或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 現実逃避
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現実逃避

(260)マンガ 『ライアー×ライアー 4』 金田一蓮十郎
  次巻の予告で、二重恋愛ってあったが、
  二重?たったの二重じゃなかろうよ、これ・・・。

  なんか結論はでてるような気がするんだよな。
  でも、ここまでもつれまくると、
  じゃぁ、そこに至るまで、どんだけぐちゃぐちゃになるのか。
  でもって、どうほどくのか。

  それが気になる。

  そして周先輩も・・・。

  ストーカーって、大きな事件になってるのが
  男性のものばかりだから、そっちが多いと思われがちだが、
  実のところ、数としては女性のが多い。

  女性だから、暴力的な方向にいかないだけで、
  待ち伏せとか、ポスト荒らすとか、執拗なメールや電話ってのは、
  けっこうな被害になってるらしい。

  だ、大丈夫なのか・・・
  こんな生きた美形武将になっちゃって・・・。

  どーでもいいが、手土産の金平糖。
  まさか、緑寿庵清水!?
  袋が似てる・・・。

  もしそこのなら、こんな盛りでばくばく喰うのは
  もったいなさすぎーっ!!

  腐人にくれ。

(261)マンガ 『銀のスプーン 6』 小沢真理
  このれんこん、食べたいなぁ・・・。

  ってことで、総料理長にそれとなくレシピを読み上げてみた。
  すると。

  「美味しいよね。でも、タレなしでもいけるよ。
   それにブタより鶏のが、いいかも」
 
  という。
  なら、作ってよ!とゆーと、
  
  「レシピあるなら、自分でやんな」

  ・・・ううううう・・・
  人に作ってもらうからいいんじゃん・・・(/_;)

  それにしても、急展開というか、こうきたかというか。

  でもって、こうこられると、
  腐人は絶対に目が離せないんだってー!
  うわーん!だめよ、こーゆーの!!

  っつかゆっちゃなんだが、
  こーゆー女に生殖機能をもたせない法ってできねぇのかな。

  腐人が法ならやっとるな。

(262)マンガ 『暗殺教室 2』 松井優征
  真の敵、登場??

  となってくると、実はこのマンガのテーマは
  教育論だったりするのか?

  なにはともあれ、ゆっときますがジャンプさん、
  このマンガは引き伸ばしちゃダメですよ。
  
  1巻にあるけど、この限られた時間、限られた舞台である、
  ってことこそが、これがおもろい点の1つなんだから。

  延ばせば、ダレる。
 
  もったいないぐらい凝縮させたほうがいいと思うな。
  せっかく、つかみがよかったんだから。


  でもって、2巻の見返しにあった「やる」という言葉の話。
  確かにね、いろいろとれるよね。

  腐人はある方向に非常に特化した傾向で、
  この「やる」という言葉を使いますが(わかる人はわかるでしょう)、
  たしかにいろいろとれるんで、言葉遊びができるわな。

  
  教育はどうあるべきか、ってのは、正直よくわからん。

  しかし、先日、時間切れでナナメにすらも走破できなかった
  フィンランドの教育を紹介してた本
  『フィンランドはもう「学力」の先を行っている
   人生につながるコンピテンス・ベースの教育』

  っちゅーのがあって、
  パラ見だから、正しく知りたい方は読んでください、だけど、
  これからの世界を生き抜くにあたって、
  まさにこういう教育をせんといかんのでは?と思ったよ。

  点数を、偏差値をどうするか、ではなく、
  自分で考えて、実際にやって、
  本当に使える知識と知恵と技術を身につけていく。
  そして、それを生涯つづける。

  働くにあたって、得たい知識や習得したい技術があれば、
  教えてもらえる場があるのだ。
  たとえ外国人でも。

  自分で考えて動ける人材を育てることこそが
  国力につながると、フィンランドはわかってんだね。

  実際、学校を卒業したら勉強せんでもええなんてことはないのに、
  むしろ、社会にでてからこそ勉強せにゃいかんのに、
  最近の日本は、なんかそうじゃなくなっている気がする。

  腐人が一番あきれたのが、若い子が就職したあと、
  仕事に関係する勉強を就業後、自宅でやってくるようにといわれ、
  これって残業じゃないのかとほざいたこと。

  ××か?

  このコロセンセーの授業でも、
  この子らのこの先の人生で一番役に立つ勉強は、
  「どうやって先生をやればいいか」を考え、
  実践させてるところだろう。
 
  失敗を積み重ねさせ、工夫を考えさせる。
  挫折をしってるから、打たれ強くなるし、
  次こそは!と思える人になる。

  たぶん、今はそのありがたみを
  わかっちゃおらんだろうけどねー。

  これ、現代教育への警鐘論として読むと、
  また別のおもしろさがあるかもしれないな。

(263)マンガ 『この音とまれ!  1』 アミュー
  いや、もうなんつか、王道なんですけど・・・。
  王道だからこそ、ツボるんだって!!

  特に、哲生・・・。
  
  腐人は、スラダン(あえて略してます、以下同)で、
  ハナルでもセンルでもなくヨーハナだったのよ!
  あと、マキウケ(わかる人だけわかってください)。

  にしても、3バカといい、
  ヤバいぐらいに、キャラかぶり・・・。
  メガネ君もいるし。

  いかん、いかんよ、このマンガ・・・。
  2巻出るのは、いつですのっ!!!

  
  どーでもいいが、腐人はお菓子につられてお茶を選んだ人なので、
  筝のことにはくわしくない。

  しかし、友達がそっちをやっていて、
  かなりの腕だったらしいんだが、
  昔、話をきいたとき、昇級、昇段のテストのときに
  三味線がいるから、そっちもやってるよ、とゆーていたが、
  流派が違うんかしら??

  弾けりゃかっこいいなぁと思うものの、
  この大きさみると、それなりのお家じゃなきゃできねぇなこれ・・・
  ってのが率直な感想だ。

  音色は好きなんですけどね。
  とくに多重音の。

(264)マンガ 『マギ 16』 大高忍
  これもまた、話が一段階、進んだな。

  こーゆーの読むと思うんだけど、
  理想郷ってなに?
  どーゆーのを理想郷っていうの?

  昔は、漠然と「そこにいる誰もが幸せな状況」がそうなんだと思っていたが、
  この歳になってくると、
  「誰もが幸せ」が、必ずしも共存・共感できるとは限らん
  って事実に気づく。

  ものごっつい極端な例でいえば、
  殺人マニアの理想郷は、いくらでも人を殺していいって環境だろうが、
  そこに非暴力こそ理想ってのがいたら、
  もうそれで皆が認める理想郷ではないってこと。

  なんか例えの前後を逆にしたら、ありえん前提になっちゃたが、
  まぁ、言いたいことはおわかりいただけたかと。
  
  結局、人の価値観は千差万別だから、
  人が努力して、配慮して、ちょっとづつ我慢してできる環境が
  理想郷になるのかな。

  そして、同時に、皆がそれぞれ不満を抱くとゆー
  不毛地帯となりはてる・・・
    ↑
   それゆっちゃ終いだろ!

  夢を壊すな!腐人!!
  
(265)マンガ 『神様はじめました 15』 鈴木ジュリエッタ
  ちびぃのがいいのにー!
  でっかくなるんじゃねぇ!!!

  にしても、こうなってくると、
  神堕ちとの約束した「雪路」はどっちをさすんだ?

  ってのも、古来、こーゆー神様との約束(契約)は、
  言葉が重要なんだよな。

  ま、それで往々にして、人間がずるっこして、
  神様にへへへーんとやるパターンが多いんだが。

  ふむ・・・これを知るまでやめられんじゃないか!

  腐人はこーゆー自分設定世界マンガは、
  だいたい途中で読むの飽きるんですが、
  これは読んじゃうなぁ・・・。

(266)一般本 『戦略的「節税」経営』 越田学
  知り合いの税理士に、こんな話があるよといったら、
  非常に興味をひいてました。
  ただ、いくつかひっかかるところはあるようでしたが。

  毎年やってくる決算で、なんかいい節税方法ないかなと思ってる方や、  
  そろそろ70歳ぐらいになるオーナー会社の方で、
  後継者に譲るのに節税したいと思ってる方には、
  とても参考になるかと思います。

  詳しい内容については、こんなところで言える話じゃありませんので、
  ご興味を抱かれた方は、ぜひご一読ください。


●21日
(267)BL/セシル 『スキャンダラスな旦那さん-お隣の旦那さん 12』 桑原伶依
  みーくんみたさで読んでるので、
  12となってるが、いくつか飛んでる気がする。
  でも、全然読めるからいっけど。

  っつか、これ、書いたきっかけがあとがきにあるが、
  正直なところを言えば、
  コーイチくんを15歳以下の女の子にしちゃっても
  全然いける話なんだよな、これ。
  
  だって、思考のベースが、バリバリ保守なんだもん。

  なので、BLとしてみたときは、  
  結局、その壁を超えられないんだなーと思っちゃうわけですが、
  いいのだ、これはみーくんのかわいさを読む話だから。

  しかしひらがなとカタカナだけの会話って、
  むちゃくちゃよみづれぇ・・・(-_-;)
 
(268)マンガ 『世界の果てでも漫画描き 3 チベット編』 ヤマザキマリ
  ヤマザキさんの著作は、腐人は活字も手を出してるので、
  ん?このネタどっかでみたぞ?
  ってのが、わりとでてきた。

  まーネタの宝庫な人だが、こんだけ書いてればカブってもくるわな。

  それにしてもデルス君は、もう大学かー。

  って、一面識もないんですが、
  こーゆークリエーターの下に生まれた宿命で、
  勝手にネタにされ、
  知らない人たちに、その生態を知られてるとゆーアレで。

  ま、昨今はブログだなんだで、
  自分の子供の生態を晒す人が増えたから、
  クリエーターの子だけの話じゃなくなってきたが、
  どーなんだろねーこれ。

  恐らく世界で一番有名な子供だった
  クリストファー・ロビンさんは、いろんな苦労があったと、
  後年、吐露されていた。

  だろうなぁ・・・。
  腐人だって、クリストファー・ロビンは聖域にいるもん。


  どーでもいいが、ヤマザキさんの著作を読み出してから、
  イタリア人のイメージがかなり変わったのは腐人だけでしょうか・・・。

  BLで金持ちとしてでてきても、
  超いい男としてでてきても、
  「うっそだー」とか思ってしまう・・・。

  夢をみさせて!!!

(269)マンガ 『星の散歩』 藤末さくら
  なんか、全部で死んでない??

  死については、腐人もよく触れるテーマなので、
  ふーんと思うが、いかん・・・あまりにもサラサラしてて、
  ご自身が拾った猫の話しか、思い出せない・・・。

  すみません・・・。




日常雑記に触れると、現実が戻ってくるので、
今日は、本の話だけー。

パニックまだまだ継続中・・・(T_T)
[ 2013/03/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。