或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 閑話休題 読書録
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

閑話休題 読書録

あかん、どうしても今の時期
スケート話が優先になる・・・。

ので、読書録を片付ける。

●24、25、26日の途中まで
(985-987)BL/キャラ 『FLESH & BLOOD 17-19』 松岡なつき
  再読したからなのか、
  初読んときもそう思ったかが
  もはやわからんちーなのだが
  今回17巻読んで思ったんですけどね、
  和哉は、じゃぁ自分も一緒にいく!
  って思わなかったんだろうか?

  いやね、自分におきかえたらどーかなー
  と、ふと思ったわけ。

  腐人は意味もなくただ生きるができない人なので
  もし、腐人にとって生きる意味と思ってるものが
  別世界にいくぞってなったらば、
  別に何の未練もなく今の世界捨てれるなと。
  
  ・・・いや、ちょっと待て。
  16世紀のあの食事事情に耐えられるか!?
  ・・・肉肉肉・・・パンパンパン・・・
  ・・・酒アウトな身にとって、じゃぁ牛乳はもっと無理!!
  
  ・・・すんません、超長期保存備蓄品を大量購入して
  ダン箱同行でいっていいすか?
  いや、その前に、種苗だ、種苗!!
  それと野菜の育て方の本と、食える野草図鑑!!
 
  行き先、同じ16世紀でも日本を希望したいっす・・・。

  ネットがない、スマホがないは、
  恐らく平気だけども、
  本がないマンガがないBLがないに
  腐人は果たして耐えられるのか!?

  ナマモノ好きなら目の前のナマモノで
  妄想爆裂できるかもだが
  腐人はナマモノはパスなんだ・・・。
  トンネル使って通販はできんのじゃろうか・・・。

  それに!!
  これが最大の問題かもしれない!!!

  16世紀イギリスには当然のことながら
  ウォッシュレットがなーいっ!!!

  ごめん、やっぱりついていけないわ・・・。

  ってな腐人のアホ話はともかく、
  やっぱ和哉が行こうとしなかったのが
  ちょっとひっかかる。

  一緒に行くって選択肢は全く考えなかったのかなぁ?

  ・・・にしてもラウルがむかつくわーっ(*`へ´*)
  ラウルがなんでこないなったかって
  あれ確か同人で読んだんやっけ??
  
  ほんでもあれがなかったら
  じゃぁラウルは素直でかわいいよい子になったか
  っちゅーと・・・大いに疑問!!
 
(988-990)マンガ 『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 1-3』 草水敏、恵三朗
  おもろいやろなーと思っていたが
  予想通りおもろくて嬉しいわぁ。

  ってか中熊先生・・・ええわぁ。
  あ、森井くんもいい味だしてるよねー。

  正直検査の制度が上がってきた今の医療では
  検査結果なしで判断せよって
  医者が出先で、器具をなーんもないまま
  「病人でました、診てください!」
  っていわれてるんと同じ状況やもんねぇ。

  器具もなく、検査もできない状態の医者って
  どんだけ使えるんですかね?

  にしても、
  人って決断を下すってことに
  ものすごくストレスを感じるらしーので
  病理医って適性がかなり問われそうな気がする。

  ・・・ってのも、実は腐人は
  自分が決断を下すことよりも
  他人に決断を下され、自分で思うように動けないことに
  ストレスを感じる人だから。

  腐人みたいなストレス傾向の人は
  適ってるのかな?

  ただ、腐人は持続力がないので
  こういう作業は絶対むりー!

  森井くんみたいな職人技術は
  むしろ尊敬の対象なのだ。
  だって絶対できないもん!!

  にしてもサットン先生・・・
  腐人の周囲にもサットンさんと呼びたい方が
  けっこうおるわ・・・。
  ※わからない方は本書を読むか
   「サットンの法則」でググってください。


  あー!4巻手に入れ損ねたのが悔しい!
  読みたいよぅ!
  
(991)マンガ 『コウノドリ 12』 鈴ノ木ユウ  
  読んだ順序が悪かった・・・
  『フラジャイル』の前に読むんだった・・・(-_-;)

  ってことで、ふーん・・・しか感想がねぇ。

(992)マンガ 『どうせもう逃げられない 10』 一井かずみ
  男女ラブはどーでもええと
  腹の底から思ってんのに
  なんで一井さんの作品は読みたいと思うのか。

  別に一井さんのに限らなんのだけど
  例えば別マ系の少女マンガとかも
  読みたいと思うし。

  でも、心底どーでもええ、時間かえせ!
  と思うもんもあるはある。

  この差はなんなんやろ??
  
  まー間違いなく主人公が健気で一途っ子
  ってのは、一つある。

  ほんでもって、ラブが手段じゃないのかな?
  と思っていたが、
  まぁ今回は見事な命中率でしたな。

  ・・・ってか、つきあい浅いうちからノー避妊って、
  大失敗デキ婚になるパターンやろ!
  避妊せんか!最低限の礼儀やろ!ボケェ!!

  でもま、ここはずーっとつきあってないけど
  いちゃいちゃしまくってたよーなカプだから
  セフレのつもりがデキてもたから
  しゃーないか、ってなのではなかろうが。

  にしても、ヌードって撮りたいもんか??
  腐人は普通の着衣写真ですら
  断固拒否したい人ですが。

  次は何かかはるのかなぁ?
  
  4年間、連載お疲れ様でした。


つい・・・ネットで女子SPの速報をみた。
なるほど・・・。
[ 2015/12/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。