或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 今日も、読書録・・・だけですねん・・・
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日も、読書録・・・だけですねん・・・

TVタックルがネオ・バラエティ枠になってから、
腐人の晩メシ時間(なんですよ、だから横に成長すんですよ・・・)と
重なるようになってきたため、
ちょくちょくみるようになった。

Wikiによると、プロダクションが変わったとかで
議論じゃなくて、各政治屋が自論ひけらかしてるだけの
うざったさがなくなり、ネタもなかなかおもしろい。

結論らしい結論がでない緩さは相変わらずだが
いろんな立場からのご意見を
ほうほう聞いてるだけの温さが、
この時間帯の頭にはかえっていいかもなぁ。

で、昨日は、ちょうど少年法やっとりまして、
昨日の読書録でやった加害者家族と、かぶってきて
いろいろ言いたいことはあるのだが!

今日もギブアップ・・・orz

とりあえず、溜めると苦しくなるので、
読書録のみ片付ける。
ちょっと余力がないので、流しめで・・・(-_-;)

●16日
(175)マンガ 『ダイヤのA 46』 寺嶋裕二
  ようやく決着がついたか。
  まぁ、終わらん試合はないねんけど
  (マンガが描かれる限り)。

  この46巻の注目は、片岡監督男泣き!でしょう。
  個人的には、雷蔵パパの人間臭い監督姿が
  すげー気にいっとるんだが。

  ああ・・・いかんいかんいかんいかん・・・
  ピンクの妄想が爆裂しそうじゃ。
  疲れてるとさ、開けちゃいけない
  脳内パンドラの箱のふたが緩むのよ・・・。

  青道のさー3年のさー後姿のコマ。
  いやいや、あの嬉しさと無念さがないまぜになった
  哀愁漂う背中、いいねぇ・・・たまらんねぇ・・・。
  
  そいや御幸の「キャプテンやだ」には笑った。
  1個ぐらい、別のやつに背負わせたいよねぇ。
  誰も変わっちゃくれまいが。

  エース争いは、それはそれで、ガンバレワカゾーだし、
  御幸なしで、神宮大会
  (ってナンデスカ?高校野球=甲子園しか知識ねぇよ) 
  に臨まにゃならんとなれば、ガンバレ2年生だし、
  落合さんは、次の就職先さがさんといかんみたいだし、
  こーゆー1つ終わった後の、それぞれの道みたいのが
  明確に見えてるのが、このマンガのおもろいところ。

  高校野球の監督にもいろいろ事情があんのねぇってのは
  『ラストイニング』で学んだわ。

  これから元プロも参戦してくんだろうし、
  少子化で、そもそもの口が減ってんだろうし、
  落合さん、年齢もいってんだろうし、
  いい再就職先みつかるといいねぇ・・・。
  なんかリアルすぎて切ない・・・(/_;)。

  と、ストーリー的にはいいんですが。

  1個言っていい?

  あの9回裏の描き方。
  あの緊迫感を表すのに
  下手な言葉にすると壊れそう、
  いい言葉がみつからないっちゅー気持ちは
  わかるんだけどさー・・・(~_~;)

  ちょっとこのノーネーム演出がここのところ頻出しすぎ
  と思うのは腐人だけ?
  そのせいで、緊迫感を感じる、というより、
  またか・・・ってなっちゃうのよ。

  これは・・・薬味でいう、ハバネロみたいなもんで、
  やりすぎてはいかんもんじゃない?

  カメラで言えば、魚眼レンズの写真みたいなもんでさ。
  ずーっと似たような写真が続いてきて、
  どっかでドーン!と魚眼レンズの写真を出されたら
  おおおおお!ってなるでしょ?

  でも、あっちでもこっちでも魚眼の写真があったら
  その驚きの効果は激減する。

  これはベースにするもんじゃなくて、
  あくまでもトリッキーな技だと思うんだがなぁ。

  ってのもね、ネームが少ないマンガ家といえば、
  腐人はあだち充さんが筆頭にあがるんだが、
  腐人の友人がこう言ったことがある。

  「ネームが少なくて、買ったら損した気分になる」

  まぁ、ここまでは言いませんが、
  言葉にすると陳腐になる、ところも確かにあるが
  言葉にしなければ伝わらないことの方が多いし、
  なーんというか、腐人はここまで読んできて、
  寺嶋さんのとてもストレートなネームセンスは
  ひたむきに努力してる高校球児の素直な気持ちを
  すごく伝えてくると思ってんだけどなぁ。

  画力があるから伝わってこないわけじゃないんだが
  言葉にならない思いを、あえて言語化する、
  それによって見えてくる本当の気持ちみたいなもんが
  あると思うんだけど。

  こんなとき、何も言葉をみつけられない自分だとか、
  こんな言葉しか浮かんでこないなんて・・・とか。
  それだって、1つの気持ちの表現だと思うけどなー。  
  
  とはいえ。
  このマンガの主たる読者は男の子。
  彼らにとっては、べつに?なのかもしれないが。

  腐人としては、言葉の力がみたかったな。

(176)BL/ルチル 『閃光と共に跳べ』 かわい有美子
  最近の建物は、外壁ガラスのとこ多いから
  もしこれが本当になったら、
  もっと被害者多いんじゃないのかな?

  震災んときも、確か落下物によるケガ人って
  かなりいた気がする。

  現実の事件とかみてても思うんだけど、
  あと掃除する人、大変だよねぇ・・・。
  そゆこと考えて、やめようとか思わんのかね?←なんか違う・・・

  それにしても、
  医者も器具がないと、普通の人と大差ないように
  SATも武器がないと、やられちゃうのか。
  
  いっそ、デパ地下のお惣菜売り場とかだったら
  逆に武器の宝庫だったかもしんない。
  そうなると、「ホームアローン」になってくるな・・・。

  すっげーどうでもいいんですが、
  腐人もファイブは好きだった。
  あのごちゃごちゃっとした雰囲気がすげー落ち着いたんだ。

  なくなったのはすごく悲しくて、
  新しいのができて間もない頃、
  やっぱりあそこが好きだった友人と覗きにいこうぜってことになり。

  なんでだったか忘れたが、
  高所恐怖症なのに、あの観覧車に乗ることになったんだ。

  案の定、腐人は乗った瞬間から真っ青になり、
  そのときの記憶がカケラも残ってない・・・。
[ 2015/03/17 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。