或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 読みすぎちゃったので雑に読書録
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読みすぎちゃったので雑に読書録

あつい・・・あつくて、モノを考える気になれん・・・。

ってことで、ザザザーッと読書録のみ。

(605)一般本 『英国一家、フランスを食べる』 マイケル・ブース、櫻井祐子
  日本の前に、ル・コルドン・ブルーで
  シェフの勉強してたころの話。

  本国ではこれが売れて、日本を書いた。

  で、中身だが・・・うーん・・・(~_~;)
  ま、先に書いたならこんな感じなのかなぁ?
  というぐらい、文も中身も日本のほうが出来がいい。

  話のネタ自体もだ、
  食にこだわりがある日本人は
  英国人よりフランス人の感覚のが近いと思う。

  なので、マイケルさんがフランスにきて疑問に感じることが
  なんで疑問に思うんだかな・・・と思うんだ。
  
  そう、どっちかっちゅーと、
  あのまずい英国料理を平気で食ってる国の人に
  食について言われてもな・・・って感じがすんの。
  偏見だけども。

  で、フランス料理についてというか、
  ル・コルドン・ブルーで何を教わるかについて
  書いてあるんだけど・・・・
  なんつーのかなぁ、確かに料理をする上において
  日本でいえば、
  だしのとり方、魚のさばき方、調味料のさしすせそなど
  基本を知ってて初めて応用がきく、
  ってのはわかるんだ。

  でも、腐人は自分でハト肉を調理して食うことは
  未来永劫ありえないし、
  網脂とキャベツをつかった料理をすることも
  100%絶対にないと言いきれる。

  そうなると、適材適所という意味で、
  これを読んで勉強になるかというとNOなんだ。

  ってことで、腐人にとっては、
  ふーん・・・あのマイケルさんにも
  こんな歴史があったのね、という本でした。

(606)マンガ 『インベスターZ 9』 三田紀房
  戦後70年ってことで、いろいろな視点から
  第二次世界大戦というのか
  太平洋戦争というのかが
  よくとりあげられている。

  後世の人間だからかもしれないが
  この読みは甘い気がするけどなぁ・・・五十六さん。

  結局は、波というか、非常に日本らしい「空気」とやらに
  逆らえなかったってことなんだと思うんだが。

  ああ、そういえば、あの戦争を「人種戦争」をみなして
  その視点で分析した本があったな。
  ちょっと今、いろいろ溜まってるんで
  腐人が読むかどうかは不明。
  ご興味ある方はどうぞ。
  確かタイトルそのままだったかと。

  個人的には本編の内容よりも
  今回、巻末対談のがおもろかったわ。

  ふぅーん・・・三田さんは
  マンガをそう捉えておられるのか。
  なるほどね。
 
(607)マンガ 『グランメゾンむらさきばし 1』『〃 2』 南Q太
  ホント、日常、なお話で、
  腐人は南さんのこーゆーの大好きなんだがな。

  それにしても、このグランメゾンの雰囲気・・・
  うーん・・・うちは三鷹じゃないですが
  腐人家の一角はこんな感じかもしれない。

(608)マンガ 『コウノドリ 9』 鈴ノ木ユウ
  素直におめでとうがいえる、いいお産と
  先生たちがんばる、な感じだな。

  これだけ書いてきたせいか、
  絵が次第に安定してきた気がするなぁ。

  これはいずれドラマかなんかになるんだろうね。

(609)マンガ 『とめはねっ!鈴里高校書道部 14』 河合克敏
  この「放課後」の言葉、いいなぁ。

  せぇしゅんだよね!

  実は連載して程ないころから
  その存在は知ってたんだが、
  内心、書道マンガねぇ・・・(~_~;)という思いがあって
  読まずにいたけど、
  全巻読んだ今、もったいないことしてたな、と思う。

  最後、すごくうまくまとめてきて、
  卒意の書にしろ、ただ一本の線にしろ
  思わず「うぬぅ・・・やるのぅ」とうなってしまった。

  古人から学んで、研鑽して、積み上げて、
  その上で表現する。

  簡単なようで簡単じゃない道。
  ちょっと書道を見直しました。

(610)マンガ 『わたしのせんせい』 小川彌生
  腐人はこれ、てっきり、
  小川さんのスケートエッセイかと思ってたんだ。
  なんでか知らないが。

  それが・・・これか・・・
  あまりのアホさに笑ってしまった。

  どーでもいいけど、触手って、
  「同時にいろんなことをやりたいのに
   なんで手は2本しかないんだ!」
  から生まれたもんじゃないのかね?

  自分の手じゃなくてもいいなら
  多数ってのがあろうが
  や、やっぱ、そこは自分の手が3本4本あれば・・・
  という欲望からかと思ってた。

  ま、発生元がなんであれ、
  腐人はパスではないけど、
  進んで読みたくもないかな。
[ 2015/08/01 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。