或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 片付けとこうかな、読書録
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

片付けとこうかな、読書録

本日夜より、フィギュアシーズン開幕のため
それに並行してワールドカップラグビーも
中盤となってきたので、
ブログを書いてる余裕が無い。

よって、サクサクと読書録を済ませておく。

どーでもいいけど、腐人としては
フィンランディア杯も
スケートカナダオータムクラシックも観たいのに
なんで地上波のテレビ放映がないんやー!!!
うえーん(T_T)


●2日

(803)一般本 『マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015』 町山智浩
  毎度のコラム集。

  今回は、腐人の興味をひきつけるような内容は
  特に無かったかな。
  へーふーほーと楽しく読みましたが。

  どーでもいいけど、
  マリファナをやった人によって死んだり殺されたりした人と
  飲酒をやった人によって死んだり殺されたりした人って
  腐人は圧倒的に後者のが多いと思うんだけどなぁ?

  なのに、なぜ禁酒法はできないか。
  やっても無駄だという歴史があるから。

  結局、人間ってもんが
  そーゆーもんだってことじゃないの?

  本当に規制したいなら、
  やったら一発即死するように
  調合もしくは原料そのものを遺伝子操作したら
  いいんじゃね?と思うが
  それで稼ぎたい売り手たちはしないし
  仮にやったらそれはそれでジンケンガーが
  うるさくわめく。

  なら、一部の人間が、
  薬や酒におぼれた人に迷惑かけられても
  多数に迷惑が及ばないなら
  そんくらいはしょーがねぇんじゃね?
  ってことなんだろうね

(804)一般本 『闇(ダーク)ネットの住人たち-デジタル裏社会の内幕』  ジェイミー・バートレット、星水裕
  正直に言います。
  超下世話な好奇心から手に取りました。はい。

  でも読んでみるととんでもない。
  いやーちょっと考えさせられちまったですよ。

  にしても、これ、〔注〕がなきゃ読めないわ。
  炎上をテーマにしたとこなんて
  英語と日本語のネットスラングがでてくるんだが
  純真無垢な腐人ちゃんには全くわからんで。

  通常、分厚い本を読むときは、
  自分が何処まで読んだかのために
  しおりを1枚使うのだが、
  これは〔注〕がでてくるたびに後ろをみてたから
  〔注〕がのってるページ用のしおりも
  用意せねばならなかった。

  本書はいくつかのテーマにわかれてて
  まぁ、そのうちの興味ある分だけ読んでもいいのかな?
  という気はする。

  ってのも、例えば
  荒らし(炎上させたり身バレさせたりする)とか
  政治活動(っても過激な方向ね、アングラなので)とかは
  1日のほとんどをその行為に費やしててね、
  腐人にはその意味がよくわかんなかったのよ。

  だって腐人なんかにしてみたら、
  「それやんのはいいけど、
   リアルではどうやって食ってんの?」
  という素朴な疑問がわいてしまうから。

  それやって、どっかから金が入るのかね(~_~;)?

  それが生活保護とか、親や配偶者の稼ぎ
  というのではなく
  営利として機能してんだとしたら
  腐人はそのシステムが知りたい。

  思いつくのは、
  ヤのつく家業の方々が
  昔(今はどうなんだろ?)やってらした
  アレだが、アレと同じノウハウなんだろうか・・・?
  
  個人的にはそこまで踏み込んで欲しかったなぁ。
  たぶん、どこかで誰かはコレで儲けてると思うんだ。


  これまで全く興味がなかったのに、
  これを読んで興味がわいたのはビットコイン。
  
  っても、自分がしようとかではない。
  その暗号学のうんたらりあたりは
  無理!理解不能!!
  どんだけ読んでもわっかりっませーん!!って
  白旗あげたくなったもん。

  そうじゃなくってね、
  このビットコインという概念が発生した源にあるもの
  それがどちらかというと
  リバタリアン気質のある腐人には
  非常に興味をひかれたの。

  ビットコインというものは、
  「国家から通貨供給量の支配権を奪い取るもの」
  なんだよね。

  徹底した匿名性やその構造によって
  ビットコインによる取引は
  実在する個人と結びつきにくくなっている、
  ってことはだ、
  人が、国というシステムから自由になれる
  ってことだ。

  なるほど~。
  ただそうなると完全自己責任の世界になるから
  うーん・・・そこに自分の金をつぎ込めるかというと
  腐人は、完璧でなくてもいいから
  それなりに自分で構造を納得できないと無理かな。
  基本のキでいいから、腑に落ちないと難しい。

  
  そういう意味で、すげーと思ったのは
  「シルクロード2.0」という市場。
  まぁ、売ってるものは
  違法薬物やら偽造品なんだけど。
  ※普通のブラウザからは入れません

  ここのね、
  決済方法と詐欺駆除の信頼システムがすごい。

  売ってるものが売ってるものなので
  詐欺の可能性が高い。

  そのために買い手は購入した商品について
  レビューすることが義務になっていて
  「出荷までの時間、商品の質と量、
   売り手の提供したカスタマーサービスについて」
  書くようにとある。

  サイファーパンク
  (サイバーではない。CAのリバタリアン集団だそう)
  の創始者の一人が、デジタルの未来について
  「取引にとって、評判が最も重要になり、
   現在の信用格付けよりはるかに重要になる」
  ってなこと(一部腐人編集あり)をゆってたそうだ。

  ここではステマや、
  有償で優良コメントを増産させる手法、
  競合他社の悪口を書くなどが
  防衛されてるそうなのだが
  その手法、ぜひとも表にも教えてもらえんだろうか?
  むっちゃ有益だよなぁ。

  そんでもってその決済方法ときたら。
  うーん・・・
  このマルチシグネチャ・エスクロー
  (略では「マルチシグ」)って、
  シンプルだけど、見事。
  ※これについて詳しく知りたい方は
   本書を読むなどご自身でお調べください

  なぜに表ではこれがやっとらんのだろう・・・。
  ただ必要に駆られて、考えて、
  こんなすごいシステムを生み出す。
  すごいな、人間。

  「実況」をやってる人の話は
  なんつーか、結局は表だろうが裏だろうが
  どうすれば顧客が喜ぶかを考えないと
  稼げないんだってことを、改めて感じた。


  ウェルテル効果はなぁ・・・
  ごめん、腐人は自殺を否定したくない人なんで
  この存在は何が問題なのかがわからん。
  
  ここの最後に
  オンラインでは理解はしてもらえるが
  助けてはくれない。
  リアルの周囲に話をしろ、ということが
  書かれている。

  でもさ、そんなの言われなくても
  それができる人はやってるだろう。
  できないぐらいになってたら?

  そして、周囲が既に何度も何度も
  その情緒不安定さに振り回され、
  自分たちこそが病み始めるような領域に
  なってる可能性は考えないの?

  なんつーか、ここの章については
  その根底に、腐人は押し付けがましい正しさを
  感じてしまった。
  ヒトって、そんなに要るものですか?
  ヒトが要るのは、ヒトだけだで地球にとってはいらんと思うよ?
  
  最後のトランスヒューマニストとアナルコプリミティビストは
  どっちもどっちな気が・・・。

  腐人としては、それぞれがその「正しさ」を
  他人に強要しない限り、
  したいようにしたらいいんじゃね?と思う。

  そう・・・腐人が一番イヤなのは、
  他人の価値観を押し付けられることなのだ。
  それを改めて強く感じさせられた。

  闇でのポルノの扱いって?ぐらいの
  下世話な好奇心で読み出したのだが
  いやいや、この本、深いです。
  
(805)マンガ? 『ハイキュー!! コンプリートガイドブック 排球本! 』 古舘春一
  武ちゃん、ありがとう!!!

  あなたのおかげで
  ずーっとひっかかってた
  「ナイスキー」の謎が解けたわ!
  
  でもワールドカップバレボーでは
  聞かなかったこの言葉・・・。
  黄色い声の応援がすごかったもんな・・・。

  そんでもってこの用語集で
  知ること多い多い。
  
  ってか腐人、そこまで真っ白で
  ワールドカップバレボーで
  うんたらかんたらゆーとったんかいな。
  コラ!

  腐人はついつい戦略を考えたがるので
  メンバーチェンジの回数上限と
  タイムアウトとチャレンジを
  攻撃的に使うにはどーすりゃいいのかな?
  とか思っちゃうね。

  クイックの意味もここで初めて知る。
  そーだったのか!!!

  それでゆーとさ、W杯観てて
  すげー不思議だったのが、
  ポジションの位置。

  マンガだとわかりやすいように
  前衛3人と後衛3人がこうですよって
  ○と名前で表示してくれるし
  比較的わかりやすいように並んでくれる。

  でも実戦だと、前衛3人は縦列に並ぶんだよ・・・。
  横一列じゃないんだよ・・・。

  それに強烈なサーバーの場合、
  レシーバーとして
  バックゾーンに4人いたりするんだよ・・・。
  ローテ?
  なにそれ、わ、わからん・・・(~_~;)になるの!

  あれ、選手がローテ間違えたりせんのだろうか・・・?

  あと、サーブするとき
  味方の前衛3人が縦列に並んで
  なぜか手を頭の後ろで組むことが多い。
  ありゃ、何??
  なんかサインなの??

  それからずーっと観てたんだけど
  全然わかんなかったのが、
  セッターは誰にトスあげるかを
  いったいいつ決めるのかっちゅーこと。
  
  そりゃ事前におおよそのことは決めてるんだろうけど
  どんな球が返ってきて、セッターがどういう状況で
  トスをあげられるかなんて、
  そんときそんときでコロコロ変わるじゃん。
  そうすっと、ホント一瞬で判断しないとならん感じでしょ?

  あれがホント不思議でさー。
  今度、及川か研磨にでも説明して欲しいな
  (トビオはいいです。
   きっと擬音ばっかでわかんねぇもん)
 
  W杯でよくやってたのが、
  エーススパイカーにスパイクを打たせない
  もしくはミスらせるために、
  サーブんとき、エーススパイカー目掛けて
  サーブを打ちまくるというやつ。

  日本の石川くんも柳田くんも
  これで結構苦労してたよね。

  逆に、日本が相手チームのエースを
  追い出したこともあったし。

  やっぱ3回で返さないとならない状況で
  1回目をスパイカーが拾うのは
  キツイんか・・・。

  それがどうキツイのかが
  漠然とはわかるんだが、
  なるほどとは思えてない。
  いつか説明してほしいざんす。

  そうそう、レシーブでは、ジャンプフローターを
  オーバーでよくレシーブしてたのが
  印象的だったんだが、
  あれはオーバーのが拾いやすかったりすんのかね?

  そういやその中で柳田くんが
  ホールディングとられてたことがあって、
  あれが腐人的にはひっかかってんだよなぁ。
  ホールディングになるのとならんのとの境界は
  どこにあるんだろう・・・。

  今回、それぞれの最高到達点が書いてあって
  個人的にニヤニヤしちゃったが、
  これみて改めて、ロシアのムセルスキーの
  375ってどんだけ恐ろしいかがよくわかったわ。

  でもさ、そうなってくるとさ、
  どんだけ頑張ったってその高さは無理でしょ?
  でもボールはいずれ落ちてくるんだから
  そこからのをどうブロックするか
  それが知りたいんだよなぁ・・・。

  そう・・・腐人的には今の全日本に
  サーブとブロックの力を足したいなぁとか思ってるんで
  つい、この面子の中から、
  もしこないだの全日本にいれるなら
  誰を選ぶかのぅ・・・
  とか考えてると、青根か黒尾になる。
  総合力で黒かねぇ?
  性格の悪さと、メンタルが
  青じゃまだまだなんだよな。
  でも、黒は、もうちょい背が欲しい・・・。

  選手データに1つ文句いっていい?
  どうせならもう1個、データが欲しかった!
  それはスパイクとサーブの速度だ!

  球威として、誰がどうなのか、ソコ見たかったなぁ。

  ただ、野球にしてもテニスにしても
  速度があって球威はあるけど
  フラット(野球だとストレート?)な球は
  返しやすい。

  サウスポーのクセ球ってのはあるだろうが
  それ以外にはないんかねぇ?

  野球みたいに
  いろんな球種ができればいいのに・・・。

  ああ、いかんいかんいかん。
  今、バレーボールそのものがおもろくなっとるんで
  読みふけっちゃうわぁ。

  読みきりは、原型としてなるほどと思ったが
  今の絵のほうがいい感じに力みがとれて好きかも。
  読みきりはキレイキレイを
  意識しすぎてる感じがしたんだよな。
  ま、昨今、絵が異様に上手いの多いからね。
  でもそーゆーのの多くが、
  「絵だけはいい」、なんだよな。

  でもさ、スポーツマンガの場合は、
  スポーツしてる瞬間を
  いかに読者に伝えて、そのすごさを納得させるかのが
  重要だと思うんだよね、きれいより。

  なので腐人は今の方が好きだな。

  最後に。
  インタビューの最後にさ
  「バレー面白いからやってみてほしいです!」
  ってあるんだが、赤入れたい・・・。

  「バレー面白いからやって観てほしいです!」
                ↑
               トルツメで

   
  「やる」のなんか、
  運動神経切れてる腐人には無理なんだい!
[ 2015/10/03 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。