或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 結婚したい女は大変だなぁ・・・
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚したい女は大変だなぁ・・・

先日、ふとした話から、
生まれ変わるなら・・・ってネタになった。

男:「女に生まれたいと思ったことがない」
男:「女のほうが楽!」
女:「男のほうが得!」
女:「女でいいかなー」

などいろいろ出て、じゃぁ腐人は?と。

腐人:「オスでもメスでもかまわんが、
    ニンゲンはもう勘弁して。
    希望は猫!
    それも猫の奴隷になってくれるような
    金をもってる腐女子の飼い猫でヨロシク!」

・・・ま、腐人みたいな意見は論外としても。

男と女、どっちがいいのかなというところで、
非常に興味深い記事をみつけた。

妻の収入に依存している男は浮気に走る傾向-米大学調査

http://jp.wsj.com/articles/SB12759595096617873597504581022962905360474?google_editors_picks=true

記事がいつまで読めるかわからんので、ざくっとようやくすると、以下。

10年分のデータをあさったところ、
生活費を妻の収入に完全に依存している若い男性が
 浮気をする確率は年平均で15%
生活費を夫の収入に完全に依存している女性が
 浮気をする確率は年平均で5%
って結果がでたそうで。

研究をした先生いわく
「男性が稼ぎ頭の役割を失っていれば、
 男らしさを回復するために
 浮気をすることで収入の多い妻から距離を置くか、
 妻を罰しようとする」

これみて・・・アホか、と思ったのは腐人だけ?
男って、ここまで脳筋バカなのか?

ただ、だ。
男女差といえばいいのか、
へーな結果もある。

夫が完全に自分に依存していると認識する妻は、
 浮気をしないことで関係を守り
妻が完全に自分に依存していると認識する夫は、
 脱線し始める。

妻からの依存度が増す、
つまり生活費を夫の収入に完全に依存されても
夫が浮気に走る可能性が高まるのだ。

記事には、集計グラフがのってるんだが、
転載していいんだかわからんので文字表現にすると

縦軸 浮気する率 
横軸 世帯収入への貢献度(マイナス→プラスに)

で男女の線をつくると、

男は、ゆるやかなUカーブ
    (左:貢献度マイナスのほうが高いU)
女は、右肩下がりのほぼ直線

になる。
つまり、こういうこと。

男は、
世帯収入への貢献度が
 マイナスになればなるほど浮気をし
世帯収入への貢献度が
 プラスになればなるほど浮気をする。

女は、
世帯収入への貢献度が
 マイナスになればなるほど浮気をし、
世帯収入への貢献度が
 プラスになればなるほど浮気をしなくなる。

もうちょい簡単にいえば、
男は、世帯収入に
7割の貢献を果たしているときが一番浮気をしない。

要するに、つけあがらせてもダメ、ヒモにしてもダメ。
男を適度にコントロールするには
ちょびっとの優越感だけを与えるのがベストってことだ。

わぁ、腐人ちゃんってば、モラハラ発言だわぁ。

ちなみに。
男の世帯収入への貢献度がマイナスになるほうが
浮気率は高い
(マイナスだと最高が15%、プラスの浮気率は最高4%)


腐人にしてみりゃ鼻で笑っちゃいそうな研究だが、
アメリカでは最近、
女性が大黒柱になることが増えてるそうなんで
結構、深刻なのかもしれん。

でもさ、このデータ、
すげー引っかかる点があるんだけど・・・いい?

なんで
「生活費を妻の収入に完全に依存している若い男性」

「生活費を夫の収入に完全に依存している女性」
の比較なの?

男を「若い」とあえていうなら、「若くない男はどうなんだ」とか
女も「若い」かどうかは影響があるんじゃないかとか
もっと厳密に調べるべきじゃね??

まぁ、金のある女がわざわざ若くない男と結婚するか?とか
事例が必要な数だけ集まらないからこうなった
ってのはあるのかもしれないが、
どーも、気にいらんなぁ・・・(~_~;)



もう1つ、男女の話。

今朝テレビをみていたら、
日本で興味深い裁判があった模様。

去年の4月らしいのだが、
銀座のクラブのママと7年以上不倫をしていた男性の妻が
ママに対して慰謝料請求をする裁判をおこした。

男性は、関係があったことを認め、
ママは、関係はなかった(相手は自分じゃない)と主張。

で、判決は、
「枕営業は商売だから
 何ら公認婚姻共同生活を害するものではない」
「客が店に通って代金を支払う中から、
 間接的に枕営業の対価が支払われている」
ってことで、妻側の請求却下になったんですわ。

へー・・・。
相手が玄人なら商売なのでセーフ、なのか。

その場合、妊娠したらどうなるのかねぇ。

これは、つまり、妻がホストの枕営業うけて、
旦那のタネだか、ホストのタネだかわかんねーの孕んでも
商売なのでセーフだよ、ってことだよなぁ。

わはは、これ、昔のフランスじゃん。
腹の子の親をどれにするかは、孕んだ私が決めるってか?

でもって、旦那がホステスの枕営業うけて、
妊娠したとしても、
そりゃ商売だからセーフだよ、ってことかねぇ。

DNA検査が証明してる?
そんなの商売上のリスクだろ、しらねーよ、ってか?

まぁ、種まきし放題のパ~ラダイスになるのかしらぁ?

それにこれ、
反対に病気もらう可能性だって否定できんのだが
そっちはどうなるんだかねぇ。

HIVポジティブの人が、それわかってて生でヤリまくったら
確か犯罪と認定してた国があった気がするけども。

この判決くだした裁判官は
ここらのことはどう考えてるのかな?


というか、腐人としてはそもそも疑問なんだけど、
この、「××ならセーフ」、「××ならアウト」って、
裁判官が決めることなの??

婚姻って、結婚期間は一本一穴で貫き通しますって
契約じゃないの?

どの穴だろうと、どの竿だろうと、
甲でも乙でもない第三者のを関与させた段階で
契約違反として損害賠償の請求を妨げるもんではない、
んじゃないの??

腐人はそう思っていたが。
まぁ、日本ではあまり結婚前に結婚契約書を作らないから
この辺があいまいになっちゃうんだろうな。

でも、もし結婚契約書があれば。
妻側は、相手の特定と、
肉体関係があった証明をすればいいだけだよなぁ。

でもなーこれもなー
ホテルにいって部屋でお茶のんでただけよー
ってなると、証明が難しいよねぇ。

盗聴器でも仕掛けない限り、無理じゃん。

そうなると、結婚したいと思わなきゃいい、のか?

まぁ、かくゆー腐人は、
その「したい」と1ミクロンも思わない非婚主義者なので、
「したいと思わない人生は、超楽で、超しあわせよ~」
とお伝えしておくが、
「したい」人にとっては、
「結婚」という制度で守られてたはずの自分の権利が、
これで崩される可能性があることがわかったわけで。

その上で、どう生きるかは、本人次第であるが、
この判決、結婚忌避要素をまた1つ増やしただけでは?
と思うのは腐人だけだろうか・・・。


以下、読書録。

●3日
(454-456)マンガ 『バビル2世 ザ・リターナー 5-7』 横山光輝、野口賢
  やっぱりよくわからんかったです・・・(~_~;)
       ↑
     そんだけかっ!

(457)BL/ディアプラス 『ホーム・スイートホーム-プリティ・ベイビィズ』 岩本薫
  右も左もゲイだらけ。
  石を投げればゲイにあたる。
  
  こうなってくると、
  ハウス出身のその他の子たちの傾向を
  調べたくなってくるわね。

  そのハウスには
  そこにいる子供をゲイにする磁場でもあるんだろうか・・・。

  フィクションなので、こーゆーの嫌いではないが、
  「またか・・・」と、どこか冷めてくるのも確かで。

  いっそ萩尾望都さんの
  『マージナル』の世界ぐらい
  男しかいないんです!って言い切っちゃってはじめたら?
  という気がしてくるなぁ。
[ 2015/06/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。