或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 『インベスターZ』ほか、投資についてつらつらと
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『インベスターZ』ほか、投資についてつらつらと

別に意図してるわけじゃないんだが、
似たテーマの本が集まることがある。

ま、この辺は、腐人の作為じゃなく、
本同士が呼び合ってんだろうな、とか勝手に思ってる。

で、先日の『キャッシュ 1 驚天動地のハゲタカファンド物語』
まさに、企業を右から左にコロガして金もうけをする話で、
『インベスターZ』は、そういう面のみならず、
未知数への投資、出資といったとこも書いてる話、
『密約のディール』は、
TOBの攻防が書かれてる。

っても、最後のやつは、BLなので、本筋はラブであるが。

いろいろあるわね。


腐人はトマ・ピケティの『21世紀の資本』
読んじゃおらんが、あちこちで解説されとるので、

資本収益率 > 経済成長率
(4~5%)     (1~2%)

がデータで証明され、
要するに労働の賃金だけをせっせと貯金してる人は
株やらFXやらに資本を投資してもうけてる人より、永久に儲からない、
って話であることは知っている。

投資が出来る人ってのは、そもそも余剰資金をもってる金持ちなので
金持ちはますます富み、
投資に金がまわせない貧乏人は、ますます貧乏になって
格差が広がる、ってのは、なるほどと理解できる。

でもなぁ、人類誕生以来、
格差がなかったことなんかないからなぁ。
いくら何をどーしたところで、ニンゲンがニンゲンである限り、
格差はなくならんと思うんだがどうだろう?

そんでも、ピケティさんは格差解消のために富裕層に課税を!ってなことを
おっしゃってるらしいが、
金がありゃ、逃げることができるんだよねぇ・・・。


ま、それはともかく、投資であるが。

個人的には、ハゲタカファンドのように、
ただひたすら利益追求するのが好きだが、
でも、皆が皆、これに没頭しだすと、
それこそまさに
ミダス王みたくなっちまって、
金はあるけど食えるもんがない、ってなるよなぁ。

これはあくまで副業であって、
本業としては「実」のあるものをつくる社会がまわってないと
人は、食うものがなくなって死んでしまう。

一方、未知数への投資や出資となると、
これはまさにギャンブル。

腐人もなぁ、1社気になってるとこがあるんだが
財務諸表をみると、うーん・・・(~_~;)となっちゃうんだよな。

掲げてる理想や理念はいいんだが、
人は、パンがなければ生きていけない。

収益モデルができあがり、
ヒト・モノ・カネがうまく回転するだろうってのが見えないと・・・
買いはそれからでは・・・
と思ってしまう腐人は、
リスクをとって売りぬける才能がないんだろうな。

ってのを踏まえて、
(436-442)マンガ 『インベスターZ 2-8』 三田紀房
のコメントに突入しますが。

タイトルの「Z」って何の意味かな?
とか思っていたんだが、
8巻まで読み終えたところで、財前のZか!と気づく。

鈍いよ、腐人・・・。

これ、こんだけ実名さらしまくって書いてるってことは
実名にあたる人たちには全部取材して
原稿確認してもらってんだろうなぁ。

1巻読んだときに書いたとおり、
腐人は、三田さんのマンガって、
ビジネス書のマンガ版だと思ってる。

なので、たまにおどろおどろしい演出がついてくるのが
ちょっとうざい・・・。

ソレ読んでどう感じるかは、読者にまかせてくんねかな・・・
とか思っちゃうんだ。
マンガ読みとしては。

でも、ビジネス書のマンガ版なら、これもアリなんだろうな。
ビジネス書って、わかりやすさこそが最優先事項だから。

株の運用のあたりは、
こないだみたNHKのプロフェッショナル
「時代にあらがう、信念の金融」
ってので紹介されてた
ファンドマネージャーの新井さんのお話と
被るところがあったりなかったり。

まぁ、人それぞれに「コレ」ってルールがあることが
大事だからな。

個人的には、ベンチャー投資のとこのほうが興味深い。

既存のスモールビジネスではダメ、
現状を破壊してイノベーションを起こすものに投資する
ってのは、
おもろいなと思うけど、
それでなくなってもかまわない余剰資金をもてなきゃ言えねぇ。

それこそ、腐人なら、不老不死なんぞより
「どこでもドア」を作ると宣言する人に投資したいわ。


ってか、不老不死ってそんなにええもんかぁ?(~_~;)?

そんでもって、皆、「死ぬのがいや」ばっかゆーとるが
え~(~_~;)
腐人は死ぬのは全くイヤでも怖くもない。
「老い」がよほど恐ろしいけどなぁ。

「老い」ではなく「死」を恐れる人って、
自分は死の直前まで、
やりたいことをやりたいようにできると思ってんだろうか。
平和だな。

どーでもいいが、この不老不死話、
脳細胞のテロメアまでいじれるのかなぁ。

どこで読んだか忘れたが、
脳細胞だけは一度ダメになると再生できないときいたことがある。

そのため、例え、iPS細胞やらサイボーグ化とかで
首から下がリニューアルされて丈夫になったとしても、
脳が限界をむかえちゃうと。
いくら外側の不老不死を頑張っても、頭の中が老いて死ぬと。

そーゆー話を聞いた覚えがある。

腐人はさっきから「老い」がいやといってるが、
要はこの頭の劣化がいやなのだ。

もっとはっきりいっちゃえば、認知症が怖い。

頭さえはっきりしてれば、やろうと思えば
すべて身じまいをすませて自終死をすることができる。

でも頭がダメになったら・・・
腐人にとってそうなった老醜をさらすことは
自分の尊厳をふみにじられることに等しい。

あああ、やだわやだわやだわ!

ホントそんなのよりも「どこでもドア」作ってくれるほうが
よほど夢があるよなぁ。


ところで。

投資部の初代キャプテンがゆーたという
「投資家ならば善悪ではなく、損得でものを考えろ」
であるが。

へ?
皆、損得でものを考えてんじゃないの??

すんません、腐人は投資家じゃないが
損得でしか物事考えてません。

まぁ損得の次に、クロかグレーかは考えるか。
で、クロなら次の策を考え、グレーならGOなんだが。

ってかさー。
善悪って、何?

何が善で、何が悪??

太平洋戦争でいえば、あんなアホな戦争、
はじめない、が最善で、
なんとか有利に終戦させることが次善ちゃうの?

いやいやあれによってアジアの独立が・・・
っちゅー人がいてると思いますが、
そうなりゃ、何が善??

ある国では、ソレは死刑にあたります。
ある国では、ソレは罰金刑にあたります。
ある国では、ソレは合法です。

このソレとは大麻ですが、さて、何が善?

こんなあいまいなもんを基準にすなよ、
と、腐人は思うがね。

前も書きましたが、腐人はマザー・テレサの行為ですら
ありゃ、自分のためにやってることだと思ってる。

みてるだけ、より、自分にできる手助けをするほうが
自分が楽だから、だからやった、だけでしょ?

ニンゲンなんて、自分にとっての損得でしか動かないもんだって。

あの戦中の話だって、財前曽祖父のゆーとーりにやってりゃ
身内に戦死した人がいる学校関係者からのバッシングがすごいだろう
それはいやだな、って心理でしょ?

自分の中のヒロイズムに酔っ払っただけだろう?
そのんが心地がいいから。

せっかく財前曽祖父が
自分を理由にできるようにしてくれたのにアホやねぇ
ってのが腐人の感想だわね。


そうそう。
この話の中でおもろいな、と思ったのが、
就職活動話。

今の大学生にさ、
就職活動始める前に、ここだけ読んどけっていいたいね。

タイトルからして、この財前曾孫が
伝説の「インベスターZ」と呼ばれるまでを描くつもりなんかな?
と思ってますが、どうだろう。

でも、ホント、ミダス王みたくなってはいかんが
ピケティの理論からすると、
子供のうちからこーゆーマンガをよみ、
投資になれといたほうがいいのかもしんないな。


あの・・・もし本書で取り上げる機会があるならば、
腐人は、サイバーダイン株式会社の評価をきいてみたいです。
これ、マジです、はい。

以下、読書録。

放置物件から。

(443)BL/リンクス  『密約のディール』 英田サキ
  実際にファンドに目をつけられると
  もっと大変らしいですな。
  知り合いが、その駆け引きにすげー疲弊していた。

  まぁ、そういう意味で、非上場ということは
  いい面もあるんだなぁと思っておるが。

  何事も、いい面だけしかないものはないし、
  逆に悪い面だけしかないものもない。

  それにこれはBLだからなぁ。
  主題はラブで、それがかなうことのが重要で(^_^メ)

  それにしても、水城くんよ。
  その状況でさー
  相手を鴻上って思い込むのはどうなんだ??
  それはちょっとかわいそうじゃね?
  と、腐人は思うがな。  

  だって鴻上なら、前夜の経緯からして
  縛る必要あるかぁ??

  ま、おわりよければすべてよし、なんだろね。

(444)BL/ビーボーイ  『蜜情』 岩本薫
  えー・・・ツッコミどころは満載なんですが
  岩本さんご自身もわかっておられるようなので
  つっこむのはやめておく。

  ってか、どうせなら先生も変異しちゃえばいいのに・・・。

  こんだけなんでもアリならば
  人狼の番になると、身体変化しちゃうのよぉ~
  ぐらいはっちゃけちゃえば、
  もっといっぱいチビが!
  あっちにもこっちにもチビがみられるようになるのにー!

  いいなぁ、シッポとミミのあるチビ。
  
  でもおむつのあそこをしっぽのためにあけると
  場合によっては悲惨な事態になりそうね・・・。

●1日
(445,446)マンガ 『ぼくらはバラの子 2』『〃 3』 水森暦
  見事なぐらい、前の話しを忘れてたので
  2巻からよみかえしてみた。

  なるほど、こういう流れだったか。

  この終わり方といい、
  腐人は水森さんの作話能力が好きだなぁと思う。

  派手派手しい感じはないのだが、
  しんみり、じんわり心に伝わるお話を
  丁寧な言葉でかけるんだよなぁ。

  個人的に
  祈も幸せになってますように。
  これをお願いしたいわ。

(447)BL/ルチル 『湯の町茜谷便り』 砂原糖子
  腐人は女でヘテロなので、
  旅館にいるのが女将である必要はない。

  男だろうが、女だろうが
  サービスがよきゃ、そんでいいわと思うんだが、
  女将は美人がいいーとかってのがあるんだろうか?

  アミューズメントパークもそうだが、
  結局、つくりゃそんでいい、ってわけではなく
  その後、常に客をひきつける行動をしつづけなきゃ
  ダメなんだよね。

  ビジネスはなんでもそうだといわれりゃそうかもだが
  怠け者の腐人にとっては、大変な仕事だなと思う。

  ああ・・・こんなの読んだら
  温泉いきたくてたまんねーっ!(>o<)!!
[ 2015/06/02 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。