或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > この出版不況の世の中で・・・
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この出版不況の世の中で・・・

全日本男子バレーボールチームの写真集が
売れてるそうですな。

写真集部門で、バレーボールが1位をとったのは
コレが初めてというのは、
喜ぶべきか、悲しむべきか、なんかビミョー・・・。

個人的に知りたいのは、この購入者層だな。

ラグビー同様、にわかさんが多いとは思うんだが
※腐人も同類なので、
 その点を非難する気はまったくございません。
 どんな動機でもマイナースポーツにとっては
 関心もってくれる人が増える事はよいこっちゃねぇの?

腐人が知りたいのは、その中の腐率だ。

腐人みたく、『ハイキュー!!』から
バレーボールに興味もって、ってなのは
どんくらいいるんだろう・・・?

ちなみにこれまで写真集部門で1位をとったスポーツ関連は、
『浅田真央MAO』
『2 ATSUTO UCHIDA FROM29.06.2010』
『YUZURU 羽生結弦写真集』

だそうで。

・・・フィギュア強ぇ・・・。
まぁ、みててキレイだもんね。

きっと遠からず、
ラグビー代表の写真集もでるんだろうが、
個人的にはプレイこそ花、写真集よりDVD・・・
と思うんですがね。

そいやー
こないだNHKの「めざせ!2020年のオリンピアン」みてたら
ハンドボールやってまして。

かっちょええなぁ・・・

基本的にスピード感があって、激しいスポーツ
観るの好きなんですよね。
・・・だから、野球とサッカーと相撲はイマイチなんだが・・・(-_-;)
高校野球は野球だけど、
8点差とかが簡単にひっくり返るから、あれは別枠。

この「めざせ!2020年のオリンピアン」は、
各界のレジェンドと言われるクラスのベテランが
これから伸びそうな子の指導にいくテレビなんですが
そこで行われるマンツーマンの指導が
非常に興味深いんですよね。

最初は、晩飯のお供に
特に意識もせず流してたんですが
ゆってることがなかなかおもしろくって。

最近は意識してみてます。

先日のハンドボールだと、
高校生の彼が、自分ではできてると思ってるフェイントが
惜しい!まだまだなってない!って言われるんですよ。

でも、どこがなってないか、なんて
腐人みたいなド素人にはわからんのですが、
具体的に指摘されれば、「なるほど」。

そして当然ですけど、そのクラスの方だから、
ご自身で、こうしたらいいというお手本が実演できる。
そうすっと、観てるこっちも、「なるほど!」

そんでもってそんな方が指導してあげたいというぐらいだから
お手本をみて、ポイントを教わると、
その高校生の動きが見違えるほど変わるのだ。
「なるほどーっ!!!」

この歴然たる進歩を目の当たりにすると、
前に『神様のバレー』で、
技術の底上げを怠るなってなことをゆってたが
それにはやっぱ優秀な指導者の存在が必要だよなと思う。

番組ではメンタル面についても
レジェンドたちからアドバイスをもらうんだが
第一線でやってきた、やっているからこそ、
その言葉の重みも違って、おもしろいでごわす。

個人的には、これ、
テレビのようなフローで終わってしまうのではなく、
その競技を目指している人たちに
ストック情報として受け継がれていかんかなと思うんだが。

言われてできるかできないかはともかくとしても、
第一人者による実感こもったアドバイスだよ?
このまま埋もれたら、もったいないよ。

・・・っても、それを本にするのがいいのかどうかは
わからんけどね。

動きみるなら動画だよなぁ・・・。

ただ、ホント、中高生ぐらいの指導をされてる方は
自分の競技について放送されるなら、
これを観たほうがいいと思うけどね。

あああ・・・
最近、ホント、スポーツネタばっかだわね。
なんて健全(?)。


以下、読書録。

●21日
(859)マンガ 『あさひなぐ 16』 こざき亜衣
  割りきれないなら、
  かけもちはするもんじゃないんだよなー。

  ゆっとくけど、これって部活と受験だけじゃなく
  この先、女だったら、働く私、妻、母、の3役の按分で
  またぶつかるよ?

  冷徹に割りきれるとかができないなら
  こういう役を抱えること自体をやめればいいのに
  と、思うが、
  それができる人なら、
  そもそも3役抱え込むってことしないんだよね。

  負荷が多すぎと思った時点で
  自分にとって優先順位の低い役を
  切り捨てるから。

  うーん・・・えりちゃんは、兼業主婦になって
  家事も育児も介護も私・・・で
  パンクしそうなタイプだな。
  
  あれもこれもという自分が無意識にもってる欲を認識し、
  自分が欲張りだと自覚し、
  自分ができる量や身の丈を正しく把握し、
  その上で、
  人からいい人と思われたい、嫌われたくないという気持ちを
  捨てられるか、
  これにかかってるんだけどなー。

  そういう意味で、紺野のがしぶとさがある。

  今回の経験で、えりちゃんはそれを身につけないと
  この先の人生、ドツボにはまるぞ。

  ちなみに将子ちゃんと旭は、
  腐人はどっちもあんま好きなタイプじゃないんで
  ガンバレわかぞー、の言葉だけ送ります。
  
(860)マンガ 『銀盤騎士 6』 小川彌生
  ちょっとちょっとちょっとーっ!!!
  カイルのプロフィールに抜けてんじゃん!
  一番肝心なことが!!!

  ここまできたなら、いさぎよくカミングアウトしときなよ。
  もう・・・ぷん、ぷん o(`ω´ )o

  それにしても事実はどれなんでしょうね?

  可能性を考えてみた。
   (1)バリタチ
   (2)ルイ相手にはヘタレタチ
   (3)ルイ相手ならネコでいいです
   (4)来る者拒ますの迷惑バイ
   (5)まだ目覚めてないだけの無自覚ゲイ
   (6)スキンシップ過多な、誤解ふりまき迷惑ヘテロ
  
  (1)と(4)は、
  あの性格考えるとなさそうだな。
  
  (2)(3)(5)(6)はどれもアリ。

  個人的には、実は(6)でルイの片思い
  ってなあたりが、ツボなんだが・・・。
  ああ、(5)と(6)のあわせ技で
  「まだ目覚めてないだけでヘテロだと思い込んでるが
   スキンシップ過多な、迷惑きわまりない無自覚ゲイ」

  ってのもありか!

  そこにルイの片思いが加われば、
  ああ、ルイ・・・同情、もとい応援するわーっ!!
  そうなりゃ、ここっぺなんて、どーでもいい!!
          ↑
         おい・・・
  
  ちなみにその場合のカイルの株は、
  もちろんストップ安だ。

  どうでもいいといえば!
  田村弟ー!!
  ぜひでておくれー!!!

  「兄ちゃん、なんでできないの?
   物理学からして、この角度とスピードではいって
   このタイミングで踏み切って、
   この高さからこの回転速度でまわれば
   ほら、簡単じゃん、4回転」
  と、鮮やかにやってくれたりしねーかな?

  そういやですな、
  ラグビーのワールドカップにおいて、
  日本チームは、エディ監督の要請で、
  WCの審判に選ばれたジャッジたちの傾向分析を
  やってたという。

  どのペナルティを重視するジャッジなのか、
  それを1試合1試合頭にいれて戦ってたそうで。

  ラグビーはジャッジの判断が絶対なので
  その相性だとかが試合結果に
  かなり大きな影響があるんだよね。

  そういう意味ではフィギュアも、ジャッジの傾向ってのは
  非常に大きな要素だと思うんだよなー。

  そこらってどうなんだろう?
  弟くん、そこらの研究してみねぇ?
  
  まぁ以前、不正だなんだと言われて
  かなり改良はされてんだろうけど
  ニンゲンだもの、好き嫌いはあるよね。
  
  それにしても、ここっぺ、「キングアーサー」なのか。
  今季、ジュニアの誰かが滑ってた気がする・・・。
 
  どーでもいいが腐人はガキの頃、
  このアーサー王物語をアニメに観た気がするんだが
  どうして今、こういうのやらんのかな。

  
  話をフィギュアに戻すが、作中で
  ダンサブルというより、ポーズが美しい
  っての、ああ、これわかるー!

  高橋大輔くんは典型的なダンサブル。
  羽生結弦くんはポーズだよな。

  得手不得手いや、向き不向き?
  ゼネラリストを目指すなら、
  苦手克服も重要かもしれんけどさ、
  めざすのスペシャリストでしょ?

  したら、その選手いいとこはさらにピカピカに磨いて
  キラキラまばゆく輝くように、
  そして苦手なとこはその得意のキンピカにごまかされて
  そんなに苦手にみえなくなるように、
  そういうプログラムを作る、ってのも
  大事だよねー。

  今週末からいよいよGPシリーズ開幕で
  楽しみったりゃありゃしねぇ!
  
  そういえば、ルッツジャンパーといわれて
  一番に頭に浮かんだのは、アダム・リッポンくんだ。
  今季は4Lzの挑戦、やんねーのかな?
  
(861)マンガ 『菜の花の彼-ナノカノカレ- 6』 鉄骨サロ、桃森ミヨシ
  ここでもバレー・・・ははははは。

  このマンガ読むたびに思うのが、
  ニンゲン、素直にならなきゃ損するぞ、だ。

  三人ともな、自分の気持ちを言語化する訓練を
  もっともっとやんなはれ!

  察してちゃんと、わかって君は、
  メンドクサイだけ。
  今のうちに直しとかんと
  社会にでたら嫌われるぞー。
[ 2015/10/22 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。