或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 知らない間に変わっている~空き家とコンパクトシティ~
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知らない間に変わっている~空き家とコンパクトシティ~

昨日、頭が沸騰しちゃったので、
ネットの海をぴょんぴょんしながら頭を冷やしていたとき、
興味深い記事をみつけた。

「空き家」を持っていると大損する!? 知らぬ間に法改正されていた
現代ビジネス/週刊現代 2/28号
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42251


簡単にまとめると、この2末から
「空き家対策特別措置法」というのが施行され、
これまで、家屋であれば、固定資産税の税率が
更地の6分の1だったのが、
誰もこない空き家だと、更地と同率になる(つまりこれまでの6倍になる)、
という話。

※空き家でも、誰かがしょっちゅーみまわりにくるとか
 適切な管理が行われてれば別。

空き家が増えてるというのは、よくニュースにもなっていて、
これが、倒壊したり、ホームレスのたまり場になったりして
そういう危険な空き家を減らすために法を作ったということらしい。

へー。

正直なところをいえば、流浪の民である腐人は、
「自分が生まれ育った家を壊すのは忍びない」
とか
「父がどれだけの思いで建てたのか」
とかゆー感傷とは、全く無縁。

だから、こーゆーのにこだわって、
家を壊せない、土地家屋を売れない、引越しができない
ってのが、よくわからない。

思い出なんて、なんの利も生み出さないのに・・・。
どーせ、自分が死んだら消えるもの。
頭ん中にありゃ、十分じゃねぇのかね?

っちゅードライ人間なので、
「なんで、住み続ける人がいなくなった瞬間に
 家を荷物ごと、ぐしゃっとゴミにして、
 とっとと換金しないかな?」
と思ってしまう。

こーゆーのって、みたら駄目なんだよねぇ。
みないでゴミらないと。

そう・・・腐人の汚部屋の本が片付かないのも
同じ理由。
みちゃうと、
「また読みたくなるかもしれないし」
って思っちゃうんだ。

きっと、そーゆー捨てさせない妖怪とか
なんかがいるんだわ!
そうよ!妖怪のせいなのよ!←コラ

ま、だから、自分がやったらそうなるから、
第三者にお願いしようってことで、
最近、遺品処理屋さんが大繁盛してんだけどね。


いかん、話がずれた。
空き家の話に戻ろう。

この空き家問題だが、ネックが2つある。

1つが、売れない、借り手がつかない、問題。

ただでさえ、人口が減り、都心回帰が促進され、
「都市部ですら、六本木や麻布といった
 「超」一等地を除いて、住宅が余りはじめている」という。

それが地方になれば、言わずもがな。

「不動産が『資産』だった時代は終わり、
 これからは郊外の住宅を中心に
 多くの不動産が『負債』になっていく。」
これ、本当にそうだと思う。

家については、以前、一度書いたことがあるけど、
腐人はかなり前からそういう思いがあり、
「家を建てる、家を買う、それでこそ一人前」
っちゅーよーな固定概念に
すごく疑問があった。

家なんて、買ったその瞬間から価値が下落し、
メンテナンスとの戦いがスタートするだけなのに・・・。


もう1つが、更地にするにも金がいる。

「家を荷物ごと、ぐしゃっとゴミにする」
ここで紹介されていた方の場合だと、
これに350万ほどかかるんだそうで。

それがいやなら、6倍になる固定資産税を払い続けろと。

腐人はランニングコストという言葉が大っキライなので、
こっち選ぶかなぁ・・・。
っても、税金申告時に費用計上できるようにとか
やり方は模索するけどね。

たぶんこういうのって、探せば
助成金だとか軽減措置だとかで、
空き家撲滅を促進するようなシステムが
どっかにあると思うんだけど。

ただまぁ、相続した山林とかを
自治体にひきとってと頼んでも
「いらん」といわれるケースが
かなり増えてきてるときいてるので
自治体レベルじゃないかもなぁ・・・。
県か国規模か?

よく、「思い出は金にかえられない」とかゆーが
「思い出の維持には金がかかる」って
世の中になったってことかね。

腐人はそーゆー無駄な感傷がキライな性質なので、
明確になってええこっちゃと思うけど。



で、この空き家の話と同時に、
「改正都市再生特別措置法」というものについても
触れられていたのだが
これは、コンパクトシティ政策、スモールタウン構想
ってやつですね。

簡単にいうと、
「広域にわたってバラバラに住んでいる地方の住民たちを
 一つの場所に集め、まとまって住んでもらおう」
っちゅーやつで、
腐人は夕張市の再生話で、この考えを知った。

財政破綻した夕張市の場合、
その破綻分を補うために、
住民税がUPし、公共サービスが劣化した。

そのため人口流出が加速して、
広い土地にちょぼちょぼ人が住む大きな空き団地が点在する
不均衡な状態になった。

これは同時に、不経済な状態でもある。
一箇所に集中していれば、
そこにインフラや行政サービスを集約できるが
点在してれば、そこここに分散して作らないとならなくなる。

ただまぁ、ここでも問題になってくるのが「感情論」。

皆が皆、腐人のようにドライじゃない。

のは、わかるんだが、
「思い出は金で買えない」
「この思い出のある家で死にたい」
「老人から終の棲家を奪うのか」
っちゅー意見がでてくんのよ。

日本には、思い出手放さない妖怪でもおんのかね?

腐人なんかだと、こーゆーのきいたらさ、
「じゃぁ、あなたのためだけに延長する
 インフラの費用は全額そちらに請求させていただきますね。
 それと、公共サービスにつきましても、
 そちらはカバー対象外といたしますので、 
 そこで自力ですべてまかなってね」
と言いたくなるんだが、
これは言っちゃぁいけんのか?

個人のわがままを通したいなら、
それに伴う責任や費用を自己負担せよ、って
当然じゃないのかなぁ・・・(~_~)??

こんなののゆーことをいちいち受け入れてっから
今の国の赤字が、あれだけ増えまくってんだけど、
その自覚はあんのかね?

まぁ、腐人は子孫がおらんので、
国が破綻しよーがどうでもいいが、
こーゆーことを臆面もなく言ってる人ほど
「少子化が問題だ!」
「子供たちの未来のために赤字を減らさねばならん!」
とゆーんだよねぇ・・・。

どの口が、それを言う!と思うのは腐人だけ?

なんて都合のいい頭なんざんしょ。


コンパクトシティについては、
他にも課題(デメリット)はあげられているが
腐人としては、やり方次第じゃね?という気がしてる。

なんつーか、こーゆーのをみるたびに思うんだけど、
なんでこーゆーことを考える人は、一番の根底に
「ニンゲンという毛のないサルの習性」を
考慮せんのだろう?

自分も含めて、いっぺんニンゲンってもんが
どんだけ欲の皮のつっぱったクソなロクデナシなのか
どん底まで落としてみたら、
見えてくるもんがいっぱいあるのに。

彼らの欲望は尽きる所をしらないので、
それを抑制・管理する、ってのは無理なの。

そこは自由にやらしたったらええねん。

ただし!
自由には責任がつきもん。
そこをわからさんといかん。

だから、あくまでも見えない檻に閉じ込めるの。

例えばね。

コンパクトシティにしたら車はいらなくなりますよ、
でも、持ちたいなら、どうぞお持ちください。
それで郊外に行きたい?
どうぞどうぞ、お行きください。

ただ、シティ外の道路整備は一切しませんし、
それをしろという場合、使用者希望者を事前につのり
その方々に費用全部を頭割した分、
ご負担していただきます。

そこから先のメンテも運営も、その希望者の皆さんで
お好きになさったらいい。
通行料をまきあげるなり、
知恵を絞って、金を捻出してください。

でも、そこで事故だの逸脱だのがあれば、
日本は法治国家ですからねぇ、
それは責任を追及されますし
取り締まられますんで、よぉく考えてくださいね。


商業施設に店が入らない?
そうですか、皆さん、自分でやろうという気がない
ということなんですね。
誰かがやってくれる、それを考えるのは自分じゃないって
思ってらっしゃるんですね。

作ってしまった以上、
遊ばせておくわけにはいきませんから、
別の使い方をいたしましょう。
多老状態なので、
特養にするのもいいかもしれませんね。

え?
それでは買い物をするとこがなくなるじゃないかって?
だって、皆さん、やりたくない、いらないって
おっしゃったじゃないですか。

自分で選んでおいて、
いまさら何をおっしゃってるんですか?

何か勘違いなさってるようですが、
権利には義務がつきものなんですよ?

地域活性化のための義務を放棄しておきながら
権利だけ主張されても誰が相手にすると言うんです?

と、こんくらいやってみたらどや?

まーこれやるなら、
公務員の、予算を使いきればいいっちゅー概念の
ぶち壊しからいるやろけど。

民間にまかせたらええってのも、ちょっとちゃうんよね。
彼らの場合、それぞれが自分の利益しか追求せんから
全体でみたらちぐはぐになったりする。

結局は、この、なんの利害関係にも関わってこない
イヤミをゆー人、というか機関の存在を作ることが
このコンパクトシティをうまくさせる肝なんだろなぁ。

こやってみてると、
破綻した現状を誰が作ったかったら、
その都市計画をお上にまかせっきりやった
あなたも私も含んだ、皆かなぁという気がする。

ほんで、これまでの、それぞれが責任転嫁してきた
甘えのツケがたまりたまって、
どーにもならんようになっただけちゃうかね?

腐人はそない思うがなぁ。


以下、読書録。

●3日
(141)BL/ルチル 『くちびるは恋を綴る』 杉原朱紀
  最近、初読の作家さんが続いてる。

  率直なとこ言っていい?

  立ち上がりが悪い。

  先に褒めてやれよ、腐人・・・。
  褒めてから落とせってのがいいってのは
  知ってんだけど、面倒くさいからやんない。
  褒めるのは後で。

  ってのもですね、
  腐人は昔、ある人から言われたことがある。
  
  「頭3行読んで、ひきこまれなかったら
   その作品は駄作」

  腐人じゃないよ!
  腐人はそこまで鬼じゃない!
        ↑
      ホントかよ・・・

  3ページぐらいで見切ってても、
  せめて1/3ぐらいは我慢する。

  そこまでいっても駄目なのは、
  その先いくら読んでも頭に入らず
  延々同じところを読んだか読んでないかわかんなくなって
  ぐるぐるするだけなので、止めるけど。

  で、これで何がいいたいかっちゅーと、
  お話のたちあがりって、本当に重要なの。

  極論いっちゃえば、オチがクソでも、
  立ち上がりさえよきゃ、それは読んでもらえるの。
  まぁ、2冊目読んでもらえるかは別の話だが。

  ギャグじゃないけど、そんくらい、つかみって重要。 

  このお話の冒頭って、腐人は入りにくいなと思ったんだわ。

  まー主人公のキャラがそーゆーんだから、
  なのかもしんないが
  お話がものすごく閉じてて、
  なにこれ、どこから入ればいいの?って
  感じだったんだよね。

  例えば、この劇団の位置づけ。

  有名な大規模劇団なのか、
  自前の稽古場もあるような規模なのか、
  副業しなきゃ食ってけないレベルなのか、
  単なるシュミのサークルなのか、
  はたまた学生劇団なのか。

  それによって、
  状況も本気度も全然ちがってくるわいな。
  劇団運営って、金食い虫だから。

  そこらの説明をすっとばしてあるもんで、
  そりゃ杉原さんの脳内では、
  この人はこう、あの人はこう、と
  いろいろ設定があるんだろうけど
  書いてくれなきゃ読者にはわからない。
  
  そう・・・入り込むには
  「この世界の、状況の説明」が足らんのですわ。

  で、ようやく、はーそういうことですかー
  と納得できると、まぁ読めなくはないんだが、
  やっぱりなんか予定調和なんだよなぁ・・・。

  っつか、素朴に疑問なんですけどね、
  こんなメンタル弱くって、問題解決能力が欠如してて
  生き馬の目を抜くよーな業界でやってけんの??

  はっきりいって、この業界で必要なのは、
  才能じゃなくって図太いまでの根性でしょうに。
  
  ちったぁ野上を見習えよ。うん。

  そう、野上の追い込みとかは腐人好きだわぁ。

  腐人は、後から使えるかもしれないと、
  獅子身中の虫を飼うのってできない性質なんだよなー。
  
  後から、あんとき潰しときゃよかったと思うかもしれないなら
  最初から潰す。
  で、後になって、おいときゃよかったと思うなら、
  そんとき、なんか代理で埋まるもん探すほうが
  精神的に楽なんだもん。

  だからこーゆーのは、自分に恨みの矛先がむかないように
  壊滅させとくのがベストだと思うのぉ~

  ってなのは、甘甘ちゃんな千里君は
  カケラも思わんのだろうな。

  どーでもいいけど、オマケにあった
  稔に渡した封筒の中身って何?

  すっげー気になる・・・。
  
  と、こーゆー小技は巧いんだけどな。
  がんばれ!

(142)マンガ 『ハイキュー!! 15』 古舘春一
  わはははは、
  二口に一句、贈ってやろう。

  後輩を もったらわかる その苦労

  そんで自分も成長するのさ~♪

  ただまぁこの伊達工と青葉城西、
  学生スポーツにおける、
  避けることができない、戦力入れ替えが
  如実にでたねぇ。

  それでいったら、
  岩ちゃんと及川が抜けた後、
  かなり戦力ダウンが見込まれるわけで
  そんときが大変そうだねぇ。

  それにしても岩ちゃん、ええわぁ・・・

  で、肝心の烏野との試合ですが。

  いやー伸び盛りっていいね。
  練習はきびしくって大変だけど、
  やったらやった分だけ伸びる。

  そーゆーときは、身体的にはしんどいけど
  楽しいんだろうなぁ。

  たぶん、きついのは、やっても伸びてるってことが
  体感的に感じられなくなってきたときだろうね。

  っても、まだ高校生。
  可能性のが大きいし。
  がんばれー♪

  それにしても青城は、
  おもろい隠し玉だしてきたなぁ。

  ただ、今は、ハイリスクハイリターンの
  ギャンブル株だから
  せめて、エンジンのかかりがよくなるか、
  頭をつけて、もうちょい精度があがるかしてほしい。

  そこまでなれたら、
  今回、スガちゃんを使ったような感じで
  攻撃リズムを狂わせる存在として
  ポイントポイントで使ったら、すごく有効だろうにね。


  にしても、今回、日向がえらい大人しぃなぁ。
  どないしたよ、主役!
  そんだけ高い壁ってことなんだろうけども。

  まぁ、この終わり方からすっと、
  次は山口のトラウマ克服になるんだろう。

  この先の展開は、セットカウント1-1になった後、
  烏野が粘り勝つか?
  せやないと、日向、ええとこなしやん・・・。 
  
[ 2015/03/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。