或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 貧困について
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

貧困について

あー・・・先送りしすぎで、本の内容を忘れ始めておる・・・。

でもなぁ・・・予告しちゃったし?
思い出せる限り、思い出して書いてみよう。

えーっと、だ。

(203)一般本 『生活保護vsワーキングプア-若者に広がる貧困』 大山典宏

(476)一般本 『働かないアリに意義がある』 長谷川英祐
これらの本へのコメントとをあわせて
貧困について思うことをつらつら書く。

腐人は正直、現存する人類は、
貧困をなんとかしようと、これっぽっちも本気で考えてない、
と思ってる。

なぜならば。

本気で貧困をなくしたいならば、簡単なのよ。

人類から、自由生殖機能をとりあげ、
人類を、アリのような真社会性生物にすればいい。


そーすりゃ貧困なんてなくなる。

逆に言えば、
人類が好き勝手にパッコンパッコンやらかして
ポコポコぶりぶり、ガキを生んでる限り、
貧困はなくならない。

これは自明の理。

なので、生殖機能をとりあげよう!ということを言わずに
貧困についてあーだこーだ、ぐだぐだ言ってるのは、
腐人には、寝言にしか聞こえない。


それになぁ・・・
腐人は己の老後についても
「金がなくなりゃ死ぬの当然」と思ってる人なんで
ぐだぐだ言ってること自体、
正直、よくわかんねぇんだよね。

だって、ニンゲンって動物だよ?
自分で餌をとってこれなくなった動物は
ただ死ぬだけでしょ?

それこそ自然の理じゃん。

なんでそれに逆らおうとするのかが、
よくわからん(~_~)。

とはいえ、自分が貧困の現実について知ってるか?
と考えたら、知らねぇなぁと思ったので、
『生活保護vsワーキングプア-若者に広がる貧困』
読んでみた。

※長いので、以下『生活保護』に略

ってか、個人的には、このvs構図がみたかったの。
この2つをとりあげて、どうvsさせてるのかを。

でもだな、そこの部分は、正直期待はずれだった。

そもそも著者の大山さんは、
生活保護の方にかかわってらした方だったので
そっちについてはかなり詳しい実例や分析があったが
ワーキングプアについては、ほんとさわりのみ。

うーん・・・これはちょっとタイトルに偽りあり、じゃね?

でも、生活保護の実情について知るには、
とてもわかりやすくまとめてあると思う。

ただ、読めば読むほど、腐人には疑問がわいた。

例としてあがっていたものとして、こんなのがある。

●4代続けての生活保護家庭。
 子供が働こうとすると、親が言う。
 「働く?なに馬鹿なこといってんの?」

●生活保護をうけてた
 子持ちのシンマが妊娠したという。
 職員:「では、その父親になる方と結婚されるんですね?」
 シンマ:「は?そんなの誰だかわからない」

●母親が娘にいう。
 「子供産めば、生活保護で金もらえんだから
  早く産みな」

この辺は、制度をわかって、確信してやってる例。

でも中には、病気や精神疾患を発症し、
働きたい、でも働けない。
これでは駄目だと焦り、また心身を悪化させていく・・・
という人もいる。

確信してやってるような例が報道されるたびに
財源である税金を納めている一般市民から
役所に、もっと緊縮しろ!と非難が来る。

一方、貧困での餓死者などがでると、
これまた一般市民や政治家から
役所に、もっと手当てしろ!と非難がくる。

でも、昨今のこういった役所の部署のどこでもそうだと思うが
1件1件を丁寧にあたるほどの
人的、時間的余裕はまったくない。

なのに、上記のような非難がくれば、
それにあわせた上からの押し付けがやってくる。

まぁ、たまったもんじゃないよねぇ。

根本的な解決をやろうとせんくせに、
最前線にばかり重圧と縛りかけてくるって、
第二次世界大戦の日本軍かっての。


腐人自身は、頭に書いたように、
生殖コントロールをして、真社会生物にしちゃえと思うが
まーこの意見は通らないだろうね。

じゃぁ、次善の策は何があるか。

『生活保護』に、
貧困の最大の被害者は誰か、
それは子供だ、ということが書いてある。

そこは腐人も同意する。

それから、教育を含めた負の連鎖。
低学歴低所得層に生まれると、
節約をするだとか、健康管理だとかの
生きるために必要な知恵を授けられることなく
大人になって、また自分と同じような子供を生み出す。

ここからの脱出にもっとも必要なのは
その悪環境を当然と思わせない教育だろう。

ってかね、
最近気づいたんだが、
腐人は大人には冷淡なようだ←今頃か!

なんつーのかな、子供はさ
選べないところあるじゃん。

どーしよーもない毒親家庭から逃げ出したくても、
一人でなんとかするからかまわないで!っても
大人の保護下にないと許されないし。

だから子供は、そういう悪環境にあるならば、
ただちに救われるべき保護対象と
腐人は思うのだ。

でもさ。  
それに比べて大人は自分で選べるでしょ?
何も選ばない、ただ流されるでいい、
だとか、
それこそこのまま生きるか死ぬかの自殺、自終も含めてさ。
  
そうやって自分が選んできた結果が、
今の人生じゃん。

その今の人生に不満や問題があるなら、
変わるように選んで努力してけばいい。

ただそれだけじゃね?
  
そう思うと、大人に情けをかける必要ってあんのか?
と、どうしても思ってしまうんだ。


こないだ友人と話をしていて、合意にいたったんだが
結局、ニンゲンって自分のことしか考えない。

自分さえよきゃいい。
自分だけがかわいい。

腐人が大っ嫌いな「利他」とかゆーのに酔いしれて
一見、その行動が誰かのためにみえるよーなことしててもさ
実は、そうしたほうが自分が楽、という選択の結果なだけ。

だよねぇ・・・と。

そして、そうやって見ると、先に書いた生活保護の実例も
そりゃ一番悪いのは本人だろうが、
その自分カワイイを許してしまってる
この現在の制度自体に問題はないのか?と思ってしまうのだ。

もっと強制的に分断できない・・・んだろうね、
ジンケンガーがいる限り。


でもさ、思うわけよ。
もし、ニンゲンが真社会性生物であれば?

個々人の資質はともかく
どこに生まれるかによる格差はなくなるだろう。

生育環境に差が生じず、
教育だって、皆、同じようにうけて大きくなれば
今、どーしよーもなくなってる連中はさておき、
次世代を救うことはできるだろうって。


『働かないアリに意義がある』のタイトルどおり
アリの中にも働かないやつがいる。

※長いので、以下『アリ』に略

でも、そいつは仕事さぼりてーと思うがゆえに
皆がマニュアルどおりにやる中、
楽する方法を探して大発見をしたりするわけだ。

それに勤勉に働きすぎると、
やはり過労死したり病むアリがでてくるらしい。

そうしたときにこのサボリアリが働き出すという。

こういう事例をきくと、多様性をたもつためにも
働かないから駄目ではない、
駄目アリにも使い道があることもある、
ってのはわかる。

んだけど!
そこで、ガキつくんなー!と腐人は思うのよ・・・。

なんで自分だけで留めておけない?
どうして、自分の代で負の連鎖を終わりにできない?

ホント、ここだけがどうにも理解しがたい。

そう思うと、
子供つくりゃ金もらえっし、って考えを成立させてることが
悪いんじゃねぇのか?と思うし、
親だからといって、機能不全家庭とわかってて
子供をそのままおいておくってのも
どうなんだ?と思っちゃうんだけど・・・。

うーん・・・いくら考えても、
やっぱり腐人の結論は、
頭に書いたものにしかならんわ。


そーいや、『アリ』の中で
腐人がへーと思ったことがある。

なんという種類のハチだったか忘れたが、
若くて、高い労働力がある間は、
巣の中で、子育てしたり、巣の構築をしたりして
働くんですと。

でも、年老いて、能力や労力が衰えてくると、どうなるか。

生きて帰れるかわからない、
巣の中にくらべて格段に危険度が高い
外の警備や餌取りにまわされるんだそうで。

なんて合理的!
すばらしい

はやくニンゲンが、真社会性生物にならないかなぁ。


以下、読書録。

●29日
(601)BL/書籍? 『雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~』 一穂ミチ
  赤を先に読んじゃったので
  そこから青読むと・・・幼い。

  こりゃ桂は理性と忍耐を総動員しての
  我慢な日々だわなぁ・・・。
  
  にしても、志緒ちゃん!
  15まで乳歯持ち!?
  姫だって、今ぐらぐらして抜けてるぞ?
  物持ちいいねぇ・・・。

  個人的にスカッとしたのは、M女の話。
  いいな、この親子。

  やっぱ生育環境って大事だよなぁ・・・。
  
(602)BL/ルチル 『手の届く距離で』 椎崎夕
  な、な、なんか・・・もどかしい!

  うーん・・・
  腐人はアホにはアホと言っちゃう人なので
  そりゃつけこまれるだろうよと思ってしまう。

  それにしても、腐人は発言小町を読んでいて
  「はぁ・・・世の中には、こんなトンデモ人が
   自分は普通人のつもりで、
   生息してるもんなのか・・・」
  ってことを勉強した。

  そうすると、この、乗っ取り女なんか
  まだまだカワイイレベルで。

  事実は小説より奇なりって
  確かだなぁ・・・と思うことが多い。

  東上だって、多少変人で面倒くさいかもしれないけど
  日本語は通じてるし、ちゃんと働いてる。
  小町にいるトンデモにくらべたら、全然いいよ!うん!
  
  理解不能なヤバげな人とは
  言葉すら通じないもんね。

  そんな危うきには極力近づかない、
  近寄られたら、全力で逃げろ!
  疎遠決定!縁切上等!
  が、正解だよなぁ・・・。
  
[ 2015/07/30 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。