或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 迷惑な人。『母がしんどい』と『僕等がいた』
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

迷惑な人。『母がしんどい』と『僕等がいた』

何度も書いてるが、
腐人はニンゲンは、動物のくせに
本能のまま生きられないよう「社会」なんつー
共同妄想をうちたててしまったがゆえに、
何かに依存しないと、正気を失うと思ってる。

なので、一番みじめなのが、
依存する先をみつけられなかった人。

次にみじめなのが、
依存する先を、「人」にしちゃった人。

なぜなら、
依存する先をみつけられなかった人は
いずれ狂うしかないし、
依存する先を「人」なんかにしちゃった人は
いずれうまくいかなくなってドボン、だから。

と思ってんだよねぇ~

なんで「人」への依存はうまくいかないなんて言うの!
とかゆーご意見もあるかもしれんが、
断言してもいいけど、絶対うまくいかないよ。

だって、そうやって依存する「人」は、
自分とは別の人格なんだもん。

感情も知恵も力ももってるんだから、
当然、自分の思うとおりにならないし、
いくら言っても自分の気に入らんことするし、
期待はいつでも裏切られる。

っつか、それが当たり前なんで、
そうじゃない、いつかわかってくれるはずなんて
思ってるほうが間違い・・・
ってのは、
腐人にとっては自明の理なんだがなぁ・・・。


まず、カウントいっとこーか。

●24日
(690-697)マンガ 『僕等がいた 9-16』 小畑友紀

『母がしんどい』は昨日ちょろっと触れてるので
書誌情報はそちらでどうぞ。

ちなみに以下、面倒くさいので
『母がしんどい』『母』
『僕等がいた』『僕等』
に略させてもらいますね。

このどっちもが、腐人にいわせりゃ
迷惑な女が、母親になる適性もねーのに
エゴの赴くままに、ガキを産んだおかげで
被害にあってる人の話だな。

うわーそこまで言うか・・・。

ってか、特に『僕等』については
「そんなんじゃない!」とゆーご意見がでそうだが
でも、実際はそうなんだよなぁ・・・。

アホ女が、孕めるからってだけで
考えナシにガキを産まなきゃ、不幸は起こってない。
以上、なのよ。

ホントにねぇ・・・
親の資格試験と審査に通った人にだけ
生殖機能を貸与するようにならんかな。
『26世紀青年』が笑えなくなってってるぞ。


ってのをひとまずおいといて。

まず『母』から、
ざくっと概要を説明しましょうかね。

これは、娘の立場の方が
母について書いた本。

感情反応のみで生きてるような母。

認知的複雑性が低く
視点取得ができておらず。

コンプレックスが強いがゆえに
常に被害者意識が先走り、
分厚い自己愛の壁を周囲にはりめぐらして
他者の話に耳を傾けない。

自己誇大感があり、承認欲求が強く
ゆえに報われてない感が常にある。

まさに過剰反応をする人、そのまま。


もしこんなのが近くにいたら、
かかわらないようにする、が一番。

だが、それが親だと子は逃げられない。

・・・本当は、逃げられなくもないんだけど
それには、知恵と、強い意志がいる。

知恵の点でいえば、
自分から児童相談所にいった子供もいるし
15になりゃ、養子先を探して、
養子に出ちゃうこともできる。

ここは入手する気があれば入手できるもんだから
その知恵の有無は、
どんくらい逃げたいと本気で思ってるかだろな。

問題はどっちかっちゅーと意志だろなぁ・・・。

こーゆー人たちって、ゆーなりゃ
生まれたときからマインドコントロールうけてるよーなもんで

「親を捨てたい」
  →「だれがここまで育ててやったと思っているんだ
    この恩知らず!」
  →「今のあなたがあるのは親のおかげでしょ」

といった、
言われ続けた呪縛に囚われてしまってたり
正論による言論封鎖にあって
「逃げる!」「捨てる!」って意志を
貫き通せないんだよねぇ。

母を捨てました、
絶縁しました、
とかなんとかいいながら、
連絡があると、でちゃったり
荷物がくると、うけとっちゃったり
病気になると、見舞いにいったり
子供ができると、連絡したほうがいいんじゃないか
とか思ったり。

正直なところをいえば、
腐人にはその感覚がわからない。

へ?
なんで対応すんの?
なんで無視しないの?
それで絶縁っていってんの?
それ、おかしいよ。

と思うんですよ。

腐人自身は恵まれて育ったので
親を捨てたいとは思わないんだけど、
実は、人を切り捨てまくってきている。

まぁそれは転勤族という環境によって
人を、土地を、しがらみを、切り捨てることに、
まったく抵抗がない性格だ、ってのが1つ。

あとは、地元やらフルサトやらがないもんで、
引越し1回で、簡単プーに
人間関係を整理できる、ってのが1つ。

またそのやり方も熟知してる、ってのが1つ。

こういう状態だったらね、
疎遠や絶縁にいちいちお伺いなんてたてないし
(発言小町に多いんだ・・・なんで訊くんだろ・・・(~_~;)?)
立つ鳥跡を濁しまくってトンズラすることも
そーっとフェードアウトすることも
自由自在に成し遂げられるの。

んでもって、自分が必要な人とだけ、つながる。

はっきりいって自分に本当に必要な人ってさ、
実は、片手か、両手しかいないもんなんだ。

でも、そこを間違ってるのか、
わからないふりしてんのかわからんが
アホみたいにアレもコレもソレもドレも
「大事にしたい友達だし!」と
ゆってんのがいる。

まー大抵そーゆーのは、
ただ単に「人から嫌われたくない」病に
かかって、
自分に都合のいい妄想に
酔っ払ってるだけなんだけどね。


腐人がこの『母』を手に取った理由は
「親と絶縁する方法がかいてある」
と小町で紹介されてたからだ。

腐人の知識には、
親との絶縁方法というのがなかったので
はて、どんなものか?と読んでみたが・・・
へ?
これのどこに絶縁方法がかいてあんの??
というのが正直な感想だ。

もっとばっさり切り捨てられる方法が
書いてあるのかとおもったのに・・・。

遺産もなにもいらんから、
もう二度とこいつとかかわりあうことがないようにして!
仮に、犯罪をおかしても、生活に困窮しても、
どっかで病気になっても、死体になっても、
こっちには一切問い合わせすらかかってこないようにして!

って方法は、ないんかなぁ・・・。

というのも、知り合いに、このままいったら
あの毒親に人生すべてを食いつぶされるんじゃなかろうか・・・
と思う子がいるんだ。

その子が逃げられる方法があれば
知りたいんだがなぁ・・・。


残念ながらそういう方法はなさげなので
そうなってくると、絶対に断ち切る!と決めて、
すべてをシャットアウトするか、
のらりくらりでフェードアウトするかになるが、
家族と縁切りなら、前者のがいいんだろうな。

じゃないと、いつまでもゆり戻され、
振り回されつづけることになるから。


では、そのときに生じる罪悪感と
どうつきあえばいいのか。

これは『僕等』にも関係してくる話なんだが
1つは時間だよな。

ありがたいことに
ニンゲンは忘れることができる動物だ。

そして、記憶ってのは思い出そうとすれば残るが
そうしなければ自然と消えていく。

思い出すことがないぐらい
現実生活を忙しくすりゃいいんだよ。


2つめは、自分をろくでなしのクソだと思え、かなぁ。

だってさ、その罪悪感って、
結局、自己憐憫だよ?

死んじゃった人は戻ってこないし
ゆっちゃった言葉はなかったことにはできないし
やっちゃったことも同じくだ。

そこでやってる後悔なんて、
「ワタシかわいそー」の涙でしかない。

いい子になろうとしてはダメ。
ワタシは、間接的にヒトゴロシをした
ひとでなしの、ろくでなしの、クソなエゴイストです、と
それを受け入れればいいんじゃねぇの?

責めるとか、そういうんじゃないの。
自分の罪は罪だと認めるの。
自分のエゴを認めるの。

罪人としての自分を認めてやって、
その十字架を背負いながら
これからどうやって生きていけばいいかを考える。

そこで幸せになっちゃいけないと
思う人もいるだろうし
もう二度と同じ後悔をしないように生きようと
思う人もいるだろうし
その分、誰かのために尽くす人生を送ろうと
思う人もいるだろうし
そりゃー人それぞれ。

それぞれが考えて考えて選んだ道をいけばいい。

そんだけだと思うんだがなぁ。

死んだ人は生き返らない。
でも生きてる人は、
これからも生きてかなきゃならない。

ではあとは、どうするかを自分に問え、
だと思うんだがなぁ。

・・・といった辺りで、
本日のメインテーマを終了し、
マンガとして、『僕等』をどう思ったかを書く。

はっきりいって、1,2巻のあたりは
挫折しそうになった・・・。

だって!
発言小町で
「ワタシわるくないですよね?」
とか
「非常識な妻をなんとかしたい」
とか
「非常識なんでしょうか?」
ってトピたてるよーなキャラばっかなんだもん!!

いろんなとこがユルイ
アホとバカしかおらんのか・・・(ーー;)
と思ったよ。

ちなみにこーゆーの書く人のほとんどが
「トピ主が悪い」
「非常識なのはあなた。奥さんは正常」
「非常識です。トピ主にびっくり」
というレスのオンパレードになる。


ただまー 
読み進んでいくと
「客観性が入れば恋は終わり」
「愛は努力でなんとかなる」
ってなのがあって、
なるほど、周りの迷惑かえりみず
客観性なんかそっちのけで、
感情反応のみでつっぱしる「恋」を描きたいのか
ってのがわかってきた。

ならば、腐人なら絶対に近づきたくない
非常識な自己中ニンゲンばっかでも、しゃーないね。

でもさー。
「恋愛」はいいんだよ、それでも。
頭にお花さいてたって。

でも「結婚」は違うでしょ。
生活でしょ?
人生かけた博打でしょ?

どー考えても、竹内のがお買い得だろうに・・・。
ギャンブラーだな・・・。

あーでもなぁ・・・
竹内は、外資のコンサルか。

自分がバーンアウトするか、
うまく生き延びられるか、
もしくはある日突然、
「あれ?すみません、社員証が通らないんですが」
「え?ああ、こちらの社員証の方は
 本日からはこちらの部屋で
 次の就職先を探していただくことが業務になります」
のどれになるんだかなー。

がんばれー。


昨日は、あと
(698)BL/ソフトカバー 『灼視線-二重螺旋外伝』 吉原理恵子
があるんだが
体力つきたので、また今度。
[ 2015/08/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。