FC2ブログ
或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > ちょびっとだけ中国杯とフランス杯 フィギュアGPシリーズ2015観戦記
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょびっとだけ中国杯とフランス杯 フィギュアGPシリーズ2015観戦記

風邪のため隔離部屋で寝こけていたら
「フランス杯フリー中止だって」
と血族からきかされる。

「なんで!?」
「テロだよ」
「・・・・・・てろ?なにそれ?」

ベッドの住人と化してたせーで
世界の時事ニュースからも
隔離されておりました。

世の中はえらいことになっとりましたんですな。
テロなぁ・・・これで何がしたいんかなぁ?

こんな一方的な殺戮のやりあいっこするより
話し合いをして取り決め交わすほうが
建設的に物事すすまんか?
という素朴な疑問があるんだが
よくわからん。
破壊しかしたくないんかな?

それにしてもポイントはどうなるんだろう・・・。

ひとまず、フランス大会の地上波を見ながら
こちょこちょ書いてたものを。

まず、女子から。

●ロベルタ・ロッデギエーロちゃん
何故に白手袋…(~_~;)

仏会場はバック黒だから
横位置カメラはいいが
カメラ位置が俯瞰や斜め俯瞰だと
手の動きが死ぬのになぁ…

●村上佳菜子ちゃん
アクセルを意識しすぎちゃってんだなぁ…

佳菜子ちゃんは
大きなジャンプ跳べるから
生かして欲しいんだがなぁ。

●ユリア・リプニツカヤちゃん
あの衣装はこの黒バック会場こそ映えたと思うが
なんで変えたんだろう??

なんか無難にまとめたなぁ…という感じが。
なんとなく
これがこのプログラムの上限な気がする。

●グレーシー・ゴールドちゃん
前から思ってたんだが
最初のルッツ、
ホントは片手あげてをやりたいんだろうな。

とれるポイントは1点だってとってやるって感じか。
どこまで高得点狙うんだ…。

●エリザベータ・トゥクタミシェワちゃん
やっぱりカルミナ・ブラーナは難しいなぁ…
最初のあたり、
テンポが掴みづらいんだろな…

ってのわかったうえで
挑んできてんだろうけど、
ここ2戦の結果みると、曲負けしてる。
FSはいいんだがな。


続いて男子。

●パトリック・チャンくん
なんかスケーティングがよすぎて
ジャンプのタイミングが
ついてけてない感じがするなぁ。

休養中にさらにスケーティングが伸びたか?

ジャンプはタイミングだけだろうから
そこがあいだしたら…
隙がなくなるな、出来杉くん!

●村上大介くん
なんかなぁ・・・
表現がまだじこまん領域にみえるんだよなぁ
腐人には。
ソチの頃のミーシャ・ジーくんみたいな。

伝わってくるもんがさ、
これ、いいでしょ!キレイでしょ!?
の押しつけがましさに感じるのは腐人だけ?

●マックス・アーロンくん
アメリカ大会でSPみてへんかったんで、
今回初めてみたが、
うーん…
たまたま宇野くんのFSと曲かぶりだが、
個人的には宇野くんのがいいなぁ…

●宇野昌磨くん
ええ度胸しとるよねぇ…。

このメンタルの強さと調整力がすげぇ。

今日はジャンプの高さが
ベストん時ほど出てなかった気がするが
(なんか氷がさ、
 スモークでてるように見えるのは気のせいか?)
そんでもあわせてくるとが末恐ろしい。

●デニス・テンくん
ん?
なんかこないだからジャンプ不調だなぁ…

GPシリーズもたいてい2戦目には
調子あげてくるパターンだと思ってたんだが、
今季はどした?

●マキシム・コフトゥンくん

なんか…うーん(-_-;)
この手の曲をするのに
いまいち羞恥心がぬぐえてないのか
ノリきれてないような気が・・・。


で、中国杯のひとまず本郷理華ちゃんのみ。

SPのキダムだけど、
これはどういう世界観、役割のつもりだろう?

腐人はてっきり、
ジャッジおよび観客をキダムの世界へ誘い込む人
かと思ってたんだが、
理華ちゃんはどう考えて演じてるのかな?

キダム世界の一人なのか、
誘惑者なのか、
この違いは表情やしぐさにでてくると思うんだ。

もっといきすぎぐらい
「変」を表現してもいいと思う。
それこそがキダムの世界だから。

あと、中盤は音がよくつかめてたと思うんだが
最後、音あわせたいなぁ。


それからFS。
このプログラム、
フィギュアに興味のねぇ血族も好きだってゆってる。

そんくらい、今の理華ちゃんと
これぴったりなんだよなぁ。

最初のゆったりとした河の流れのところ、
ここはスケーティングの伸びをみせつけよう。

それからどんどんアップしていくテンポでは
はつらつとした若々しさがあふれてて
みてるこっちが楽しくなる。

あのリバーダンスならではの脚。
もっとみせてーっ!って感じだよね。

去年より、この、観客に楽しんでもらおうという姿勢が
前に出てきた気がするなぁ。
結局、ジャッジも人の子、
魅了されればプラスにでるよ。

ロシア大会、期待してます!


以下、読書録はカウントのみ。
まだ、ここまでできるほど元気がない・・・(-_-;)

●14日
(906)一般本 『虚栄』 久坂部羊
[ 2015/11/15 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。