或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 7月だけど熱くなってる高校野球
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月だけど熱くなってる高校野球

マンガの高校野球は好きなんだが、
リアルの高校野球は他に観るもんなかったら観る、
ぐらいの興味しかない腐人です。

ただ、こないだの日曜日は、
どえらー暑くて、家で溶けてたので
西東京大会決勝、早実vs東海大菅生を観ていた。

一番驚いたのが、学校名。

腐人は関西人なので、
関東の学校事情をさっぱり知らないんだが
早稲田実業って、
「早稲田大学付属早稲田実業学校」だと思ってました。
「早稲田大学系属早稲田実業学校」だったのか・・・。

付属と係属の違いは、これから調べて知った。
そーだったのか・・・。

ほんでもって、「東海大学菅生」も大学付属の学校。

・・・・・・ああ、『ラストイニング』だとか
『砂の栄冠』だとかが頭をよぎる・・・。

どんなスポーツも金がなくっちゃ話にならん
ってのはわかっちゃいるんだが、世知辛いねぇ。

汗と涙と努力と忍耐だけでは、
なんともならんのが現実なんだよね。



で、試合の中身ですが。
日曜日の11時ごろといえば、
例の墜落事故があった時間。

あらあらと、あちこちに浮気しながら観てたもんで
知らぬ間に0-5になっていた。

その間に、早実は二人目のピッチャーになってたんだが
いまひとつ制球が定まらない。
これはちょっと・・・と思っていたら三人目がでてきた。

一方の菅生は、エースが踏ん張り、
こちらはコントロールも球速もいい。

単純にピッチャー比較なら、菅生だなぁ・・・
なんて思って観ていた。
※腐人にはこんくらいの知識しかないざんす。

で、そこに、やはり暑さでヘバっていた血族がやってきて
「0-5かー。
 でも、高校野球はこのくらいの点差も
 簡単にひっくり返るからなぁ」と。

だよねぇ・・・とかいってたら8回表になり、
ありゃ?菅生の投手、疲れてきたか?ちょっと甘いぞ?
と思った瞬間、
バコバコ連打が始まってあっちゅー間の逆転劇。

いやはやなんとも高校野球。

それにしても、打たれてんのに
菅生はなんで投手を代えないんだ?
と思ってたんだ。

が、その後、交代してでてきた二番手三番手をみて
・・・なるほど・・・
代えたくても代えられなかったのか・・・と理解する。
※ちなみに二番手三番手は制球が定まらず押し出しをしていた


選手にしてみりゃ、
少しでも甲子園にいける可能性のある学校にいきたいが
ベンチ入りできなきゃ意味がない。

ナントカ中の××は、●●にいくから、
同じポジション争いをしなきゃならなくなるんで
じゃぁ、自分は★★にしよう・・・
とかってな計算があるわなぁ。

となれば、監督にしてみたら、
どんな配牌があるかわからんなかで、
なんとか役を作ってあがる方法を考えねばならない。

最初から、47都道府県の中学で優秀な成績を残した子を
集めて代表選手チームをつくる・・・とかだったら、
天和は難しいかもしれないが
四暗刻か国士無双ぐらいはできるかもしれない。

でもそうじゃないからねぇ。
特待生枠やらがある私立ならまだしも、
公立にいたっては、少子化の影響もあって
縁日のくじびきぐらい当たりがでないのが当然だろう。

って、麻雀やらん人にはわからん喩えやね・・・。


ただ、都道府県代表チームみたいに
上澄みだけひきあげるとかすると
プロとあんまし変わらなくなっちゃうかな?

まぁ、プロとの違いは、
学生は3年で絶対に入れ替わるってとこだが、
やっぱ確率論でいえば、代表チームで甲子園より
今のように負けたら終わりの地区予選のが
予測のしにくさでは軍配があがるんだろうな。

誰が何をやらかすかわからない、
この配牌でなんとか役をつくって勝ちを目指さないとならない、
そこが高校野球のおもしろさだと思うんで。

エンターテインメントとしての高校野球という意味では
能力のある選手が分散していたほうが
おもしろいんだろうなぁ。


とはいえ、今回の勝因も敗因も、
腐人には、選手層にみえたんだが違うかな?

菅生は、追い込まれても勝俣くんを代えられなかった。
で、早実は、投打それぞれが専念できたし、代えがいた。

この違いじゃねぇのかね?

それになぁ、高校野球はあくまでも部活だからさ、
キャプテンとか三年生は
いろいろ調整役をひきうけんとならんし。

早実にしたって菅生にしたって、
部員数は3桁近いんじゃない?

それらをとりまとめるのってやっぱ大変だよねぇ。

一人だけが突出していても団体競技は勝てない
ってのが、なんか如実に現れたかなぁ・・・
とか思いながら観ていた。


ところで東東京代表になった関東一高の
オコエ瑠偉くん。

走塁センスが抜群にいいときいたので
ニュース映像をみたが、確かにこれは・・・美しい。

腐人はプロのスポーツって、
ある種、ショーだと思ってて
究極に優れたプロの技ってのは、
美に通じると思ってるんだよね。

それでいえば、このオコエくんの走塁は
まさにその美に通じるプロの技に匹敵すると思う。


で。
頭が腐ってる腐人としては、
『ダイヤのA』の神谷カルロス俊樹は
 オコエ君がモデルだろうか・・・」
と思ってるんですが、
これは○だろうか、それとも×だろうか。

答えが知りたい・・・。

ちなみに『ダイヤのA』で走塁といえば
倉持もだけど、倉持とはスタイルが違うよなぁ・・・。


それにしても、今年の高校野球は
右も左も怪物くんだらけで、
いったいどうなることやら。

個人的にはこういうときこそ
『甲子園の空に笑え!』
豆の木高校みたいのが優勝してくれたら
おもろいのになと思うんだが。

本気で高校野球を愛してる方、
不真面目ですみません・・・。



以下、読書録。

●27日
(597)BL/書籍? 『雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~赤~』 一穂ミチ
  ううううう・・・
  諸事情があって、この赤と同時発売の青は
  別々のところで購入したのですよ。

  したら、なぜか青がこなーい!!
  なんでじゃー!!!

  あと1日待って届かなかったら
  クレームいれよう。うん。

  ってことで、先に大人になった話から読んでしまった。
  でも、問題ない感じがする。

  年の差でいえば、『ステノグラフィカ』のが
  年齢差があった気がするんだが、
  なんかこっちのが大人と大人に追いつきたい子供にみえる。

  ・・・やっぱそれはキャラの性格かしら。
  西口と碧ちゃんだと、
  碧ちゃんのがしっかりしてるもんなぁ・・・。

  個人的に大喜びだったのは、みー。
  ああ、でも、腐人が許容できるのは虫まで。
  腸と血がぶしゃっとなる類はパスしたい・・・。

  なんとなく。
  この二人はずーっとこのまま続いてって
  でまーいつか、
  ちゃんと志緒の親にカミングアウトするんだろうなぁ・・・
  ってな気がする。

  お幸せに。


で。
昨日、放置した読書録にいきますか。

(589-596)マンガ文庫 『サバイバル 5-10+Another Story』 さいとう・たかを
  うーん・・・腐人はいったい
  何でこれを知ったんだったかなぁ?
  『消されたマンガ』
  なんか違うような・・・
  うーん・・・思い出せない。

  ま、それはいいや。

  で、全部読んだんですけどね、
  はっきりいって腐人は最後の最後まで
  この主人公、少年サトルくんに共感できませんでした。

  ってか、
  「こいつバカ?」
  とずーっと思ってた。

  人って、そんなに恋しいか?
  むしろ、どんだけ利用されても学ばないって
  普通の社会にいきてたら、
  完全に詐欺のいいカモだよねぇ。

  よかったね、日本が壊滅して。

  で、そんな彼のモチベーションとして
  家族にあうんだ!ってのがあるんだろう。

  この状況で、家族にあいたいと思う神経が
  腐人にはわからんけどね。

  したい方はされたらいいと思うけど、
  腐人はもし家族とこういう状況で引き離されても
  捜索はしないと決めている。

  まぁ、サトル少年は、どんな状態であれ
  家族を探したかったんだろう。
  
  でも、だからって、ただひたすらフラフラ、フラフラ、
  日本をうろうろしまくるって、これってどうなの?

  同じ探すにしたってさ、
  どう考えても、まずは安定した
  食料と飲料を確保するほうが先じゃないの?

  その上で備蓄用食料を作り、
  探索にでかけるもんじゃないの?
  あまりに行き当たりばったり過ぎないか?

  なんかなぁ・・・
  その順序が納得いかん・・・(~_~)


  まぁ、それ以前の話として、
  腐人はこんな状況になったら
  生き延びたいとは思わない。
  
  最初のガツンで死ねるのが理想だ。

  本音をぶっちゃければ、
  中途半端に生き残るのが一番嫌。

  だからこーゆーのは、
  生きたい人が生き延びたら
  それでいいんじゃないかな
  と思うんだよね。

  なんか・・・身も蓋もねぇな。

  
  それにしても、このマンガ、おかしいんでは?
  と思うところがいろいろと。

  一番の疑問は。

  なぜ髪が伸びないんだ!!

  これ何ヶ月なんだか何年なんだか知らんけど、
  ずっと同じ髪型って変じゃろー!!!

  それゆーたらヒゲもやし、爪もだよね。

  腐人なんか1週間以上、爪を切らずにいたら
  パキパキ割れだすんだ!
  それを放置できるって・・・なんか変。
  

  あと素朴な疑問。

  ガソリン、どっから入手してんの?

  ま、東京はなれたら、その描写も消えたが
  放置車からかっぱらうとか、
  ガソリンスタンドの残りをもらうができるんだとしよう。

  でも、そんでも無駄遣いしてたらすぐ消える。

  だったら、最初から*****の跡地いって、
  ******あたりをかっぱらって
  それにガソリンを積めるだけ積んで、
  日本うろうろ、家族探して三千里したほーが
  効率がええんちゃうのかと思うんだが。


  正直、後半になればなるほど、
  このマンガはどこへいくんだろう・・・
  って気がしたな。

  ひとまず読みきれたので、
  とりあえずこれで気が済みました。

  ありがとうございました。
[ 2015/07/28 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。