或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 妖怪トラブるん(妖怪のせいにしたい、いろいろ)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妖怪トラブるん(妖怪のせいにしたい、いろいろ)

あまり詳細を書くと身バレしそうなので
歌にしてみた。

ようかい体操第一のABメロディ部分のみですが。

♪どうして消防よばれたの
 バイクのタンクが臭いから
 ぜんぜんお掃除してないね?
 マッチョの視線がつきささる!
 ドォワッハッハー!
 よ う か い のせいなのよ!
 そうなのよっ!!
 (ウソをつけ!)

♪どうして保険がおりないの
 バイクで事故って痛いのに!
 オステじゃないとダメなのに!
 どうして認めてくれないの!?
 ドォワッハッハー!
 よ う か い のせいなのか!?
 そうなのかっ!!
 (濡れ衣だ!)

♪どうして荷物がとどかない
 配達完了でてるのに!
 中身は秘密にしたいのに
 住所と名前が書いてある!
 ドォワッハッハー!
 よ う か い のせいならば
 いいのにな・・・(ToT)
 (ケーサツいけよ)

※補足
バイクのタンクはきれいにしてみたところ、
別の問題が生じてることが発覚。
結局、モロモロ総取替え(ToT)

バイク屋の兄ちゃんにも
「こんな修理ははじめてだ」
と言われる・・・。


事故は、ありがたいことに、
腐人の場合、いつもたいしたケガをしない。
打ち身がせいぜいで、
見て明らかな外傷や骨折などをしないのだ。

もし、外からみて明らかにわかるケガだったら、
整形いくのが第一。
オステオパシーも、そういう外傷が治ってからじゃないと
治療にとりかかれない。

でも、腐人のような外からは見えない、
内側へのダメージだけだったときは
オステで歪みの矯正や硬直の緩和をしてもらうのが
最も即効性があって有効なの。

でも、自由診療なので、保険は基本NG。

オステオパシー先進国の英米でも、
認めてもらうまでかなり大変だったらしい。

英米では今は認めてもらえるそうだが、
申請するのには、かなり煩雑な手続きがいるとのこと。

つくづく。
保険って、入るのはカンタンだが、
もらうのがややこしい。
なんとかならんかねぇ(~_~)


荷物・・・ただの誤配と思えない点もあって
警察にいくか思案中。
でもなぁ・・・中身が中身で・・・(-_-;)


それにしても、これら、
大体10日に1ぺんの割合で発生したんですよ。

マジで妖怪がついたかと思ったが、
もしかして、腐人の存在そのものが
妖怪トラブるんなのか!?

ニンゲンだと思ってたのに・・・


以下、読書録。

●5日
(232)BL/ルビー 『不測のダウンバースト』 吉原理恵子
  正直、ひっさしぶりすぎて、
  これまでのお話を思い出すのに
  時間がかかった。

  ああ、そうだったそうだった。
  勘違いな義弟がきたんだった。

  まぁ、嫁さんがまともそうなので、よかったね、だけど
  思春期の子供は取り扱いが難しいからねぇ。

  っつか、あの根拠のない自意識の高さって
  なんなんでしょうね。

  腐人も覚えがあるが、
  知ってる世界が狭いから、
  どーにもこーにも自我が肥大化すんのかなぁ。
  でもって、そのせいで
  窒息しそうになってた気がする。

  いろんなもんを捨て去れたら、楽になるよと
  あの当時の己に教えてやりたいわ。
  
(233-235)マンガ 『弁護士のくず 8』『弁護士のくず 第二審 1』『〃2』 井浦秀夫、小林茂和
  前から気になってたんですが、
  「脳卒中」っちゅー病気はない。

  脳でおこるいろんな疾患の一般的総称であって
  お医者さんは使わないらしい。
  
  ま、医療話じゃないからいいのかね。
  

  あとさー、ラブドール。
  あんな捨て方せんでも、
  メーカーさんが引き取ってくれはるで?
  通称、「里帰り」ゆーらしいですが。

  あの扱いはちょっとひどすぎ
  と、思うのは腐人だけか?
  あんだけ世話になっときながら
  あの捨て方はないやろ


  そういえば、
  『弁護士のくず 第二審 1』にあった
  証拠確保のための携帯窃盗。
 
  読んでて、木原音瀬さんの「罪と罰」が浮かんできて、
  その取り扱いがすげー気になった。

  この場合は、
  「弁護士と繋がってる、被害者の子供」が
  「自発的」に
  「ほぼクロと思われる容疑者の
   公的な部屋に無許可で立ち入り」
  「持ち出した」。

  これ、記者会見という場であったから、
  入手方法などを重視せずに終わったけど、
  これが裁判だったらば。

  うーん・・・やっぱ、それを証拠として採用できるかどうか
  腐人は微妙な気がするんだが、
  どうなんですかね?

  ってなのを、無料相談で弁護士に相談したら
  回答してくれんだろうか??
  フィクションの話なんだけど。

  それにそこらは裁判官の裁量範疇な気もする。

  令状主義にこだわる裁判官ならアウトだろうし、
  それよりも罪を裁くことにこだわる裁判官なら
  セーフじゃないのかなぁ?

  うーん・・・すげぇ気になる・・・。


  ところで、また順番丸無視で読んでるのは、
  諸事情あってのことなので、
  いつものことかで無視してください。

  で、たまたまなんだが、パクリ係争によって
  『弁護士のくず』では収録ができなかった
  「蚕食弁護士」が、
  『〃 第二審 2』 に収録されていた。

  この係争は結局のところ、
  実際にあった事件をベースにしてるから似通って当然、
  これはパクリではない、
  ってことで
  著作権の侵害はなかった、という判決だったんですが
  こうなってくると、腐人的には、そのモデルケースとなった
  実際の事件、が気になってくる。

  腐人は、
  法を知らずにブラックなことをするのはただのバカ
  と思っているが、
  そーゆー意味では最も手ごわい犯罪者は
  司法関係者だよねぇ。
  
  問題になった本読んだら、
  モデルケースのこと書いてあるかな?
  今度読んでみよう。
  後学のために←おい!

  ※腐人には「勤勉さ」がないナマケモノなので、
   実行することは無いと思います。たぶん。
[ 2015/04/06 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。