或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 類人猿分類の話
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

類人猿分類の話

質問1)
感情を表に出すほうですか?
それとも出さないほうですか?

質問2)
大切にしているのは、
物事を追求したり、成果をあげることですか?
それとも
安定、安心を維持することですか?


っちゅー、2つの質問の答えによって、
自分の類人猿パターンがわかるらしい。

ちなみに、ネットで類人猿分類診断といれると
これを提唱された方のサイトがたぶん一番上にでてきます。

そこで診断をやっとるんですが、
さらにもう1つか2つ質問があったと思う。

ご興味ある方は試してみてください。


で、パターンの答えを書くと、

●感情をだす、成果をもとめる →チンパンジー

●感情をだす、安定をもとめる →ボノボ

●感情をださない、成果をもとめる →オランウータン

●感情をださない、安定をもとめる →ゴリラ

となるそうだ。


腐人がこれを知ったのは、テレビでみたから。
「ガイアの夜明け」だったかな。

エブリイというスーパーがこれを人材研修にとりいれて
それぞれの性質にあった指導や業務の任せ方をしたところ
業績がのびたってのをやっとったんですわ。

もうちょい詳しくしりたいなってことで
先日、本を読んだが、いまいちで。

どーせなら昔はやった
『B型自分の説明書』みたいに
わかりやすく書いて欲しかったな。

っても、あの自分の説明書、
全血液型を読んだが、
その後、役に立ったかと言われると
はなはだ疑問・・・(~_~)。

そういう本じゃないよな・・・。

ご興味ある方は、ご自身で掘り下げていただくこととして、
腐人自身の感想を書くことにしよう。

上記のサイトで診断をしてみると
腐人はチンパンジーとでる。

ただ、チンパンジーとは・・・ってのをみると
自分としては、ちょっと違和感。

ってのも、チンパンジーってのはこんなのだそう。

-----------------------
勝ち負け重視の積極屋

情熱的で積極的に行動するので、
新規出店や企画リーダーにむいており
その社交性からまわりをまきこんで
ぐいぐい前にすすめるのが得意。

ただ、思うようにいかないと感情的になりがちで
ほめて欲しい、めだちたい欲が強く、
客観的に物事を考えることを癖付ける必要がある。

またルーティンワークがキライで手抜きをしたり
突発事態への対応力があるので事前準備を怠りがち。
------------------------

ざくっとまとめただけなので、
詳しく正しく知りたい方は、ご自身で調べてね。

あたってるとこもないわけじゃないが
外れてるとこのが多いかなぁ。

腐人は考えてるより行動なとこは確かにあるが
それはただ単に
「うだうだ考えるのが面倒」だからだ。

同様に、面倒なので人付き合いは必要最低限にしたいし
ビジネス以外のおつきあいなんて
謹んでお断り申し上げたい。

目立つことにも褒められることにも興味はなく
むしろ、ほっといてくれるのは大歓迎。
一人遊びは大好きだ。

単純作業やルーティンは好きじゃないが
二度手間三度手間となるのは面倒だから
事前準備は怠らない。

そういうことを考えると、
なんかちょっとチンパンジーではない気がする・・・。

では、なんだろう・・・?

うーん・・・でも、ボノボとゴリラは、絶対にないな。
※ボノボとゴリラがどういう特性があるかは
 知りたい方は、ご自分で調べてねー。


すると、オランウータンは?

-----------------------
職人気質のこだわり屋

客観的に物事をとらえることに長けているので
戦略立案、数字分析にむいている個人主義者。

そのため他者とのコミュニケーションはあまり得意でなく
論理的に正しいと、周囲をかえりみず
それを押し切るところがある。

また、他者の干渉を嫌い、
納得ができないと動けないところがあるので
行動が遅くなることがある。
------------------------

これもまた、あたってるとこもあるし
そうじゃないとこもある。

分析は好きだが、飽き性なので続かない。

1点集中で、職人のようにつきつめられるかったら
絶対無理!
あれは、腐人にとっては
アコガレの世界で、やりたいorできる世界じゃない。

でも個人主義者で、他者の干渉を嫌うとこは合致。

「他人が
 「自分の世界」「自分の時間」を
 乱してくることを嫌う」
は、まさにそう!!

腐人がマンガやBLを読みふけってるときには
話しかけてくんな!!オーラがメラメラだ

でも行動は早いかなぁ。
考えることにすぐに飽きて面倒になり
とりあえず動けば、なんか結果がでるだろ、とか思って
後先考えず動くとこはある。

んで、血族から言われるんだ
慌てる乞食は貰いが少ない、とか
もうちょっと考えてから動け!って。

うーん・・・ってことは
腐人はチンパンジーとオランウータンのあいのこなのか?


ま、自分がどうであるかはさておき、
この人となかなかうまく仕事ができないなと思ったときには
この類人猿分類を思い出し、
アプローチの仕方を変えりゃいいんだよな。

一つの指標として、参考にしよーっと。

・・・ただし、覚えていられればだが・・・(;一_一)。

※参考
エブリイさんのホームページ

それぞれの性質分析などはここに記載のものを
腐人編集で書いております。
「」でくくってるものは、そこから引用させていただきました。
以下、読書録。

まず放置物件。
(698)BL/ソフトカバー 『灼視線-二重螺旋外伝』 吉原理恵子
  ようやく発見・・・。
  っちゅーか発掘?

  これの何が読みたかったかっちゅーと
  加々美とまーちゃんの
  ボーイ・ミーツ・ボーイ。

  ・・・って、加々美がボーイかどうかは
  考えないってことでヨロシク!

  若いうちに、短時間で、合法的に稼ぐ方法って
  金がもらえそうな容姿なら、めざせ芸能界?
  そうじゃなくて、かつ、元手があるなら株なのかね?

  どっちも水物だが、ピケティさんによれば
  労働収入のUPは、物価のUP(つまり支出のUP)と
  ほぼ変わらないが
  投資収入のUPは、それを凌駕するらしーんで
  後者のほうが金持ちになる・・・はず。

  でもまー、給食費すら困窮してる世帯が
  株なんて手をだせないわなぁ。

  ただもうそろそろ、
  まーちゃんはモデルで稼いだ金を
  運用にまわして、
  ナオといる時間を増やしたくなってるかもしれんね。

  メンズモデルはそもそも需要が少ないし。

  ただ、女は年齢かさねるとすぐ劣化劣化といわれるが
  男は渋みを増したとかいわれて
  俳優業とかみてると、
  男のが寿命が長い気がすんだよねー。

  どーでもいいけど二重螺旋シリーズを読み返すと
  「スタンド・イン」と「体験学習の三日間」のCDが
  ききたくなるー!!

  でも、入手を逃した今、プレミア価格になっとるんで
  価格をみたら、即ED・・・。

  お願いですから、吉原さん、キャラさん、
  この脚本を、本にして販売してください。
  待ってますんで!
  
●25日
(699)マンガ 『国家の猫ムラヤマ 1』 カレー沢薫
  いやー・・・こーゆーの好きだわ。

  ただ、1個1個は、わはははと笑いながら読んだんだが
  だから何?って気はしなくもない・・・。

  ま、風刺ってそういうもんだよね。

  ぜひとも
  「東京オリンピックは返上したほうがいいんでないか?」
  をやってほしいなぁ。

  ちなみに、これ発言小町であがってたんだ。
  なかなかおもしろかったざんす。

  でも、実際んとこ、今から返上されても
  じゃぁと託された次の方が、えれー迷惑だよねぇ。

  やめるならもっと早く言えよ!
  こっちの準備が間に合わんじゃないか!
  って感じ?
 
  個人的には、
  「すべての物事(税金、社会保障も含む)は
   やりたいといった人たちだけで、
   やりたいと思ったことをする社会にならんかな。」
  であるが。

  なんでやりたくないといった人までもが
  まきこまれにゃならんのか?
  腐人はそれが常々不思議。

  手厚い社会保障だって、
  それが欲しい人たちと、それをあげたい人たちだけで
  やっとくれと思うんだよ、うん。

  と、血族に言ったら、
  「それが民主主義だ」
  と言われた。

  どなたかもっといい主義を考えてくれんかのぅ・・・。

(700)マンガ 『羊の木 1』 山上たつひこ、いがらしみきお
  ちょっとびっくりした、このマンガ。

  前からこの、主張がないのに
  妙に気になる表紙には
  どこかひっかかるもんがあったんだ。

  たまたま図書館で1巻をみつけ
  「ラッキー♪」と思って読んでみた。

  なんだろう・・・
  このもぞもぞするような居心地の悪さ。
  
  周囲をめぐらす壁のどこかに
  爆発スイッチがある、かもしれない
  という状況で、
  ぐらぐらするバランスボードの上に
  立たされてるような感じ。
 
  どこかに手をつきたいけど
  ついた瞬間、爆発するかもしれない・・・。

  読んでると、そんなぞわぞわ感がつきまとう。

  1巻巻末の対談で
  更生とはとか、地域社会問題がといったことを
  論じるつもりはないといっておられた山上さん。

  腐人はつい、テーマや結論を求めてしまうんだが
  そういった論を前提としたお話とは真逆のコレ。

  いかん・・・
  怖いんだけど・・・
  なんか気持ち悪いんだけど・・・
  続きが気になる。
[ 2015/08/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。