或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > バカの最上級はバカエスト?
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バカの最上級はバカエスト?

昨日、おととい読んだ本のカウントを忘れていた。

腐人が本のことを忘れるなんて、
認知症の始まりかしら?

って、どこまで読んだか忘れたって
しょっちゅーゆーとるがな。

●6日
(350)小冊子 『犬迷鑑』 宮緒葵
  腐人は、犬か猫かといわれれば
  猫派なんですが、
  犬好きの方におききしたい。

  犬ってこんなにお馬鹿なの?
    ↑
   ここの「犬」と一緒にされたら
   4本足で歩いているワンちゃんたちから
   「一緒にするな!」と抗議がくるぞ。
  
  思わず、バカの最上級ってなんというのか
  ググってしまったではないか。

  ちなみに、英語だとfoolestってのが一応ある模様。
  個人的には「バカエスト」のが好みだな。

  で、この称号は、ぜひとも安綱にもらっていただきたい。
  やっぱり彼が一番ですよ、ええ。

  BL読んでるとさ、
  「おいおい、こんなのでいいの?
   もっといいのが他におるんちゃう?」
  とは、よく思うこと。

  しかし、大変申し訳ないが、この安綱だけは
  「ごめん、旭!
   世界と人類の平和のために、
   人身御供として犠牲になってくれ!!」
  と思う。
  
  だって他のおバカ犬たちは、
  なんとか制御できそうな気がするが、
  安綱だけは絶対!無理!!
  
  旭、たのんだよ!たのんだからね!!

  でも個人的に、一般的な愛玩犬って、
  どっちかっちゅーと、
  ワガママで自己中な腹黒にみえるのは
  腐人の気のせいでしょうか・・・。

  ま、甘やかして育てた飼い主が悪いんであって
  犬は悪くないのかな。

  腐人は生きてるもの、全部拒否の人なので
  よくわかりません。

●7日
(351)BL/ルチル 『ウサギの国のキュウリ』 松雪奈々
  ぶわっはっはっはっは。
 
  桃太郎の吉備団子を、
  「団子ひとつで
   一生ただ働きさせる詐欺契約に警戒しろ」
  とゆーくだりに爆笑してしまった。

  確かにそう読める。うん。
  
  「鬼の征伐までってゆったじゃん!」
  「おいおい、間違えるなよ。
   俺がそういったのに、 
   あなたについてどこまでもって言ったの
   お前らだろ?
   家来になるってゆったのもお前らだし?
   俺は、なんの強要もしてないもんねー」

  っちゅーとこすかね。
  労働基準法なんてない時代だしなぁ。

  それにしてもかねてより不思議だったんですが
  カミソリをみて、妄想爆裂し
  鼻血噴水をふきあげるウサギ人さんたち。

  いったい、脳内でどんな妄想が爆裂してんだろう・・・?

  QPばっかの世界に、モジャモジャが出現し、
  あの人、ヘアをむきだしにしてるわ、なんて恥ずかしい・・・
  とかならわからんでもないんだが
  なぜ、「剃る」を考えると、鼻血ブーなんだろう??

  うーん・・・
  剃った後の状態も、お髭ボーボーの状態も
  別に隠してるわけではなくオープンだよなぁ・・・(~_~)?

  最初はてっきり某所をテイモウしているシーンを
  想像するのと同じか?
  と思ったんだけど、
  でもあれはモジャモジャ状態も
  QPになっても「隠してる」。

  そこが萌えポイントなわけで、
  どっちもオープンなら、
  いったい何が鼻血ブーになってるのか・・・。

  スネ毛そるのと一緒じゃねぇの?
  ねぇ!ウサギ人!教えて!!

  でも、ホント、理解不能だよね、
  このウサギ人の常識。
  どこがどーなったらそーなるんだ!みたいな。

  腐人がゆーのもなんですが、変だよ、変!!
  
  っちゅーかですね、
  腐人的には、この突拍子もない発想ができるってことが
  このお話のおもしろさだと思ってるんだよな。

  松雪さんは、もともと腐人のなかでも
  トンデモ枠で番付されていたが、
  なんかどんどん昇進してるなぁ。
  
  どーでもいいが、この話、腐人は好きなんですが
  もうナスもキュウリもでちゃったからおしまい?

  えーもっとよみたーい!(~o~)!!

(352)BL/Holly 『彩雲の城』 尾上与一
  あっぱらぱー子の腐人は、
  飛行機の違いがわからん。

  わかる人が読めば
  もっとおもろいんだろうなぁ。

  それはともかく、BL的な感想をいえば、
  最後まで、え?え?え?どうなるの!
  と読めた。
  3冊目にして初の戦死!?とか思って。

  でも、これを戦争ものとしてみると、
  戦争の全体図はみえなくても、
  局地的なところで、ここまで明らかな彼我の物量差があると
  自分たちがやっていることに対して
  疑問というか、疑念というか、不信、腹立ちなど
  起こらなかったのかなぁ?という素朴な疑問がわく。

  どうだったんでしょうね。

  腐人は、自分が納得できないことを
  他人から強制されることが
  本当に大嫌いなので、
  まぁ、まず「靖国であおう」なんて考えられない。

  上が無能なせいで、こんな無駄をやらされてんだと思うと
  敵より、無能な上層部に憎しみがむかうが。
  
  当時、腐人みたいな偏屈、いなかったのかなぁ?

  せっかく武器弾薬があって、心の中じゃなく
  現実に銃乱射ができるのに。←おい!
  

  なんとなくだが、
  せっかくここまでシリーズを続けてきたのだし、
  Hollyさんなんだから、
  BLの枠を考えずに、あの時代に生きた人たちのことを
  書いてみて欲しいなぁとか思ってしまった。
 
  まー最後の前の話を読んでて、
  腐人とは、生きたいという思いの強さが
  違うんだろうなと思うけど。
  
[ 2015/05/08 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。