或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > あけましておめでとうございます、で
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あけましておめでとうございます、で

全日本片付けますかー!
去年からの宿題だし。

まず、村上大介くん、足大丈夫?
あの膝のカックンぶりは、
ちょっと靭帯が気になるが・・・。
大事ないといいなぁ。

そんでもって、今更だけど
羽生結弦くん、宮原知子ちゃん、
優勝おめでとう!

四大陸選手権ならびに世界選手権に
出場が決まった皆さん、頑張ってね!


で、全日本選手権ですが、
元旦からかっ飛ばしていこうか。

総論から言わせてもらうと、
女子はむちゃくちゃおもろかった!
でも、こらー!男子ー!
トップ6と、その他とが、
あまりに意識の面からして足らなさすぎ!
女子のが意識が高いぞ!

っても、これは今、男子の進化が急激にすすみ
トップクラスが遥か遠くにいきすぎちゃって
ゆーなりゃ、
第2グループ以降がちぎれてる状態なんだよな・・・。
※わかる方だけわかってください

だから、なんかもう
同じ土俵で戦ってる意識がないんだろう。

逆に言えば、最初から負けを認めちゃってる状態。

あのな、自他の力量さを素直に認めるってのは
己の客観視ができてるってことだから
ものすごく大事ではある。

彼の人にあって、自分にないものは何か
どうすればそれに近づけるか
そういうのを考えるのはいい。

でも、だ、
そこで「どうせもう勝てないし」って思うなよ。
じゃなくて、
「ステップだけはあの人を抜いてやるぞ!」
とか、そういうの持ちなさい。

じゃないと、負け犬でいる楽さに慣れちゃうから。
最初から負けを認めると楽なんだよ。
頑張らなくてもいいし、
失敗したって言い訳つくし。

でもそんでいいわけ?
目指してたとこって、そこ?

そう思おうよ。


一方の女子は今、ダンゴ状態。
だからこそ、私だって頑張れば勝てるかも?
と思える。
そのせいか、女子のが闘志を感じたね。

それにしても、もし今、
女子でも4回転やらかすのがでてきたとしたら、
そんでもってそれを毎回決めてくるようになれば
それは劇的な変化をもたらすだろう。

けども、男子が4回転全制覇するほうが
確率高いだろうしなぁ・・・。
ってか、その前に、大きなルール変更が
でてくるんじゃないかなぁ?

ま、そんな未来予測はどうでもよい。
腐人の独り言。


ほぼ全般に言いたいのが
もうちょっと振り付けの意味を考えようよ
ってのと
GOEをとること考えようよ
ってのかなぁ。

手を上に上げるにしてもさ、
前に伸ばすにしてもさ、
その動作によって、何を訴えたいのか
そこまで考えてやってる?って思う振りが
見られるんだよなぁ・・・。

コレオグラファーから
そう言われたから、手を上げました、
って感じに見える。

そうじゃないでしょー!
何度もゆーてるが、
こういうノンバーバルな表現の場合
手の振りってのは、言葉なんだって!

その辺がやっぱトップ選手と下位選手で
全然違う。

が、実はこれ、腐人は浅田真央ちゃんのでも
1箇所気になってんだよなぁ・・・。

SPで3Aが終わった後、
3F+2Loのコンビネーションにいくまでの
つなぎでさ、大体リンクの向かって右端あたりで
両手をぱっと開いた後、右手を上にあげる
って振り付けがあるんだけど、
ここがなんかいっつも、
何にも伝わってこないなぁって
思っちゃうんだよね。

でも、スピンが終わった後、
曲調がかわり、ボーカルがはいるっしょ?
その後の腕の動きはものすごく饒舌で。

だからこそ、いつもこの前半の腕が
なんとかならんかなぁ・・・とか思ってしまう。

全体を通して何を伝えたいのか、
それを根っこに、絶対揺らがないものとして置き、
その上でこのポーズは、この振りつけは
その中の何を表すのか、
そういうプログラム全体への解釈をさ
しっかりもってないと伝わってこないんだよね。

・・・ってなことを、まだ勉学に忙しい
10代の少年少女に求めるのは酷か?

でもさ、同じ映画みても、同じマンガ読んでも
一人一人感想が違うでしょ?

同じシーンでも可哀想と思う人もいれば
よかったね!って思う人もいる。

そういう
「自分はこのプログラムで何を感じ、
 何を伝えたいのか」
の掘り下げに、もうちょっと時間使いませんか?

それを今のうちから訓練しとかんと
それこそジャンプが飛べなくなってきたとき
点数が伸びなくなってくるよ。

その点数の伸びって点で、
腐人はジャンプへの助走と
ジャンプ姿勢、着氷後のあたりで
もっと貪欲にGOEの加点を狙おうよ!
って言いたい。

じゃないと、露骨にそこを狙ってきてる
ロシア娘たちに勝てない。

先日のGPファイナルで
宮原知子ちゃんとメドベデワちゃんの
勝敗をわけた要因は
腐人はこのGOEの差だと思ってる。

それはGPシリーズのロシア大会での
本郷理華ちゃんも同じ。

日本女子はGOEの加点が
全体で一桁前半が多い。

でもロシア娘たちは、
1つの要素で2や3をとってくる。
それが全ての要素にかかってくれば
簡単にそこで10点とかとってくるんだもん。

そこが、腐人にはもったいなくみえるんだ。

・・・ま、GOE加点でいえば
羽生結弦くんとパトリック・チャンくんは
もう脅威の領域いってて
あそこまではなかなか難しいかもだけど
逆に男子では金博洋くんがこのGOEで損してるよねぇ。
これは余談だが。

ま、そーゆーことで、腐人としては
ここのポイントをもっと戦略的に狙おうや
と言いたい。

では以下、目に留まった選手個別に。

●日野龍樹くん
もっとスケーティング磨いて
スピードつけようよ。
それと体力。

それが欠けてるから、
プログラム全体に覇気がない。

騎士でしょ?
今だと、簡単プーに倒せそうにみえるよ。

●山本草太くん
ジャンプの精度UPが目標かなぁ。

それと、成長期だから
これから変わるのかもしれんが
姿勢・・・いや、頭の位置か?
それがちょっと気になる。

背中から頭へのラインが
なんかピリッとせんのだよなぁ。

体力は、同時代の羽生くんよりありそうなんだけど
体幹がまだ弱いのかなぁ?

立ち姿でいえば、田中刑事くんもキレイなので
ぜひ参考にして欲しいなぁ。

●無良崇人くん&宇野昌磨くん
二人とも、ミスったジャンプをリカバーしようと
構成変えてきたっしょ。

結果の云々はともかく、
そのやろうとしたポジティブな精神と
演技中でもパニくらない客観性に
腐人は拍手をおくりたい。

今季、まだこのプログラムを滑れるんだから
残された機会で、
自分が満足できる演技をぜひ実現しましょ。

●田中刑事くん
これ椿姫だから、
たぶんアルフレードだよね?

といいたくなるほど、
アルフレードが伝わってこない。

音楽にあわせた振りは出来てると思うけど
せっかく椿姫なら、
見えないけどリンクにヴィオレッタを
登場させようよ。
そういう雰囲気つくろうよ。

四大陸では、そういう演技をみせて欲しい。

●羽生結弦くん
これ、腐人の気のせいかもしれんが
3Lo、これまでのミスのリカバーで
一瞬4Loやろうかなって迷わなかった?

なんか、ほんの一瞬の躊躇がみえたんだが
気のせいかね?

今、ステップのエッジの見直ししてるらしいけど
確かに、こないだNHK杯のアイスダンスの
シブタニ兄妹の演技みてたらさ、
エッジの深さが違ってた。

まぁ、よくあそこまでってちゅーほど
エッジが深くて、びっくり通りこして感心したわ。

今回の演技は全く納得いっとらんと思うんで
ぜひ世界選手権でリベンジかましてくださいませ。

ちょっと間があく分、ピーキングが難しそうだけど
スケカナのリベンジをNHK杯でやったこと考えれば
ちょうどいいのかな?

っても、ブライアン・オーサーコーチは、
「早くカナダにかえってこーい!」
って思ってるだろうなぁ(^_^;)

日本にいたら、
羽生くんを集客に使おうとする連中が
ひっきりなしに
羽生くんの時間を奪おうとしてくるからねぇ。

世界選手権、楽しみにしてまーす!


続いて女子。

腐人的には
横井ゆは菜ちゃんのFS観たかったなぁ・・・。

フィギュアはアスリート要素があるスポーツだから
まず、ジャンプが跳べないと話にならない。

そしてこのクラスになれば
スピン、ステップがある水準以上
できなきゃダメで。

逆にそこまで及ばないなら、
これ以上やっても伸びないから
諦めたほうがいいよって
話になってくる。

だからジュニアにおいては、まず技術、
ってのはわかるんだけど、
シニアで戦うには表現力がないとダメで。

その表現のとこまで考えて滑れてるなと思うのが
この横井ゆは菜ちゃんと本田真凜ちゃんかなぁ。
っても、まだまだだけど。

そんでも去年より樋口新葉ちゃんは
表情をだしてくることができてたし、
その及ばないところをカバーするために
今の自分の身の丈にあったプログラムを選んできた
白岩優奈ちゃんは、なかなかやるのぅと思ったよ。

・・・ってか腐人的には
「自分がやりたいプログラム」
ではなく
「自分にあったプログラム」
を選曲したほうがいいと思う。

やりたい、はさ、
これまで観てると、意欲が空回りして
戦略的に失敗してる例の方が多い気がするんだ。

だから、ひとまず身の丈にあった、
自分にあったものをやったほうがいいと思う。

っても、それに甘えてたら
シニア2年目ぐらいで行き詰るからね。

毎日毎日、いろんな経験を積み重ねて
いろんなものを観て、感じて、
嬉しいの表現、楽しいの表現、
悲しいの表現、怒りの表現、
そういった感性を磨き、
自分の中の引き出しを増やしていこうな。

では以下、こちらも目に留まった選手をば。

●宮原知子ちゃん
ホント、伸びたねぇ。
スケーティングも、表現力も、メンタルも。

自分に対して自信がもてたことが
一番大きいのかな。

やらなきゃならないこと、
武器にしていきたいものが
明確にわかってるみたいなんで
どんどん磨いてってください。

たぶんそうやっていい演技を続けて行くと
演技構成点は自ずと伸びてくると思うよ。

●樋口新葉ちゃん
スケールの大きな曲が似合うね。

ただ、全体として観た時、
まだやっぱり1つの作品というほどの深さはないなぁ。
エレメンツが並んでる、って感じ。

っても、リンクを支配する力ってのは
片鱗がみえてるから、
頑張って1つづつ積み重ねてったら
間違いなく上位にくる。
がんばって。

●白岩優奈ちゃん
プログラムをまとめる力があるんだよなぁ。

ただ、まだリンクを支配する力や
客を魅了する力が足らない。
という以前に、きっと意識すらしてないんだろう。

プログラムをやりきる、
そのことにしか今は意識いってないかな。

っても、宇野くんと同じような
肝の太さを感じるので
将来が楽しみだわ。

●本郷理華ちゃん
そういや、初めて理華ちゃんを観たのも
この全日本だったなぁ。

あのときに比べたら、すごい成長ぶり。
うーん・・・時の流れを感じるわ。

今回、SPはよかったんだけど
FSは、GOEで加点をもらうジャンプをすることに
意識がいっちゃってたような気がするなぁ。

ここを意識しつつも無意識でできる
(矛盾に聞こえるが、そういう領域があるのよ!)
そこまでなれたらなぁ。

腐人はこのプログラム自体は
理華ちゃんにすごくあってて、
ホントに心技体が揃えば、
もっと点数が伸ばせると思うんで
ぜひ、あと2試合、頑張って!

いいものを観せてくれることを
楽しみにしてます!

●浅田真央ちゃん
GPFんときは、ミスからのたてなおしが
うまくいかなかったように見えたけど
今回のFSは冒頭のミスはともかく、
全体としては、きっと真央ちゃんが目指した
世界観の表現ができてたと思う。

終わった瞬間、
「えー(~_~)もう終わりー?もっと観たい!」
って思ったもん。

やっぱこの辺が、
まだまだジュニアには出せない味。
ホント、1つの作品なんだよねぇ。

正直、腐人は
今はジャンプはいろいろ調整してトライする時期だと
思ってるので、
そんなに自分を追い込まずに
もうちっと気持ちを楽にもって
いろいろ試してみたらいいんじゃないかなーと
思うんだけどな。

あと2試合、美しい演技を楽しみにしてまーす!

●村上佳菜子ちゃん
やっと納得できるSPができたのに!
FSもそろえるのがなんかできないんだよなぁ・・・。

技術もさ、表現力もさ、
もう持ってるんだよね。

あとは実施力とでも言えばいいのか?
本番で練習どおりのものを出せさえすれば
いいんだけどなぁ・・・。


・・・ってとこで、全日本の感想は終了。

そういえば、夕べの年越しは
シルヴィ・ギエムさんのボレロを観た。

終わった瞬間、涙がだーだー流れて
止まらなかったんだけども、
このしなやかで美しく、かつ力強い腕の動きを
ぜひ、女子の皆さんに観て欲しいなぁ。

ああ、まだまだ踊れるような気がするんだけど・・・
ギエムさん、あなたと同時代に生き、
あなたが踊る瞬間に居合わせられたことを
心から幸せに思います。

すばらしいものをみせつづけてくれて
本当にありがとうございました。


そして、最後になりますが。

本日をもちまして、こちらのブログ
「或るアホの一日」を終了させていただきます。

っても、ブログをやめるわけではなく
また別のところで同じ様なことを致します。

もし巡りあえたなら、
また時間つぶしにでも読んでやってください。

どうもありがとうございました。

といいつつ、以下、ここで最後の読書録をやる。

●31日
(1006)マンガ 『椿町ロンリープラネット 2』 やまもり三香
  ええ性格した女子を描くのが
  うまいよね、やまもりさん。

  ってことで、当て馬・桂さんのご活躍
  楽しみにしております。

(1007)マンガ 『菜の花の彼 7』 桃森ミヨシ、鉄骨サロ
  あーもっ!
  なにこのせぇしゅんっぷり!!
  おばちゃん、読んでて恥ずかしいっ!!

  ・・・って、15,6の少年少女だから
  せぇしゅんしてていいんだけど。

  でもまーゆっちゃなんだが
  人間、いくつになっても素直で可愛いほうが得。

  ヒネて、憎まれ口ばっかたたいてると
  相手にされなくなってくるだけだべ。

  どうやら転校してくるみたいだし
  ここは同学年のメリットをいかし、
  役に立たないプライドは
  とっとと便所に流してきなさいな。

  っちゅーても、敵は手ごわいがな。

(1008)マンガ 『ボールルームへようこそ 8』 竹内友
  まー日本人はただでさえ
  自分の意見を明確にする
  って訓練ができてない。

  くわえて、女子に比べりゃ男子ってのは
  言語化能力が低い。
  
  でも、そこをちゃんとしゃべって
  議論ができないと
  こーゆーペアは組めないよねぇ。

  ま、がんばれ。

(1009)マンガ 『一井かずみ初期傑作集 昼の情熱』 一井かずみ
  わはは
  小町の恋愛ネタ読んでる感じだわぁ。

  ほんで結婚やら出産やらを経験してさ
  「友達だと思ってたのに・・・」
  とかのトピをたててくるんだろうねぇ
  こーゆー方々は。

  それにしても、今、売れたから
  過去作品をまとめましょうって話がでてくる。

  そうじゃなきゃ
  これらはストック性質があるものなのに
  フローなものとして、
  そのまま処理されちゃってたろう。

  よかったね、日の目を見れて。

  そんでもって今、腐ってる方、
  売れれば官軍、
  後になってこうして発掘してもらえることも
  あるんだから
  くじけず頑張りましょ。

(1010)マンガ 『デモクラティア 5』 間瀬元朗
  なーるほーどねぇ。
  多数決をこうみるか。

  なんつーか、腐人は
  万人にとって究極の人間なんていないと思う。
  ある人にとって、ならアリでもね。

  ってのも、究極の人間をつくるなら、
  まず、何が正しいのかって定義が「一つ」でなきゃ。

  それ「一つ」にできる?
  できてりゃ、テロだって戦争だって
  起こってねぇよなぁ。

  そこを定めずして究極の人間づくりをしても
  結局んとこ、じゃぁ誰にとっての「究極」なのかっちゅー
  某メニューのような話になってくるわな。

  にしても、このヒトガタのラスト。

  多数決の暴走をとめるには
  力による制御しかない、ってこと?
  
  ・・・となったら、結局、人間が生きる限り
  テロや戦争はなくならないねぇ。

  あとさ、皆さん、なんで破滅計画=核なの??
  邪魔なのは人間だけなんだけど?
  なんで自然まで破壊するのかなぁ・・・(~_~;)。

  腐人はどうしてもココが理解できない。
  人間だけ一匹残らず駆除したらいいじゃん。

  害獣駆除。
  ああ、なんて素晴らしい響き

  まぁ、象を1匹殺すのよりも、
  アリンコを1億匹殺すほうが大変ってことなんだろうけど
  腐人なら違うとこ狙うけどなぁ。


と、最後の最後まで不穏な意見で終わりましたが、
こちらで2015年の読書録を終わりたいと思います。

決算は・・・新しいとこでするやらしないやら、
わかりませーん。

こんないい加減なやつにおつきあいいただき
どうもありがとうございました。

  
  
[ 2016/01/01 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。