或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> チビネタ&読書録 > まとまらないので、チビネタでお茶を濁しましょう
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まとまらないので、チビネタでお茶を濁しましょう

先日、王子&姫連合のチビーズが
グレムリンと化して、
大暴れしたときのこと。

やめろといくらいっても、
暴れるのをやめないので、
「出入り禁止にするぞ!」
と、血族が切り札を切った。

すると、王子も切り札を切ってきた。
「そんなこというなら
 もう来てあげないから!」

チビっこどもの考えてることは
手に取るようにわかる。

こういえば、腐人家の面々は来てほしいと思ってるだろうから
ごめん、と引き下がるだろうと踏んでたんだ。

でも、いい加減、うんざりしていた血族が、
「別にいいよ、もう来なくても」
と言ったもんだから、
4つの瞳がぐるりと腐人の方にむいてきた。

腐人としても、スケート鑑賞しとるテレビに、
脱脂綿でつくった綿菓子もどきをポンポコ当てられ、
ちっとも観られない迷惑さと、
当てられるたびに画面がゆがむテレビへの影響と
全力でドスンドスンやるもんだから、階下への迷惑を考えると
ここはかばう気にならない。

「うん、いたずらするなら来なくていいよ」
と言った途端。

「じゃぁぼくもう帰る!!」と
王子が玄関に向かってどかどか歩き出した。


一方の姫。

玄関に向かう王子の後を、しばらく追いかけたが
リビングを出る寸前に
「やっぱり姫は残る」
と回れ右。

何事もなかったかのような顔をして、
「腐人、ブロックスしよ?」

・・・おい、君ら、共犯ちゃうんかい!

まぁ、姫はこないだ、
「ここ、姫のおうちー」
とかほざいてたぐらい、腐人家にいりびたり。
※王子はそんなでもない。

ポコ(『うどんの国の金色毛鞠』)と同じよーな感じで
ほぼ毎日侵入してくるので、
出禁されるのは困ると思ったんだろう。

計算・姫ちゃんと呼んでやろう。


で、怒ってでてった王子だが。

その後すぐにそーっと戻ってきて、
こっそり隠れ(っても大人には丸見え)、
いないねぇ、どうしよう!と大人に散々演技をさせた後、
「ばぁ~!」と出てきた。

そして、何事もなかったかのように
ブロックスに参加し、最後はご機嫌で帰っていった。

だったら最初から、
おとなしくゲームに興じてくれよ・・・(-_-;)

子育てしてる人って、毎日がコレなんだよねぇ。
それをわかって自分で選んだことだろうが、
ご苦労様だわ。


以下、読書録。

●20日
(277-281)マンガ 『アシガール 1-5』 森本梢子
  こないだの『高台家の人々』がおもろかったので
  1巻を読んでパス!ったこれも
  もっかいチャレンジしてみた。

  細かいことにはこだわらない
  細かいことにはこだわらない
  と唱えつつ読んだらば。

  おもろいではないか。

  細かいことにこだわりだすと、
  いろいろひっかかるんだが、
  表面的なとこだけおっかけるなら
  十分おもろい。

  ってか、この姉弟の図、
  『わたしがママよ』のたまちゃんと規介にみえるのは
  腐人の目が悪いからでしょうか。

  まぁ、たまちゃんはもうちょい凶暴だったか・・・。

  この先、どーなるんだかなぁ。
  どーゆーオチをつけるのかが
  すごく知りたい。

  そして・・・
  細かいことにはこだわらないといったが
  これは細かくはないだろうと思うんだ。

  若君の入院・手術費用は、
  いったい誰が払ったの!?

  だって、無保険でしょ!?
  手術に、術後管理までやって、全額自費ったら
  アメリカ並の請求書じゃない?
  ※アメリカは盲腸の手術で
   150万ぐらいの請求書がくる

  民間保険でカバーったって、
  若君は存在してはならない存在。

  ・・・無理でしょ。
  ただでさえ、保険屋は払いが渋いのにねぇ!!!
            ↑
         私怨こもってっぞー腐人・・・

  
  あとさ、どーしても気になる1ヶ月という滞在期間。
  生理がくるやろ、生理が。
  
  そこをどないしたんかなぁ?という疑問から
  そいや昔の人ってどないしてたんか?という疑問に。

  女性の下着は、昭和初期の白木屋の火災までは
  腰巻だったはず。
  ってことは垂れ流し??

  それこそ古代では、
  忌み屋という家屋に篭って垂れ流し。
  ばあさんの許可がでるまで出られなかったと
  氷室冴子さんの『銀の海 金の大地』にある。

  においや衛生面でも遠慮したいが、
  生理中で気の立ってる女ばっか集めた小屋・・・
  恐ろしすぎて近づきたくない・・・(;一_一)。


  ネットをググってみると、
   古代:ふんどしのような「股ふさぎ」→
   平安:貴人は絹、庶民は麻のあて布→
   中世~近世:木綿→
   近代:脱脂綿
  とある。

  や、あてるもんがあったってのは、
  十分推測できるんだ。
  何で読んだか忘れたが、
  女性が夜中、
  チクチクそれを作ってたという描写があったから。

  あて布をどうやってとめてたのか、が知りたいのじゃ。

  ってことで、そっちを調べてみれば
  紐でくくってたとある。
  うーん??まわしみたいな感じ?(~_~;)?

  そんな危ういのだと、ヤバいよなぁ・・・。
  
  格段に機能UPした生理用ショーツでも
  横モレ、後モレの危機が
  多い日にはつきまとってるっちゅーに。

  うーむ・・・
  かかさまか、あやめさんに訊いてみたいとこじゃ。
[ 2015/04/21 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。