或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > ちょっと体力がありません・・・
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっと体力がありません・・・

腐人は、口唇ヘルペスウィルスの保菌者だ。

年齢一桁のころからなので、
かなりながいおつきあいを
不本意ながらやっている。

DV夫と離婚できずにずるずるなってる
優柔不断女みたいなつきあいだ。

そのせいで、「あ、そろそろヤバいかも・・・」と思うと
たいていその夜やら翌朝には唇がはれ上がりだす。

今回も、この週末にさえ突入できればごまかせる!
と思っていたら、ヘルペスに先手を打たれてしまった。

ちっ・・・ごまかされてくれよ・・・。

ってことで、ちょっと体力的にかなり低空飛行になっとるので、
本日はサクサク読書録を済ませて終わりにしよう。


●23日
(582-584)マンガ文庫 『サバイバル 1-3』 さいとう・たかを
  前から読んでみたかったんだが。

  ギャーッ!!!!!
  イヤーッ!!!!!
  なんでこんなに大量にアレが描いてあるのーっ!!!
  ここは黒色鼠狼処地獄かーっ!!!

  なるべく視界にいれないように読んではいるが
  あのレミングシーンは読めなかった・・・。
  無理・・・(ToT)。

  全部終わって総括しますが、
  人ってこんなになっても生きたいものなのかなぁ・・・。

(585)一般本 『それでもボクは会議で闘う-ドキュメント刑事司法改革』  周防正行
  正直、きつかった。

  これは、障害者郵便制度悪用事件で
  検察が証拠を偽造し、
  村木厚子さんを冤罪で逮捕、起訴したことをうけ
  現在の制度を見直しましょう、
  というのが発端の会議があったんですと。

  そういう会議のくせにその名前は
  「法制審議会 新時代の刑事司法制度特別部会」
  という。
  なにを目的にしとるんだか、さっぱわからん部会名だの。

  「冤罪を頻発させてる警察・検察が
   自分たちに都合よく法を運用しまくってる現状を
   徹底的に取り締まる制度を考える部会」
  にすりゃ、目的がはっきりしたろうに。

  目的をあいまいにすると
  収拾がつかなくなって暴走するって
  第二次世界大戦で学ばなかったのかね。

  で、そこに痴漢冤罪事件を映画にして、
  刑事司法制度に疑問をなげかけた周防さんも
  有識者として招かれ、3年ほどあーだこーだやったものを
  ダイジェストでまとめた本。

  なーのーだーがー。

  霞ヶ関文学とはよく言ったもんで、
  この会議に出た人たちの発言が載ってるんですが
  何言ってんだが、さっぱわからん。

  この人たちには、
  物事をわかりやすく簡潔に話すって技術がねぇのか?
  
  ま、そうじゃなくて、意図的にわかりにくく話してんだろうけど。

  こないだ朝イチで、「ワシが神なら」ってなお題をやってたが
    「ワシが神なら、
     法律全文を小学生でもわかるような文言に書き換えさせ
     小学生がわからないものは採用させない」
  って言ってやりたいね。
 
  やだねぇ・・・
  透けてみえてるよ、あんたらの選民意識。


  周防さんは、なぜかたくさんあるテーマ
  (テーマ絞れよ・・・じゃないと
   会議は長くなるだけで実がないもんになるって、
   なんであんだけ会議やっててわからんのだ?)
  その中から、3つに絞ってこの本を書かれた。

  その3つとは、
  「取調べの録音・録画 全面可視化」
  「証拠の全面開示」
  「人質司法」

  事細かに、誤謬を生じさせないよう
  丁寧に、いーっぱい書いてくださってるのだが、
  ぶっちゃけてしまえば、
  この本、「おわりに」にすべてが集約されている。

  ※それぞれについてどういう議論があり、
   どうなったか知りたい方は本書をお読みください。


  この部会の構成員は、
   警察・検察・裁判所の関係者、
   法学者、
   弁護士、
   非法律家の委員5名(ここに村木さんと周防さんがいる)
  全部で40人超だったかな。

  議論の傾向をみてると、こんな感じ。

  ★委員のみなさん
    「冤罪、絶対だめ!
     『10人の真犯人を逃すとも
      1人の無辜を罰するなかれ』だよ!
     突然、自分が冤罪事件にまきこまれる可能性が
     あるんだから!」

  ★警察・検察
    「えー?
     巨悪を取り締まるためには、
     多少の冤罪がでてもしゃーねぇでしょ。
     そうはいったって、
     10人の真犯人を逃すわけにはいかんのだからさー。
     いいじゃん、
     一人や二人ぐらいそこに冤罪がいてもさー
     どうせその冤罪被害者、自分じゃないし」

  ★裁判所
    「今より裁判が長くなるのは困るよ。
     自分らの仕事が今より煩雑になるもの困る。
     それをしないでくれるなら、どーでもいいよ
     どうせ裁かれる人、自分じゃないし」

  ★法学者
    「今ある法は完成品なの。
     これをいじるのは無理ってか、だめでしょ。
     だって、完成してんだから。
     時代にあってない?
     時代を法にあわせなさい。
     だって、法の理念は完璧なんだから。
     ま、そうならなくてもね、
     しかたがないというか、どうでもいいというか。
     だって、それで困るの
     自分じゃないから」

  ★弁護士
    「冤罪はいかんと思うんですけどね、
     でも、実際に運用されてる皆さんの言い分もわかりますし
     法としてどうかというご意見もわかります。
     それぞれのお立場で、
     いろんなご意見がおありになるかなと思うんですが
     うーん・・・どうでしょうねぇ・・・」

  って感じかね。

  この部会する前に、参加者全員を
  いっぺん、てきとうなでっちあげで逮捕して
  勾留して、1回ぐらい裁判で被告人を経験させてから
  会議やったらよかったね。

  戦争でもなんでもそうだけど、
  やる側ってのは
  やられる側のことを考えないもんだよ。

  だって、そんなの考えたらできないもん。

  そのできないことをするがために、  
  皆、自分のことしか考えない。
  それが人間だ。

  でもなぁ・・・個人的には、
  仕事としてこれから人を裁いていくのならば、
  司法関係者は、冤罪体験させてから
  業務に従事させるべきじゃないのかと思うがね。

  ビスマルクだってゆーとるでしょ?
  「愚者は自分の経験に学ぶ」って。

  ああ、でもそんなことしたら、後々の報復が怖くて
  取り調べに、いつもの豪腕を振るえないか。
  

  もしくはさー。

  これもどーせ既存の法にひっかかるとかなんとかで
  実現せんのだろうけど、

  「冤罪事件をひきおこした捜査・司法関係者および
   それを阻止する法を作らなかった法学者は
   冤罪被害者に科したのと同じ刑罰を受ける」

  ってやったらどうよ?
  なら、もうちょっと真剣にならんか?

  今の新国立の問題じゃないけど、
  結局、責任とらされないから、
  したい放題やっとるんでしょ?

    
  個人的には、王様からホームレスまでチップ埋め込んで
  いつ、だれが、どこで、なにをしたか、
  記録をとれる社会にしちまえと思うよ。

  で、勝手にチップとったら犯罪者ってことにするの。

  そんで町中のありとあらゆるとこにセンサーつけてさ
  チップない人間みつけたら
  「犯罪者です!犯罪者です!犯罪者です!」
  って、大音量でアナウンスさせるの。

  コンビニにはいっても、電車のっても、だ。

  そーしたらまぁ、凶悪犯罪の冤罪はなくならんか?

  でも、これだと満員電車の痴漢は区別しきれんし、
  被害者のいないような事件も難しいね。

  だとすれば、もう居住区をわけちゃえって感じかなぁ。

  「凶悪犯を逃しても、冤罪は駄目と思う人が住むエリア」
  「冤罪が多少あっても、
   凶悪犯を捕まえたほうがいいと思う人が住むエリア」
  とかに。

  あとは自己責任で、どこに住むか選べって話。
  なんでこれが実現せんのだかなぁ・・・?


  ところで、これ読んでつくづく思ったのが、
  腐人がよく言ってること。
  
  民主主義とは、
  皆がそれぞれに不平不満を抱き、
  誰も満足することがない社会である。

  違いますかね?


  非常に丁寧に書かれているので、
  日本の刑事司法が、
  現実をみない夢想家によって作られた、
  理念だけは立派な机上の空論であり、
  それが実務家たちによって、
  自分たちに都合のいいように運用され、
  結果、法と現実がどれだけ乖離しちゃってるか
  知りたい方は、
  お読みになる価値があると思います。
[ 2015/07/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。