或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> チビネタ&読書録 > 続きが気になる、でも怖い
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続きが気になる、でも怖い

週末テレビっ子だった理由の1つに、
アメリカの人気ドラマ、
「CSI:科学捜査班」ってのがありまして。

それが15シーズン(要するに15年連続放映)をもって
終了する記念に、誰がどういう基準で選んだか不明なベスト20の
エピソードを一挙放送ってのを、連休中にやっとったのだ。

アメリカのドラマってのは、いつまで放映するかってこと自体が
全く決まってないそうで、
視聴率がよきゃ続く、悪きゃ終るという、
まるでジャンプの連載のようなスタイルらしい。

そんななかで15年続くってのは、質がいいってことでもあり、
警察の鑑識の話なんだけど、なかなかおもしろい。

そして、いつ終わっても言い様に、なのか、
どんな難解な殺人事件でも、長くて2話で方が付き、
大抵は、1話(50分)できっちり事件が解決する。

と、家事をしながら流し見するには、
もってこいのドラマなのだ。

ということで、
腐人は50分×20話分、録画しとったんですな。
何かの時に観ようと思って。

ま、それはともかく。

バレーも終わったし、ラグビーも観たし、
ってことで、
もやしのヒゲ根をプチプチ掃除しながら
土曜の夕方に、ダラダラ流していたんですよ。

したら、そこに姫がやってきまして。

鑑識のドラマだから、チャンチャンバラバラ
ズキュンバキュン、ボカスカ流血というシーンが、
そうあるわけじゃない。

が、舞台がラスベガス、ということもあって
エロいシーンや、マフィアだのがでてくるし、
鑑識だから、死体はゴロゴロでてくるし、
ときにはスープやミンチになってるのも写る。

そーゆー話だったら、
さすがの腐人も6歳児への配慮をしますが、
そのときやっていたのが、こーゆーお話だったんすよ。


精神的にいっちゃってる連続殺人鬼の女が
CSIのメンバーの女性に目をつけた。

そして、その彼女を誘拐し、
車の下敷きにして砂漠へ置き去りにした。

その後、殺人鬼の女は捕まり、
同時に、同僚の誘拐を知った他のメンバーが、
女を尋問するが、まともな答えが帰ってこない。

仕方なく、残された証拠から
必死で誘拐されたメンバーを探すCSIの面々。

一方、誘拐された女性は、
なんとか自力で車の下敷きから抜け出したが
周りは見渡す限り同じような風景が広がる砂漠。

仲間たちがみつけてくれるはず!と思いつつ、
助けを求めて、砂漠から抜け出そうとするも、
腕は折れ、飲まず食わずでフラフラだ。

双方の距離はどんどん近づきつつも、砂漠は広く
ようやく目印をみつけたと思ったら、
別の行き倒れ死体だったりして、
ハラハラ、ドキドキが続く・・・ってシーンだったのよ。

だから、ま、いっかなーと、
そのままつけっぱなしにしていた。

すると、気になったのか、
姫が腐人に説明を求めてきたので
「このフラフラしてるお姉ちゃんが
 知らない人に誘拐されて、
 だーれもいない砂漠に置き去りにされちゃったの。
 それで、皆が一生懸命探してるの」
と、超簡略説明をした。

したら
「誘拐ってなに?」
と、きいてきたので
「姫がね、幼稚園からおうちに帰ろうとしてるときに
 知らない人が声をかけてきて
 おうちじゃないところに連れてっちゃうことだよ。」

ちょうどいいやと思い、
「姫、知らない人についてくと、こんなことになるんだよ。
 知らない人にはついてっちゃダメなんだよ」
とレクチャーしとく。

すると、ママから言われてるんだろう
「うん、知ってる!」
と、よい子の返事がかえってきた。

ドラマは、みつかりそうで、みつからず・・・
ってのが、繰り返され、
姫はテレビ画面から目が離せない。

どんくらい状況わかってんのかな?と思ったので
「あのお姉ちゃんね、
 皆が探してくれてるけど、今、ひとりぼっちなんだよ。
 ひとりぼっちってわかる?
 パパもママも、だーれもいないんだよ」
というと。

たまらなくなったのか、
「おうちかえる!」
といって、
いつもならぐずぐずなかなか帰らないのに
脱兎のごとく、家に帰っていきました。
※もちろん、一人じゃ怖くて帰れなかったので
 血族と手を繋いで帰りました


いやーやっぱ、パパもママもいないってのが
今の姫にとって、一番の恐怖なんだねー
ってなことを、
腐人家では夕食の話題にしとったんですが。

翌日曜日の朝。

ピンポーンとやってきた姫は、
腐人をみつけるなり言った。

「昨日のおねえちゃん、たすかった?」

ちょうどニュースをみてたので、
初め、何のことを聞いてんだか
さっぱりわからんかったんだが、
ああ、ドラマの話か!

あの後からずーっと気になってたのね(^_^;)

心優しい腐人は、ちゃんと「助かったよ」と教えたげましたとも。

すると、目に見えてほっとした表情をしとりました。

情緒もへったくれもない血族は、
「あのお姉ちゃんは、警察の人でしょ?
 だったら絶対助かるようにできてんのよ」
と言ってましたが、まだまだ姫は純粋さん。

そこまで擦れちゃおらんがな。

腐人自身が、こーゆー話に
いくつぐらいから興味を持ち出したかは
記憶が古すぎて思い出せませんが、
姫はベルばらも好きだし、本もよく読む。
その上で警察ドラマやスポーツ観戦を
腐人と一緒に観るようになっている・・・。

いかーん!
このままだとオタク女子街道を進んでしまうかもー!!!

ダメよー!
姫、真似るなら、ママを真似しなさい!!
こんな腐人の真似をしてはいかんぜよ!

腐人を真似たら、
人生楽しいけど、マイノリティ確定よ。


以下、読書録。

●28日
(789)マンガ 『龍の花わずらい 1』 草川為 
  一応、全巻手元にあるので
  完読してからコメントします。

  が!
  腐人の目がイカれてるのか、
  脳みそが腐ってるのか、
  それとも両方なのかもしれないが、
  これ・・・・・・某錬金術師の女体話にみえる・・・。
[ 2015/09/29 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。