或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書録 > タケノコ考
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タケノコ考

腐人はこの時季になると、
毎年、掘りたて、採りたてのタケノコをいただく。

Iちゃん、いつもありがとね m(__)m


ただ、ふと思う。

もし腐人が、採れたて皮つきタケノコをもらったとしたら
さて、調理するんだろうか?

答えは、しぃひん。
総料理長にそのまま渡して終わり。

その辺、Iちゃんもよぉわかっとるので、
「総料理長に、明日着くって伝えといて」
という。

さすがだな、友よ。

そやって考えると、
腐人家には、総料理長がおるので、
若竹煮になったり、木の芽あえになったり、
筑前煮になったり、炒り鶏になったり、
焼きビーフンになったり、中華風ちまきになったり、
五目寿司(世間一般的にはちらし寿司というのか、
自家流なので名称がわからん?)になったり、
あげてったらきりが無いほど、いろんなものに化けるが、
そうでない家庭ではどうなんだろう?

Iちゃんから送られてくるタケノコの処理は、
総料理長に一任しとるので、
その辺をちょっときいてみた。

すると、料理友達つながりと、
ご近所に配ってるようなのだが、
3種類になるという。

(1)素材のまま(下ゆでもせず)あげられるところ
(2)下ゆでまでしてあげられるところ
(3)完成品になってあげられるところ

特にAさんは、焼きタケノコが大好物だそうで、
それに向いてる大きさのがあったら、
ダン箱を開けて速攻、そのままもってくらしい。

焼きタケノコは鮮度のいいものしかあかんらしく、
「こんなに新しくて美味しいの、
 普通じゃ手に入らないわよー♪」
と狂喜乱舞して受け取ってくれるそうだ。


ただ、この(1)(2)(3)の比率がかわってきているという。

昔は、それこそ(1)もしくは(2)がいいという方が多かったが、
今は、(1)がいいというのは、それこそAさんぐらい。

(2)もしくは(3)希望が増え、
それも年々、(3)希望が増えてるという。


そもそも(1)を希望なさる方、というのは、
60歳以上の方が多かった。

それがお年を召され、もう下ゆでからするのはちょっと・・・
ということで、(1)じゃなくて(2)を、となってるそうだ。

さらに年齢があがると(2)も面倒で、(3)がいいと。

お料理は好きだし、できれば自分の味で作りたい、
でも、もうしんどい・・・ということらしい。


そして、そもそも(3)を希望する方というのは、
若い方が多い。

最初、皮つきの素材状態でもってったら
「これ・・・どうしたらいいんでしょう?」
と言われたと。

皮をむき、ぬかをつかって、下ゆでする、という
下ごしらえからして馴染みがないみたいなんだな。

若くても、お料理大好き!ってな方なら
そうでもないのかもしれないが、
こーゆーのやらなくなってんのかねぇ。

スーパーでも水煮状態で売られてるしな。

昔、子供に魚の絵を描かせたら、切り身を描いた
ってな話があるが、
今なら、タケノコの絵を描かせたら、
半割りの水煮を描くんじゃないか?

いや、それ以前に、「タケノコってなに?」か?

ま、かくゆー腐人も完成品がいい派なので、
あまり大きなことは言えない・・・(;一_一)。


ただ、こうやって採れたてをおすそわけしてもらい、
新鮮ホクホクのタケノコ食べ出したら、
店で買う気が失せる。

総料理長によれば、
タケノコそのもののモノもいいらしいが、
鮮度がいいからなのか、
えぐみや食感がぜんぜんちゃうねんもん。

(3)を希望する方ってのは、
タケノコあんまり得意じゃない・・・
とおっしゃる方が少なからずいらっしゃるのだが、
このもらったやつで作った完成品を渡すと
「びっくりした!タケノコってあんなに美味しいんですね」
という。

まぁ、C国産の水煮とは雲泥の差があると思うよ。


それにしても
タケノコは毎年新しいのが生えてくるが、
総料理長は年々老いていく。

美味いものが食いたければ、
そろそろ腐人も総料理長に代わって
タケノコのしごうをやらんといかんのやろなぁ・・・。


腐人にとっての春とは。

迷惑な花粉と、
迷惑な酔っ払いと、
迷惑な仕事ピークと、
美味なタケノコ。

この4つだな。

ああ、中華ちまきが食いてぇ!!!


以下、読書録。

●7日
(239)マンガ 『弁護士のくず 第二審 5』 井浦秀夫、小林茂和
  今回はかなりあっさりな。

  うちの子に限って、ねぇ・・・。
  
  親だからこそ、信じてあげんといかんのもわかるし、
  親だからこそ、加害者になる前にとめんといけん。

  腐人なんか、もう面倒だから、
  チップ埋め込んで、
  悪いことしそうになったら電気流してええよ?
  と言いたなるけどな。
       ↑
    親になる資格なし!

  レイプ話ともなれば。
  毎度ながら、オス全部を去勢せぇ!って叫びたいね。
  でも、本当に、これやったほうがいいって。

  でもって、機能別にニンゲンわけて、
  真社会性生物化したほうがええって。

(240)BL/ショコラ 『眠れる森の弟』 鳩村衣杏  
  ふむ。

  ・・・としか言い様がない(ーー;)。
[ 2015/04/08 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。