或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> オススメ&読書録 > ファンタジー小説を好む人が読めそうなBL小説
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファンタジー小説を好む人が読めそうなBL小説

自分で書いておきながらなんだが、
なんて無謀なことをしよーとしよんねん、腐人・・・。

ってのもですね、
前から何度か書いてますが
腐人はファンタジー音痴である。

ファンタジー小説の面白さが全くわからんのだ。

世界三大ファンタジーと言われてる
指輪物語、ナルニア国ものがたり、ゲド戦記。

一応、全部読んだ。
が・・・

「指輪物語?
 ああ、拾った指輪を捨てに行く話ね」

「ナルニア?
 あの世俗の垢(価値観)にまみれた人は
 入国禁止ってオチみると、
 福音派の副読本かと思ったわー」

「ゲド戦記?
 ああ、あの永遠の中二病物語」

っちゅー、お好きな方がきいたら
激怒しそうな感想しか抱けなかった。

ちなみに
現代の三大ファンタジーに名前が入りそうな
『ハリー・ポッターシリーズ』も一応読んでるが、
あの感想は
「スネイプって、絶対ハリーのパパ・ラブよね!」だ。

・・・アホにつける薬はない・・・。


ま、そんな腐人なので、正直いえば、
「ファンタジー」の定義すらよくわかってない。

たぶん。
主要エネルギー源が、電気や石油じゃない世界。
時代的に言えば、産業革命以前ぐらい?
ダイナマイトも、ペニシリンもないよねぇ。

たぶん。
いわゆるホモ・サピエンス以外の生物がでてくる世界。
っても、一応有限の命をもってるやつ。
幽霊とか妖怪とかゾンビは、ホラーだから×。

たぶん。
魔法なんかが使えちゃったりする?

と、超アバウトな捉え方しかしていない。


で、そんな腐人が
BLの中でもファンタジー傾向がある人、
といわれて、名前があがる作家さんは、
正直言えば、一人だ。

六青みつみさん

そりゃ、他にもそういう系統かかれる方いらっしゃいますが
ごめんなさい、腐人のクオリティ検査では
ここにお名前をあげることができません。

六青さんの作品でいうと、
腐人がオススメしたいのは、
『騎士と誓いの花』
『一枚の絵』

かなぁ。

そりゃ、最近大好物な、モフモフシリーズも
オススメしたいのはしたいですが
あれはかなりBL特有のお約束の事前了解がいるので
今回は除外。

BL世界のお約束を
「そうなのね」
で受け入れられるようになれば
ぜひ!というとこかな。


腐人の中ではファンタジー枠に入る
オススメしたい作品としては、

●樋口美沙緒さん
『愛の巣へ落ちろ! 』ほか、虫シリーズ

●桐嶋リッカさん
『恋と服従のエトセトラ』ほか、グロリア学院シリーズ


六青さんよりも、BLお約束への柔軟さがいりますが
設定の妙でいえば、秀逸。

でも、基本はラブなんだけどね、BLだから。

んでもって、この後半2作は
どっちかっちゅーとジェンダー論なんかの視点で読んでも
おもしろいと思います。


ちなみに六青さんはファンタジーを主として書かれてますが
樋口さんと桐嶋さんは、そうじゃないものも多く、
こちらも、モノによっては、上級エロもあるので、
そこはご注意くださいませね。


まーねー、
このBL特有のお約束が許容できるなら、
腐人なんかもこの系統の原点は、
吉原理恵子さんの『影の館』だったりするんで、
そーゆーのもあげたくなるんですが、
これ、ジャンルとしては「耽美」な劇薬。

そう、これを一発目で読んじゃって
そこで「おもろい!」と思ってしまったら、
恐らく腐人と同じく、
死ぬまで腐女子街道まっしぐら、となります。

そゆことなので、
このあたりから入られるのがよろしかろうて。

とりあえず、思いつくのはこんなとこ。
(これ、この連載の締め言葉にしてしまえ)


以下、読書録。

●1日
(137)BL/Shy 『かくりよの花』 夜光花
  かくりよってなんじゃ?と思ってたら
  幽世なんですな。
  腐人は、その世界は「常世」を使うかなぁ。

  一連の「鬼喰い花」のシリーズの
  恐らく最後の話だが、
  うーん・・・ここまで揃うと、
  「峰っち、おまえもか・・・」
  っちゅー気になってくるな。

  これは変種ということになってるけど、
  腐人はどっちかっちゅーと大麻解禁してくんねかな
  と思ってる。

  特に医療用。
  パーキンソンに効果あり、なら
  早く解禁して欲しいんだけどなぁ・・・。  
      
(138)一般本 『アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲』 町山智浩
  えー・・・読直後の、
  ものごっつい率直な感想をゆーてもええですか?

  「アメリカ人って、アホなんですか?」

  アメリカのスポーツは、アメリカ人だけじゃないから
  こういってしまっては一緒にせんといて!と
  アメリカ人から怒られてしまうかもしれないが
  そんでもなんつーかここに出てくる話を読んでると
  そういいたくなるの!!!

  特に一番頭痛がしたのが、ホセ・カンセコの話。

  MLBの選手で、出身はキューバ共和国。
  だからアメリカ人じゃないっちゃーないのか・・・。

  この方、筋肉増強のために
  大量にステロイドを打ちまくってたんですが、
  ステロイドの副作用のうちメンタル系のは有名だが
  (例にもれず、この人も鬱状態になってた模様)
  シモにも影響がでるんですって。

  で、結果、バットが大砲になったが
  ボールはピンポンだかパチンコ玉かしらんが
  極少かつ、種なしになったんだそうで。
  
  そうなった彼はなんといったか。
  「避妊せずにすんでラッキー」

  ああ、腐人も男だったら、きっとそう言ってるわ・・・
       ↑
      ろくでなしめ!

  でもでもでも!
  腐人は自分がロクデナシって自覚あるから
  結婚しないもん!

  腐人とは違うメンタリティをもってる彼は
  結婚したものの浮気三昧。累計300人超。
  ※ちなみに、なぜか子供が一人いる。
   それって・・・本当に?←やめなさい!

  避妊の必要ないからさーと
  浮気相手とそのままやったもんで、
  嫁さんは数年の結婚生活の間に
  病気をうつされること数回。 
  
  結婚生活の終わりの方では
  嫁さんが自分で今日の相手をみつくろって
  つれてきていたらしい。

  愛想をつかした嫁が1回浮気したとこで
  キレて離婚成立となったらしいが
  その嫁さんいわく、
  「高級娼婦のあっせん先に
   『うちの旦那はいい上客なんでしょうね』
  といったら
   『あんたんとこのは最低のクズ。
    スーパースターとできるんだぜ?
    やりたいやついる?
    といって、女から金とってるわよ』
  といわれた」と。
  ※この辺、腐人の記憶だよりなので
   正しい記述が読みたい方は
   すみませんが本書あたってください。
   もしくはこの嫁さんの暴露本。


  嫁さんに聞きたい。
  なんでこんなのと結婚したの?
  やっぱ金??

  まぁ、これはたくさん紹介されてる中で
  いっちばん記憶に残った話なので
  他はこれよかはもちっとマシなんだが。

  でも、腐人としては、
  「脳筋もしくは、
   エアーヘッド(文字通り、頭からっぽというスラング)
   じゃねぇスポーツマンはおらんのか!」
  と言いたくなる・・・。

  ああ、そういえば、NHLの「"The Great One"」
  ウェイン・グレツキー様のお話もあったが、
  彼には知性を感じたわ。

  そんな彼が「"The Great One"」と認めるのは
  イチロー。
  なるほどね、本当の一流は、本物の一流を知る。

  ただ、なんつーか、
  やっぱスポーツ界における人種差別はあるんだなぁ
  とも思った。
  がんばれ!日本人!


  ところで。
  町山さんは、そもそもが映画評論家なので、
  こーゆーお話をお書きになってても、
  映画の話が絡んでくる。

  後半、そういった中で、
  映画をみない腐人は知らなかったのだが
  映画監督のファレリー兄弟のお話があり、
  彼らの障害者に対する捉え方を読んで
  ちょっと久しぶりに映画をみたくなった。

  確かに、画面に健常者しかでてこない映画って、
  現実写してないよねぇ。
  それも、障害者は
  善なるもの、無垢なるものばかりってのも
  これまた現実じゃない。

  なるほどなぁ。
  
  あと、『コーチ・カーター』も観てみたくなった。
  確かにスポーツ選手になって一攫千金狙っても
  その確率は、むちゃくちゃ低い。
  ケガの1つで駄目になることもある。

  そーゆーことを思えば、
  このカーターコーチのやり方って
  スポーツ選手となったとしても
  セカンドキャリアで生きてくるし  
  そうなれなかったとしても、
  プラスにこそなれ、マイナスにはならない。

  学生スポーツって、
  本来こうあるべきなんだろうなぁ・・・。

  ってなのを書いた後になんだが、
  実は一番観たくなったのは、別にある。

  『俺たちフィギュアスケーター 』
  これ、超観たいです・・・。
  だって、男男のペアなんだもん・・・。
[ 2015/03/02 ] オススメ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。