或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > どこまで書けるか、「帰れる所」の続き
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どこまで書けるか、「帰れる所」の続き

ちょっとですね、
あと20分ぐらいしか余裕がないんですが
書けるとこまで書いてみる。

何度も書いてますが、腐人は転勤族だったので
「帰る所」って、場所じゃないんですよね。
人、なの。

血族がいるところ、
それが腐人にとっての「お家」であり、「帰れる所」だったりする。

「お家」「お家」とゆってますが、
物理的なそういう場所だけじゃなく、
その場所を作っている「人」があっての「お家」と
思ってくださいませ。


で、昨日途中で終わった
「お家(=日々の生活)」を意識できる相手かどうかで、
「恋愛」なのか、「結婚」なのか違うんじゃないかって話。

つらつら考えるに、「恋愛」って「ハレ」だと思うんですよね。
でもって、「結婚」が「ケ」。

え?冠婚葬祭っちゅーぐらいだから
「結婚」は「ハレ」だろうと言われるかもしれないが、
腐人がここで使ってる「結婚」ってのは、
いわゆる儀式的なもんのことじゃない。

「生活を共にしていく日々」のこと。

まさに
「健やかなるときも、病めるときも、
 喜びのときも、悲しみのときも、
 富めるときも、貧しいときも、
 愛し、敬い、慰め、助け、
 その命ある限り、真心を尽く」し続ける
日々のこと。

これが想像できて、実行ができるか、ってこと。

うーん・・・これからBLを語るのに、
「結婚」って言葉はよろしくないな。
「日常生活」にするか。


「恋愛(=ハレ)」だとさ、
その瞬間、ええかっこしたり、やせ我慢したり、
取り繕ったりできるけど、
「日常生活(=ケ)」だと、
そんなの続けてらんないじゃん。

病気になれば、下しもするし、リバースもする。
精神的に苦しくなったら、
八つ当たりすることもあるだろう。
貧しくなれば、ギスギスもするし、
いいとこばっかりみせてらんない。

でも、そんな弱ってたり、ダメだったりするとこも
その人だとして、受け入れて許してくれるところ、
それが「お家」なんだよな。

ってのをだなぁ、
一穂ミチさんの『世界のまんなか ~イエスかノーか半分か2~』

木原音瀬さんの『期限切れの初恋』
を、ここのところ続けて読んで、
「ああ、こいつらは「お家」がみつかったんだなぁ・・・」
って思ったんですよ。

ああ、よかった、繋がった(^_^;)

ただ、この「お家」。
安心できる場所だから・・・と、
そこに胡坐をかいてたら、いかんのだよね。

「お家」はもったら、メンテナンスとの戦い。
(これは建築物としての「家」にも言える)

手入れを怠ると、てきめん住み心地に影響がでる。

計ちゃんは、ひねてるけど、妙に素直なとこがまだあるし
頭がいいコなんで、まぁ大丈夫かなと思うが、
村上は・・・・・・どうだろう?

いや、わかってんですよ、
腐人は村上にたいして色眼鏡でみすぎてるって。
だって、こーゆーヤツ、嫌いなんだもん!

なんかなー・・・借金返し終わったところで
過去の俺はもう清算されたんだ!
とかほざきそうで・・・。

そんときは、きっぱりばっさり見捨てなさいよ!宇野!!
都合のいい「帰れる場所」になんてなってんじゃないよ!

って、宇野のそばにいたら言ってやりたい・・・。


とりあえず、「お家」の話はこんでおしまい。

でも、『世界のまんなか ~イエスかノーか半分か2~』
については、もうちょい「お家」と関係なく言いたいことがあるので
これはまた・・・また・・・また今度。

だってもう、12時の鐘がなっちゃうんですもん!!

タイムアーップ

        


以下、読書録。

●11日
(474)マンガ 『っポイ! 3』 やまざき貴子
  がんばってます(腐人が)
 
  でも、ちょっとすっきりしてきて
  読みやすくなった・・・かな? 
 
(475)一般本 『よろず一夜のミステリー 水の記憶』 篠原美季
  篠原さんは「妖異譚シリーズ」以外は
  ちょっと違和感があるのでパスってたんだが
  質に保証のあるものが読みたくて。

  それにしても、他の作品を読むたびに
  篠原さんのベースは
  やはり「妖異譚シリーズ」なんだなぁと思うわ。

  もう終わった模様なので、総括は全部読めたところで。
  (入手は済んでる)

  どーでもいいが、解説を読んで思ったのが、
  こっから説明せんといかんのか・・・というところ。

  でもって、やっぱりラノベ出身って
  こんなふーに言われるのかぁぁぁぁぁぁ。
  
  出身より、売れるかどうかじゃねぇの?
  と、腐人は思うんだがな。

  だって、どんだけオエライとこ出身でも、
  過去にどんだけオエライ賞とってても、
  作家業で、食え続けなきゃ意味ねぇじゃん。

  ちゃうかね?
[ 2015/06/12 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。