或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 何が足らないんだろう・・・
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何が足らないんだろう・・・

惜しい!
あと1歩届かないのが悔しい!

そんなアルゼンチン戦でしたね。

うーん・・・イタリア戦みたときは、
明らかに4点なり5点なりが追いつけない
地力の差を感じたけど、
正直、アルゼンチン戦はそうでもなかった。

だからこそ!
セットが欲しかった(>_<)!
よね・・・(T_T)

トータルとしてはさ、
もし、どれか1つでもセットをとれてたら
流れが変わったかもしれないと思えるぐらい、
差が無かったと思うんだけど
結果は結果。

なぜ、あの、あともう1点、2点が届かなかったのか。
この先、世界の頂点目指すなら
その分析が重要な気がする。


率直な腐人の印象としては、
アルゼンチンのバレーって、
「やらしぃバレーすんのぉ、あんたら・・・(~o~)」
ってやつである。

やらしいってのは、スケベって意味じゃなく、
関西弁でつかう「やらしい」。

そのニュアンスは、
小ずるい、性格悪い、小細工が多い、ケチ、
そんなとこですかね。

力あんねから、そこはズバッとスパイクでくりゃええのに
なーんや、やらしい返球しくさってからに・・・
って感じの攻撃がすごく目に付いたんだ。

これって、単なる1ポイントの争い、
ってだけじゃなくって、
こちらのリズムを狂わされるとこあるやん。

おいっちにおいっちにって行進してたとこに
急にワンツースリー、ワンツースリーって
ワルツがかかるような。

そうすっと、足があわずに
たたら踏みそうになるやん。

そういうので
ただ1点を失うだけじゃない影響まで
考えてんのかなぁ?

途中、あれは第2セットやっけ、
アルゼンチンのテンポに引きずられて
日本も攻撃を焦ってしもてたとこなんかも
アルゼンチンに主導権を握らせてしもた感がある。

今、読書録で後日まわしにしてる
『FBIプロファイラーが教える「危ない人」の見分け方』
って本があるんですけどね、
そこの「危ない人」の分類の中に
「プレデター」ってのがある。

簡単にいうと、サイコパス。
計算高くて日和見主義、薄情かつ冷淡、
極端になると良心がなく、非常に危険な
「すべては俺のためにある」と考える人なんだけど
そういう人は、
相手の時間や心、感情を支配しようとするんだそうで。

具体的に言うと
今、契約しないと!とか、ここで決めてくださいとか、
急がせたり、すぐに結論を出させたりして、
自分の思い通りに物事を進めようとするのね。

まーよくあるのが結婚や契約書へのサイン。
ここでOKしないなら、もう別の人んとこ話もってくし
と、せかしてプレッシャーをかけ、
相手に考えさせないようにするんだ。

アルゼンチンのバレーボールの思考は
なんか、この一般人に理解できない
危ない人な匂いがする・・・。

それに対抗するにはどうしたらいいかといえば、
相手のペースに引きずり込まれることなく
ゆっくりと落ち着いて進めることが重要になる。


その辺の駆け引きが弱かったのかなぁ?

・・・まぁ、プレーやメンバーみてると、
腹黒さが足らない感じはする(^_^;)。
バレーにひたむきに、真面目に取り組んできた
って感じの方、多いからな。

でもこれって、裏を返すと、
そんなに体格的に恵まれてないアルゼンチンが
世界で勝つために編み出した
頭脳戦でもあると思うんだ。

そういう意味では
日本が学べる、参考にできるところが
あるんじゃないのかな。


そういえば、今日は
石川くんのサーブの精度があがってたね。

春高んときは、
こんな感じでバシバシ決めてて、
レシーバーかわいそう・・・と思ったもんだ。

特にあの第3セットで7番(すんません、名前わからん)の
アルゼンチンのエースを狙い打って、
最終的にコートから追い出したやん。

あれがええねん!
サーブでの1点以上の価値がある。
あーゆーポイントとっていきたいよなー。

ワールドカップって、世界相手に、
自分の技術がどこまで通用するのか試せる
絶好の機会だと思うんだよね。

もうここまできたら守りに入ってもしゃーないじゃん。

リオにいきたいなら、
次のチャンスこそ絶対つかむために
試してみたいと思ったこと全部やりきるつもりで
試合に臨んで欲しいなぁ。

さ、明日、明後日は厳しい戦いになりそうだが、
相手から学べるもの、奪えるものは
どんどん吸収してってねー。


ってことで、本日も読書録はカウントのみ。
(773)一般本 『老人たちの裏社会 万引き、暴行、ストーカー、売春…他人事ではない長寿社会のリアル』 新郷由起
  これもなかなかな内容なので
  後日あらためます。
[ 2015/09/21 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。