或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > またですか、またですよ、溜めてますよの読書録
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

またですか、またですよ、溜めてますよの読書録

なんかおかしい。
どーしてこんなに頻繁に読書録が溜まるんだ!

腐人が読みすぎなのか!?
それとも発言小町を読みふけりすぎなのか!?

まー仕事もなぁ・・・
想定外にふりまわされてるとこがないわけじゃないんだが・・・
もういい、開き直ろう。

だって、ここは読書録ブログだもん(一応)。
それにブログ主が腐人だもん。

やりたいときに、やりたいことを、やりたいように、やる。
それが腐人の人生だ!
    ↑
  おー開き直ったな、パチパチ

ってことで、これまでもそうだったけど、
これからは言い訳をやめて(ホントか?)、
やりたいように、やりたい放題することにする。


ってことなら、まず真央ちゃんだ、真央ちゃん。

いやもう、今からシーズンが始まるのが楽しみで楽しみで。

エフゲニー・プルシェンコくんのみならず、
パトリック・チャンくんも復帰決定だし、
宇野昌磨くんも今度からシニアっしょ?
金博洋くんも、個人的にはこの先をみてみたい選手。

男子は今年のようなトップ3と、その他という感じではなく、
激戦になるんじゃないかなぁ。
ウヒヒヒヒ。

女子は、浅田真央ちゃんの復帰により
これまた勢力図が変化しそうで、むふふふふ~♪
いっそのこと、キム・ヨナちゃんも参戦してくれんかのぅ・・・。

真央ちゃんの復帰会見では、
「平昌オリンピックは?」
ってな質問がでてたけど、
鬼の代わりに腐人が笑ってやろう、わはははは。

いいじゃん、それはそんときで。

明日何があるかなんて、
ニンゲンは知ることが許されてないんだから。

腐人としてはさー、
真央ちゃん自身が、オリンピックに出ること、
そこで勝つことを目標にしてんじゃないならさ、
競技会で滑ることを、
心から楽しんで欲しいなぁと思う。

ものごっつい主観的な話ですんませんが(っていつものことやん)
腐人はどうやら、競技会を観るのは好きみたいなんだが
アイスショーは興味がないらしい。

どうもね、観てておもろいと思わないの。

そりゃ美しいものがみたいってのは、
一番根源的な欲求としてあるんだけど、
なんつーかそんだけじゃないんだよな。

試合だからこそ生まれる緊張感だとか
勝つためには、挑まなければならない高いハードルだとか
得意なエレメンツだけではなく、
苦手なエレメンツも課題として課せられた状態で
どういう構成、戦略で挑んでくるか、
どんなパフォーマンスをみせてくれるのか、
そして、いかにジャッジから点を引き出すか、
そーゆー駆け引きまで含めた、
あの「フィギュアというスポーツ競技」こそを
「おもしろい」と感じてるからじゃないかと思う。

あれは中野友加里さんだったかな、
引退する頃には、そういったことがしんどいと感じていた
ってなことを読んだ記憶がある。

恐らくだけど、真央ちゃんはこの1年休養して、
その「刺激」から遠ざかり、いわゆる「普通」な日々を送ったところ
徐々に飢えというか、物足りなさを感じたんではなかろうか。

しょせん、ただの凡才な腐人にはわからん領域だけど、
「もう懲り懲り・・・
ではなく、
「またあの場に立ってスケートで競い合いたい」
と思えたんじゃないのかなぁ?

ってもさ、
あの場所って、立ちたいと思った人が
誰でもいつでも立てる場所じゃないじゃん。
選ばれたほんの一握りの人しか立つことができない。

今年、10代の新鋭たちがしのぎを削りあう姿をみて、
どうして私はあそこにいないんだろう、
私もあそこで競ってみたい、
今なら、まだできるかも?
・・・そう思えたんじゃないかなぁ?

アスリートの中にはさ、
怪我や病気で、まだまだやりたいのに
断念しないとならない人もいる。

腐人としては、明日は明日の風が吹く、としてさ
真央ちゃん自身が、何かしらの区切りがつくとこまで
周りの事情を気にすることなく、やりたいようにやって欲しいな。

真央ちゃんは、周りを気遣えるいい子だから、
気になるかもしれないけど、
なんつーのか、腐人としては、
もうこれまでで十分返したと思うんだよな。

作家の開高健さんは、
ベトナム戦争に記者として従軍し、
200名のうち17名しか助からなかった戦闘に遭遇された。

そのため、それ以降の人生は
「おまけの人生だ」とよく言っておられたんだけど
腐人はそういう心持ちではいかんのかな、
と思うんだ。

ま、引き合いに出した例が強烈なんで
ちょっと違うかもしれないが。

でも、たぶん、だけど、
今、すごくスケートをすることが、
プログラムを考えることが、
技術を磨いていくことが、
やってて楽しくないですか?

腐人は、そうあって欲しい、
その気持ちこそを大事にして欲しいなぁと思う。

ってかさ、何かを好きだと思う気持ちって、
ものすごい力を生むんだよね。

真央ちゃんといえば3Aだから、
それを期待されてるのかもしれないが、
腐人は、
今の真央ちゃんだからこそ、できるものを観たい。

真央ちゃんの演技が観られる日を
心から楽しみに待ってます。

でもでも、くれぐれも、怪我だけはしないようにしてね。
これは真央ちゃんに限らないけども。

ああ、早く秋がこないかなぁ~。


ありゃ、ちびっとのつもりが、長々語ってしもた。
・・・ま、いっかー。

好きなもんには力がはいるのよ~ってことで。

では、本題をサクサクっと片付けるか。
まず、カウントから。

●18日
(391-395)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 7-11』  河合克敏
(396)BL/ラヴァーズ 『アカサギ-詐欺師と甘い鉄伽』 沙野風結子

●19日
(397,398)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 12』『〃 13』  河合克敏
(399)BL/クロス 『デキ狐!!』 石原ひな子

以下、順不同で。

(391-395)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 7-11』  河合克敏
(397,398)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 12』『〃 13』  河合克敏
  うひー・・・変体かな文字!!!
  うううう・・・古傷がうずくわ・・・(;一_一)

  もうかなり記憶の彼方にいっちゃってるが
  そんでも昔うけた授業より、
  こっちのマンガのがわかりやすい気がする。

  って、ただ単に、当時は嫌々勉強させられたが
  今は興味をもって読んでいる、
  っちゅー違いなだけかもしれないが。
  
  どうも次巻で終了らしく、どーせならオチたところで
  一気読みすりゃよかったと、少々後悔。

  ・・・でもま、スポーツもんほど波があるわけじゃないから
  いっか。
  問題は14巻を忘れずに入手できるかってのと、
  14巻読むまで、
  この内容を覚えといておけるかってとこだな、うん。

  ちょっと話かわって。
  すげーどーでもいいんですけども、
  個人的に、書道やってると、普段の字が綺麗かどうかっての
  そんなに関係しますかね?という気がする。

  まぁその「綺麗」の基準もあるんだけどさ、
  日常の字に求められてるのって、
  楷書を綺麗に書けるか、だと思うんだよな。
  それも筆ではなく、ペンで。

  そういう「日常における実用度がどうか」ってとこでいうと、
  書道やるより、ペン字のが実用だろう、という気がせんでもない。

  ってのも、腐人は昔、百貨店で販売員をしてたことがある。

  そこでのしを頼まれたのだが、腐人は字が汚い。
  それこそさらに昔に習字をやったが、
  そんなもんはどっかいった。

  よって、周囲の先輩にヘルプ!を出して代わってもらったのだが
  普段書かれてる伝票の字が綺麗な方に頼んだら
  「あたし、筆はダメなんだってー」とおっしゃった。

  でも、そこをなんとか!と頼み込み、書いてもらったところ
  腐人よりは巧いが、筆耕さんほどではないものに仕上がった。

  また別のときに、伝票の字はクセ字な方にお願いしたら
  それは見事な行書で、筆耕さんですか!というほど
  美しいものに仕上がった。
  
  きくと、販売員をするにあたって、
  たぶん必要になるだろうと思ったから
  のしでよく書く文字についてだけ、
  毛筆で綺麗に書くための教室に通ったんだとおっしゃる。
  
  謙遜なのか事実なのかはわからないんだが
  「だから御祝とか、ご霊前とか、
   そういう文字しか巧くないのー」
  とのこと。

  機会としては、圧倒的に伝票を書くことの方が多いから
  腐人としては、普段の字が綺麗なほうがいいよなぁと思う。
  のしは、なんなら筆耕さんに頼めばいい話だし。

  わー身も蓋もない、
  使えるかどうかのことしか考えてねぇ意見だな。

  まぁ、私は両方綺麗よ!って方も中にはいらっしゃるだろうから
  これは必ずしも言えるこっちゃないのはわかっているが
  腐人の周囲に限定していえば、
  書道がとてもできる方の普段のメモ書きやノートは、よめない!

  過去にいたんですよ、二人ほど。
  二人とも、かなやってて、
  「ごめん、さっきの授業の最後んとこ、ノートみせて」
  でみせてもらったら、
  まさに連綿で書いてあって、「よめねぇ!!」
  これ、伝言とメモをもらっても、「よめねぇ!!」

  そりゃあなたがたにとっては、連綿で書くのは普通でも
  一般人にはわからんのじゃー!!

  当たり前だが、その方々は、
  変体かなの授業をなんなくクリアしとったな。
  腐人?
  きかんでくれ・・・(-_-;)

  ま、そんなことはともかく。
  長い間、廃れることなくしぶとく生き残ってるものってのは、
  奥が深いんだよな。

  中身が薄く浅いものは、すぐ廃れる。

  この違いってのは、深さがあれば、
  どんだけ時代が、人が、環境が変化しようとも
  柔軟に変容することができるからじゃないかと思う。

  浅いと変化のしようもないからな。

  ただそれは、それだけで食えるかどうかってのとは
  別の話で。
 
  人はパンのみにて生くる者に非ず。

  むかーしむかし、この言葉の解釈を問われ、
  「ただ『生きてる』だけなら、
   パン、つまり衣食住だけありゃ生きられるでしょうよ」
  と言い放ったことがある腐人だが、
  パンもいるけど、
  そうじゃないもんの存在を必要とする、ということが
  人が人として生きている、ということなんでないのかと、
  ようやく思うようになった。

  でもこれ逆をいうと、
  ただパン(生命維持)だけで生かされてる状態は
  人として生きてるのか?どうなんだろう・・・
  っちゅー問いかけにもなるけどな。

  いかん、景山くん並に脱線しちゃったな。

  普段、何気なく使っている字について、
  へーふーほーという教養をわかりやすく習得するのに
  いいマンガだと思います。

(396)BL/ラヴァーズ 『アカサギ-詐欺師と甘い鉄伽』 沙野風結子
  はぁ、鉄伽って、そっちかい。
  そいや師匠が日本の某所でみたっちゅーてたなぁ。
  
  沙野さんてエロの印象が強すぎて見過ごしそうになるけど
  筆力あるんだよなぁ。

  なので、ちゃんと筋は通って、きっちり話になっている。

  ただ、キャラが、いろいろと・・・、
  なぁ!そんでええんかい!なぁ!と
  突っ込みいれたくなるとこある・・・。

  もうちょっとさ、自分も人生も大事にしようよ!

(399)BL/クロス 『デキ狐!!』 石原ひな子
  ちょっと今、仕事の方で、
  結構、脳みそが疲弊している。

  なので、
  なんかなーんも考えずに読めるもんが読みたくなった。

  こーゆーときの一番の特効薬は、
  お布団たたいて、わっはっはと言えるようなトンデモBL
  (状況としては寝転がって読書)。
  
  タイトルからして、その類?と思って読んでみた。 

  うーん・・・・・・
  妊娠にチビ、というネタはいいんだがな。
  調理方法が、うーん・・・(~_~;)

  それこそチビラブリーを炸裂してくれるとか
  妊娠過程をリアルにやるか。
  そんくらいはじけて欲しかったなぁ・・・。

  ああ、妊娠本といえば、
  やっぱりあの同人誌『母子手帳』が最高だった。
  未だ、あれを超えるもんには出会えてないなぁ・・・。

  よって、いまいち消化不良。
  
  なんか腸よじれるぐらい大爆笑ができる
  トンデモBLが読みたいよぅ!(>_<)!

  どなたか、腐人にください!
[ 2015/05/20 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。