返らんのじゃ!

  それに、後悔してよーがなんだろーが
  やっちゃったことは、なかったことにはできんの!

  いつまで死人に祟られてるんだか。

  何をしても生き返らない。
  やっちまったことに、取り返しはつかない。
  じゃぁ、どうすりゃいいのか。

  後ろばっかみてねぇで、
  これからどうするかを考えろ、バカ!

(98)マンガ 『パレス・メイヂ 3』 久世番子
  これ、こちょこちょでてくる
  御所言葉がおもろい。

  本筋としては、ま、がんばれ?

  それよか、今回の話でいえば、
  父ちゃん帝がさ、
  そりゃ己の責務が種馬なのはわかっとったろうが
  自分の娘を同い年のを抱かんならんって
  イヤんな気持ちにはならんかったんだろうか?

  むしろウホウホだった?

  生理的に受け付けず、
  なかなか起っきしてくんなくて苦労しまくったのもいたろうに
  エライ人たちってのも大変だなぁ。
       ↑
     ゲスい話はやめなさい!


(99)マンガ 『あめつちだれかれそこかしこ』 青桐ナツ
  ふむ。
  これはまた、なんともほわーんとしたお話で。

  チビはでてこんのか?チビは。
 
  え?小さいのいるじゃんって?
  小さいだけはダメなの!
  かわいくないと!!←おい・・・

(100)マンガ 『ラストゲーム 7』 天乃忍
  天国と地獄?
  
  なんかここまでくると
  コイバナはともかく、九条って、社会にでて大丈夫なのか?
  っちゅー気がする。
  うまくやってけんの?これで??

  それになぁ・・・
  今、士業ってそんないいものになってないよ?

  数年前の新会社法施行にあたり、
  監査をする会計士が足らないからと
  あの時期、すげー増やしたんですよ。

  で、それが終わった今、あまっちゃってんのね。

  それもその時期って増やすために緩くしたから
  使えない。

  かつ企業側も厳しい時代なので、
  ペーペーの研修?そんなのよそでやってくれ。
  一番できる人一人で十分でしょ?
  そうじゃない分の金まで払いません、ってなってんの。

  そうすると、仕事がもらえず
  仕事を通じて経験をつむってのができなくて、
  さらに、今、業務はどんどんグローバル化してるから
  国際対応ができたり、仕事ができる人はひっぱりだこだが、
  資格持ってるだけってのは  
  自分でなんとかしたら?ってな状態になってんだ。

  そうすっと、士業に営業力が必要になってくんのね。 
  勉強ができたらいい、じゃダメなんだがなぁ。

  個人的感想だけど、
  学校のお勉強「は」できる、でも世間知がない
  ってのは、最も資格職に向いてない気がするんだが
  こーゆー人、多いんだよねぇ・・・。
 
●12日 
(101-103)マンガ 「私がモテてどうすんだ 1ー3」 ぢゅん子
  正直なところを言えば、
  腐人はこーゆー腐女子ネタのマンガって
  おもろいと思ったことがない。

  なんかなぁ・・・違うな、って感じがあったんだ。
  なんつったらいいんだろ、あの違和感。


  でも、これは、おもろいわ。

  何が違うんだろ?
  たぶん、これは、
  腐女子の自分を、バカだよね~と笑った上で
  「で?それがどうかした?」
  と言えてるからじゃなかろうか。

  自分のやってることが
  例えば他人のためになるとかの価値があること、
  世間的にみてカッコいいと言われること、
  そうじゃないって、ちゃんと自覚があるんだよね。

  そんでもって、
  世間的にみてマイノリティである。
  そーゆー「分」がわかってんですよ。

  でもそこで別に卑屈になるわけでもなきゃ
  嫉妬したり、嫌悪したりするわけでもない。

  私は私、よそはよそ。
  これがしっかりできていて、
  かといって、そこで周囲の迷惑を無視して
  自分たちの世界を広げてるわけでもない。

  ちゃんと「分」のわきまえがある。


  うーん・・・これ、ゆっちゃぁなんだが、
  このスタンスは、
  今の若い腐女子たちではなく、
  もうちょっと上世代じゃないすかね?

  今の若い子って、
  自分がマイノリティだからつつましくとか思ってなくて
  周囲の目を気に誌なさすぎるというか・・・
  自分たちの行為が迷惑かという基本的なとこすら考えないで
  ぎゃーわー垂れ流してるとこある気がするんだよね・・・。

  ま、腐人もあんまし他人のことを
  とやかく言えるほどじゃねぇが。
  
  腐人はクローゼット世代だから、
  このマンガのスタンスがすごくいいなと思うんだけど、
  今のこんな10代の子らもそうなの~?

  端からみてるだけだけど、
  現実はちょっと違うような気がする。
  (でも、それを描かれたら、腐人は読めなくなります。
   ああ・・・違和感の正体はこれだったのかもしれん)

  おためしで3巻まで読んでみたけど
  おもろかったので、続きも読んでみようと思う。

  たださ、初コミケで絨毯爆撃ってやってたけど、
  腐人の印象では、ここまで真横にすんなりスライドできるのは

  ●そこそこ落ち着いた時間(コピー誌なんかはもうない)
  ●島中
  ●ジャンル人気が落ち着いてる(落日斜陽ともいうか・・・)

  じゃないとでけんくね?

  腐人は大抵、大手の壁巡りなので
  1つすんだら、移動し、
  すみません、××さんの最後尾どこですかー?
  で、また行列に並ぶ・・・の、繰り返しだべ?

  このコミケ戦線、師匠にみせたら
  「まだまだあっまーい!!」
  って言われそうだなぁ。わはははは。
[ 2015/02/13 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。