或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 読書録を片付ける
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書録を片付ける

そいやぁ、今週末は、世界選手権。
フィギュアシーズンが終わっちゃうなぁ・・・。
つまんなくなるなぁ・・・

今季総仕上げとして、
全選手、皆さんが悔いのない滑りができますように。

っつって、その本心は
ただ腐人がBESTの演技を観たいだけなんだけど。


終わると言えば、「マッサン」もだなぁ。
ああ、これから早起きする楽しみがのぅなる・・・(/_;)


終わる繋がりでもう1つ。
シンガポール建国の父、
リー・クアンユーさんが亡くならはりましたなぁ。

精神的支柱というか、
シンガポールという国のお目付け役というか、
そういう存在でいらしたと思うのだが、
そういう重石がなくなった後、どうなるか、が
国としての正念場な気がするんだよな。

腐人は近現代の政治家では、
このリー・クアンユーさんと、李登輝さんが
最も優れた方だったんでないかと思っている。

3大というなら、もう一人はマーガレット・サッチャーさんかな。

インドをみてると、偉大なる政治家によって大きな改革が行われても
その思想をゆがめずに伝え続けるって、本当に難しいのだなと
つくづく思うが、頑張っていって欲しいなぁ。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


さて。
ちょっと読書録がたまってるので、
日常話はまた今度。

●21日
(185)マンガ 『ポチフル 2』 きら
  犬が人間になってたのか。

  ・・・腐人、ネコがいいな。

(186)マンガ 『君曜日 2 鉄道少女漫画3』 中村明日美子
  まぁ!まぁ!まぁ!
  とおばちゃんは言いたい。

  っつか、
  ほら、おばちゃんがこれ以上口出しすると、
  のんちゃん怒るから~
  ごゆっくりねぇ~おほほほほ~
  って感じ?

  こんな初々しいカップル(未満)、
  いまどきいるんだろうか?

  にしても、みさちゃん、いいキャラだなぁ。
  
  腐人の周囲には鉄っちゃんがおらんので
  報道なんかでみかけるだけなんだが、
  けっこー大変なんですな、鉄道おっかけって。

  どーでもいいが、大奥井湖上駅・・・
  ぜってぇヤダ!行きたくねぇっ!!
      ↑
    腐人は高所恐怖症

  個人的には、こないだ閉鎖されちゃった
  吉岡海底駅とか、竜飛海底駅とかのがいいなぁ。
       ↑
    暗くて狭いとこは得意。
    チューさえおらなんだら。
  
  なーんかこの初々しい恋と、
  ゆったりした鉄道の旅がすげーマッチして、
  このお話、好きだなぁと思う。

(187)マンガ 『BLUE GIANT 4』 石塚真一
  佐藤さんのエピソード好きですね。
  この偏屈さが。

  まぁ、こーゆーのってさ、
  個人個人の努力も大事なんだけど、
  本当に水準以上が揃うレベルになってくると、
  そこから先の優劣ってのは、
  結局、人のつながりが大きくて。

  その、上へつながれる端緒をつかめる運があるかどうか
  それも、才能の1つなんだよなぁ。

  この話は、ボーナストラックにあるよう、
  もう結論は決まってて、
  そこに、どうつながってくのか。

  のんびり見させてもらうことにしよう。
  
(188)マンガ 『マギ 24』 大高忍
  うーん・・・これ、
  ダンジョン攻略話だと思ってたんだが
  なんか話が大きくなってきたなぁ。

  個人的には、神様って
  人の妄想に過ぎないと思ってんのね。

  哲学問答みたいになるけどさ、
    神って、何かしてくれた?
    何もしてくんないよね?
    ってことは、仮にいたとしても、いないと同じである。
    よって、神はいない。(Q.E.D.)
  と、腐人は思ってるの。

  そりゃ精神のよりどころとして必要って論は
  わからんでもないんだが、
  でも、それだって、結局んとこ
  人によって神の解釈が違うってことは、
  人が自分の都合のええように
  妄想してる存在に過ぎんってことを証明してないか?
  とか思うわけだ。

  といっても、腐人自身に神はいらんけど、
  神を欲する人の存在や、
  その人たちが勝手に信じてるとこまで否定する気はない。

  イワシの頭も信心からっちゅー言葉があるように
  神さんってもんを信じる人は信じたらいいと思うし
  いると思う人はいると思えばいい。

  ただ、そーゆー人たちによくみられる傾向として、
  それを「正しいモノ」として、押し付けてくるんだよね・・・
  それが猛烈にイヤ。

  こっちに押し付けてこんでくれ。
  それを理由に、
  そうじゃない人を排除しようとせんでくれ。

  こちらもあなたがたを否定しないので、
  あなたがたもこちらを否定しないでください、
  腐人がお願いしたいのは、
  ただこれだけなんだがな。

  信じてる人に限って、
  この論理が通用せんのよねぇ・・・(~_~;)。


  神とちょっと話がずれるが、
  大衆を統合するのに、
  王様(リーダー)がいるのはわかる。

  それこそ、上記で書いた、
  マハトマ・ガンジーさんやリー・クアンユーさん
  李登輝さんらは、真のリーダーだろう。

  でも、そこに神が必要かといわれたら
  要る人もいるだろうし、要らん人もおるだろう
  なんでそこまで何でもかんでも一緒にせんといかんの?
  別に、要る人はいる、要らん人はいらん、でええんちゃうん?
  ってのが、この24巻を読んでの感想かね。

  まぁ、ルフの存在を、ルフという概念で存在させるためには
  神の存在があったほうが説明がラクチンではあるのだが。

  正直、腐人は同質であることを重んじる風潮って
  大嫌いなの。

  平等?
  寝言は寝てからゆーてくれ。
  んなもん、人類が誕生してから
  1秒たりとも存在したことねぇよ。

  なんかなぁ・・・
  平等と叫ぶ人は本当にわかってんのか?
  とすごく思う。

  同質と平等って違うと思うんだけど。

  平等を実現するためには、
  一人一人がきちんと義務と責任を果たし
  欲望をコントロールできんとありえんのだが。

  そこ、わかってます?

  その前提無視して平等推し進めたって
  できるわけねぇっての。

  この『マギ』というお話は、
  いったいどこにむかってんのかなぁ?
  
(189)マンガ 『デモクラティア 4』 間瀬元朗
  うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  なんかえらいもん投げてくれたねぇ。

  たださ、これ1個ゆっていい?

  ここででてきたの、
  「娘」だったじゃん。
  もしこれ「息子」だったら、
  も1つ問題があるんだよ。

  それは誰が介護をするかってとこで、
  娘だと、自分か、外注か、だけど
  息子だと、嫁か、外注か、と
  考える人が多いってことだ。

  まぁ、自分がやる方もいるのはいる。
  久坂部羊さんは、お医者さんだったしで、
  かなりのところをやってはったが、
  これはレアケースだろう。

  自分100%は、めったにおらんと思うで?
  
  特に、もし自分が一家の稼ぎ手で
  嫁が専業主婦だったら?

  まず、嫁に丸投げしようとするんじゃね?
  嫁の意思はともかく、というか、そっちのけで。

  発言小町でよくみかけるよん。

  嫁が面倒みるを前提で親と同居したいとかいいだし
  そんで、嫁に離婚されて、
  やっと現実がみえて
  「どうしたらいいんでしょう・・・」
  っちゅー男。

  被介護者本人含め、いろいろご意見でてたけど
  個人的には、最後にご近所さんがいってた
  「娘さんも災難よねぇ」
  が一番正解だと思う。

  そのあとモノローグでくっついてた
  「祖父母の手で
   愛情豊かに育てられてさえいれば
   きっと父親の元を
   ”笑顔”で訪ねてくれることだろう」
  は、自分に都合のいい現実しかみてない
  男性らしいモノローグだねぇ
  としか思えない。

  介護は現実。
  そんな生易しいもんじゃないし、
  終わりがみえない、ただ絶望しかないものもある。
  
  なにより自分を捨てた親の介護をするか
  という点では、
  さらにさらに問題が生じる。

  自分を捨てたからこそ、絶対に面倒をみたくない、
  というケースもあれば、
  毒親だったがゆえに
  愛を乞う人になりはててしまい、
  一言「悪かった」といって欲しいだけで、
  尽くしに尽くして、でも結局、毒親は死ぬまで毒親で。

  余計に愛されない自分を感じさせられて、
  精神的に病み、
  負の連鎖を生じさせる可能性だってあるんだよ?

  そこまで考えてねぇだろ、この3000人。
  なんか、衆愚って言葉をものすごく感じるのは
  腐人だけだろうか。  
  
  Jenny9がさ、
  「私が死ぬ時、娘が私看る
   娘が死ぬ時、娘の子供が娘看る」
  っちゅーじゃん。

  それ、子供があるの前提なわけ?
  子供が結婚したくないという意志とか、
  子供が不妊の可能性とか
  丸無視なわけ?

  なにより、あんた、
  自分の面倒をみさせるために子供産むわけ?
  子供の存在って、将来の介護要員ってこと?

  なんじゃそりゃ。
  ふざけんじゃねぇよ!
  と思うのは腐人だけ?

  ※腐人は介護工場と、自殺安楽死センターを設立し
   介護工場にはいるか
   自殺安楽死センターで自終死するか
   すべて自力自費で死ぬまで頑張るかの3択にすべき
   と思ってます

  
  人は他人の手を煩わせずに
  死ぬことはできないわけだから
  それをシステム化しちまえばいいのに。

  なんで制度化できんのかなぁ・・・(~_~)
  これって、結局は、
  老病死と真面目に向きあってない
  ってことじゃないのかなぁ?
 

  MARUOっとが、
  「死の間際までその意志を貫く覚悟がある人は
   本当に少ない」
  っちゅーのは、だらだら生かされるからだよ?
  わかってる?

  ×月×日を自分の命日にしよ!
  ってのをありきに動けて、
  かつ、なんの苦痛もなく、眠るように
  自分の人生を終えることができますよ
  って道をつくったったら、話は変わると思うで?

  だって生きてることのほうが
  実はしんどいんだもん。

  老人の多くが、早く死にたいって思ってる
  っちゅー事実はどこに?

  でもま、実際には、そういった事実を認めたくない、
  認めてしまったら、今までの自分の人生の価値って
  なんなのかわからなくなってくる、
  と目を背けてる人のが多いから、
  この話は進まないんだと思うけども。

  どーせなら、そういうとこまでえぐって欲しいなぁ。
  表面的なキレイゴトばっかじゃなくて。


  新たな人(?)もでてくるようだし、
  最終的にどういうオチをつけるのかが
  すごく楽しみです、このマンガ。
  
(190)マンガ 『坂本ですが? 1 』 佐野菜見
  腐人は不条理マンガって、キライというか
  何がおもろいんだかさっぱり理解できない人なんですが
  これは・・・不条理マンガといっていいのかどうか。

  この年代特有の、無駄にエベレストな自意識による行為の連発で、
  もし大人になって振り返ったら
  「自分史から抹殺したい黒歴史」
  っちゅーのにあてはまるのかなぁ?

  正直に言えば、
  腐人は10代20代のワカゾーどもの
  こーゆーとこが本当にキライなので
  「勝手にやっとれ、バカゾウどもめ」
  である。

  同じアホさでも、
  『となりの関くん』のくだらなさのが
  まだ腐人は好きかも。
  って、あれもそろそろ限界なんだが・・・(ーー;)。

●22日
(191)マンガ 『王妃マルゴ 3』 萩尾望都
  萩尾さんはこれで何をなさりたいんだろう。

  萩尾さん解釈の王妃マルゴの表現か。

  正直、未だにこれの読み方がよくわからない・・・。

(192)マンガ 『ACCA13区監察課 3』 オノ・ナツメ
  クーデターってのは、
  現状に不満があってやるもん、
  じゃないの??

  そういう意味では、スイツ国のクーデターはわかるが
  これは現状の王制に対しての不満というのとは
  ちょっと違うような気がする・・・。

  でもって、ACCAの監察課は、結局のところ、
  13区内で不穏な動きがないかをみてるのか?

  なんだろなぁ・・・
  このマンガの意図がまだ読みきれないので
  すごく不思議な手探り状態で読んでます。
  毎度思うけど、不親切だよね・・・(それが魅力なんですが)。


  ところで。
  王子より庶民のがいいもん食ってる現実って
  王子のが王制廃止にしたくなるんじゃないの??
  
  でも、腐人はフカフカもちもち食パンを憎悪してるので
  もし腐人が王子(?)でも
  庶民のパンをうらやましいとは思わんので
  どーでもいいが、
  もし、庶民のが旨い果物とか美味い料理をくってたら
  王制廃止に動くね、きっと。
[ 2015/03/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。