或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ニュース&読書録 > ニュースいろいろ もうなんぼか忘れた
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ もうなんぼか忘れた

●BCCがみたい
胸が悪くなるような記事を読んだ。

「強姦事件の被告、「女は黙ってレイプされろ」 インド」
http://www.cnn.co.jp/world/35061290.html

数年前にインドで起こった悲惨極まりないレイプ事件で
死刑判決をうけた被告に
BBCがドキュメンタリー番組でインタビューをしたところ
この発言があったそうだ。

ふっざけんじゃねぇっちゅー発言は
この他にもあるらしく、記事でいくつか紹介されている。

テレビ放映そのものは、「国際女性デー」の8日に放送とあるが
・・・英語よね?
同時通訳はいったのあるかな?

ただまぁ、このクソを弁護してる弁護士も、
根底には似たようなメンタリティをもっていて、
腐人なんかにしてみたら、
なんでこんなのに弁護士資格があるのか疑問 (~_~)。

適性検査ってねぇの?
・・・ないか。日本でもろくでもねぇのもいるな、うん。

インドにおける男尊女卑のひどさってのは
わかっていたつもりではあるが、ひどすぎる。

文化だといって済まされる領域を
超えてる気がするんだけど、
恥ずかしいとか、直そうとか思う気ないのかね?

ってか!
こーゆーのがあるから!

オスなんぞ、種だけ採取したら、
皆、完全虚勢しちまえ!
いらねぇよ!

っちゅー主張がしたくなる。

オスの股間にぶらさがるものがなくても、
シャセイ産業以外全く困らんし、
むしろ、世界にはびこる問題の8割は、
これで全部すっきり解決すんぜ?


●少年法と実名報道とネット誤報
こないだの川崎の少年殺人事件で、
週刊新潮が実名報道をしたそうで。

ちょうど今朝、テレビで、
ネットにおける誤報
(犯人じゃないのに、犯人として写真や個人情報をさらされる)
の名誉毀損についてやってたんだけど、
腐人の意見としては、
最初から実名報道やってりゃ、誰も誤報を拡散せんでしょ?
と思うんだ。

だから週刊新潮が、これが正解だー!とやったら
逆に、間違いUPしてた人たちの一掃や訂正になるじゃん。
違いますかね?


そもそも、最初から全メディアが、こいつが被疑者だといって、
バンバン実名および写真や経歴を流しまくってれば
こんな誤報の拡散自体がありえなかったわけで。

それを隠そうとするから、ネットで誤報が拡散し、
被害を受ける人がでてくる。

たった、それだけのことじゃね?


いや、それは逆だ、
ベースにすべきは少年法の理念だ!
ネットを取り締まらねば!!
・・・と
ジンケンガーさんたちは言うんでしょうが、
はっきりいいましょう、
ネットの取り締まりは不可能だ。

それができるなら、
リベンジポルノで苦しむ人はいなくなる。
できないでしょ?

この世のすべての人の口を塞げるか?

今、ネットの状況って、もはやそれに近くなっている。

象を一頭殺すより、
象の体重分のアリを全滅させるほうが難しい、
ネットって、今やこの「象の体重分のアリ」になってんですよ?
それ、わかってます?

昔からゆーでしょ、「人の口に戸は立てられぬ」って。

それでもジンケンガーさんたちがブーブーいうなら、
少年法を見直しなよ、と思う。

だって、少年法ができた当時は
こんな、ネットなんかなかったわけで、
それを想定してない形で法律作ってるでしょ?

今は、IT革命で、個人がメディアを持てて、
かつビッグデータ時代になってんだから、
それにあわせた法に変えればいい。

できるもんならば。

腐人にはどうやったら、人の口(ネット)に戸を立てられるのか
全く思いつかないけど。

っちゅーか、
犯人がいくつだろうと、更正できようとできまいと、
亡くなった方の命は戻ってこない。

だったら、目には目を、歯には歯を、こそが
一番納得できる形じゃないの??

なんかなぁ・・・
死人に口なしだから、
いくら加害者に重い刑を与えても被害者は戻ってこないから
生きてる人間を優遇しましょう
ってなってるように見えてならん。

この辺、ジンケンガーさんたちは
どう考えてはんのかね?

言語が違いすぎる気がして、
主張を聞く気にもならんのだが・・・。


前からゆってるが、腐人は、
犯罪に対して厳罰化しろ、というのではなく、
晒し者にしたら?と思う。

イスラム国の画像をみせたで、
これまたギャースカやってますけど
腐人は、小学生に少年院や刑務所の作業をみせりゃいい、
と前から思ってる。

そうすることで、
犯罪がいかに割に合わない行為なのかを知らしめれば
次なる犯罪の抑止に繋がらんか?
と思んだがねぇ。

でも、こんなことゆーたら、
「刑務所ごっことかやりだす子がいたら
 どうするんだ!」
とかゆーのがでて、ポシャるんだろなぁ・・・。

ホント、生き難い世の中になったもんだ。




以下、読書録。

●4日
(143)BL/花丸 『黒羽と鵙目』 花郎藤子
  恐怖の再読、第4弾でーす!
  でたよ、『クロモズ』

  腐人がもってるのはノベルズ版。
  探せば同人版もどっかにあるかと。

  いやもうね・・・
  あかーん!楽しすぎるー(>0<)!!

  『禽獣の系譜』のパロディでスタートしてっから
  よくよく読むと、
  「ん?」という矛盾がないこたないんだが
  その辺はね、すべてこの一言で片付くの。

  「だって、黒羽だもん」

  小説のクオリティとしては、
  正直、ぶっちぎりのSクラスだと思ってる。
  
  話の構成、文章の妙、キャラクター造形の深さ、
  そこここに見え隠れする人間のテーマ。

  今、たらたら書いてる
  「一般小説を読む人が読めそうなBL小説」だが
  何がハードルなのか、のところで、
  エロシーンがダメといわれたら
  薦められなくなっちゃうんだが
  そうじゃないならば、ぜひ!ご一読いただきたい作品よ!

  ちょいと前に全部、文庫化で出たし。
  
  もうね、この作品の欠点をあげろといわれたら
  1つしかないの。

  そーれーはー
  新刊がでないことよーっ!!!!

  うわ若き乙女だった頃に
  『禽獣の系譜』の1話目
  同人誌のトランス文庫『トロイの木馬』に出会って以来
  どっぽりハマってる腐人としては
  今回読み返したら、
  黒羽がまだ30代だったことにショックを受けた・・・(/_;)
 
  ふっ・・・・・・・
  だって、あれ・・・もう30年近く前になるのかしら・・・。

  花郎さーん!!
  その時代からずっとずっとずーっと
  追いかけ続けておりますので
  この哀れな読者に、
  どうかどうか新刊という名のお慈悲を
  お与えくださいませーっ!!!
  
  心底、待ってます。
  
  
[ 2015/03/05 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。