或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 有言実行!やっとやるで世界選手権&今シーズン 男子総括!!
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有言実行!やっとやるで世界選手権&今シーズン 男子総括!!

女子にならって、
今季一番好きなプログラムからいきましょうか。

男子ではデニス・テンくんのFS
『New Impossibilties』だなぁ。

SPは、とっさにでてくるもんがない。

FSだと次点で、
町田樹くんのFS、『交響曲第9番』。
あの恐ろしく複雑で一音の隙もない振り付けは
楽譜をスケートにしたらこうなるだろうなぁ
という感じで、よくぞやってくれたなと思う。
いいもの見せてくれてありがとう!

それから、小塚崇彦くんのFS、『Io Ci Saro』かなぁ。
あの伸びやかでビブラートの効いた歌声と
滑らかなターンと伸びのあるスケーティングが
むっちゃマッチして、
正直、ジャンプ以外のとこの美しさに夢中になった。

惜しむらくは、二人とも腐人的にパーフェクト!
と思うものを見せてもらえなかったとこ。
町田くんのはGPシリーズのスケートアメリカ、
小塚くんのは全日本がベストかなぁ。


今季すげー伸びたなと思うのは
ミーシャ・ジーくんとナム・グエンくん。

特にミーシャ・ジーくんはちょっと驚いた。
ソチでみたときは、
フィギュアという競技をやっている、というより
どっちかというと自分の表現に酔ってるという
独りよがりさのが勝って見えて、
腐人的には、なぜフィギュアという競技をやるのか、
表現がしたいならプロスケーターになればいいじゃん
と思っていた。

したらば。
いやいやいやいや、今年は変わりましたな。
フィギュアという競技の枠で伸びてきた。

こーゆーてはなんですが、
フィギュアという戦場で戦うことを選んだのならば
やるべきことをやってからでないと
自己主張って、いくらやっても響かないんだと思う。

さて、来季はどうなるんだかな?


一方のナム・グエンくん
いやー伸び盛りの子の成長速度の恐ろしさを
目の当たりにさせてもらったよ。

そりゃまだまだ足らないとかあるし、
個人的にはジャンプの前後が気になるが、
あの物怖じしない度胸のよさは、ちょっとすごい。
緊張って言葉がないのか?君には。

この先どこまで化けてくるんだろう。
末恐ろしい・・・。
シーズン中に身長が伸びた気がするけど
それすらなんの障害にもならんのね・・・。


それにしても、
今季は引退のニュースが多くて悲しいわ…(ToT)
ジェレミー・テンくんもこの世選で引退なのか。
腐人には彼の滑りはとても品よく見えていて
上位に入る選手ではなかったけれど、
観てるの好きだったんだがな。
第二の人生、頑張ってください。


正直、腐人的には今季の男子のトップ3は
その順位はどうあれ、
今回の世選の表彰台の3人だと思ってたので
まぁ、妥当な結果になったなぁと。

デニス・テンくんは、
GPシリーズでみたときはどうした!?
って感じだったのに、
四大陸では見惚れるほどのものを
みせてくれて、
なるほど、ピーキングって
こーゆーことかと思ったね。

この世選も、SPのアクシデントがなきゃ
順位はどうなってたろうなぁ・・・。

来季は、パトリック・チャンくんが
どうなるんだかわからんし、
プルシェンコさまも
ご復帰なさるとかゆーんで
さらに混戦度合いが増しそうだが
テンくんは上位に食い込んでくるんだろうなぁ。


ハビエル・フェルナンデスくん
SPの後、もっと点数が伸びると思ってた
ってなことをコメントしていたが、
腐人はそれきいて、
「フィギュアとは誰と戦う競技なのか」
ってことについて
思いを新たにしたね。

皆さんはこれ、どう思います?

腐人の答えは、「自分とジャッジ」だ。
「自分」だけじゃないんだよね。

あまり聞こえのよくない言い方をすりゃ、
勝つためには、いかにジャッジ受けする演技をするか、
な気がするんだわ。

まぁ選手の目的が「勝ち」ではなく
いかに自分の演技をするかとか、
史上初の4回転を決めるとか、
違うとこにあるなら、
そこまでジャッジを重視しなくてもいいのかもしれんが
結局のところ
すべての要素の出来を決めるのはジャッジだ。

それは、今回のアダム・リッポンくんの4Lzなんか
象徴的だよなぁ。
リッポンくんは来季もチャレンジしてくるんだろうな。
やったれ!

ただ、その姿勢は素晴らしいと思うんだが、
ジャッジも人の子、機械じゃないから
最後の微妙なところは感覚だろう。

となれば、やっぱ傾向と対策って
いるんじゃないのかねぇ。

そーゆー意味で、
今回の羽生結弦くんとハビエルくんのSPは
腐人は羽生くんのクレバーさを感じたなぁ。


そいや、最近、ホント、
スポーツにおけるメンタルの影響ってのを
ものすごく感じるんだけど、
そーゆー意味で、今季うーん?と思ったのが
無良崇人くんと、マキシム・コフトゥンくん

二人とも、
もし練習どおりのことが試合でだせれば
表彰台に乗ってくる実力があるのに
へ?ど、どないしたん!?
という演技をすることがある。

腐人はテレビ放映の、それも演技しかみないから
怪我とかの事情があったりするのかもしれないが
もったいないねぇ。

そーゆーメンタルではなく
怪我じゃないかと思う不安さで幕を閉じたのが
セルゲイ・ボロノフくん

うわーん!ベテラン期待の星なのに!
この年齢で怪我は怖すぎる!
頼むから、たいしたことありませんように

腐人は来季もボロノフくんの
ベテランの余裕を感じさせる、飄々とした演技を
楽しみにしてるからねー!!


トリは、やっぱり羽生結弦くんですな。

まぁ、今季は
本当にいろんなことがありましたねぇ。

ただそのどれもこれもが
自身の努力や何かを怠っていたから起こったのか?
と言われると、腐人はNOだと思う。

羽生くんは自分ができる最善をやってきた。
でも、いろんなことが起こった。

それが人生なんだよな。

いくら備えをしていても、
どんだけ慎重にしていても、
何かが起こるときは起こる。

でも、これさ、見方を変えてみれば、
これはいつ起こってもおかしくないことで、
むしろそれが
オリンピックシーズンに起こらなかったことを
よかったね、と捉えることもできるやん?

腐人はポジティブシンキングというより
面倒くさがりなので、
いつまでも死んだ子の歳を数えることをしない。

起こったことから学ぶもんがあれば、それを得て
あとは脳みその「過去の記憶」ボックスに
しまってしまえばいいと思ってる。

だって起こってしまったことは
なかったことにはできひんねんし。

したら、そこからどんだけプラスにリカバーできるか
それだけ考えたほうが得ちゃう?

そーゆー意味でいうと、
腐人は今季の羽生君をみていて、
後半のジャンプで10点台を稼げることの強みってのを
ものすごーく感じた。

体力的にきついんだろうけど、
後半に4回転いれられたら、でかいよねぇ・・・。
それこそ4Lo-3Aかましたら、すげぇよなぁ・・・。

それから選曲。
なんとなくなんだが、
ジャッジに対するわかりやすさの有無ってのが
演技構成点に影響があるのかなぁという気が。

この辺は感覚の領域だけど、
だからこそ、万国共通の普遍的価値観、
そんなのがポイントなのかもしれない。

腐人の勘違いかもしれませんが。

国別のエキシでやってた4Lo-3A
試合でマジでやってみて欲しいです!
そのリザルトを、腐人はみてみたい。


来季は、注目の宇野昌磨くんも
シニア参戦ってことなので
腐人としては、また楽しみが増えて嬉しいなぁ。

ただ、正直この観戦コメント、
結構エネルギーを使うので、
来季も書くかはわかりません。

腐人が「書きてぇ!!」と思えば書くし。

その辺は、このブログ、成り行き任せなので
ぜひ、腐人がコメントしてぇ!!と思うもんを
みせてくださいませ。
したら、たぶんガシガシ書きまくると思うわ。

ホント、皆さんお疲れ様でございました。
腐人を楽しませてくれて、ありがとう。
いいものを見せてくれて、ありがとう。

来季も怪我なく、皆さんのベストを尽くせることを
心よりお祈りいたします。

以下、読書録。

だが、HPがもう一桁なので
サクサクっと。

●4日
(344)一般本 『空想法律読本 <天文学的違法金利事件>編』 盛田栄一、片岡朋行
(345)一般本 『空想法律読本  <12月24日住居侵入事件>編』 盛田栄一、片岡朋行

  どっちやったかな?
  まんだらげの万引き犯の写真公開について
  やっててん。

  そんで、両方読んでみた。

  他のネタについては、はーふーへーだったが
  まんだらげの万引き犯、写真公開については
  うーん・・・こうなっちゃうのか。

  でも、このやり方だと、結局のところ、
  店側の損失は補填されんよな?
  まぁ民事訴訟やりゃとれるだろうが
  費用対効果考えると、結局、泣き寝入り?
  
  たかが万引き、されど万引き。
  なんかもっと抜本的に阻止できる方法って
  ないもんかね。    
  
(346)一般本 『恋するソマリア』 高野秀行
  懲りないなぁ(^_^;)

  『謎の独立国家ソマリランド』の続編なんだが
  前作は、真っ白の状態から
  ソマリ社会について学習してかんといかん分
  かなり読むのに時間がかかったが、
  この続編は、そのベースがあれば
  かなりサクサク読める。

  前作んときは地理的なもんすらもわかんなかったし、
  ソマリ人の人となりとか、
  社会構成なんかも初耳だらけだったからな。

  で、だ。

  この続編で腐人が一番大笑いしたのは
  恐怖の大王との戦闘だ。

  って、アル・シャバーブではなく、便秘。
  
  うわー・・・ボットンで格闘!?
  それも己で×××?
  
  あの、1つきいてもいいですか?
  そんだけソマリアいってて、
  カートやりすぎると便秘になるってわかってて
  なんで下剤をもっていかないの?

  もし便所で、格闘してる最中に
  本当の戦闘が始まったら、
  自分の死に場所は、ボットン便所やで?
  
  腐人ならば、謹んで辞退申し上げたい。

  それにしても、この1冊の間に
  かなり状況が変わったから、
  3冊目はないのかな。

  腐人は、個人的に、こーゆー紛争って
  結局んとこ
  自力で立ち上がり、
  自力で一つ一つなんとかしてかん限り
  他力に頼ってひとまず収めたとしても
  それをずっと維持していくことはできんと思ってる。

  だからソマリランドのように
  自然発生的に集約してくものが
  一番無理がないと思うんだよなー。

  ただ、流浪の民である腐人は
  他者に認めてもらう必要性だとか、
  土地やら国という制度に固執する姿勢だとかは
  よくわからん。

  人があっての国だと思うんで、
  それが上手く機能してんなら、
  そんでいいじゃん?とか思うのは
  甘いのかなぁ?
[ 2015/05/06 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。