或るアホの一日 HOME > カテゴリー [チビネタ&読書録 ]
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まとまらないので、チビネタでお茶を濁しましょう

先日、王子&姫連合のチビーズが
グレムリンと化して、
大暴れしたときのこと。

やめろといくらいっても、
暴れるのをやめないので、
「出入り禁止にするぞ!」
と、血族が切り札を切った。

すると、王子も切り札を切ってきた。
「そんなこというなら
 もう来てあげないから!」

チビっこどもの考えてることは
手に取るようにわかる。

こういえば、腐人家の面々は来てほしいと思ってるだろうから
ごめん、と引き下がるだろうと踏んでたんだ。

でも、いい加減、うんざりしていた血族が、
「別にいいよ、もう来なくても」
と言ったもんだから、
4つの瞳がぐるりと腐人の方にむいてきた。

腐人としても、スケート鑑賞しとるテレビに、
脱脂綿でつくった綿菓子もどきをポンポコ当てられ、
ちっとも観られない迷惑さと、
当てられるたびに画面がゆがむテレビへの影響と
全力でドスンドスンやるもんだから、階下への迷惑を考えると
ここはかばう気にならない。

「うん、いたずらするなら来なくていいよ」
と言った途端。

「じゃぁぼくもう帰る!!」と
王子が玄関に向かってどかどか歩き出した。


一方の姫。

玄関に向かう王子の後を、しばらく追いかけたが
リビングを出る寸前に
「やっぱり姫は残る」
と回れ右。

何事もなかったかのような顔をして、
「腐人、ブロックスしよ?」

・・・おい、君ら、共犯ちゃうんかい!

まぁ、姫はこないだ、
「ここ、姫のおうちー」
とかほざいてたぐらい、腐人家にいりびたり。
※王子はそんなでもない。

ポコ(『うどんの国の金色毛鞠』)と同じよーな感じで
ほぼ毎日侵入してくるので、
出禁されるのは困ると思ったんだろう。

計算・姫ちゃんと呼んでやろう。


で、怒ってでてった王子だが。

その後すぐにそーっと戻ってきて、
こっそり隠れ(っても大人には丸見え)、
いないねぇ、どうしよう!と大人に散々演技をさせた後、
「ばぁ~!」と出てきた。

そして、何事もなかったかのように
ブロックスに参加し、最後はご機嫌で帰っていった。

だったら最初から、
おとなしくゲームに興じてくれよ・・・(-_-;)

子育てしてる人って、毎日がコレなんだよねぇ。
それをわかって自分で選んだことだろうが、
ご苦労様だわ。
[ 2015/04/21 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ガンダムがみつからない・・・

ん?考えてみたら
昨日は読了したもんが1冊もないかも?

読みかけほっちらかしは片手ぐらいあるんだが、
昨日はそれどころじゃなかったの・・・。


いやね、先日、王子が遊びにきたんだわ。

レゴで作った、立位のロボットと、戦闘機もって。
で、戦いをしよー!って。

立位のロボット・・・ああ、面倒くせぇ!
腐人の感覚で、
こいつをわかりやすく名づけると「ガンダム」!
は、腕がある。

一方の戦闘機・・・これも同じく名づけると
「コアファイター」!
こっちには、バルカン砲みたいのがついている。

王子によると、ガンダムVSコアファイターがやりたいらしい。

腐人 「へ?
     ガンダムとコアファイターならガンダムのが強いでしょ」

王子 「いや!コアファイターにはバルカン砲があるもん!」

っちゅーて、遠方からバルカン砲をぐるぐる回してきた。

腐人 「ちょっと王子。
     ガンダムなら、盾は?
     もしくは銃どこよ」

王子 「ガンダムは盾なんかもってないもん」

腐人 「いや!もってる!
     ってか、王子、ガンダムしってんの?」

王子 「知ってるよ」

腐人 「したら、最近のは知らんけど
     アムロが乗ってたファーストは盾もってたって!」
※腐人はファーストガンダムしか知らない。

王子 「もってないよ!」

腐人 「いいや、持ってた!
     それに触覚があって
     接近戦なら、そこからビビビってビームがでた!」

王子 「そんなのないよ!」

じゃぁ、検証しよう!
ファーストガンダムのDVDをもってくるぜ!

ってことになったんだが・・・
腐人のお部屋は、とっても汚部屋・・・
どこになにがあるんだか、部屋の主でもわからない・・・。

王子 「腐人ー!
     ガンダムまだみつからないのー!
     ぼくも探してあげようか?」

いえ!謹んでお断りいたします!
18禁だらけなんで!!!
王子、あんたまだ6歳でしょ?
だったら、ここには入る資格がないの!


ってことで次くるときまでに
探しとくってことになっとるんだ・・・(-_-;)

ああ、守れない約束はしちゃダメなのに・・・

っちゅーわけで、昨日、
ここらかも?と思われるところを発掘したんですが
「うぉ!あんた、ここにいたの!?」
「うわー・・・これ、残してたんだ・・・」
ってのがザックザク。

で、つい読みふけっちゃったり。

ま、よくあることだ。

腐人なりに頑張って奮闘したんですが
結局、ガンダムは見つからずじまい。

うーん・・・どこにやしてしもたんか・・・。

でも、探してた同人、
『恋は遠い日の花火でなく』はみつかったので
腐人的にはこれでもうお掃除は終わりにしたい・・・。

ああ、王子が忘れてくれてますように (>人<)



そういえば書き忘れ。

あれは、『海賊王の死~アドリアン・イングリッシュ 4~』だったか?
それとも『知ってても偉くないUSA語録』??

どこに書いてたかを忘れちゃったんだが、
「男同士が、顔をつきあわせて話をしてるだけで
 ホモ扱いするのは、ホモフォビアだけだ」
ってのがあったんだけど、
腐人はこれ読んだ瞬間、
「ちがう、ちがう」とつぶやいていた。

だよねぇ?
腐女子だって、
それみて「眼福・・・」って
大喜びするわよ。
訂正してほしくはないけど(おおっぴらな認知はいらん)
個人の認識は変えて欲しいわね。


あとさ、
『吸血鬼と愉快な仲間たち』の暁の話でさ、
10代だったら、1回10万ときいて、
暁が3回やったらアパート借りられる・・・とか
思うところあるじゃん。

腐人はあそこを読むたびに思うんだ。

「は?
 暁、あんたってお馬鹿ちゃんねぇ。
 そんなのね、病気もってるかもしれない
 見ず知らずの男に金せびるより、
 アメリカ行って、
 ディックの膝の上にのって
 『パパ、大好き』って
 ほっぺにチューしたら、
 すぐに1万ドルの小切手切ってくれるわよ」

ま、それができる性格なら、暁じゃねぇけどさ。
  

そういえば気になってんだが、
諫早をひきとりにきた海斗が
なんであんなに冷たい態度だったのか、
何があったのか、
または、何を知ってしまったのか、
ちょっと知りたい。

6巻、いつでるのかなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!
[ 2015/02/20 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

是日常

ショック・・・Σ(ToT)

久しぶりに木原音瀬さんのブログを覗きに行ったら
「クリスマス企画 応募受付は終了しました」
というのがあるのに気づく・・・。

マ、マ、マ、マジかーっ!!!
うぉーん!!
そんなのやっとったのすら知らんかったぁぁぁっ!
うぇーん・・・

応募できないのは己の不注意が原因だからいいんですが、
何をやってはったのかが知りたい。
どっかにキャッシュ残ってへんかのぅ・・・。


と、ショックな出来事があったため、
今日はダラダラととりとめなく日常話をすることにする。


●すばらしきかな、カンタくん

今年も待ちに待ってた甘太くんが解禁となった。

甘太くん・・・過去のブログでも書いてますが、
むちゃくちゃ美味しい、焼き芋に適してるサツマイモのこと。
品種としては、紅はるか。
それを40日以上熟成させたもののブランド名だ。

出始め時期が一番いい形が多いので、大量購入し、
状態のいいうちに焼き芋にして、冷凍することにした。

※過去ブログに書いてますが、
これすごくじっくり焼かないと美味しくないので
焼くのに時間がかかるのだ
(大きさにもよるが最低1時間)。

で、それを1個1個ラップにくるんで冷凍し、
食べたくなったらチン解凍
(大きさにもよるが1~2分)。

それをだ、ここ数日、毎朝のご飯にしていた。

ちょいと話がビロウな方向へいきますが、
冬場の乾燥シーズンになると、
腸との交渉がなかなかうまくいかず、
勝負がつかなくなることありません?

腐人はちょっとその傾向がある。

それがですねぇ
毎朝1本、甘太くん!をすると、
「え?腸さん、またですか?
 今日はもう既に1度結果を出されてますよ?
 え?ちょっと待ってくださいよ、そんなに!?」
っちゅーぐらい、勝負強くなる。
 
たまたまかなぁ?とか思っていたのだが、
数日前、仕事が押して、てっぺん越えしてしまい
晩御飯に食べようと思ってた食糧を朝食にまわし
毎朝甘太くんをやめたときがあった。

すると、とたんに、腸さんがダンマリを決め込む。

やはり甘太くんでないと
腸さんのお気に召してもらえないらしい。

ただこの甘太くん。
姫ん家一家も大好きで。

おかげで、ここのところ、
甘太くん争奪の仁義なき戦いが繰り広げられている・・・。


●金メダルのつくり方

ここ最近、ちょいといろいろありまして。

そんな中で、姫がよくがんばってたので、
褒めてあげたくなった。

そうすっと、表彰状?
小学生ならまだしも、幼稚園児には
表彰状の意味はまだわからんだろう。

すると・・・やはりこの時季ならば金メダルよねぇ~。
※いわずもがなですが、腐人はフィギュアバカだ。

と思ったはいいが、どうするか。

むかーしむかしの記憶を掘り起こしてみると
そいやなんか手のひらぐらいのコインだかメダルだかゆー
丸い金のアルミホイルにくるまったチョコあったよなぁ?
あれにリボンつけりゃええんでね?
たぶん駄菓子屋いきゃーあるだろう、たぶん。

という、むちゃくちゃ安直な計画をたてる。

で、さっそく駄菓子屋にいってみた。

すると、ないのである。
メダル型チョコレートが。

【1軒目】
「これならありますが」と、
500円玉ぐらいの大きさのコインチョコが
複数はいったものを出される。

うーん・・・この大きさはちょっと違う。
それに、紐にこれぶらさげたら、
金メダルじゃなくてコインペンダント。
それは、大人になってホンモノを
カレシからもらうもんだよな、うん。


【2軒目】
「前は扱ってたんですよ、金メダルチョコレート」
腐人は知らなんだが、その名のとおりの商品があるらしい。

まーソチたけなわだったころは入荷しとったろうが
今じゃねぇ・・・。


そいやノーベル賞チョコレートたらゆーもんが
この世にはあるそうではないか!
ありゃ、なんとか入手でけんのか?
と思ったのだが、
どうやらスウェーデンまでいかんと買えん模様。ちっ!

どーっすっかのぅ・・・と思いながら、
3軒目の菓子屋をうろうろしていたら、
とあるものが目に留まった。

それは、フルタ製菓のわなげチョコ。

これを金色のなんかでまいてリボンつけりゃいいじゃーん♪
よっしゃ、完璧!(どこが?)
と思ったのだが、その「金のなんか」で詰まってしまった。

ないことはないのだが、あったのは紙製。
紙だから恐らくキレイな円にはならないと思われる上、
製作者は超不器用な腐人。

賭けてもいいが、間違いなく、汚い代物になる。

アルミホイルのようなやつだと
ぶきっちょの腐人でもなんとかなりそうだが、
市販のアルミホイルは、基本、銀。

銀じゃダメなんですよ、金じゃなきゃ。

だーもー面倒くせぇ!
いいよ、チョコ2つ買って表面同士をくっつけて
裏面を金のマジックで塗ってやれ!

と、最も雑な案で妥協することにした。

そう・・・腐人は昔っから図画工作とか手芸的なもん、
苦手なのーっ!!!

未だに言われるのが、絵の背景。

腐人の場合、大抵、何をどう描くかまでは楽しいのだが
実際描きはじめると飽きてくる。
堪え性が全くといっていいほどないのだ。

で、ついつい楽なほー楽なほーにいってしまい、
最後の背景を塗る段階になると
「いかに楽に後片付けをするか」
しか頭の中に残ってない状態になるので、
背景の色は、いつも
「そのときパレットの上にでてた絵の具を
 全部混ぜた色」
になる。

腐人としては、満足(後片付けが楽になった!)なのだが
大抵の人がそれみて、
「なんで背景、この色・・・?」
っちゅーんだよねぇ。

別に画家じゃないんだからいいじゃん。

ホント、ものづくりとか、こつこつ努力するってのに
むいてないのだ。
だから、それができる人は純粋に尊敬します。はい。


話を金メダルにもどそう。

腐人は、方針を決めたら、猪突な人なので、
まずチョコをもってレジにいく。
マジックはあとだ。

すると、バーコードを読み取るのにひっくり返され、
腐人はそこで、このわなげチョコの裏面が
金ぴかであることに気づいた。

OH!ワンダホー!
これならマジックで塗らなくていいじゃーん♪

え?そこに書いてある原材料とかの文字はどうするんだって?

それは
みえなかったことにするのよ!!

よっしゃ、これで完璧~♪(どこが?)と
鼻歌交じりに巣にもどり、
血族に、なんかリボンくれ、と頼む。

リボンって、なにすんの(~_~)?
と訊かれたので、
買ってきたブツをみせ、
これで姫に金メダルをつくりたいのだと説明する。

じゃぁこの辺か、この辺か?といくつか出してくれたので
一番手近にあったやつを手に取り、
「あーこれでいいや、セロテープどこ?」
と言った瞬間。

「おいこらちょっと待て!
 そのリボンをテープでべたべた貼って
 終わりにするつもりちゃうやろな?」

?するつもり満々ですが、なにか問題でも?

ふぅ・・・(-_-;)と血族は大きくため息をつき
手を出してきてきたので、
「よろしくー♪」と残りの制作を頼む。

ちなみにこの血族は
ビーズ制作やら編み物やら手芸が好き。

そして腐人の過去の図画工作作品で、
いつも背景がドドメ色になることを知っている。

餅は餅屋。
物事は、得意な人がやるが良し!

腐人は人生をこのスタンスで生きてきております。はい。

で、最終的には、表面同士をくっつけた2つのわなげチョコは
2本のリボンをよりあわせたものでクルクル巻かれ
てっぺんできれいなボウをつけた上で
首からぶらさげられるようになった。

おおお!すごい!
リボンはありもの使ったから、
制作費税込み118円とは思えないできばえじゃ!


夕方、姫が遊びにきたので、

「姫、金メダルって知ってる?」
ときくと、
「知ってる!」
っちゅーたので、
「金メダルは、
 一番がんばったひとがもらえるメダルだよね。
 今回、姫はよくがんばったから、
 これ腐人から金メダルー」
と首にかけてやった。

ホントはBGMに君が代を流したかったのだが・・・。

姫ママがすごい!手作りでこんなに!と感心してくれたので、
「いや、つくったのは血族なんですけどね」
と正直に申告しておく。
こういう誤解は早めに解いておいたほうがいいからな。


ちなみに、もらった姫はというと、
金メダルをじーっくり眺め、一言。

「ねぇ、どうして金メダルなのに
 「チョコレート」ってかいてあるの?」


やはり隠しきれるものではなかったか・・・。

「皆がもらってる金メダルは、
 実はチョコレートでできてるんだよ
 皆、おうちに帰って食べてるんだよ」
ってゆったら信じたかなぁ?
ゆってみりゃよかったな。
     ↑
    ヤメロ!
[ 2014/12/18 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

チビズネタ-『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』をからめつつ

モフモフシリーズの新刊を読むと、
チビネタブームが起こる。

特に今回は、あのレオとアルが、
腐人と姫にかぶってきて・・・
ちょっと、どんな感じか、やってみましょうか。

※ネタに尾篭なものが混じりますので、
 食事中の方は読むのをおやめください。
 ゆったかんねー!

レオ=腐人
アル=姫
場所=腐人家
時=休日の朝

アル:「レオー!おきろー!朝だよ!
    早く起きなきゃ朝ごはんたべちゃうぞ!」
レオ:「・・・アル・・・レオは明け方まで本を読んでたんだ
    もうすこし寝かせてくれ・・・」
アル:「だめーっ!!!」

(何度もダイビングされ、布団もめくられ、
 しぶしぶ起きて、一緒に朝食の席につく)

レオ:「アル、その果物うまそう。ちょーだい」
アル:「だめっ!牛乳ならあげる」
レオ:「いらんわ!」←レオは牛乳大嫌い、ということをアルは知っている

レオ:「朝ご飯たべちゃうって、自分のしかないじゃんよ・・・
    しょーがねぇ、昨日のカレーでも食べるか」

(残りカレーをチンして席につき、食べはじめてしばらくすると)

アル:「レオー」
レオ:「なに?」
アル:「カッカ」 ※カッカとは、大のことです

レオ:「(カレー食ってんだが・・・と思いつつ)はいはい、一人でいけるよね?」
アル:「出たらよぶから、おしりふきにきて!」
レオ:「なんでよ、食事中なんだから、モルトンかソレルに頼んでよ」
アル:「やだ!」

アル:「レオー、カッカでたー!おしりふいてー」
(別の人が拭こうとすると、「だめ!」「やだ!」「レオがいいの」)

以下は詳しく書きませんが、
ダダをこねる聖獣の雛に勝てるものは誰もおらず。

結局、食事を中断し、
つきだされたオシリをふきとらされる腐人。

体内時計がしっかりできてるせいか、
ホント毎回、朝食のたびにこれやられるんですよ・・・(-_-;)

姫いわく
「パパなら、どんなときでも手を止めてきてくれるもん」

腐人はパパじゃねぇ!!!


ちなみに、姫も、聖獣の雛の1歳手前の頃(人齢2歳)はね・・・
腐人を起こすのも、もみじのような手で腐人の肩をゆすって
「おちて、おちて」
※「おきて」とまだ言えない
っちゅー、超かわいらしい起こし方だったのよー!!!

それがいつの間にやらプロレス技・・・。
腐人は騎士たちのよーな親バカではないので、
「あの頃はかわいかった!今は・・・(/_;)」
とゆってやる!!



最近ではこんな名言(迷言)をはいた。

「アルはね、レオの家族じゃないの!
 ただ、遊びに来てるだけ!」

そうだね、そのとおり。
間違ってはいない。

でも、イングラムとエディン、ハルトとロシィの皆で、
お髭のラドニア公とグラディスのところにいこうという日の朝、
いつものよーに寝巻きのままやってきて、
朝ご飯をもってこさせ、ここで食べ、
着替えをもってこさせ、ここで着替え、
洗顔も歯磨きもぜぇんぶここで済ませて、
すべての仕度を整えてやってきたママといっしょに
「いってきまーす」って出てったね。

でも、家族じゃないのは間違ってない。

そしてラドニア公とグラディスのところからの帰り、
自宅に帰る前にやってきて「ただいまー」と言って、
そのままあがって、
ご飯の仕度ができたママが呼びに来るまで
ここでテレビみてたよね。
レオがスケートみてるの止めさせて・・・(T_T)。

でもま、家族じゃないのは間違ってない。

そんでもってこないだは、ご飯をおうちで食べた後
大人の用事があったママについてやってきて
玄関開けたとたん
「おいしいおにくのにおいがするー」
といって上がり、
レオん家の晩御飯のおかずだったカルビ焼肉を
全部、ぺろりんちょんと平らげて帰ったよね。

それでもま、家族じゃないのは間違ってない。

2歳の雛(人齢6歳)ってこんな感じなんすかねぇ。


と思っていたところ、なんともカワイイ本を読んだ。
まず、書誌情報から。

(1082)一般本 『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』 てぃ先生

現役保育士である、20代後半のてぃ先生(男性)が、
日常で遭遇した園児たちとの楽しい会話を
ツイッターであげていたのが本にまとめたもの。
これがそれ。

ツイッターでは、タイムラインで流れてるらしいですが、
こちらは書籍なので、
園児の中でも個性が豊かな8人

はるくん、なつくん、あきくん、ふゆくん
さくらちゃん、ひまわりちゃん、もみじちゃん、うめちゃん

こちらのエピソードを抜粋してまとめてある。

どれもこれもかわいくて、素直に笑わせてもらえるんですが、
いくつかザクッと抜いてみよう。


(前日、アマゾンでいろんなものが買えることを知り)
「せんせい、かのじょかったら!?」

(かわいいの嫌い、かっこいいのが好きという男子に)
「わたしかわいいから、どうしよう」

(しばらくお休みが続いたあとの登園で)
「ほぉ・・・ここがちきゅうの ほいくえんか」

(弱いから戦いごっこはイヤという子に)
「みんながじぶんよりつよいだけで、
 ほんとうによわいやつなんていねーよ」


(生まれついてのモテ男くんより、
 モテない先生のマクドのハッピーセットの買い方)
「『おもちゃいらないんで、あなたがほしいです』
 っていえば、かのじょできるかもよ」

(不思議ちゃんより)
「せんせいくらいのひとは
 みんなけっこんしてるとおもうんだけど、
 せんせいはどういうきもちでいきてるの?」


(一緒に遊んでた好きな女の子を別の子にとられそうになって)
「ぼくがあそんでた!(涙つき)

(5歳って)
「わたしさ、5さいだからなんでもいってごらん
 5さいだから。
 どうしたの?
 5さいのおねえさんにいってみな?」



本書内では、この言葉がでた前後状況の説明もあるので
もっと詳しく知りたい方は、ぜひ本書をどうぞ。

ここに書いてないのも、どれも秀逸で、
ちょっとドキッとするところあり。

そう、純粋な分、たまにものすごい核心ついてくるんですよねぇ
チビっ子って。

個人的には、
「みんながじぶんよりつよいだけで、
 ほんとうによわいやつなんていねーよ」

これ、いいなぁと思います。


保育士さんとして、チビっ子と接していて
てぃ先生が思うことも書いてあるんですが、
なるほどなーと思ったところを、自分用アーカイブ。

●寝かしつけ
身体を疲れさすと寝る子と、
頭を疲れさすと寝る子がある。

なかなか寝ない場合、
背中を心拍数にあわせてトントンする。
おでこの真ん中から眉間にかけてなでる(最終手段)。


●トイレトレーニング
赤ちゃんの頃からオムツ替えをトイレでし、
排泄は、ここでするもの、ということを覚えさせる。


●読み書き
おしつけでさせるのではなく、自発で。
その子が自発的にやりたくなるような
興味をもてるものを探すのがいい。


●怒る、叱る
怒るはいらない、
叱るは必要

なぜダメなのかをきちんと説明して教え、
子供の「なぜ」にとことんつきあう
同じことでも毎回初めて叱るように言う


●生活リズム
食事、お風呂、寝る、起きる
この4つの時間は毎日同じにする


子供産む予定も、雛を育てる予定もないんですけど、
チビネタは癒されるんで、つい読んでしまいますねぇ。

ほんわか癒されたい人にオススメの1冊です。
[ 2014/12/03 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

久々のチビネタ

今日はちょっと疲れてしまったので、
久しぶりのチビネタでごまかそう。

腐人家に遊びにくるチビたちだが、
「いつまで来てくれるかねぇ」
ってことは常々言っている。
※何度もゆってますが、腐人家にくるチビーズは
 全員1滴も血の繋がりのない他人です。

ま、小学校あがったら来なくなるんじゃない?
とか、
いやいや思春期になって
「腹へったーなんか食わせてー」とくる
とか、
「パパもママも大嫌い!もう家に帰らない!」
とかゆーかもよー?
と笑い話にしていた。


で、先日のこと。

でででででででっ!と表を走る音がしたと思ったら、
腐人家のドアが開いて
「うっわーんっ!!!!
と号泣する姫がとびこんできた。

どうしたの!?と、理由をきくと。

えぐえぐ言いながら
「ママに、おこられた~」
と。

よくよく話をきくと、
ちょうどパパが長期出張中だったため、
さみしかった姫が、赤ちゃん返りしちゃったらしいのだ。

で、ママにべーったり甘えまくって
いつも自分でやってる幼稚園の仕度を
「できないーママやってー」
とやったら、ママから雷が落ちた

・・・姫、それは弁護のしようがねぇよ・・・。

血族がドアから顔をだしてみると、
姫ん家からママがみていて、そこでアイコンタクト。

アメとムチじゃないですが、
例えば、ママがコラとなったとき、
パパがいれば、パパが子供の言い分をきいてあげて
そうだね、そうだね、よしよし、とやったあと、
ゆっくり因果を含めて諭してあげれば、
子供が自分から、「ママ、ごめんなさい」と言え、
ママとのわだかまりもなくすっきり落ち着くんだよね。

でも、そのパパがお仕事でおらんので、
腐人家が、その代わりとなる。

その辺、血族も姫ママもわかってんだよね。

ひとしきり泣いて、自らの言い分をぞんぶんに訴えたあと、
道理を説かれて納得した姫は、
ママにごめんなさい、をして、
ケロリとした顔で幼稚園にいったのでありました。

考えてみたらこれ、人生、初家出だわね。



姫は、そんなふうに成長しとるもんで、
先日、幼稚園の先生から、
「愛情をいっぱい注がれて、
 健やかに育ってるというのが
 姫をみていると、よくわかります。
 何も言うことありません」
と言われたらしい。

たまに腐人に泣かされてるけどなー。


こないだなんだったか、おやつの取り合いになりまして。
(腐人・・・あんたいくつよ・・・)

腐人:「腐人、いっぱい欲しい!」
姫:「ダメ!姫がいっぱいなの!」
っちゅーたんで。

親指と人差し指で、「ほんのちょっと」のゼスチャーをし
片目をつぶった状態で、
「じゃぁ、姫は、いーっぱい(ちょびーっとの口調で)ね」

そして、次に、
両腕をおもいっきり広げて「いっぱい」のゼスチャーをし
目も口も大きくあけた状態で、
「で、腐人は、ちょびーっと(こちらはいーっぱいの口調で)」

とやったらば、

「ちがーう!ちがう!ちがうのー!!
 姫がいーっぱいで、腐人がちょびーっと!」
とゆーので、
「だから、姫がいーっぱいで、腐人がちょびーっとでしょ?」 
とゼスチャーと表情は前のままでもう一度やったら、
腐人の手を押さえて、違う!違う!と言い出した。

力比べだと、5歳児には負けないので、
姫の手から逃れて、
3度目となる同じゼスチャーをやったらば。
        ↑
     ええ加減にせぇよ、大人げない・・・

「うわーんっ!!
と大泣きして、血族のところに訴えにいった。

わはは、まるで翔くんのおっぱい話のよーだわ。←鬼・・・
※わからない方は、
 樋口美沙緒さんのムシシリーズ同人誌を読みましょう。



そいや、昔々、きょうだい喧嘩をして、負けそうになると
そもそものところに腐人の非があろうとも、
末っ子の特権とばかりに、
「いじめられたー」と、大人に訴えにいったもんだ。

なつかしーわぁ。


そんな姫ちゃまは、実はキグルミが大嫌いだったりする。

しかし、ネズミーランドにいる、ミのつくネズミは好きなのだ。

姫:「姫、この動くヌイグルミ、きらいなの!」
腐人:「なんでキライなの?」
姫:「あれね、中にオジサンがはいってるんだよ!」

腐人:「じゃぁ、ミッ○ーもミ○ーもキライなの??
    あれだって、中に人いるじゃん」
姫:「ちがう!
   ミッ○ーとミ○ーは人気者だから違うの!
   オジサンはいってないの!
   だから姫、ミッ○ーとミ○ーは好きなの!」

・・・あの、姫様・・・
それ、人が入ってない理由になっとりませんが・・・。

ま、この辺はまだ5歳だよなー。


姫に比べたら、くる頻度は少ないですが、
王子もちょこちょこきております。

こないだは、ちょうどコロッケの日にやってきて、
パン粉やさんを手伝ってくれた。

のはいいんだが、途中で
「あきた。そろそろ、あそびたい」
と言いだした。

なので、
「じゃぁ、手をグーにして
 洗面所いってお手々洗って」
とゆーとるのに、
パン粉まみれの手を、
パーに広げてぶんぶん振り回しながら
洗面所に向かってくれるあたり
(お察しのとおり、
 廊下中にパン粉がふりまかれましたよ・・・)
やっぱ男の子だなぁと思った。

姫だと、そう言ったら、
手をグーにして
洗面所までいってくれる。

でもこの先、モテたかったら、
料理男子にならなきゃ駄目よ!王子!!


最近、新規加入としては、
3歳になる偏食殿下が登場しております。

遊びにくるのはいいのだが、
そろそろ帰ろうかとなるたびに
「かえらないのーかえらないのー」
を連発する姿は、昔の姫を彷彿とさせる・・・。

いつまで遊びにきてくれるんだかなぁ・・・。

[ 2014/10/28 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。