或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > ソバカスは気にならんが、他が気になる『キャンディ・キャンディ』
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソバカスは気にならんが、他が気になる『キャンディ・キャンディ』

読みましたですよ、『キャンディ・キャンディ』。
ああ、正しくは、間は「・」ではなく、ハート。
でもいいや、面倒なんで。

まず、カウントからいきましょかー。

●17日
(559-567)マンガ 『キャンディ・キャンディ 1-9』 水木杏子、いがらしゆみこ

すごーく大きなくくりになるが、
腐人が、『キャンディ・キャンディ』を読むのは、3度目だ。

1回目は、『なかよし』本誌連載中。
腐人が生まれて初めて読んだマンガ。

もちろん、その後、アニメにもハマり、
未だにフルコーラスで主題歌歌えます。

その当時、読んでどう思ったかなんて
もうほとんど覚えてないが、
スザナとの云々で、キャンディかわいそう!と
思ったことだけは覚えてる。

2回目は、そこから××年後。
たまたま図書館でみつけて、愛蔵版を一気読みした。

これは訴訟の前だったか後だったか、
いまいち記憶は定かじゃない。

でも、その頃は手塚作品などに並んで
これは図書館によくおいてあった覚えがある。

で、そんときの感想は、
「へー第一次世界大戦のあたり、
 ちゃんと描いてるんだ。
 昔はここまで理解してなかったなぁ・・・」
ぐらい。

そして、3回目の今回。
えーっと・・・すげー率直な感想言っていいですか?

「キャンディ、
 あなたとは同じ職場で働きたくない」

だって、だって、そーなんだもん!!!


さて、ここで検定をはじめましょう。

Q1・『キャンディ・キャンディ』の舞台は
イギリスである。○か×か?

Q2・アードレー家およびラガン家は貴族である。
○か×か?

Q3・テリィはイギリス人である。○か×か?

わかります?
腐人は、全て○だと思っていた。

でも、実は1と2は×。
3は、正解不明。

パパはイギリス貴族
(父母両系血統主義だが条件付で出生地主義採用)、
ママはアメリカの女優(出生地主義)なので
いったいどっちの国籍なのかがわからない。

幼少期はママ(愛人)とアメリカで過ごし、
その後、パパ側に跡継ぎとして引き取られたから
イギリス人??
うーん・・・パスポート見せて欲しい・・・。

このパスポート問題は、実はキャンディにも存在する。

この話をする前に、大半の方が筋を忘れてると思うので
ざっくり復習をしておこう。

(1)アメリカ・ミシガン湖そばにあるポニーの家に
   キャンディが捨てられ、拾われる
      ↓
(2)養育限界の12歳のときに、イライザの話し相手として
   ラガン家にひきとられ、最終的に単なる使用人になる
      ↓
(3)ラガン家(たんなる成金)の本家筋
   アードレー家(こっちも成金)の別宅が隣にあり
   そこの次代の息子たち3人
   (アンソニー、アリステア、アーチボルト)と
  仲良くなって、最終的にアードレー家の養女になる。
      ↓
(4)その祝いの席でアンソニーが落馬事故で死ぬ
      ↓
(5)一族の長・大おじさまの命令でロンドンの寄宿舎学校に
   アードレー家およびラガン家の次代の全員がおいやられる
      ↓
(6)渡英のための船上でテリィと知合い、
   学校も一緒ということで仲良くなるが
   嫉妬したイライザによって、ハメられ
   最終的にテリィもキャンディも退学し、帰国する
      ↓
(7)テリィはブロードウェイで、シェイクスピア役者を目指す
   (ロンドンのウエスト・エンドでもなきゃ
    グローブ座でもない・・・なぜ?)
   一方のキャンディは、看護婦を目指す
      ↓
(8)テリィ側はスザナに惚れられうんたらりがあり
   キャンディ側は記憶をなくしたアルバートさんと
   うんたらりがある
      ↓
(9)ステアが志願兵になって、最終的に戦死する
      ↓
(10)キャンディに惚れたニールが、
   キャンディと結婚させてくれなきゃ志願兵になるぞと
   親や親族を脅し、無理やり婚約しようとするが
   キャンディが先手を打って
   大おじさまに直訴して、ちゃんちゃん。

ざっくりすぎやろ!とゆーツッコミは
聞こえないことにしよう。

や、でも今時マンガと違って、
ものごっつい急展開なのよ。

そんでぎゅうぎゅうにあれこれ押し込んでるから
細かく書いてくと、終わらない・・・。

これ以上細かいところを知りたい方は
なんとか本書をゲットして読んでください。

で、このうちの(6)あたりまでが
4巻までに収録されとるんですが
そこまではいいんですよ。

まぁ多少突飛なことがあっても、
しょせんガキの世界だから。

問題は(7)以降。
オトナの世界に足を踏みいれだしてから。

テリィはいいわな、国籍がどっちであれ、
一通り筋を通して、入国しとるんで。

一方のキャンディは密航だ。
おいこら、船賃はもとより、パスポートは!!
自国への帰国とはいえ、許されていいのか!?

それよりなによりこの船旅。
貨物室に忍び込んでるんですが、
あの当時の英米間、そんな数日でつかないよねぇ。
大西洋横断だもん。

あの・・・風呂とトイレは?

それにあんた、看護師資格もねーのに
勝手なことやらかしとったがええんかいな・・・。

そんでもって、
腐人がもっとも許しがたい!!と思ったのは
(7)(8)辺りのとこでね、
テリィが頑張ってることを知り、
かつ、テリィの出演する舞台が
1日だけシカゴで公演することを知ったキャンディ。

たまたま研修でシカゴに派遣されてたもんで、
絶対みにいくわ!となったんだが
その日はキャンディの夜勤日だった。

なんとか同期に夜勤の交代をしてもらえないか頼むが
それまでの不行状に総スカンをくらってたから
誰にも代わってもらえない。
まぁ、自業自得だわな。

で、どうしたかったら、
仕事ほっぽって抜け出すんだよね。
夜勤の担当、キャンディ一人しかおらんっちゅーのに。

で、舞台だけみて、とっとと帰りゃまだマシなのに
テリィと会いたいと出待ちして、潰され、
ホテルまでおしかけ、追い払われ、
いったいどんだけ職場放棄しよんねん・・・って話で。

昔は、キャンディかわいそう・・・だったけど、
今は、「即刻解雇して!」。

さらにいえば、記憶喪失になって運ばれてきた
アルバートさんを担当替えしてもらって
面倒をみようとするんだが、
栄養が足らないわとかで、
勝手に病院の備品を持ち出しやがる。

それ、「横領」って言います。はい。

さらにさらに!
アルバートさんは最終的に病院の入院費を踏み倒して
トンズラこくんですが、
キャンディは「知り合いなんです」とかゆっときながら
その立替をしているように見えない・・・。

病院にしてみりゃ踏んだりけったりの厄病神じゃね?

この看護婦キャンディ像は、
誰かをほーふつとさせるな・・・と思ったんだが
『海街diary』のアライさんだ。

なるほど。

腐人はもし入院したら、サチ姉に担当してもらいたい。


脇役で気になったあたりは、まず、アルバートさん。

エルロイ大おばさまで、
ウイリアム大おじさま。

大おば、と大おじってのは、祖父母の兄弟姉妹でしょ。

腐人の目には、最終段階の時点で
エルロイ大おばさまは60代、
ウイリアム大おじさまは30代ぐらいにみえる。

とすると、だ。

こういう系統図??

     先代
      ↓
   長女:エルロイ(60)
   ×女:アンソニーたちの祖母(?)逝去
   末子長男:ウイリアム(30)
      ↓
   アンソニーたちの母
      ↓
   アンソニーたち

・・・うーん・・・
この家系図を成立させるためには、
先代がかなり長生きして、
妻(何人いたのかわからんが)と
30年にわたって子作りしまくらねばならぬではないか。

これ、アンソニーたちの母よかウイリアム大おじ様のが
下手したら若いんじゃね??


次に気になったのは、パティとスザナ。

パティは葬式でステアの両親と仲良く泣いてたが
今後、どーゆー付き合いをすんのかねぇ。

別に婚約してたわけでも
結婚してたわけでもねぇじゃん。
息子が惚れてただけの、単なる他人。

「結婚を考えていた恋人が死にました。
 そのご両親とはどこまでつきあうべきか」
ってなトピが発言小町にたちそうだわぁ。


スザナは、昔読んだときも今読んだときも
そのストーカー的な資質に背筋が寒くなる。

どういう形になるにしろ、
足とひきかえに、テリィの自責の念を勝ち取った彼女は
恐らく永遠に幸せなんだろうなぁ・・・。

でもこれ、責任はテリィにあるんじゃなく
こんな簡単に落下するような照明機材をつかってた
舞台の建物管理者にあるのでは?


そして最終的な疑問。

アルバートさんとキャンディは
この後どーなるんだ?

個人的には、アルバートさんに
キャンディをもう社会に出さないようにして欲しい・・・。



すげーどーでもいいんですが
今、『なかよし』が60周年記念で
過去の人気作品を完全復刻している。

個人的には、
ここに『キャンディ・キャンディ』がないことが
心底残念である。

いつ読んでもこんなに楽しい話なのに・・・。
[ 2015/07/18 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。