或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 片付けますです、読書録
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

片付けますです、読書録

そういえば、
ジュール・ビアンキさんがお亡くなりになられていましたね。

腐人はF1に興味はないが、
ちょうどあの時期からフィギュアが始まるので
スポーツニュースにガブリ寄りで食いついていて
この事故のことを知ったんだった。

享年25歳かぁ・・・早いよね。

個人的には
自分のやりたいことをやっていての死というのは
本望なのではないかと思っているし、
周囲もこういう可能性を考えてなかったわけじゃないと思うが
それでも喪失はつらく悲しいことではあるよね。

安らかな眠りにつかれんことを
心よりお祈り申し上げます。


さて。
今日もあんまし時間がないので、
サクサク読書録をこなしましょう。

まず昨日のカウントから。

●21日
(579)BL/ルチル 『公爵は愛妻を攫う』 間之あまの
  こーゆー性別擬態話を読むにつけ、
  いつも思うんだ。

  これっていつまで通用するもんなんかなぁ・・・って。

  そらまー10代はいいよ。
  中には20代まで頑張れるのもおろう。
  でも30超えたら、金かけなきゃ無理だと思うんだよねぇ。

  どー考えても骨格も体毛も男性化が進むもん。

  ただ、40超えて中年太りになると、
  おっちゃんとおばちゃんは限りなく近づいていく気がしとるが、
  (おっちゃんにしかみえないおばちゃんとか
   おばちゃんにしかみえないおっちゃんとかおるでしょ)
  これはBLビジュアルでは、
  あまり歓迎されるもんじゃないわな。

  そうなるとだ。
  こんな結婚なんかやって、大丈夫なんか!?
  という気がしなくもない・・・。

  ま、BLだからいいのか。
  これは、
  乙女の、乙女による、乙女のための夢物語ですもの。 

  腐人はナマモノにまったく興味がないのだが、
  30超えても天然素材のままで、性別擬態ができる芸能人とか
  いたら知りたいなぁ・・・。

  そんで道行く人のどんだけだまされるか、
  見てみたい。

さて、放置物件いきますかー!

(572)マンガ 『アオハライド 13』 咲坂伊緒
  完結か。

  非常に丁寧に、かつ綺麗にお話をつくってると思うんだけど
  腐人はどうしても俯瞰でみちゃうので、
  『ストロボ・エッジ』
  結局は同じ型だなぁと思ってしまうんだよな。

  で、それをもっと突き詰めて考えれば
  結局、恋愛しかないからそうなるのかと。

  ま、少女マンガだからねぇ。

  ピュアな恋愛マンガの名手としてやってくのもいいんですが
  腐人としては、殻を割って、もう一歩踏み出して、
  「人」を描いてほしいなぁ・・・と思う。

  描けないわけじゃないと思うんだ。

  まぁ市場のニーズとか大人の事情もあるんだとは思うが
  腐人としては、
  作品を通して、もっと咲坂さんという人をみてみたいです。
 
(573)マンガ 『図書館戦争  LOVE&WAR 15』 有川浩、弓きいろ
  や、だから40超の中年太りは、
  おっちゃんはおばちゃんに
  おばちゃんはおっちゃんに
  限りなく近づいていくってゆってんじゃん。

  結局、そうやって考えると、
  オスメスの違いが、くっきりはっきりしだす
  10代後半から30代までの間が
  人間の繁殖期なのかなぁ。

  で、それ以外の時期ってのは
  雌雄同体のカタツムリになってくると、
  そういうことなんだろうか・・・。

  いやまぁ、そんなことはどーでもいい。

  素朴な疑問が1個あるんですけどね。
  こんなんで亡命って認めてもらえるもんなんですかね?

  ってか、この状況だと
  亡命と難民と移住の違いがよくわからん・・・(~_~)

  そんでもって男女の恋愛には1ミクロンも興味がない腐人としては
  このオチは、かなりめに興ざめ・・・。
  ま、これは個人的偏見ですのでほっといてください。

  この世に生み出される以外、人間は自分の人生を選べるもんだと
  腐人は思ってるので
  本人が、そんでいいならよかろうて。

(574)マンガ 『海賊とよばれた男 4』 百田尚樹、須本壮一
  好きだなぁ、こういう屁理屈。

  屁理屈だって理屈は理屈!
  ってのが、腐人の合言葉なので、
  こーゆーおっさんは好きだ。

  ただ海で給油って、考えただけで酔いそう・・・。
  おえっ・・・。

(575)マンガ 『おやこっこ 下』 武田一義
  お話としては、すごくいいんですが。

  すんません。
  腐人には、そこまでしてまで
  なんで親になりたいのかがわからない。

  動物としての本能がぶっ壊れてるもんでね。

  なっちゃったらなっちゃったで
  良心捨てられなかったら、育てはするんだろうけど
  それは義務の範疇を超えない気がする。

  それがやりたいことなのかといわれると
  はっきりNOと断言できてしまうだろう。

  そして、腐人は知ってるわけですよ。

  人はこの世に生み出されること以外は
  しなくてもいいという選択の自由があるってことを。

  発言小町によくあるんですよね、
  子供が、夫が、義親が・・・ってネタ。

  それに必ずある返答として、
  「それがあなたの選んだ道でしょ」

  そう、結婚も出産も別にしなくてもいいの。

  自分がしたくてやったことでしょ?
  そうやって選んだことなら、
  それに対しての責任や義務があって当然で
  それを果たすのは、
  選んだ結果として当たり前のことじゃんと。
   
  そういう話を年配の人とすると、
  「日本国民としての義務」
  「人間という種としての義務」
  を持ち出してくるんだが、
  それって別に
  こっちが希望したことでもなんでもないよね?

  日本という国がどーなろーと知ったこっちゃない。
  日本民族がどーなろーと知ったこっちゃない。
  ニンゲンという種がどーなろーと知ったこっちゃない。

  こう思ってしまうと、お話としては理解できても、
  どこか、ゆってることに、もやもやっとしたもんが残る。

  まぁ、そーゆーとこを切り捨てられず
  本能に従うことを選んだなら、
  そりゃ後はひたすら自己抑制の努力あるのみ、
  じゃないのかね。

  それができないなら、
  できないかもしれないと1ミクロンでも思うなら
  最初から選ぶなと思うのよ。

  ただ、虐待のニュースなどをみるにつけ、
  結局、そういうことまで考えないのほど
  安易に生んでいるようにみえてならない。

  そうなってくるとさ、この
  自己抑制ができない人は親になるべきじゃない、を
  自由選択に任せることは果たして正しいのか?

  腐人は最近そんな疑問を抱いている。

(576)マンガ 『ばらかもん 11』 ヨシノサツキ
  ま、いつものことで。

  どーでもいいけど
  この島にコンビニを作る意味はあるんだろうか・・・。

(577)マンガ 『セキセイインコ 5』 和久井健
  「私」とは何か。
  おー話が哲学になってきたぞ?

  でもそういうこといってると、
  私が忘れてしまった私の記憶は私ではないってこと?

  うわー・・・禅問答。

  七の意味もわかったし、
  この複雑なジグソーパズルが完全にできあがったとき
  どんな絵柄ができるのかなぁ?

(578)マンガ 『クロコーチ 9』 リチャード・ウー、コウノコウジ
  これ、本当に、表情みてるだけで楽しいし、
  マンガの表現っていろいろあるなぁ・・・と
  つくづく思わさせられる。

  それにしても青で決定なの?

  腐人的には、終盤にでてきた
  カブれた兄ちゃんの顔が
  黒にクリソツなのが気になるんだが・・・。

  描き分けができてないだけなのか、
  それとも血縁なのか。
  本人よりは若く見えるんだがな。

  黒河内は、ある種の無敵の人なのかな。
 
  そうやって考えると、
  人がつくりだした集団妄想である「社会」という概念に
  縛られれば縛られるほど、生き辛く、
  そこのこだわりを放棄できればできるほど
  自由な無敵の人になれるのか?

  まぁ、そんかし、全責任をひっかぶらないとならないがな。
  
  腐人は黒河内ほどクロにはなれないが
  あーゆー生き方したいなぁ。
  レールの上に乗っかるのは性に合わん。
[ 2015/07/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。