或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > いろいろ覚書と、大阪都構想の感想
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろ覚書と、大阪都構想の感想

ちょいと落ち着いたので、ネットの海を泳いでいたら
興味深い記事をみつけた。

「人間の頭部移植 2年以内にも実施? イタリアの医師が計画」
http://www.cnn.co.jp/world/35062759.html?tag=rcol;editorSelect

CNNの記事なんだけど、いつまで読めるかわからんので
ざっと概要を書いておく。

「首から下がまひした患者の頭部を切り離し、
 脳死と判定された他人の体に移植する」
っちゅー計画をイタリアの医師が考えてるらしいのだが
かなりおおがかりな手術になるので、
予算と協力医師、協力先病院を探してるって話。

一例目の候補者はもう決まってるそうで
筋萎縮症の方を対象にするそうだが
他にもかなりの希望者がいる模様。

うーん、クライオニクスを思い出すな。

ホントに成功すんのかぁ?ってとこでは
1970年にサルでの実験前例があるが
あまり芳しい結果じゃない。

接合したはいいが、動かすことも自発呼吸もできず
8日後に死亡。
翌年に行ったものでも
24時間以上生き延びたサルはいなかったとのこと。

問題はどうも脊髄らしい。
そうすっと、腐人なんかは
「どうして頭部移植なのか、脳移植じゃだめなのか?」
とか思っちゃうね。

自分の顔が変わるということが受け入れられないから?
でも、世の中には美容整形ってあるよな??

脳移植は、弓月光さんが
昔、マンガで描いてらしたが
そっちなら可能性ありそうな気がするんだけどなぁ・・・。


さて。
今日はちょっと余裕があるので、宿題片付けようかねぇ。

っても、何を宿題にしてたっけ??

●貧困の話
→これは、あの本を読み終えてから一緒にやりたいんだよな。
 ってことで、また先送り。

●ボードゲームの話
→そうそう、あともう1つ、
 ワード・バスケットをやりたいんだが
 姫がガメてって、そのまま返さないもんだから
 ちょっと遊び方を忘れたところがある。
 これも今、書けない。

●PTAの話
→こ、これは・・・何度かチャレンジしてんだが
 うまくまとめられないのー!
 なので、これもちょっと時間要。

●国別対抗戦
→もっかい録画をみなおして書こうと思いつつ
 見直せてません・・・(-_-;)
 よって、これも後日。
 
本では、
●『禽獣の系譜』
●『月神の愛でる花』

がとまっとるな。

これは今ちょっとエネルギーが向かう方向が違うので
こ、これも・・・未決箱いきで・・・ええ、すみません・・・。

したら、つらつら書けるのは、
大阪都構想の結果の話かね。

投票率、高かったですねぇ。
ほぼ2/3という結果で、
他の選挙は近年低迷しまくってるから
それだけでもすごいなぁと感心。

ってか、賛成・反対が僅差だったから、
それからすると、賛成・反対・態度保留が
ほぼほぼ1/3づつだよな、これ。

ちなみに具体的な数字はこちら。

賛成:694,844(33.02%)
反対:705,585(33.53%)
態度保留:703,647(33.44%)


ネットをみるといろんな分析があがっている。

いやー新聞、テレビなんぞの大メディアより
個人分析のがおもろいですな。

南北格差といって、
賛成反対の数量の単純比較をしたものに対しても、
得票差を投票数でわって、ポイント比較をされてる方もいるし、
(その結果は、
 明らかに賛成派が多かったのは、淀川・北・福島・西
 明らかに反対派が多かったのは、大正・平野
 それ以外の区は、ほぼ拮抗)
年代別についても、人口における占有率を反映させて
この図はおかしいのではないか、とおっしゃる方もいらっしゃった。

なるほど、おもろいわ。
(すんません、所詮、よそごとなんで)


『イノベーションのジレンマ』だったっけかなぁ・・・
大きな組織が、既存の路線を破壊するような
革新的なことをしようとするとき
必ず、内部に、それらを阻止しようとする妨害勢力が出現する
ってのがあった気がする。

まぁこれ、イノベーターの側からみるから「妨害」なんだけど
既存の路線で、それなりに不満や売上減があっても
ある一定の成果や売上が確保されてる場合、
それらをひっくりかえすような破壊的イノベーションは
既存の売上を減らすんじゃないかと忌避警戒されるんだよね。

そのご意見はごもっとも。
腐人は別にイノベーターではないので、
状況によっては、この「妨害」側につくこともあるから
その心情はよくわかる。

ただ、もし今の時点で売上が右肩下がりになってるならば
いつまでもそれにしがみついてると、いずれ沈む。

余力があるうちに、新しい船をつくって乗り換えないと
皆、死んじゃうんだよね。

じゃぁ、その「革新」を「妨害」しようとすることに対して
どうすりゃいいかといえば。

切り分けりゃいいとあった。

要するに全部を革新に従事させようとするから
意見がまとまらず、物事が進まなくなるので
豪腕振るう人と、それに賛同してくれる人とで
小さい改革を推し進めてしまえと。

そうすれば、既存路線が行き詰まる頃には
最初は小さかった改革が代わって主流になってるから、
とゆーよーな話だったかと思う。

それで言うとだ。

腐人はこういうかなり拮抗した結果をみるたびに思うんだ。

例えば、10000票vs10001票だった場合、
たった1票でもうわまっているからと、
10000票をとった意見を無視していいのか?

それがミンシュシュギなんだと言われたら
じゃぁミンシュシュギおかしくね?と思う。

なら、10001票投じた人たちが住むエリアと
10000票を投じた人が住むエリアにわけちゃって、
それぞれがやりたい政策すりゃいいじゃん、
それこそが民意を反映してんじゃねぇの?と思うんだよ。

10000票を無視するってのは、
人の意思じゃなくて、地面を一番に考えてるってことじゃん?

人の意思を一番に考えるならば、
住むとこわけりゃいいのになぁ。

土地やら家屋やらに執着がない
スナフキンな腐人だからそう思うのかもしれないが
なんか順番が逆じゃね?と思ってしまう。

で、今回だが。

賛成過多のエリアがくっきり浮かび上がった。

ここだけ独立して、大阪市から分離したらええんちゃうの?
ほんで大阪市は、残りのエリアだけで継続してったらええやん。

それって、あかんの??

物語では、
井上ひさしさんの『吉里吉里人』ってのがあったな。

現実では、まさにソマリア。
北はソマリランド、南は南部ソマリアとして、
それぞれ別の活動を行っている。

大阪市もソマリア化しちゃって、
キタエリアは独立して
独自でイノベーションを推し進めればいいのに。

これこそ、破壊的イノベーションをすすめるのに
最適やないのかと思うんやけどねぇ。

ただまぁ、この破壊的イノベーションをすすめるには
どんだけ反発くらおうと
やるゆーたらやるんや!っちゅーて
ぐいぐい推し進める豪腕のリーダーがいる。

橋下さんがこれでお辞めになるのであれば、
もうイノベーションは起こらないかな。


余談になりますが、ここのところ
人から頼まれて大阪のホテルをとることが続いた。

すごく安易に考えてたんだが、
大阪駅周辺のデラックス~ラグジュアリークラスのホテルが
本当にとれないのだ。
平日なのに。

先日、師匠にあったときその話をしたら、
外国人が激増して、今は、京都・大阪はホテルがとれなくなってるよ
と教えてくれた。

まぁ大阪といっても、「京都に行きやすい大阪」、
つまりキタエリア限定なんだろうけども。

南北格差を否定されるご意見も散見したが、
温度差みたいなもんはあるんじゃないのかなと思う。


大阪がこの先、どないな道を歩むのか。

今回、大きな力で一気に変革することは拒否された。
実は、ただ流されてりゃいい、この方が楽なんだけどねぇ。

他人の意思でやられるんじゃなく、
自分たちの手でやりたいということなのかな。

まー、そういう気質あるよね。
お上のいいなりなんぞいやじゃ!という。

大変な道を選んだなと思うけど、
自分で選んだ道なんやから、
まぁがんばっておきばりやす~、
という言葉を贈っておこう。


以下、読書録。

いかん・・・カウントをチェックしてたら
『スキップ・ビート!』の36が
抜けてるのに気づく。
ここでいれとくか。←ええ加減やのぅ・・・

(400)マンガ 『スキップ・ビート! 36』 仲村佳樹
  ・・・・・・いつ読んだっけ?
  GW中だったのは確かなんだが、
  中身?えーっとっぉ・・・(;一_一)

  あれ、ノリというか、テンポで読むもんなんで
  短期記憶にしか残らないんだよなぁ・・・。
  うーんうーんうーん・・・(~_~;)

  あ、そうだ、ラスボス登場だった。
  36巻目にしてよーやく
  育児放棄のモラハラ毒母の登場だったな。
  っても、まだ顔出しされとらんが。

  これでよし。
  次、新刊コーナーでみつけられたら
  記憶が続く・・・はず。

(401)マンガ 『銀のスプーン 11』 小沢真理
  これ、個人的には
  ルカママの存在がなければ
  ほんわかホームドラマなんだよなぁ・・・。

  このルカママの存在要素が、
  すべてを不安定にさせてる気がする。
  
  いる、確かにこーゆー人いる。
  けど、やなんだよぅ!(>_<)!
  子供は幸せで愛されて育って欲しいんだよぅ!

  といっても、母親はまともで、すごくちゃんと育ててるのに
  他害行動や嘘、盗みなどを平然とやる
  どうしたらいいのかわからない子になってしまっている
  ってのもあるはあるよなぁ・・・。

  遺伝か環境か、ってのは、永遠に答えがでない問いだが
  でもこのママも、
  もしかすると負の連鎖の被害者なのかもしれないし。
  
  稼ぎは悪そうだが、人はよさそうな兄ちゃんと
  せっかく出会えたんだから、
  気づいて、人生の再構築をして欲しいなぁ。

  でも、もう子供は作らないでね。

  ちなみに律の失恋については。

  律みたいな子の場合、
  相手が、相対評価で物事をみる卑屈思考があると、
  いずれダメになるよなぁ。
  早めでわかってよかったんじゃね?

(402)BL/プラチナ 『吉原艶情』 沙野風結子
  昨日も書いたが、今ちょっと
  むずかしいものが読めない脳みそになっている。

  なので最初、
  「え?特高?吉原?えー・・・歴史もん(~_~;)?」
  とか思ったんだが、
  そこはBL、なんちゃって。

  パラレルだから、安心して飛び込んできなさ~い
  っちゅーことで、
  最初のハードルを超えたら後は無問題。

  ちょっと説明が足らなくて不親切かなという気が
  若干せんでもないが、
  BLを主食にしている腐女子なら、
  キーワードだけで状況が十分理解可能だろう。
  
  主眼はラブ&エロだしね。

  腐人からのコメントとしては、
  いろんな嗜好があるのはわかる。
  が!お風呂いれてよ!
  臭くて汚いのもOKという世界だけは
  すんません、腐人には理解不能。
  お風呂アリなら、血みどろも許容範囲なんだがね。

  あとさ。
  個人的に、三田村くんには
  あのチューをどう思ったのか、ぜひ聞きたい。

(403-406)マンガ 『ママレード・ボーイ 1-4』 吉住渉
  なーも考えずに読めるもんが読みたくて。

  爆笑できるいいBLがないときは、
  少女マンガがいいんだよな。

  ってことで、ふっるーい、
  りぼんマスコットコミックスを読んでみた。
  
  総括は完結巻までいってやりますが、
  これ、アクセントにテニスを使ってるんですが
  書き文字ででてくるネタがわかる、わかる(T_T)

  奥付の発行年月みたら、1992年・・・
  ああ、そうよね、エドベリが全米で優勝した年。
  腐人も超ドはまりしてテニスみてた時期よ・・・。
  
  ふっるーいとかゆっとるが、
  書いてあることがすんなりわかるってことは、
  腐人もかなりふっるーいってこったよな・・・(-_-;)
[ 2015/05/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。